So-net無料ブログ作成

6/5死んだのはラモーンズのベーシスト。悲しい死因とは? [芸能人]

6/5はダグラス・グレン・コルヴィン(Douglas Glenn Colvin)ことディー・ディー・ラモーン(1952年9月18日 - 2002年6月5日)の命日だ。



ラモーンズ↓

https://youtu.be/-CRAXIZoZv0

84dbbdd72db970fc5a0ab5389fe6f0cf.jpg
6/5に生を閉じたディーデイーラモーンは
アメリカのバンドラモーンズの元メンバーでベース奏者だ。
ラモーンズのオリジナルメンバー。

なぜラモーンズのベーシストは亡くなったのか?

ラモーンズベーシストディーデイーラモーンの死因とは?



ディーデイーラモーンは

1987年以降、精力的にソロ活動を行い1989年にラモーンズから脱退するが、その後も作曲面でバンドに協力した。


また1996年に行われたラモーンズの解散コンサートにも参加した。


その後はマーキー・ラモーンらと結成したラモーンズのトリュビュートバンド、The Ramainzなどで活動した。


ディー・ディーラモーンは薬物中毒で悩まされ、2002年6月5日にヘロインの過剰摂取でカリフォルニアの自宅にて死去。享年49であった



そう、ディーデイーラモーンの死因はヘロインのオーバードース。


悲しい事だ。


ラモーンズ(Ramones)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市で1974年に結成されたパンク・ロックバンド。ニューヨーク・パンクの重要バンドの一つで、後のパンク・ムーブメントに大きな影響を及ぼした。



パンク好きじゃなくてもチェックだけはしとくべきバンドだ。






RAMONES


活動期間
1974年 - 1996年


旧メンバー
ジョーイ・ラモーン(ボーカル)
ジョニー・ラモーン(ギター)
C・J・ラモーン(ベース)
マーキー・ラモーン(ドラム)
ディー・ディー・ラモーン(ベース)
トミー・ラモーン(ドラム)
エルヴィス・ラモーン(ドラム)
リッチー・ラモーン(ドラム)




2002年『ロックの殿堂』入り。

ローリング・ストーン誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第26位。


1976年以降のロンドン・パンク・ムーブメントに大きな影響を与えた。





デビュー作から3作目までのアルバムは、ロック史上に残る重要なアルバムと評価されている。1979年に発表した5作目のスタジオ・アルバム『エンド・オブ・ザ・センチュリー』(フィル・スペクターがプロデュースを担当した)はバンド史上最大のヒットアルバムとなり、2012年に至っても大リーグの試合でこのアルバムの曲が演奏されるなど、アメリカ人に深く浸透している。

メンバー全員ラモーン (Ramone) の姓を名乗っているが、メンバー間に血縁関係はない。


デビューから解散まで基本的なスタイルは変わらず、

音楽性としては単純明快でストレート、キャッチーなメロディ、反体制なだけでないラブソングも多く、コードは3〜4つのみ、ダウンストローク一辺倒のハードなディストーションを利かせたギター、リズムは8ビートが中心、スピーディーな2分前後の曲がほとんどだが、中期以降になると、キーボードやシンセサイザーなどの鍵盤楽器や、クリーントーンのエレキギターや、アコースティックギターを使用したり、コーラスワークを多用する等、サウンドにバリエーションが加わり、曲の長さも3分や4分を超える楽曲が出てくるようになった。



ビジュアル的にはライダースジャケットと破けたジーンズ、ジョニーの愛用ギターのモズライト、ディー・ディーとC・Jが使用したフェンダー・プレシジョン・ベースというトレードマークも最後まで変わらなかった。




スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
6/5死んだのはラモーンズのベーシスト。悲しい死因とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

6/5死んだのはラモーンズのベーシスト。悲しい死因とは? [芸能人]

6/5はダグラス・グレン・コルヴィン(Douglas Glenn Colvin)ことディー・ディー・ラモーン(1952年9月18日 - 2002年6月5日)の命日だ。



ラモーンズ↓

https://youtu.be/-CRAXIZoZv0

84dbbdd72db970fc5a0ab5389fe6f0cf.jpg
6/5に生を閉じたディーデイーラモーンは
アメリカのバンドラモーンズの元メンバーでベース奏者だ。
ラモーンズのオリジナルメンバー。

なぜラモーンズのベーシストは亡くなったのか?

ラモーンズベーシストディーデイーラモーンの死因とは?



ディーデイーラモーンは

1987年以降、精力的にソロ活動を行い1989年にラモーンズから脱退するが、その後も作曲面でバンドに協力した。


また1996年に行われたラモーンズの解散コンサートにも参加した。


その後はマーキー・ラモーンらと結成したラモーンズのトリュビュートバンド、The Ramainzなどで活動した。


ディー・ディーラモーンは薬物中毒で悩まされ、2002年6月5日にヘロインの過剰摂取でカリフォルニアの自宅にて死去。享年49であった



そう、ディーデイーラモーンの死因はヘロインのオーバードース。


悲しい事だ。


ラモーンズ(Ramones)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市で1974年に結成されたパンク・ロックバンド。ニューヨーク・パンクの重要バンドの一つで、後のパンク・ムーブメントに大きな影響を及ぼした。



パンク好きじゃなくてもチェックだけはしとくべきバンドだ。






RAMONES


活動期間
1974年 - 1996年


旧メンバー
ジョーイ・ラモーン(ボーカル)
ジョニー・ラモーン(ギター)
C・J・ラモーン(ベース)
マーキー・ラモーン(ドラム)
ディー・ディー・ラモーン(ベース)
トミー・ラモーン(ドラム)
エルヴィス・ラモーン(ドラム)
リッチー・ラモーン(ドラム)




2002年『ロックの殿堂』入り。

ローリング・ストーン誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第26位。


1976年以降のロンドン・パンク・ムーブメントに大きな影響を与えた。





デビュー作から3作目までのアルバムは、ロック史上に残る重要なアルバムと評価されている。1979年に発表した5作目のスタジオ・アルバム『エンド・オブ・ザ・センチュリー』(フィル・スペクターがプロデュースを担当した)はバンド史上最大のヒットアルバムとなり、2012年に至っても大リーグの試合でこのアルバムの曲が演奏されるなど、アメリカ人に深く浸透している。

メンバー全員ラモーン (Ramone) の姓を名乗っているが、メンバー間に血縁関係はない。


デビューから解散まで基本的なスタイルは変わらず、

音楽性としては単純明快でストレート、キャッチーなメロディ、反体制なだけでないラブソングも多く、コードは3〜4つのみ、ダウンストローク一辺倒のハードなディストーションを利かせたギター、リズムは8ビートが中心、スピーディーな2分前後の曲がほとんどだが、中期以降になると、キーボードやシンセサイザーなどの鍵盤楽器や、クリーントーンのエレキギターや、アコースティックギターを使用したり、コーラスワークを多用する等、サウンドにバリエーションが加わり、曲の長さも3分や4分を超える楽曲が出てくるようになった。



ビジュアル的にはライダースジャケットと破けたジーンズ、ジョニーの愛用ギターのモズライト、ディー・ディーとC・Jが使用したフェンダー・プレシジョン・ベースというトレードマークも最後まで変わらなかった。




スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。