So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

入れ墨90%のモデル、ゾンビボーイが自殺か?なぜ? [芸能人]

全身に入れたタトゥーで世界的な知名度をほこるモデルのゾンビボーイさん(本名リック・ジェネスト)が死去した。32歳だった。所属事務所がInstagramに投稿した声明によると、ゾンビボーイさんは8月2日午後、カナダ・モントリオールで亡くなった。複数メディアが自殺の可能性を報じているが、死因については調査中だという。

なぜゾンビボーイは死んでしまったのか?
なぜゾンビボーイは自殺ををしたのか?もしくは自殺じゃなかったかもしれない。


どんな自殺の方法でゾンビボーイは亡くなったのか?

また日頃の精神状態はどうだったのか?
ゾンビボーイは薬物を使用していたのか?




所属事務所ダルセド・マネージメントは、声明で次のように述べている。

「ゾンビボーイ、リコは、出会う機会があった誰からも愛される人でした。芸術シーン、ファッション、エンタメ業界のアイコンとして、この革新的な人物は、誰の心も魅了したのです」

「ご想像のとおり、いま関係者は、信じられないぐらい困難な時を迎えています。家族の公式声明は数日内に発表されますので、故人を悼むご家族のプライバシーを尊重してください」

AFP通信によると、ゾンビボーイさんのタトゥーは全体の9割におよび、ギネス世界記録で「骨のタトゥーを最も多く身体に入れた人」「昆虫のタトゥーを最も身体に多く入れた人」という、2件の記録を保持している。











ゾンビボーイさんは2011年、レディ・ガガさんの「Born This Way」のミュージックビデオに出演、一躍世界で知られるようになった。

ガガさんは次のようにツイートした。

「友人であるリック・ジェネスト、ゾンビボーイの自殺の衝撃は計り知れません。メンタルヘルスに正面から向き合い、それは話してはならないものだというネガティブなレッテルを消し去らないといけません。もし、あなたが苦しんでいるなら、今すぐ友人や家族に連絡してください。お互いに助け合いましょう」

「科学的には、習慣作りには21日かかるそうです。もし、メンタル・ヘルス面で問題を抱えているなら、今日から始めてください。もしくは今やっていることを続けてください。辛かったら助けを求めてください。もし苦しんでいる人を知っているなら、その人たちの助けになってあげてください」



しかしガガは後日自殺じゃなかったかもしれないと早まったコメントを謝罪した。


ではなぜゾンビボーイは自殺したと思われたのか?

三階から転落死したというが、事故なのか自殺なのかはわからない。

日頃からまともな精神状態ではなかったのだろうか?

また入れ墨による健康被害に苦しんでいたのだろうか?その辛さから解放したいが為の自殺だったのだろうか?


わからない。


ただゾンビボーイは死の直前、自らのSNSで、自身によって作詩されたとみられる、存在の意味と「古代の狭い死の門」についての詩を公表。この中では、ブードゥー教で万物の始まりと終わりであると考えられている本質的存在「ダムバラー」が言及されている。ファンの多くは、このようにしてジェネストが世界に対し別れを告げたと考えている。

つまりゾンビボーイは衝動的に勢いにまかせて、間違えて自殺したのではなさそうだ。



ゾンビボーイが自殺した本当の理由はわからない。
自殺じゃなかったかもしれない。

ゾンビボーイが日頃薬物を使用していたかもわからない。


しかし、自分の体の90%を入れ墨で覆い芸術を表現したのだから少し普通の人とは思考が違ったのかもしれない。



入れ墨の健康被害はやはり、少なからずあるようで、特に不衛生な環境での入れ墨を入れる事は危険で感染症やインクに重金属などが含まれる場合は肝機能に影響がでる可能性もある。

また天然素材のインクでもアレルギー症状を引き起こしたりもするようだ。。




ゾンビボーイが入れ墨による健康被害に悩んでいたかもわからない。




多くの人をその姿で驚かし魅了させた事は間違いない。ゾンビボーイに憧れた人もいるだろう。


心よりご冥福をお祈りします。









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
入れ墨90%のモデル、ゾンビボーイが自殺か?なぜ?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

