So-net無料ブログ作成

ぜんじろう対太田光!ついに共演!!バチバチに戦ったか? [芸能人]

爆笑問題で怖いのは田中裕二?

遂にぜんじろう対太田光の対決が実現!!


ぜんじろうが太田の毒舌を恐れて直接対決はないのでは?と思われたが爆笑問題所属のタイタン主催のライブに登場!!


そこでぜんじろうが意外な言葉を!!




お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=54、田中裕二=54)が23日、東京・中央区の時事通信ホールで行われた事務所主催のお笑いライブ「タイタンライブ」に登場した。


タイタンではないハライチやダイアンも出ていたようだ。ハライチはタイタンではなくワタナベエンターテインメント。ダイアンはタイタンではなく吉本興業。

そしてぜんじろうも吉本興業だ。


事務所を越えてのライブで芸人が一丸となって日本を笑いに届けて欲しい。。




そんなタイタンライブに登場したのがぜんじろう。





 太田と「どっちが先輩か後輩か問題」で大舌戦を繰り広げたお笑い芸人・ぜんじろう(51)が今回のライブに“参戦”。ぜんじろうは落語家の立川談志さんとの交流を笑いを織り交ぜながら、追悼する人情話を披露した。

 その後、爆笑問題が登場すると、太田は開口一番「なんか気持ち悪い」とぜんじろうをくさし、笑いを誘った。







 漫才でも毒ガス全開で、常磐道あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者をネタにいじりまくり。太田は「あおり運転のニュースをテレビ局が放送しまくってた。テレビ局が一番あおってたよな」とやれば、ガラケー撮影していた女には「悪い(林家)パー子みたい。あいつらはペーパードライバーだ」と会場を爆笑させた。

 エンディングトークでは太田がぜんじろうと直接対決するかと思いきや、ぜんじろうが向けた矛先は相方の田中だった。「君に会うのが怖い。すぐキレるから」と実は恐れていたのは田中だと告白。さらに「楽屋裏で田中君に『今日はキレんといてな』と言ったら、『いや、分からないよ』と真顔で返された」と暴露したのだ。ぜんじろうの暴露に田中も真顔で応じ、怖さを増幅させていた。


ぜんじろうは笑いをとったのか?
ぜんじろうはスダンダップコメディが得意だが、日本で今後うけるかどうかはわからない。



今後日本でうまくやれるように立ち回るのに必死かもしれない。









結局はぜんじろうと太田どちらが先輩なのか?
論争は流された感じだ。


ぜんじろうの方が芸歴は長いかもしれないが、爆笑問題の方が年齢は上だし、日本での第一線での活躍も爆笑問題の方が長い。


どちらも敬意を示すのが大人な対応だが、ぜんじろうは「年上だけど、太田さんよりは芸歴上です」くらいに遠慮すればよかったのかもしれない。


どうせなら、バチバチで直接対決をして欲しかった、、と思う人はいたかもしれない。


スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ぜんじろう対太田光!ついに共演!!バチバチに戦ったか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ぜんじろう対太田光!ついに共演!!バチバチに戦ったか? [芸能人]

爆笑問題で怖いのは田中裕二?

遂にぜんじろう対太田光の対決が実現!!


ぜんじろうが太田の毒舌を恐れて直接対決はないのでは?と思われたが爆笑問題所属のタイタン主催のライブに登場!!


そこでぜんじろうが意外な言葉を!!




お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=54、田中裕二=54)が23日、東京・中央区の時事通信ホールで行われた事務所主催のお笑いライブ「タイタンライブ」に登場した。


タイタンではないハライチやダイアンも出ていたようだ。ハライチはタイタンではなくワタナベエンターテインメント。ダイアンはタイタンではなく吉本興業。

そしてぜんじろうも吉本興業だ。


事務所を越えてのライブで芸人が一丸となって日本を笑いに届けて欲しい。。




そんなタイタンライブに登場したのがぜんじろう。





 太田と「どっちが先輩か後輩か問題」で大舌戦を繰り広げたお笑い芸人・ぜんじろう(51)が今回のライブに“参戦”。ぜんじろうは落語家の立川談志さんとの交流を笑いを織り交ぜながら、追悼する人情話を披露した。

 その後、爆笑問題が登場すると、太田は開口一番「なんか気持ち悪い」とぜんじろうをくさし、笑いを誘った。







 漫才でも毒ガス全開で、常磐道あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者をネタにいじりまくり。太田は「あおり運転のニュースをテレビ局が放送しまくってた。テレビ局が一番あおってたよな」とやれば、ガラケー撮影していた女には「悪い(林家)パー子みたい。あいつらはペーパードライバーだ」と会場を爆笑させた。

 エンディングトークでは太田がぜんじろうと直接対決するかと思いきや、ぜんじろうが向けた矛先は相方の田中だった。「君に会うのが怖い。すぐキレるから」と実は恐れていたのは田中だと告白。さらに「楽屋裏で田中君に『今日はキレんといてな』と言ったら、『いや、分からないよ』と真顔で返された」と暴露したのだ。ぜんじろうの暴露に田中も真顔で応じ、怖さを増幅させていた。


ぜんじろうは笑いをとったのか?
ぜんじろうはスダンダップコメディが得意だが、日本で今後うけるかどうかはわからない。



今後日本でうまくやれるように立ち回るのに必死かもしれない。









結局はぜんじろうと太田どちらが先輩なのか?
論争は流された感じだ。


ぜんじろうの方が芸歴は長いかもしれないが、爆笑問題の方が年齢は上だし、日本での第一線での活躍も爆笑問題の方が長い。


どちらも敬意を示すのが大人な対応だが、ぜんじろうは「年上だけど、太田さんよりは芸歴上です」くらいに遠慮すればよかったのかもしれない。


どうせなら、バチバチで直接対決をして欲しかった、、と思う人はいたかもしれない。


スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。