So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

餃子の王将の社長とは?黒い噂やヤクザとの関わりはあるのか? [社長 企業]

餃子の王将といえば安くてガッツリ食べられる中華料理屋で大人気だ。

餃子の王将はアメトーークでも取り上げられ「餃子の王将大好き芸人」の回は大人気だ。

多くの店舗を展開しているが、ここまで大きな飲食店にはどんな苦労があったのだろうか?   

餃子の王将社長とは?

餃子の王将の社長は現在で何人いるのだろうか?



一番有名であり、一番の功労者で最大のインパクトがあっつ社長といえばやはり大東隆行だろう。



餃子の王将


加藤朝雄
望月邦彦
加藤潔
大東 隆行 
渡辺直人 

だ。

何かしら黒い噂がある餃子の王将社長達。


「餃子の王将はヤクザと関わりがあるのでは?」
創業者の加藤朝雄社長時代から黒い噂は続いたという。

餃子の王将二代目社長望月邦彦さんは加藤朝雄創業者の右腕として活躍し、社長に抜擢されたが、わずか一年で創業者加藤朝雄の息子に社長の座を明け渡している。


そして、やはり餃子の王将を成長させたのは餃子の王将3代目社長大東隆行さんだろう。

大東隆行社長も創業者の身内だ、大東隆行は創業者加藤朝雄の義理の弟に当たる。

経営手腕や情熱はおそらく一番あったと思われる。


しかし、射殺されてしまう。





なぜ大東隆行餃子の王将元社長は射殺されなければならなかったのか?

ヤクザと関わりがあるのでは?とも噂されたが、大東隆行さんはとても良い人だったようだ。



大東 隆行(おおひがし たかゆき、1941年3月8日 - 2013年12月19日)は、株式会社王将フードサービスの元営業本部長・元代表取締役社長。大阪市出身。


関西経理専門学校へ入学して中退後、薪炭・氷販売業の経営を経て、義兄の加藤朝雄が1967年に創業した「餃子の王将」1号店へ1969年に入店。1978年に営業本部長、1995年に副社長を経て、2000年に社長へ就任した。




社長就任後は毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自ら開錠しては、玄関や駐車場を掃き清めて散水していたという。昼にはトイレ掃除もしていたが、その理由は「従業員には綺麗な会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということや、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであったという。また、社長専用車はあったが運転手は付けず、自ら運転していたという。


直営店の店長300人以上の名前だけでなくフランチャイズ店オーナーの名前も、すべて覚えていたという。また、社員の誕生日には自ら選んだ自己啓発本を、社員の配偶者の誕生日には花束をそれぞれ贈呈していたという。

2012年には、スタミナを付けるために小遣いで餃子の王将を利用していた京都橘高校のサッカー部部員たちが全国高校サッカー選手権大会で準優勝したことを称えて、学校近くの店舗を臨時休業させ、彼らやその関係者たち約100人を招いて160人前の餃子など総額約30万円分を振る舞ったという。



このように大東隆行は善意の人だったように思える。大東隆行元社長とヤクザの関係などないのではないか?




しかし、拳銃で射たれて亡くなった。
拳銃を持っているのは警察かヤクザや反社会的勢力だけ、、


被害にあったのに射殺された事によってヤクザとの関わりを疑われている。



2013年(平成25年)12月19日午前5時40分から45分頃、京都市山科区の王将フードサービス本社前にて何者かに25口径の拳銃で4発撃たれ[2]、病院に搬送された。しかし、同日午前8時10分頃には死亡が確認された。

2016年3月29日、王将社長射殺事件を受けて同社と暴力団などの反社会勢力との関係を調査していた第三者委員会が、1990年代半ばから同社が10年近く特定の企業グループに200億円もの金額を流出させていたことを明らかにした報告書を公表した。


射殺事件との関連は不明。同社は前社長射殺前の2013年11月の時点で詳細を取りまとめていたが公表していなかった。報告書の公表時点では、現在の経営陣と反社会勢力との確認されなかったとのことである



このように不明な点もある。

餃子の王将はかつて
軍隊のようなスパルタ社員研修を行っていたり異様さはあった。


スパルタ社員研修はもう行っていないようだが、そんな体質はあるのかもしれない。



ブラック企業としてもノミネートされている企業でもある。


今(2018年)の渡辺直人社長もスパルタ社員研修を行っていた人物だ。


8~2.jpg
餃子の王将
現社長渡辺直人さんは先代社長大東隆行さんが射殺されてもなお会社が持ちこたえている理由をこう語る。

「多くのお客さまから励ましを頂いた。なんとか会社がもちこたえられたのは、前社長のおかげ」

「人間として尊敬しており、今は冥福を祈るばかり。前社長の遺志を継いで、もっとお客さまに喜んでもらえる会社にしたい」と決意を示した。


 また大東社長の思い出にふれ、「私にとっては師匠であり、父親以上の存在。社員思いで、お客さまを大切にしていた。経営の原点であり、王将イズムとは大東イズムのことだ」としのんだ。


今後も餃子の王将は庶民の味方で美味しいお店にであることを望む。






 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
餃子の王将の社長とは?黒い噂やヤクザとの関わりはあるのか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

餃子の王将の社長とは?黒い噂やヤクザとの関わりはあるのか? [社長 企業]

餃子の王将といえば安くてガッツリ食べられる中華料理屋で大人気だ。

餃子の王将はアメトーークでも取り上げられ「餃子の王将大好き芸人」の回は大人気だ。

多くの店舗を展開しているが、ここまで大きな飲食店にはどんな苦労があったのだろうか?   

