So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

愛と誠の原画がオークションに!絶対買わないで!とは逆に宣伝になりそうだがモラルを信じるのみ [漫画]

「愛と誠」原画がオークションに 講談社が注意喚起「購入されることないよう」に呼び掛けた事で話題だ。

これは逆に愛と誠の原画オークションを探してしまう人は多いだろう。

「えっ!愛と誠の原画がオークションに出てるの?」と喉から手が出るほど欲しい人が沢山いるからだ。。




 梶原一騎氏原作で、ながやす巧氏作画による漫画「愛と誠」の原画がオークションに出品されたことを受け、講談社が10日、原画購入をしないようとする呼びかけを行った。

 「愛と誠」は 1970年代に週刊少年マガジンで連載され、何度も映像化された大ヒット作品。

ながやす巧さんは原画展は多く開催されているようで大変人気があるのだ。


この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。

この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。






原画はすべて、ながやす氏が管理しているが、講談社によると、連載当時に編集部からやむをえず外部に貸し出しをする機会があり、その際、ごくわずかだが行方のわからなくなった原画があるという。



これは講談社のミスではないのか?


「編集部として当時の原画管理に関する意識の甘さを猛省しています」と記した。

つまり、やはりミスだ。


そして、呼び掛けた
「ながやす巧先生は連載当時から現在に至るまで原画を外部の人に譲渡したり、売却したことは一切ありません。もし、さまざまなオークションや漫画専門店などの店頭で『愛と誠』の原画を目にされることがあったならば、それは紛失もしくは盗まれたものです」と伝え、「どうかそれらの原画を購入されることがないようお願い申し上げる次第です」と注意喚起した。





 また、原画を発見した際は、週刊少年マガジンの編集部への連絡も呼びかけた。

NGY04660.jpg

この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。
ながやす巧さんの原画展は人気があるので、原画が欲しい人は多いはずだ。


そこを漬け込む悪人がいるはず。。


この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。
くれぐれも愛と誠 原画 画像で検索して真似して贋作を書き、これを売る人間がいないことを祈る
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ドラゴンボール3巻の孫悟空とクリリンの修行を考察する。トレーニングメニューとして取り入れる事はできるか?。 [漫画]

ドラゴンボールの甲羅トレーニングでマッチョになれるか?


ドラゴンボール3巻の甲羅トレーニングで凄まじい筋肉と爆発的スピードはつくのか?考察してみた。是非強者にはドラゴンボール3巻トレーニングメニューを実践してほしいものだ。

ドラゴンボールの魅力は迫力満点の戦闘シーンだが、小学生が胸熱になったのは修行のシーンだ。「こうすればかめはめ波が打てるようになるのか!」と胸をワクワクさせたものだ。
初めての修行シーンはドラゴンボール3巻に登場する。

悟空とクリリンが亀仙人の元で修業を行うのだ。
修業が始まる前にどらほどの実力か測る。
孫悟空が12歳クリリンが13歳。100メートルのタイムはクリリンが11秒台!オリンピック選手並の足の早さだ。
そして悟空が8秒台!もはや世界一だ

しかし、亀仙人は4秒台!!

そして悟空とクリリンは亀仙人を尊敬し忠実に真面目に修行していくのだ。



果たして悟空達はどのような修行をしたのか?
まずはランニング。
この時点でクリリンは「亀仙人様の修行はきついと聞いていたが、そうでもなさそうだな」なんて甘い考えだった。



そして瓶の牛乳を配達する。もちろん手に持って走りながら!重さはおそらく200mlが12本としても2.4キロ、、軽いな!
1リッターとしよう、そうなると12キロ。
これは持って走るとなると相当重い!!


全コース何キロ程の道のりかわからないが途中で200段はある階段を登ったり、恐竜に追いかけられる場面もあるのでそこは全速力!

牛乳配達の後は水泳、おそらく10キロ程か!
しかも人食いサメに追われながら。

そして畑仕事。鍬を持たずに素手で耕す!


