So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

漫画家のうげっぱさんはなぜ?急性心不全で亡くなってしまったのか? [漫画]

漫画家のうげっぱさんが亡くなった。

うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた漫画家だ。

漫画家は短命なのか?と毎回漫画家が亡くなると論議されるが、うげっぱの、死因は急性心不全との事だが、うげっぱさんは急性心不全を誘発するような持病はあったのだろうか?

うげっぱさんは44歳の若さにして亡くなった。死因は急性心不全でうげっぱさんが持病があるかどうかはわかっていない。

うげっぱさんが持病があったか?タバコを吸っていたか酒好きだったか?なども不明だ。








WEBコミックガンマ(竹書房)にて連載中の夏目真生夜原作による「ハウンド 特殊性犯罪指定捜査部」は、うげっぱによる執筆は公開済みの第2話までとなる。作品の今後については決定次第WEBコミックガンマにてアナウンス予定。
今後については時間をおいて遺族や原作者と協議するとしている。




漫画家のうげっぱ(U.G.E)さんが急性心不全で亡くなったのがわかったのは2018年10月23日早朝。44歳だった。


うげっぱさんの家族が11月1日にTwitterを更新し、「平成30年10月23日急性心不全にて永眠いたしました」と報告。「生前作品を愛してくださった皆様をはじめ、出版関係の皆様、一緒に同人活動をしてくださった方々には深く感謝申し上げます。もしよろしければ時々、心の片隅でうげっぱの作品を思い出して頂ければと念じて、旅立ちの報告とさせていただきます」と感謝の言葉を綴った。


うげっぱさんが連載中だった竹書房もホームページに訃報を掲載。「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。


うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた。

なぜ?うげっぱさんは急性心不全で亡くなってしまったのか?

うげっぱさんさタバコなどを吸っていたのだろうか?

またお酒は好きだったのか?

わかっていない。


ただネットの反応には
「漫画家は短命」

「漫画家は徹夜が当たり前という、、短命なのはそのせいかな、、?」漫画家のうげっぱさんが亡くなった。

うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた漫画家だ。

漫画家は短命なのか?と毎回漫画家が亡くなると論議されるが、うげっぱの、死因は急性心不全との事だが、うげっぱさんは急性心不全を誘発するような持病はあったのだろうか?

うげっぱさんは44歳の若さにして亡くなった。死因は急性心不全でうげっぱさんが持病があるかどうかはわかっていない。

うげっぱさんが持病があったか?タバコを吸っていたか酒好きだったか?なども不明だ。








WEBコミックガンマ(竹書房)にて連載中の夏目真生夜原作による「ハウンド 特殊性犯罪指定捜査部」は、うげっぱによる執筆は公開済みの第2話までとなる。作品の今後については決定次第WEBコミックガンマにてアナウンス予定。
今後については時間をおいて遺族や原作者と協議するとしている。




漫画家のうげっぱ(U.G.E)さんが急性心不全で亡くなったのがわかったのは2018年10月23日早朝。44歳だった。


うげっぱさんの家族が11月1日にTwitterを更新し、「平成30年10月23日急性心不全にて永眠いたしました」と報告。「生前作品を愛してくださった皆様をはじめ、出版関係の皆様、一緒に同人活動をしてくださった方々には深く感謝申し上げます。もしよろしければ時々、心の片隅でうげっぱの作品を思い出して頂ければと念じて、旅立ちの報告とさせていただきます」と感謝の言葉を綴った。


うげっぱさんが連載中だった竹書房もホームページに訃報を掲載。「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。


うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた。

なぜ?うげっぱさんは急性心不全で亡くなってしまったのか?

うげっぱさんさタバコなどを吸っていたのだろうか?

またお酒は好きだったのか?

わかっていない。


ただネットの反応には
「漫画家は短命」

「漫画家は徹夜が当たり前という、、短命なのはそのせいかな、、?」
「ずっと座って仕事して、締め切りに追われて精神的にもつらい仕事だからでは?」

など漫画家がハードな仕事なので漫画家というだけで急性心不全になる人が多いのでは?

といった予想がされている。






心よりご冥福をお祈りします。





ずっと座って仕事して、締め切りに追われて精神的にもつらい仕事だからでは?」

など漫画家がハードな仕事なので漫画家というだけで急性心不全になる人が多いのでは?

