So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

吉澤ひとみへの求刑がリアル!!執行猶予付くのか?実際に服役するのか? [芸能人]

元モーニング娘ヨッシーこと吉澤ひとみに言い渡された求刑がリアル!!


 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が29日、東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。

もしこの判決が言い渡されればリアルだ。
執行猶予付きではなくて実際に二年間服役するとなると吉澤ひとみとしては反省し更正せざるをえないだろう。





 起訴状によると、吉澤被告は東京都中野区で9月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとされる。


この事件は多くの波紋を呼んだ。

☆「吉澤ひとみが飲酒運転ひき逃げ!」☆

と報道があったときの世間の反応は

「吉澤ひとみやっちまったな」 
「逃げるのはまずいだろ」など

吉澤ひとみは2007年に弟を交通事故で亡くしている。
それだけに

「弟が亡くなっているんだから、自分が人一倍運転には慎重になるべきだ」などと辛辣な意見も多かった。

批判が多いが


「前日に少し飲んだだけみたい」

「ひき逃げする気はなくて停める場所がなかったんでしょ」


「だから15分後に自ら戻って通報した」など
吉澤ひとみ擁護の声も少なからずあった。





■ドライブレコーダーの事故の瞬間が公開

吉澤ひとみがひき逃げした瞬間のドライブレコーダーの動画が公開された。

するとひき逃げしても停まる場所は充分あった。そしてひき逃げしてすぐに加速して意図的に逃げた。更に事件に気が付いた後続車が吉澤ひとみの車に追い付き吉澤ひとみの車の窓をノックするも無視したという。

ここから吉澤ひとみへの批判は加速していく。

「よく死ななかったな」

「これは悪質だ」

「懲役10年」
などだ。

擁護派もさすがにかばいきれなくなっていた。


更に前日にチューハイ3缶飲んだというが、実際はもっと飲んだいたという。。

こういった最初の嘘の証言が暴かれていった。

更に炎上の矛先は事故を目の当たりにした学生にも及んだ「何で助けないの?」「スタスタ歩いてる、、」などだ。
これは批判する人の気持ちもわかるが擁護されるべきかもしれない。

事故を目の当たりにした学生はまだ子供だった為、判断力がない。それにひき逃げされた二人はすぐに起き上がり無事な様子だったからだ。











8f8b5_1643_e0155b593ce4da71444822a61fd54a21~2.jpg
●波紋は他の元メンバーにも広がった。

イベントの中止や吉澤ひとみの同期メンバーなどへコメントを求めるなど同期メンバーにも大きな影響を与えた。



*吉澤ひとみが留置されていたのは約2週間、その間の生活も話題となった。


heya.jpg
↑これは留置所の見取り図(吉澤ひとみがいた留置場ではない)



そんな

吉澤ひとみ 飲酒ひき逃げ事件の初公判だ。





 入廷した吉澤被告は逮捕時よりも、さらにやつれた表情。起訴内容について「間違いありません」と認めた。職業については「無職ですか?」の問いに「はい」と答えた。弁護士からは被害者2人との示談書が提出された。


 証人尋問には吉澤被告の夫が出廷。弁護人質問では、同被告の飲酒の事実を知りながら、仕事に向かわせたことに対しては、夫は「私の認識が甘く、睡眠を取れば(お酒が残らないと)。ただただ後悔しています」と述べたという。


検察側から現在の飲酒量を問われると「急激に減っています」と述べ、さらに検察側から「全く飲んでいないということではない?」と問われると「そうです。急激に減っています」と答えた。


つまり吉澤ひとみはまだお酒を絶てずに飲んでいるという。。



 被告人質問では、同被告は現場から立ち去ったことには「気が動転していた」と述べ、繰り返し、被害者への反省の言葉を述べた。



 検察側から、同被告が運転免許取得から4年程度で交通違反3回、事故2回の事実について聞かれると、同被告は「(交通法規への)意識が十分ではなかった思います」と述べた。


何と四年で交通違反三回、事故を二回も起こしていたという、日頃から運転マナーも悪かったのかもしれない。



 免許再取得の資格を得るにまで9年かかるが、同被告は「再取得するつもりはありません」。事故車が警察から還付されれば「処分します」と答えた。



 最後に裁判官から「(繰り返し述べていた)甘えとは?」と問われると、同被告は「お酒の飲み方、社会人としての意識のなさ、気の緩みだと思います」と答えた。

 判決はこの日と同じ法廷で30日午前11時から言い渡される。


はたして執行猶予は付くのか?
実際に二年間服役するのだろうか?