更に蜂の巣の下の木に縛り付けられて蜂の攻撃をかわす!!


そして勉強。


そんな強烈な内容だ。

しかし、可能といえば可能な気がするトレーニングメニューといえる。

しかし亀仙人の修行だ並大抵のトレーニングメニューじゃない。


何と以上のトレーニングメニューを20キロの亀の甲羅を背負って全てこなすのだ!


何となくだがその20キロの甲羅を背負ってやればら本当にかめはめ波はでそうなきがする。

垂直跳び10メートル以上飛べる気がする!


しかし、冷静に考えて可能な修行、つまりトレーニングメニューに置き換えてみる。





続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

殺戮モルフの黒塗り原画とはどこまでグロテスクなのか? [漫画]

漫画が黒塗りで出版され話題になっている殺戮のモルフの原画はどうなっている?

原作者が呆然とした秋田書店の『殺戮モルフ』が話題だ。

作者曰くグロシーン(グロテスクなシーン)が黒塗りになって出版されたとのこと。しかも作者に相談なしに、、


何分か何時間か1人か何人かで書いたかはわからないが黒塗りにされたシーンも確実に絵を書き、それに適した効果音やセリフがあったはずだ。


その労力と時間、作品を相談なしに塗りつぶしてしまうのはどうなのか?



原作者の外薗正康(ほかぞの まさや)さんが呆然とした秋田書店の『殺戮モルフ』

気になる!どんな絵なのか?黒塗りの原画
が気になる!

一部モザイクでの原画でも良いので黒塗りのシーン原画を見てみたいものだ。

*追記
黒塗りのシーンの絵はどうやら女子高生の死体で作られた祭壇らしきオブジェ的なグロテスクな絵のようだ。
発売中止で解決したとのこと。
  追記終わり



当時
外薗昌也さんはTwitterで呟いた。

秋田書店のホラー漫画『殺戮モルフ』第2巻の一部シーンが黒塗りになると、原作者の外薗昌也(ほかぞの・まさや)さんが公式Twitterを更新




出版社から見本を受け取った外薗さんは12日、「グロシーンを真っ黒に塗り潰されての発売となりました」と、該当のシーンをツイートした。この単行本は12月20日に発売予定だが、外薗さんは黒塗りについて「全く相談無しだった」と書いている。

漫画が単行本に収録される際に、元のバージョンから修正が加わることが出版業界ではよくあるが、ここまで大幅な修正が作者に知らされてなかったとすれば異例だという。



ネット上では「戦時中の教科書みたい」「検閲かな?」と驚く声が相次いでいる。

外園さんは「このままでは発禁になると判断しての処置みたいです」とツイートしており、出版社側の自主規制による可能性がある。



「これなら出さないほうがいいですよね」と呆然とした様子でつぶやいている





『殺戮モルフ』は外薗さんが原作、兄妹ユニットの「小池ノクト」が漫画を担当して、ヤングチャンピオンで2月から連載している。謎めいた殺人鬼に翻弄される女子高生と警察官のスプラッターホラーとなっている。


関係者によると、雑誌掲載時にも該当シーンは黒く塗られていたが、単行本では「本来の形」で掲載する方針だったという。


本来の形とは原画で行く!と思いがちだが、出版者側は雑誌に載せた本来の形で行くという解釈だったのか?釈然としない。


しかし!殺戮モルフが面白そう!というのは即わかった報道となった。


黒塗りの原画が、みたいがその他のストーリーから想像するのも面白いかもしれない。
どれほど黒塗りのシーンがグロテスクだったのか?外薗昌也さんがやる気をなくさないような事後処理と相談が秋田書店は必要かもしれない。


雑誌は黒塗りでも締め切りがあるので仕方ない部分はあるかもしれないが、単行本ならば修正が効くようなきがする。




一部モザイクでの原画でも良いので黒塗りのシーン原画を見てみたいものだ。


*追記
黒塗りのシーンの絵はどうやら女子高生の死体で作られた祭壇らしきオブジェ的なグロテスクな絵のようだ。
発売中止で解決したとのこと。
  追記終わり






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ちびしかくちゃんがドン引き?シュールで面白すぎる!ちびしかくちゃんの評価は二分 [漫画]

『ちびまる子ちゃん』作者のセルフパロディ『ちびしかくちゃん』第1巻発売して徐々に話題だ!