といった予想がされている。






心よりご冥福をお祈りします。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
漫画家のうげっぱさんはなぜ?急性心不全で亡くなってしまったのか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

漫画家のうげっぱさんはなぜ?急性心不全で亡くなってしまったのか? [漫画]

漫画家のうげっぱさんが亡くなった。

うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた漫画家だ。

漫画家は短命なのか?と毎回漫画家が亡くなると論議されるが、うげっぱの、死因は急性心不全との事だが、うげっぱさんは急性心不全を誘発するような持病はあったのだろうか?

うげっぱさんは44歳の若さにして亡くなった。死因は急性心不全でうげっぱさんが持病があるかどうかはわかっていない。

うげっぱさんが持病があったか?タバコを吸っていたか酒好きだったか?なども不明だ。








WEBコミックガンマ(竹書房)にて連載中の夏目真生夜原作による「ハウンド 特殊性犯罪指定捜査部」は、うげっぱによる執筆は公開済みの第2話までとなる。作品の今後については決定次第WEBコミックガンマにてアナウンス予定。
今後については時間をおいて遺族や原作者と協議するとしている。




漫画家のうげっぱ(U.G.E)さんが急性心不全で亡くなったのがわかったのは2018年10月23日早朝。44歳だった。


うげっぱさんの家族が11月1日にTwitterを更新し、「平成30年10月23日急性心不全にて永眠いたしました」と報告。「生前作品を愛してくださった皆様をはじめ、出版関係の皆様、一緒に同人活動をしてくださった方々には深く感謝申し上げます。もしよろしければ時々、心の片隅でうげっぱの作品を思い出して頂ければと念じて、旅立ちの報告とさせていただきます」と感謝の言葉を綴った。


うげっぱさんが連載中だった竹書房もホームページに訃報を掲載。「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。


うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた。

なぜ?うげっぱさんは急性心不全で亡くなってしまったのか?

うげっぱさんさタバコなどを吸っていたのだろうか?

またお酒は好きだったのか?

わかっていない。


ただネットの反応には
「漫画家は短命」

「漫画家は徹夜が当たり前という、、短命なのはそのせいかな、、?」漫画家のうげっぱさんが亡くなった。

うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた漫画家だ。

漫画家は短命なのか?と毎回漫画家が亡くなると論議されるが、うげっぱの、死因は急性心不全との事だが、うげっぱさんは急性心不全を誘発するような持病はあったのだろうか?

うげっぱさんは44歳の若さにして亡くなった。死因は急性心不全でうげっぱさんが持病があるかどうかはわかっていない。

うげっぱさんが持病があったか?タバコを吸っていたか酒好きだったか?なども不明だ。








WEBコミックガンマ(竹書房)にて連載中の夏目真生夜原作による「ハウンド 特殊性犯罪指定捜査部」は、うげっぱによる執筆は公開済みの第2話までとなる。作品の今後については決定次第WEBコミックガンマにてアナウンス予定。
今後については時間をおいて遺族や原作者と協議するとしている。




漫画家のうげっぱ(U.G.E)さんが急性心不全で亡くなったのがわかったのは2018年10月23日早朝。44歳だった。


うげっぱさんの家族が11月1日にTwitterを更新し、「平成30年10月23日急性心不全にて永眠いたしました」と報告。「生前作品を愛してくださった皆様をはじめ、出版関係の皆様、一緒に同人活動をしてくださった方々には深く感謝申し上げます。もしよろしければ時々、心の片隅でうげっぱの作品を思い出して頂ければと念じて、旅立ちの報告とさせていただきます」と感謝の言葉を綴った。


うげっぱさんが連載中だった竹書房もホームページに訃報を掲載。「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。


うげっぱはU.G.Eの名義も持ち「8.1 山田悠介劇場」「マクロスプラス─タックネーム─」「リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1club-」などを発表していた。

なぜ?うげっぱさんは急性心不全で亡くなってしまったのか?

うげっぱさんさタバコなどを吸っていたのだろうか?

またお酒は好きだったのか?

わかっていない。


ただネットの反応には
「漫画家は短命」

「漫画家は徹夜が当たり前という、、短命なのはそのせいかな、、?」
「ずっと座って仕事して、締め切りに追われて精神的にもつらい仕事だからでは?」

など漫画家がハードな仕事なので漫画家というだけで急性心不全になる人が多いのでは?

といった予想がされている。






心よりご冥福をお祈りします。





ずっと座って仕事して、締め切りに追われて精神的にもつらい仕事だからでは?」

など漫画家がハードな仕事なので漫画家というだけで急性心不全になる人が多いのでは?

といった予想がされている。






心よりご冥福をお祈りします。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。