So-net無料ブログ作成
衝撃的画像 ブログトップ

60センチで成長が止まった男性や272センチの男性、尻尾のある男性も、、 [衝撃的画像]

生後6か月のまま成長がストップ、心も体も幼児の23歳男性が話題だ。


世界には様々な奇病がある。

小さいままの人もいれば死ぬまで成長する人もいるという。

また尻尾のある人も動物のように体中に毛が生える人も極稀にいるという、、

世界一大きい人は何と272センチもあったという。また小さすぎる人や大きすぎる人、尻尾のある人も毛が異常に生えている人も昔はサーカスで見世物にされていたという。。





生後6か月で成長が止まった23歳男性

65ec6ddb3fbc3f83a20a0fce720bdddf.jpg

インドに住むある23歳男性は、生後6か月あたりで時間が止まってしまったという。

外見や仕草も完全に幼児のままの状態であるというのだ。『The Sun』『Sunshine Coast Daily』などが伝えている。

これは不憫だ、小人症の人でも精神年齢は成長する人は多いというが、恐らく喋れないしインドの23歳の彼は精神年齢も成長していないという。


インドのパンジャーブ州に住むジャグター・シンさん(Jagtar Singr)夫妻に23年前の1995年、元気な男の赤ちゃんが産まれた。名前はマンプリート(Manpreet)と名付けられ、両親に大事に育てられた。

しかし生後6か月頃から彼に異変が起きた。身長や体重に増加が見られず、1歳になる頃には成長が完全に止まってしまったというのだ。当時、両親は地元の開業医であるヘムラジ医師(Doctor Hemraj)を頼ったところ、「稀な病気で甲状腺になんらかの異常がある」と診断されたが、正確な原因を知るためには高額な検査費用が必要とのことだった。

両親は小さな農場を経営して暮らしており、検査や治療費を出せずにいた。それでも諦めず度々他の医師にも息子を診てもらっていたが、ヘムラジ医師と同じような答えしか得られなかった。

一部の学者は、小人症とも言われる世界でも300ほどしか例がないラロン症候群ではないかと見ている。



後に両親は、生活に十分な収入が得られないことに加え、フルタイムの介護が必要なマンプリートさんの世話が出来なくなったため、112キロ離れたヒサールという町に住む叔父のカランビア・シンさん(Karanvir Singh、45)と叔母のラクウィンダー・カウアさん(Lakhwinder Kaur、42)夫妻のもとにマンプリートさんを委ねた。

現在23歳になったマンプリートさんは身長60センチ、体重は5キロほどで外見や精神年齢も幼児のままだ。


きちんとした会話をすることはないが、時にはマアア(お母さん)やママ(おじさん)などの言葉を話し、ジェスチャーを使いコミュニケーションをとることもある。また普通に笑ったり泣いたり、叫んだりもしているという。

つまり六ヶ月の赤ん坊のまま23歳になってしまったようだ。


そんなマンプリートさんは、12歳の頃から地元で「ヒンズー教の神の化身」と崇められており、毎日礼拝に訪れる人もいるという。稀な疾患を抱えているにもかかわらず、人々から愛されるマンプリートさんのことをカランビアさんはこのように話している。

「この子は赤ちゃんのようによく笑います。時々何か大きな物音がした時だけ怖がって泣くことがありますが、普段は滅多に泣くことはありません。本当に愛嬌のある子で、誰かが来ると手で大きく自分をアピールして構ってもらおうとするのです。」

マンプリートさんの従弟であるマンデープさん(Mandeep)も、数人の医師にマンプリートさんを連れていったが状態が改善することは無かったそうだ。しかしながらマンデープさんは「私達は彼の運命を受け入れることにしています。陽気な彼のおかげで私達の環境はとても良いものとなっていますから」と語る。




カランビアさんとマンデーブさんは運転手の仕事をしており、かろうじて家族を養っているが、マンプリートさんを設備の整った病院へ連れて行くためには5,400ポンド(約80万円)ほどの費用が必要となる。そのため現在は、寄付を募っている最中とのことだ。
 