中にはドン引きしているちびまる子ちゃんファンもいる。

ちびしかくちゃんはドン引きなのか?ちびしかくちゃんを酷評する人はいるのか?

ちびしかくちゃんは(さくらももこ)とは赤の他人が書いた、ブラックユーモアのパロディなのか?と思いきやちびまる子ちゃんの作者であるさくらももこ本人がセルフパロディとして書いた漫画だ!









『ちびまる子ちゃん』のセルフパロディ漫画『ちびしかくちゃん』
もう絵のパンチがありすぎて、、
mig.jpg




 国民的漫画『ちびまる子ちゃん』のさくらももこ氏が、同作をセルフパロディした『ちびしかくちゃん』のコミック第1巻が発売されている。


その表紙は、本家の第1巻の装丁をベースにした高い再現度を誇りながら、その中央には「まる子」ではなく「しか子」が描かれている。



ちびまる子ちゃんはほんわかした心暖まる話しや、昭和あるあるもあり、今の子供とも共通する子供の面白さや傲慢などを巧みに表現した漫画だ。

しかし、ちびしかくちゃんの世界は闇が深い!と敬遠する人さえいる、、


ちびまる子ちゃんの親友はタマちゃんだがちびしかくちゃんの親友?はダマちゃん!!

mig (1).jpg

何とも!悪そうな顔だ!
ダマちゃん とかネーミングセンスは逸脱であり、絶妙だ!



 『ちびしかくちゃん』は、本家『ちびまる子ちゃん』と同じく「子供の世界にも人間関係がある」という前提ながら、本家よりも見た目のように“何かと角が立つ”人間関係で描かれており、世知辛い世間を生き抜く主人公「しか子」を見守る作品。



タマちゃんは悪いダマちゃんに

口の悪い永沢くんはもっと口が悪い!永ざわくんに

気弱で卑怯気味な性格の藤木くんは、本当に卑怯な藤水くんに

お笑い担当のはまじは、天然!はらじに

ボンボンカッコつけ男花輪君は…人を見下すぱなま君に


子供には見せたくない漫画に近いかもしれない(笑)

シュールで毒があり、ブラックユーモアが効いているちびしかくちゃん。


ちびしかくちゃんの評価はわりと高いがドン引きされる傾向もある。

「闇が深すぎる、、」
「設定についていけない、、」
「ダマちゃんの悪さに耐えられない」
「シュール過ぎる、、」

など ドン引き意見も多いが酷評はない。
やはりちびまる子ちゃんの作者が書いているので面白いのは間違いなさそうだ。


「ちびまる子ちゃんじゃ物足りないと思ってたら、こりゃいいや!」
「シュールで面白すぎる」
「これぞ!現実!(笑)」
「さくらももこ作ってのが面白い」
「エスカレートし過ぎないギリギリのラインで楽しませて欲しい」

など、、ちびしかくちゃんを高く評価する人もいる。


とにかく一度見てみると良いだろう。













nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

名探偵コナンのツッコミどころとは?名探偵コナンの妙とは? [漫画]

名探偵コナンの妙とは?
名探偵コナンの変なトコとは?
実はツッコミどころ満載のコナン!

まず総ツッコミしたいのは蘭の髪型だ。
名探偵コナンの毛利蘭の髪型は何なのか?

謎のツノが生えてるようにみえる!!




蘭の髪型を実際にやってみた人はこれ↓ 



ヘアスタイルで遊ぶってレベルじゃぁないぞ









まだある。名探偵コナンのツッコミどころ
蝶ネクタイの声変わりマイク

こんなものは作れないだろ!



*根本的に間違える
未来少年コナンと間違える!