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

吉澤ひとみへの求刑がリアル!!執行猶予付くのか?実際に服役するのか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

吉澤ひとみへの求刑がリアル!!執行猶予付くのか?実際に服役するのか? [芸能人]

元モーニング娘ヨッシーこと吉澤ひとみに言い渡された求刑がリアル!!


 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が29日、東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。

もしこの判決が言い渡されればリアルだ。
執行猶予付きではなくて実際に二年間服役するとなると吉澤ひとみとしては反省し更正せざるをえないだろう。





 起訴状によると、吉澤被告は東京都中野区で9月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとされる。


この事件は多くの波紋を呼んだ。

☆「吉澤ひとみが飲酒運転ひき逃げ!」☆

と報道があったときの世間の反応は

「吉澤ひとみやっちまったな」 
「逃げるのはまずいだろ」など

吉澤ひとみは2007年に弟を交通事故で亡くしている。
それだけに

「弟が亡くなっているんだから、自分が人一倍運転には慎重になるべきだ」などと辛辣な意見も多かった。

批判が多いが


「前日に少し飲んだだけみたい」

「ひき逃げする気はなくて停める場所がなかったんでしょ」


「だから15分後に自ら戻って通報した」など
吉澤ひとみ擁護の声も少なからずあった。





■ドライブレコーダーの事故の瞬間が公開

吉澤ひとみがひき逃げした瞬間のドライブレコーダーの動画が公開された。

するとひき逃げしても停まる場所は充分あった。そしてひき逃げしてすぐに加速して意図的に逃げた。更に事件に気が付いた後続車が吉澤ひとみの車に追い付き吉澤ひとみの車の窓をノックするも無視したという。

ここから吉澤ひとみへの批判は加速していく。

「よく死ななかったな」

「これは悪質だ」

「懲役10年」
などだ。

擁護派もさすがにかばいきれなくなっていた。


更に前日にチューハイ3缶飲んだというが、実際はもっと飲んだいたという。。

こういった最初の嘘の証言が暴かれていった。

更に炎上の矛先は事故を目の当たりにした学生にも及んだ「何で助けないの?」「スタスタ歩いてる、、」などだ。
これは批判する人の気持ちもわかるが擁護されるべきかもしれない。

事故を目の当たりにした学生はまだ子供だった為、判断力がない。それにひき逃げされた二人はすぐに起き上がり無事な様子だったからだ。











8f8b5_1643_e0155b593ce4da71444822a61fd54a21~2.jpg
●波紋は他の元メンバーにも広がった。

イベントの中止や吉澤ひとみの同期メンバーなどへコメントを求めるなど同期メンバーにも大きな影響を与えた。



*吉澤ひとみが留置されていたのは約2週間、その間の生活も話題となった。


heya.jpg
↑これは留置所の見取り図(吉澤ひとみがいた留置場ではない)



そんな

吉澤ひとみ 飲酒ひき逃げ事件の初公判だ。





 入廷した吉澤被告は逮捕時よりも、さらにやつれた表情。起訴内容について「間違いありません」と認めた。職業については「無職ですか?」の問いに「はい」と答えた。弁護士からは被害者2人との示談書が提出された。


 証人尋問には吉澤被告の夫が出廷。弁護人質問では、同被告の飲酒の事実を知りながら、仕事に向かわせたことに対しては、夫は「私の認識が甘く、睡眠を取れば(お酒が残らないと)。ただただ後悔しています」と述べたという。


検察側から現在の飲酒量を問われると「急激に減っています」と述べ、さらに検察側から「全く飲んでいないということではない?」と問われると「そうです。急激に減っています」と答えた。


つまり吉澤ひとみはまだお酒を絶てずに飲んでいるという。。



 被告人質問では、同被告は現場から立ち去ったことには「気が動転していた」と述べ、繰り返し、被害者への反省の言葉を述べた。



 検察側から、同被告が運転免許取得から4年程度で交通違反3回、事故2回の事実について聞かれると、同被告は「(交通法規への)意識が十分ではなかった思います」と述べた。


何と四年で交通違反三回、事故を二回も起こしていたという、日頃から運転マナーも悪かったのかもしれない。



 免許再取得の資格を得るにまで9年かかるが、同被告は「再取得するつもりはありません」。事故車が警察から還付されれば「処分します」と答えた。



 最後に裁判官から「(繰り返し述べていた)甘えとは?」と問われると、同被告は「お酒の飲み方、社会人としての意識のなさ、気の緩みだと思います」と答えた。

 判決はこの日と同じ法廷で30日午前11時から言い渡される。


はたして執行猶予は付くのか?
実際に二年間服役するのだろうか?






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。