入れ墨90%のモデル、ゾンビボーイが自殺か?なぜ? [芸能人]

全身に入れたタトゥーで世界的な知名度をほこるモデルのゾンビボーイさん(本名リック・ジェネスト)が死去した。32歳だった。所属事務所がInstagramに投稿した声明によると、ゾンビボーイさんは8月2日午後、カナダ・モントリオールで亡くなった。複数メディアが自殺の可能性を報じているが、死因については調査中だという。

なぜゾンビボーイは死んでしまったのか?
なぜゾンビボーイは自殺ををしたのか?もしくは自殺じゃなかったかもしれない。


どんな自殺の方法でゾンビボーイは亡くなったのか?

また日頃の精神状態はどうだったのか?
ゾンビボーイは薬物を使用していたのか?




所属事務所ダルセド・マネージメントは、声明で次のように述べている。

「ゾンビボーイ、リコは、出会う機会があった誰からも愛される人でした。芸術シーン、ファッション、エンタメ業界のアイコンとして、この革新的な人物は、誰の心も魅了したのです」

「ご想像のとおり、いま関係者は、信じられないぐらい困難な時を迎えています。家族の公式声明は数日内に発表されますので、故人を悼むご家族のプライバシーを尊重してください」

AFP通信によると、ゾンビボーイさんのタトゥーは全体の9割におよび、ギネス世界記録で「骨のタトゥーを最も多く身体に入れた人」「昆虫のタトゥーを最も身体に多く入れた人」という、2件の記録を保持している。











ゾンビボーイさんは2011年、レディ・ガガさんの「Born This Way」のミュージックビデオに出演、一躍世界で知られるようになった。

ガガさんは次のようにツイートした。

「友人であるリック・ジェネスト、ゾンビボーイの自殺の衝撃は計り知れません。メンタルヘルスに正面から向き合い、それは話してはならないものだというネガティブなレッテルを消し去らないといけません。もし、あなたが苦しんでいるなら、今すぐ友人や家族に連絡してください。お互いに助け合いましょう」

「科学的には、習慣作りには21日かかるそうです。もし、メンタル・ヘルス面で問題を抱えているなら、今日から始めてください。もしくは今やっていることを続けてください。辛かったら助けを求めてください。もし苦しんでいる人を知っているなら、その人たちの助けになってあげてください」



しかしガガは後日自殺じゃなかったかもしれないと早まったコメントを謝罪した。


ではなぜゾンビボーイは自殺したと思われたのか?

三階から転落死したというが、事故なのか自殺なのかはわからない。

日頃からまともな精神状態ではなかったのだろうか?

また入れ墨による健康被害に苦しんでいたのだろうか?その辛さから解放したいが為の自殺だったのだろうか?


わからない。


ただゾンビボーイは死の直前、自らのSNSで、自身によって作詩されたとみられる、存在の意味と「古代の狭い死の門」についての詩を公表。この中では、ブードゥー教で万物の始まりと終わりであると考えられている本質的存在「ダムバラー」が言及されている。ファンの多くは、このようにしてジェネストが世界に対し別れを告げたと考えている。

つまりゾンビボーイは衝動的に勢いにまかせて、間違えて自殺したのではなさそうだ。



ゾンビボーイが自殺した本当の理由はわからない。
自殺じゃなかったかもしれない。

ゾンビボーイが日頃薬物を使用していたかもわからない。


しかし、自分の体の90%を入れ墨で覆い芸術を表現したのだから少し普通の人とは思考が違ったのかもしれない。



入れ墨の健康被害はやはり、少なからずあるようで、特に不衛生な環境での入れ墨を入れる事は危険で感染症やインクに重金属などが含まれる場合は肝機能に影響がでる可能性もある。

また天然素材のインクでもアレルギー症状を引き起こしたりもするようだ。。




ゾンビボーイが入れ墨による健康被害に悩んでいたかもわからない。




多くの人をその姿で驚かし魅了させた事は間違いない。ゾンビボーイに憧れた人もいるだろう。


心よりご冥福をお祈りします。









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。