続きを読む


漫画:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

愛と誠の原画がオークションに!絶対買わないで!とは逆に宣伝になりそうだがモラルを信じるのみ [漫画]

「愛と誠」原画がオークションに 講談社が注意喚起「購入されることないよう」に呼び掛けた事で話題だ。

これは逆に愛と誠の原画オークションを探してしまう人は多いだろう。

「えっ!愛と誠の原画がオークションに出てるの?」と喉から手が出るほど欲しい人が沢山いるからだ。。




 梶原一騎氏原作で、ながやす巧氏作画による漫画「愛と誠」の原画がオークションに出品されたことを受け、講談社が10日、原画購入をしないようとする呼びかけを行った。

 「愛と誠」は 1970年代に週刊少年マガジンで連載され、何度も映像化された大ヒット作品。

ながやす巧さんは原画展は多く開催されているようで大変人気があるのだ。


この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。

この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。






原画はすべて、ながやす氏が管理しているが、講談社によると、連載当時に編集部からやむをえず外部に貸し出しをする機会があり、その際、ごくわずかだが行方のわからなくなった原画があるという。



これは講談社のミスではないのか?


「編集部として当時の原画管理に関する意識の甘さを猛省しています」と記した。

つまり、やはりミスだ。


そして、呼び掛けた
「ながやす巧先生は連載当時から現在に至るまで原画を外部の人に譲渡したり、売却したことは一切ありません。もし、さまざまなオークションや漫画専門店などの店頭で『愛と誠』の原画を目にされることがあったならば、それは紛失もしくは盗まれたものです」と伝え、「どうかそれらの原画を購入されることがないようお願い申し上げる次第です」と注意喚起した。





 また、原画を発見した際は、週刊少年マガジンの編集部への連絡も呼びかけた。

NGY04660.jpg

この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。
ながやす巧さんの原画展は人気があるので、原画が欲しい人は多いはずだ。


そこを漬け込む悪人がいるはず。。


この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。
くれぐれも愛と誠 原画 画像で検索して真似して贋作を書き、これを売る人間がいないことを祈る
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ドラゴンボール3巻の孫悟空とクリリンの修行を考察する。トレーニングメニューとして取り入れる事はできるか?。 [漫画]

ドラゴンボールの甲羅トレーニングでマッチョになれるか?


ドラゴンボール3巻の甲羅トレーニングで凄まじい筋肉と爆発的スピードはつくのか?考察してみた。是非強者にはドラゴンボール3巻トレーニングメニューを実践してほしいものだ。

ドラゴンボールの魅力は迫力満点の戦闘シーンだが、小学生が胸熱になったのは修行のシーンだ。「こうすればかめはめ波が打てるようになるのか!」と胸をワクワクさせたものだ。
初めての修行シーンはドラゴンボール3巻に登場する。

悟空とクリリンが亀仙人の元で修業を行うのだ。
修業が始まる前にどらほどの実力か測る。
孫悟空が12歳クリリンが13歳。100メートルのタイムはクリリンが11秒台!オリンピック選手並の足の早さだ。
そして悟空が8秒台!もはや世界一だ

しかし、亀仙人は4秒台!!

そして悟空とクリリンは亀仙人を尊敬し忠実に真面目に修行していくのだ。



果たして悟空達はどのような修行をしたのか?
まずはランニング。
この時点でクリリンは「亀仙人様の修行はきついと聞いていたが、そうでもなさそうだな」なんて甘い考えだった。



そして瓶の牛乳を配達する。もちろん手に持って走りながら!重さはおそらく200mlが12本としても2.4キロ、、軽いな!
1リッターとしよう、そうなると12キロ。
これは持って走るとなると相当重い!!


全コース何キロ程の道のりかわからないが途中で200段はある階段を登ったり、恐竜に追いかけられる場面もあるのでそこは全速力!

牛乳配達の後は水泳、おそらく10キロ程か!
しかも人食いサメに追われながら。

そして畑仕事。鍬を持たずに素手で耕す!


