So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

石井慧が海外でチャンピオンに!海外の反応や評価は? [芸能人]

石井慧が遂に世界チャンピオンに!!

元柔道金メダリストの石井慧が総合格闘技:SBC(セルビアアン・バトル・チャンピオンシップ)19大会でベルト奪取!!


石井慧の海外の反応や石井慧の海外の評価とは?



08年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(31=チーム・クロコップ)が海外初ベルト奪取に成功した。


石井慧は今まで日本での評価は残念ながら低かった、、
それだけに祝福する声は多数あがった。



石井慧は61勝29敗の戦績を誇るベテランのトニー・ロペス(44=米国)とSBCヘビー級王座を懸けて対戦。

1回一本勝ちで、13年12月に日本でIGF王座を奪取して以来のベルトを腰に巻いた。
海外でチャンピオンになったのだから海外での反応はあるはずだが、まだ情報はない。

セルビアで試合をしたのだからセルビア人の石井慧の評価とかありそうだが、、、情報は不明。

石井慧.jpg

日本でも祝福と賞賛の声はあがったが、未だに批判も多く見られる。
「石井慧の試合はつまらない」
「勝っても面白くない」
「石井慧は安定の塩試合」
などだ。


しかし様々な大会に挑戦をして武者修行をしている石井慧は確実に強くなっているだろう。

そしてそれをわかっているファンは石井慧を絶賛している。

「勝ち方が地味だろうと石井慧らしさがある!ヘビー級日本人ではトップクラス!」

トニーロペスとの試合もケージに入った石井は冷静そのものだった。


間合いを詰めると相手左足をつかんでタックル。テークダウンに成功すると横四方固め、縦四方固めの形で寝技を続け、左腕を捕獲。

腕ひしぎ逆十字固めをしながら、両足で首を絞めて横三角絞め(洗濯ばさみ)でギブアップを奪った。


相手の強さは戦績が証明しているが44歳とピークを過ぎている選手なのは間違いなさそうだ。しかし、石井慧はチャンピオンになったのは間違いない。













石井は、翌週の12月9日には打撃のない組み技(グラップリング)イベントの英興行ポラリスに初参戦。

ポラリス8大会(ウェールズ)で、ダン・ストラウス(27=英国)と無差別級スーパーファイトで対戦する。



さらに12月14日開幕の柔術のNO-Gi(柔術着なし)世界選手権(米アナハイム)にもウルトラヘビー級でエントリー。


総合格闘技、グラップリング、柔術と3週連続で大会出場する。

このハードスケジュールを挑戦する石井慧は間違なく強くなるはずだ。そして石井慧が活躍すれば石井慧の海外の反応は多くなり、石井慧の海外の評価は抜群にあがるだろう。

今のところめだって石井慧を絶賛する海外の反応や評価は少ないが、

石井慧はレジェンドだ!

などの評価は少なからずある。

やはりオリンピック金メダリストは価値があるのだろう。








今後の石井慧には期待できそうだ。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
石井慧が海外でチャンピオンに!海外の反応や評価は?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

石井慧が海外でチャンピオンに!海外の反応や評価は? [芸能人]

石井慧が遂に世界チャンピオンに!!

元柔道金メダリストの石井慧が総合格闘技:SBC(セルビアアン・バトル・チャンピオンシップ)19大会でベルト奪取!!


石井慧の海外の反応や石井慧の海外の評価とは?



08年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(31=チーム・クロコップ)が海外初ベルト奪取に成功した。


石井慧は今まで日本での評価は残念ながら低かった、、
それだけに祝福する声は多数あがった。



石井慧は61勝29敗の戦績を誇るベテランのトニー・ロペス(44=米国)とSBCヘビー級王座を懸けて対戦。

1回一本勝ちで、13年12月に日本でIGF王座を奪取して以来のベルトを腰に巻いた。
海外でチャンピオンになったのだから海外での反応はあるはずだが、まだ情報はない。

セルビアで試合をしたのだからセルビア人の石井慧の評価とかありそうだが、、、情報は不明。

石井慧.jpg

日本でも祝福と賞賛の声はあがったが、未だに批判も多く見られる。
「石井慧の試合はつまらない」
「勝っても面白くない」
「石井慧は安定の塩試合」
などだ。


しかし様々な大会に挑戦をして武者修行をしている石井慧は確実に強くなっているだろう。

そしてそれをわかっているファンは石井慧を絶賛している。

「勝ち方が地味だろうと石井慧らしさがある!ヘビー級日本人ではトップクラス!」

トニーロペスとの試合もケージに入った石井は冷静そのものだった。


間合いを詰めると相手左足をつかんでタックル。テークダウンに成功すると横四方固め、縦四方固めの形で寝技を続け、左腕を捕獲。

腕ひしぎ逆十字固めをしながら、両足で首を絞めて横三角絞め(洗濯ばさみ)でギブアップを奪った。


相手の強さは戦績が証明しているが44歳とピークを過ぎている選手なのは間違いなさそうだ。しかし、石井慧はチャンピオンになったのは間違いない。













石井は、翌週の12月9日には打撃のない組み技(グラップリング)イベントの英興行ポラリスに初参戦。

ポラリス8大会(ウェールズ)で、ダン・ストラウス(27=英国)と無差別級スーパーファイトで対戦する。



さらに12月14日開幕の柔術のNO-Gi(柔術着なし)世界選手権(米アナハイム)にもウルトラヘビー級でエントリー。


総合格闘技、グラップリング、柔術と3週連続で大会出場する。

このハードスケジュールを挑戦する石井慧は間違なく強くなるはずだ。そして石井慧が活躍すれば石井慧の海外の反応は多くなり、石井慧の海外の評価は抜群にあがるだろう。

今のところめだって石井慧を絶賛する海外の反応や評価は少ないが、

石井慧はレジェンドだ!

などの評価は少なからずある。

やはりオリンピック金メダリストは価値があるのだろう。








今後の石井慧には期待できそうだ。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。