So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中山秀征と今田耕司の不仲!確執の原因は?今田耕司の直近の先輩だった? [芸能人]

最近芸能人同士の確執や共演NG事情が暴かれている。

今、話題になっているのが

タレントの中山秀征(51)と今田耕司(52)の過去の確執だ。


なぜ中山秀征と今田耕司は不仲、確執があったのか?
どうやら、当時の今田耕司の直近の先輩が師事したのかもしれない。。




中山秀征と今田耕司がダブルMCを務めた1993年放送のフジテレビ深夜番組「殿様のフェロモン」が確執の始まりのよう。


中山秀征は「この番組で僕と今ちゃんは初めて仕事した」と切り出し、「僕はとても忙しい時期でレギュラーを14本やらせていただいていた。(スタッフに)ワイワイ楽しくやってくださいって言われて引き受けたんだけど、今ちゃんには戦いだと伝わっていた」と語った。

「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。







 中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

 中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。



 殿様のフェロモンに出演していた岡村隆史は「今田さん、当時めっちゃ怖かったもん。楽屋でも話してくれないし…」と語り

ザブングルの松尾陽介(41)も「今田さんはごっつ以外の初めてレギュラーだったので、ダウンタウンさんにあいさつしたら浜田さんから『全員、殺してこい』って言われたって」と今田から聞いた話を紹介した。


どうやら中山秀征と今田耕司の確執の原因はダウンタウンの浜田雅功だったようだ。。


過去の中山秀征と今田耕司の不仲、確執の原因はダウンタウンだったのかもしれない。


中山秀征とダウンタウンも確執があったといい、その影響も今田耕司が受けたのかもしれない。






殿様のフェロモンの番組懇親会でも沈黙が続いたといい、中山は「今ちゃんにビール注いだら『大丈夫です』って断られた」と苦笑い。



岡村は「この番組、なんか空気悪い。今田さんと秀ちゃんもいい感じになってないと感じていた」と当時を振り返った。


番組終了後、中山と今田は一切会うことがなかったというが、双方と交友のある松尾が仲を取り持って、再会することができたという。

今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。


過去に今田耕司は
「こっちは東京に殴り込みに行く覚悟で全身鎧兜で装備して刀を両手に持って懐刀まで仕込んで乗り込んだら、向こうはすごくフレンドリーでようこそみたいな感じたったから、この全身武装をどう解いて良いのか分からなくて戸惑った」と言っていたようだ。


過去の中山秀征と今田耕司の不仲、確執の原因はダウンタウンだったのかもしれない。


中山秀征とダウンタウンも確執があったといい、その影響も今田耕司が受けたのかもしれない。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
中山秀征と今田耕司の不仲!確執の原因は?今田耕司の直近の先輩だった?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中山秀征と今田耕司の不仲!確執の原因は?今田耕司の直近の先輩だった? [芸能人]

最近芸能人同士の確執や共演NG事情が暴かれている。

今、話題になっているのが

タレントの中山秀征(51)と今田耕司(52)の過去の確執だ。


なぜ中山秀征と今田耕司は不仲、確執があったのか?
どうやら、当時の今田耕司の直近の先輩が師事したのかもしれない。。




中山秀征と今田耕司がダブルMCを務めた1993年放送のフジテレビ深夜番組「殿様のフェロモン」が確執の始まりのよう。


中山秀征は「この番組で僕と今ちゃんは初めて仕事した」と切り出し、「僕はとても忙しい時期でレギュラーを14本やらせていただいていた。(スタッフに)ワイワイ楽しくやってくださいって言われて引き受けたんだけど、今ちゃんには戦いだと伝わっていた」と語った。

「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。







 中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

 中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。



 殿様のフェロモンに出演していた岡村隆史は「今田さん、当時めっちゃ怖かったもん。楽屋でも話してくれないし…」と語り

ザブングルの松尾陽介(41)も「今田さんはごっつ以外の初めてレギュラーだったので、ダウンタウンさんにあいさつしたら浜田さんから『全員、殺してこい』って言われたって」と今田から聞いた話を紹介した。


どうやら中山秀征と今田耕司の確執の原因はダウンタウンの浜田雅功だったようだ。。


過去の中山秀征と今田耕司の不仲、確執の原因はダウンタウンだったのかもしれない。


中山秀征とダウンタウンも確執があったといい、その影響も今田耕司が受けたのかもしれない。






殿様のフェロモンの番組懇親会でも沈黙が続いたといい、中山は「今ちゃんにビール注いだら『大丈夫です』って断られた」と苦笑い。



岡村は「この番組、なんか空気悪い。今田さんと秀ちゃんもいい感じになってないと感じていた」と当時を振り返った。


番組終了後、中山と今田は一切会うことがなかったというが、双方と交友のある松尾が仲を取り持って、再会することができたという。

今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。


過去に今田耕司は
「こっちは東京に殴り込みに行く覚悟で全身鎧兜で装備して刀を両手に持って懐刀まで仕込んで乗り込んだら、向こうはすごくフレンドリーでようこそみたいな感じたったから、この全身武装をどう解いて良いのか分からなくて戸惑った」と言っていたようだ。


過去の中山秀征と今田耕司の不仲、確執の原因はダウンタウンだったのかもしれない。


中山秀征とダウンタウンも確執があったといい、その影響も今田耕司が受けたのかもしれない。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。