更に蜂の巣の下の木に縛り付けられて蜂の攻撃をかわす!!


そして勉強。


そんな強烈な内容だ。

しかし、可能といえば可能な気がするトレーニングメニューといえる。

しかし亀仙人の修行だ並大抵のトレーニングメニューじゃない。


何と以上のトレーニングメニューを20キロの亀の甲羅を背負って全てこなすのだ!


何となくだがその20キロの甲羅を背負ってやればら本当にかめはめ波はでそうなきがする。

垂直跳び10メートル以上飛べる気がする!


しかし、冷静に考えて可能な修行、つまりトレーニングメニューに置き換えてみる。





続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

殺戮モルフの黒塗り原画とはどこまでグロテスクなのか? [漫画]

漫画が黒塗りで出版され話題になっている殺戮のモルフの原画はどうなっている?

原作者が呆然とした秋田書店の『殺戮モルフ』が話題だ。

作者曰くグロシーン(グロテスクなシーン)が黒塗りになって出版されたとのこと。しかも作者に相談なしに、、


何分か何時間か1人か何人かで書いたかはわからないが黒塗りにされたシーンも確実に絵を書き、それに適した効果音やセリフがあったはずだ。


その労力と時間、作品を相談なしに塗りつぶしてしまうのはどうなのか?



原作者の外薗正康(ほかぞの まさや)さんが呆然とした秋田書店の『殺戮モルフ』

気になる!どんな絵なのか?黒塗りの原画
が気になる!

一部モザイクでの原画でも良いので黒塗りのシーン原画を見てみたいものだ。

*追記
黒塗りのシーンの絵はどうやら女子高生の死体で作られた祭壇らしきオブジェ的なグロテスクな絵のようだ。
発売中止で解決したとのこと。
  追記終わり



当時
外薗昌也さんはTwitterで呟いた。

秋田書店のホラー漫画『殺戮モルフ』第2巻の一部シーンが黒塗りになると、原作者の外薗昌也(ほかぞの・まさや)さんが公式Twitterを更新




出版社から見本を受け取った外薗さんは12日、「グロシーンを真っ黒に塗り潰されての発売となりました」と、該当のシーンをツイートした。この単行本は12月20日に発売予定だが、外薗さんは黒塗りについて「全く相談無しだった」と書いている。

漫画が単行本に収録される際に、元のバージョンから修正が加わることが出版業界ではよくあるが、ここまで大幅な修正が作者に知らされてなかったとすれば異例だという。



ネット上では「戦時中の教科書みたい」「検閲かな?」と驚く声が相次いでいる。

外園さんは「このままでは発禁になると判断しての処置みたいです」とツイートしており、出版社側の自主規制による可能性がある。



「これなら出さないほうがいいですよね」と呆然とした様子でつぶやいている





『殺戮モルフ』は外薗さんが原作、兄妹ユニットの「小池ノクト」が漫画を担当して、ヤングチャンピオンで2月から連載している。謎めいた殺人鬼に翻弄される女子高生と警察官のスプラッターホラーとなっている。


関係者によると、雑誌掲載時にも該当シーンは黒く塗られていたが、単行本では「本来の形」で掲載する方針だったという。


本来の形とは原画で行く!と思いがちだが、出版者側は雑誌に載せた本来の形で行くという解釈だったのか?釈然としない。


しかし!殺戮モルフが面白そう!というのは即わかった報道となった。


黒塗りの原画が、みたいがその他のストーリーから想像するのも面白いかもしれない。
どれほど黒塗りのシーンがグロテスクだったのか?外薗昌也さんがやる気をなくさないような事後処理と相談が秋田書店は必要かもしれない。


雑誌は黒塗りでも締め切りがあるので仕方ない部分はあるかもしれないが、単行本ならば修正が効くようなきがする。




一部モザイクでの原画でも良いので黒塗りのシーン原画を見てみたいものだ。


*追記
黒塗りのシーンの絵はどうやら女子高生の死体で作られた祭壇らしきオブジェ的なグロテスクな絵のようだ。
発売中止で解決したとのこと。
  追記終わり






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ちびしかくちゃんがドン引き?シュールで面白すぎる!ちびしかくちゃんの評価は二分 [漫画]

『ちびまる子ちゃん』作者のセルフパロディ『ちびしかくちゃん』第1巻発売して徐々に話題だ!