日本にも奇病の人はいる。

しかも小人症の男性「にしくん」はアダルトビデオの監督であり、男優でもある。

にしくん(1993年4月23日[1] - )は東京都杉並区出身のAV男優、AV監督。本名、西晃平。

にしくんは1993年4月23日

2018年5月の現年齢は25歳


血液型はB型からA型になった。(骨髄移植で変化したという)


公称サイズは約身長109センチ /
体重 / 20 kg

身長109センチメートルのまま背が伸びず、6歳の時、妹ともども遺伝性の難病「ムコ多糖症4型モルキオ病」(ライソゾーム病)と診断される。


日本国内に患者が30ー50人程度という奇病である。当時、兄妹でテレビ局の取材を受け、2008年4月8日TBS系放映「難病と闘う子供たち! 私たちはこんな病気と闘っています4」で紹介された。


しかし賛否両論だがアダルトビデオの監督や男優として強く生きている。


ある意味で大昔のサーカスの見世物と似ているかもしれないが、にしくんは自ら好んで楽しんでやっているという。




奇病な人々を白い目で笑い者にするのではなく、逞しく生きている姿と五体満足で生きている「普通の人々」は改めて自分の置かれている普通に生活ができる幸せを噛み締めなければならない。


いくつか奇病の人々を紹介するが、逆に生きる勇気となれば良いのではないか。



写真はギネス記録にも公式に認定された。


1-28.jpg
ワルドー272センチだ。

一緒に写っている父親は182センチ。


12.0.jpg

246センチのブライムと
世界一小さな女性、ジョティー・アムゲ、身長63cm


尻尾の生えた少年
1.png

神として讃えられているそうだ。

75dd80d3.jpg


身長53センチの19歳
がチューバに入っている。

54-21.jpg












nice!(3)  コメント(0) 
衝撃的画像 ブログトップ
衝撃的画像:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
衝撃的画像 ブログトップ

60センチで成長が止まった男性や272センチの男性、尻尾のある男性も、、 [衝撃的画像]

生後6か月のまま成長がストップ、心も体も幼児の23歳男性が話題だ。


世界には様々な奇病がある。

小さいままの人もいれば死ぬまで成長する人もいるという。

また尻尾のある人も動物のように体中に毛が生える人も極稀にいるという、、

世界一大きい人は何と272センチもあったという。また小さすぎる人や大きすぎる人、尻尾のある人も毛が異常に生えている人も昔はサーカスで見世物にされていたという。。





生後6か月で成長が止まった23歳男性

65ec6ddb3fbc3f83a20a0fce720bdddf.jpg

インドに住むある23歳男性は、生後6か月あたりで時間が止まってしまったという。

外見や仕草も完全に幼児のままの状態であるというのだ。『The Sun』『Sunshine Coast Daily』などが伝えている。

これは不憫だ、小人症の人でも精神年齢は成長する人は多いというが、恐らく喋れないしインドの23歳の彼は精神年齢も成長していないという。


インドのパンジャーブ州に住むジャグター・シンさん(Jagtar Singr)夫妻に23年前の1995年、元気な男の赤ちゃんが産まれた。名前はマンプリート(Manpreet)と名付けられ、両親に大事に育てられた。

しかし生後6か月頃から彼に異変が起きた。身長や体重に増加が見られず、1歳になる頃には成長が完全に止まってしまったというのだ。当時、両親は地元の開業医であるヘムラジ医師(Doctor Hemraj)を頼ったところ、「稀な病気で甲状腺になんらかの異常がある」と診断されたが、正確な原因を知るためには高額な検査費用が必要とのことだった。

両親は小さな農場を経営して暮らしており、検査や治療費を出せずにいた。それでも諦めず度々他の医師にも息子を診てもらっていたが、ヘムラジ医師と同じような答えしか得られなかった。