餃子の王将社長とは?

餃子の王将の社長は現在で何人いるのだろうか?



一番有名であり、一番の功労者で最大のインパクトがあっつ社長といえばやはり大東隆行だろう。



餃子の王将


加藤朝雄
望月邦彦
加藤潔
大東 隆行 
渡辺直人 

だ。

何かしら黒い噂がある餃子の王将社長達。


「餃子の王将はヤクザと関わりがあるのでは?」
創業者の加藤朝雄社長時代から黒い噂は続いたという。

餃子の王将二代目社長望月邦彦さんは加藤朝雄創業者の右腕として活躍し、社長に抜擢されたが、わずか一年で創業者加藤朝雄の息子に社長の座を明け渡している。


そして、やはり餃子の王将を成長させたのは餃子の王将3代目社長大東隆行さんだろう。

大東隆行社長も創業者の身内だ、大東隆行は創業者加藤朝雄の義理の弟に当たる。

経営手腕や情熱はおそらく一番あったと思われる。


しかし、射殺されてしまう。





なぜ大東隆行餃子の王将元社長は射殺されなければならなかったのか?

ヤクザと関わりがあるのでは?とも噂されたが、大東隆行さんはとても良い人だったようだ。



大東 隆行(おおひがし たかゆき、1941年3月8日 - 2013年12月19日)は、株式会社王将フードサービスの元営業本部長・元代表取締役社長。大阪市出身。


関西経理専門学校へ入学して中退後、薪炭・氷販売業の経営を経て、義兄の加藤朝雄が1967年に創業した「餃子の王将」1号店へ1969年に入店。1978年に営業本部長、1995年に副社長を経て、2000年に社長へ就任した。




社長就任後は毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自ら開錠しては、玄関や駐車場を掃き清めて散水していたという。昼にはトイレ掃除もしていたが、その理由は「従業員には綺麗な会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということや、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであったという。また、社長専用車はあったが運転手は付けず、自ら運転していたという。


直営店の店長300人以上の名前だけでなくフランチャイズ店オーナーの名前も、すべて覚えていたという。また、社員の誕生日には自ら選んだ自己啓発本を、社員の配偶者の誕生日には花束をそれぞれ贈呈していたという。

2012年には、スタミナを付けるために小遣いで餃子の王将を利用していた京都橘高校のサッカー部部員たちが全国高校サッカー選手権大会で準優勝したことを称えて、学校近くの店舗を臨時休業させ、彼らやその関係者たち約100人を招いて160人前の餃子など総額約30万円分を振る舞ったという。



このように大東隆行は善意の人だったように思える。大東隆行元社長とヤクザの関係などないのではないか?




しかし、拳銃で射たれて亡くなった。
拳銃を持っているのは警察かヤクザや反社会的勢力だけ、、


被害にあったのに射殺された事によってヤクザとの関わりを疑われている。



2013年(平成25年)12月19日午前5時40分から45分頃、京都市山科区の王将フードサービス本社前にて何者かに25口径の拳銃で4発撃たれ[2]、病院に搬送された。しかし、同日午前8時10分頃には死亡が確認された。

2016年3月29日、王将社長射殺事件を受けて同社と暴力団などの反社会勢力との関係を調査していた第三者委員会が、1990年代半ばから同社が10年近く特定の企業グループに200億円もの金額を流出させていたことを明らかにした報告書を公表した。


射殺事件との関連は不明。同社は前社長射殺前の2013年11月の時点で詳細を取りまとめていたが公表していなかった。報告書の公表時点では、現在の経営陣と反社会勢力との確認されなかったとのことである



このように不明な点もある。

餃子の王将はかつて
軍隊のようなスパルタ社員研修を行っていたり異様さはあった。


スパルタ社員研修はもう行っていないようだが、そんな体質はあるのかもしれない。



ブラック企業としてもノミネートされている企業でもある。


今(2018年)の渡辺直人社長もスパルタ社員研修を行っていた人物だ。


8~2.jpg
餃子の王将
現社長渡辺直人さんは先代社長大東隆行さんが射殺されてもなお会社が持ちこたえている理由をこう語る。

「多くのお客さまから励ましを頂いた。なんとか会社がもちこたえられたのは、前社長のおかげ」

「人間として尊敬しており、今は冥福を祈るばかり。前社長の遺志を継いで、もっとお客さまに喜んでもらえる会社にしたい」と決意を示した。


 また大東社長の思い出にふれ、「私にとっては師匠であり、父親以上の存在。社員思いで、お客さまを大切にしていた。経営の原点であり、王将イズムとは大東イズムのことだ」としのんだ。


今後も餃子の王将は庶民の味方で美味しいお店にであることを望む。






 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。