中にはドン引きしているちびまる子ちゃんファンもいる。

ちびしかくちゃんはドン引きなのか?ちびしかくちゃんを酷評する人はいるのか?

ちびしかくちゃんは(さくらももこ)とは赤の他人が書いた、ブラックユーモアのパロディなのか?と思いきやちびまる子ちゃんの作者であるさくらももこ本人がセルフパロディとして書いた漫画だ!









『ちびまる子ちゃん』のセルフパロディ漫画『ちびしかくちゃん』
もう絵のパンチがありすぎて、、
mig.jpg




 国民的漫画『ちびまる子ちゃん』のさくらももこ氏が、同作をセルフパロディした『ちびしかくちゃん』のコミック第1巻が発売されている。


その表紙は、本家の第1巻の装丁をベースにした高い再現度を誇りながら、その中央には「まる子」ではなく「しか子」が描かれている。



ちびまる子ちゃんはほんわかした心暖まる話しや、昭和あるあるもあり、今の子供とも共通する子供の面白さや傲慢などを巧みに表現した漫画だ。

しかし、ちびしかくちゃんの世界は闇が深い!と敬遠する人さえいる、、


ちびまる子ちゃんの親友はタマちゃんだがちびしかくちゃんの親友?はダマちゃん!!

mig (1).jpg

何とも!悪そうな顔だ!
ダマちゃん とかネーミングセンスは逸脱であり、絶妙だ!



 『ちびしかくちゃん』は、本家『ちびまる子ちゃん』と同じく「子供の世界にも人間関係がある」という前提ながら、本家よりも見た目のように“何かと角が立つ”人間関係で描かれており、世知辛い世間を生き抜く主人公「しか子」を見守る作品。



タマちゃんは悪いダマちゃんに

口の悪い永沢くんはもっと口が悪い!永ざわくんに

気弱で卑怯気味な性格の藤木くんは、本当に卑怯な藤水くんに

お笑い担当のはまじは、天然!はらじに

ボンボンカッコつけ男花輪君は…人を見下すぱなま君に


子供には見せたくない漫画に近いかもしれない(笑)

シュールで毒があり、ブラックユーモアが効いているちびしかくちゃん。


ちびしかくちゃんの評価はわりと高いがドン引きされる傾向もある。

「闇が深すぎる、、」
「設定についていけない、、」
「ダマちゃんの悪さに耐えられない」
「シュール過ぎる、、」

など ドン引き意見も多いが酷評はない。
やはりちびまる子ちゃんの作者が書いているので面白いのは間違いなさそうだ。


「ちびまる子ちゃんじゃ物足りないと思ってたら、こりゃいいや!」
「シュールで面白すぎる」
「これぞ!現実!(笑)」
「さくらももこ作ってのが面白い」
「エスカレートし過ぎないギリギリのラインで楽しませて欲しい」

など、、ちびしかくちゃんを高く評価する人もいる。


とにかく一度見てみると良いだろう。













nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

名探偵コナンのツッコミどころとは?名探偵コナンの妙とは? [漫画]

名探偵コナンの妙とは?
名探偵コナンの変なトコとは?
実はツッコミどころ満載のコナン!

まず総ツッコミしたいのは蘭の髪型だ。
名探偵コナンの毛利蘭の髪型は何なのか?

謎のツノが生えてるようにみえる!!




蘭の髪型を実際にやってみた人はこれ↓ 



ヘアスタイルで遊ぶってレベルじゃぁないぞ









まだある。名探偵コナンのツッコミどころ
蝶ネクタイの声変わりマイク

こんなものは作れないだろ!



*根本的に間違える
未来少年コナンと間違える!



続きを読む