一部の学者は、小人症とも言われる世界でも300ほどしか例がないラロン症候群ではないかと見ている。



後に両親は、生活に十分な収入が得られないことに加え、フルタイムの介護が必要なマンプリートさんの世話が出来なくなったため、112キロ離れたヒサールという町に住む叔父のカランビア・シンさん(Karanvir Singh、45)と叔母のラクウィンダー・カウアさん(Lakhwinder Kaur、42)夫妻のもとにマンプリートさんを委ねた。

現在23歳になったマンプリートさんは身長60センチ、体重は5キロほどで外見や精神年齢も幼児のままだ。


きちんとした会話をすることはないが、時にはマアア(お母さん)やママ(おじさん)などの言葉を話し、ジェスチャーを使いコミュニケーションをとることもある。また普通に笑ったり泣いたり、叫んだりもしているという。

つまり六ヶ月の赤ん坊のまま23歳になってしまったようだ。


そんなマンプリートさんは、12歳の頃から地元で「ヒンズー教の神の化身」と崇められており、毎日礼拝に訪れる人もいるという。稀な疾患を抱えているにもかかわらず、人々から愛されるマンプリートさんのことをカランビアさんはこのように話している。

「この子は赤ちゃんのようによく笑います。時々何か大きな物音がした時だけ怖がって泣くことがありますが、普段は滅多に泣くことはありません。本当に愛嬌のある子で、誰かが来ると手で大きく自分をアピールして構ってもらおうとするのです。」

マンプリートさんの従弟であるマンデープさん(Mandeep)も、数人の医師にマンプリートさんを連れていったが状態が改善することは無かったそうだ。しかしながらマンデープさんは「私達は彼の運命を受け入れることにしています。陽気な彼のおかげで私達の環境はとても良いものとなっていますから」と語る。




カランビアさんとマンデーブさんは運転手の仕事をしており、かろうじて家族を養っているが、マンプリートさんを設備の整った病院へ連れて行くためには5,400ポンド(約80万円)ほどの費用が必要となる。そのため現在は、寄付を募っている最中とのことだ。
 





日本にも奇病の人はいる。

しかも小人症の男性「にしくん」はアダルトビデオの監督であり、男優でもある。

にしくん(1993年4月23日[1] - )は東京都杉並区出身のAV男優、AV監督。本名、西晃平。

にしくんは1993年4月23日

2018年5月の現年齢は25歳


血液型はB型からA型になった。(骨髄移植で変化したという)


公称サイズは約身長109センチ /
体重 / 20 kg

身長109センチメートルのまま背が伸びず、6歳の時、妹ともども遺伝性の難病「ムコ多糖症4型モルキオ病」(ライソゾーム病)と診断される。


日本国内に患者が30ー50人程度という奇病である。当時、兄妹でテレビ局の取材を受け、2008年4月8日TBS系放映「難病と闘う子供たち! 私たちはこんな病気と闘っています4」で紹介された。


しかし賛否両論だがアダルトビデオの監督や男優として強く生きている。


ある意味で大昔のサーカスの見世物と似ているかもしれないが、にしくんは自ら好んで楽しんでやっているという。




奇病な人々を白い目で笑い者にするのではなく、逞しく生きている姿と五体満足で生きている「普通の人々」は改めて自分の置かれている普通に生活ができる幸せを噛み締めなければならない。


いくつか奇病の人々を紹介するが、逆に生きる勇気となれば良いのではないか。



写真はギネス記録にも公式に認定された。


1-28.jpg
ワルドー272センチだ。

一緒に写っている父親は182センチ。


12.0.jpg

246センチのブライムと
世界一小さな女性、ジョティー・アムゲ、身長63cm


尻尾の生えた少年
1.png

神として讃えられているそうだ。

75dd80d3.jpg


身長53センチの19歳
がチューバに入っている。

54-21.jpg












nice!(3)  コメント(0) 
衝撃的画像 ブログトップ