So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小西真奈美ラップ!?仰天!騒然!マジもんだ! [芸能人]

コニタン事小西真奈美が音楽好きな人達の度肝を抜かせた!

何とラップにも挑戦したアルバムでメジャーデビュー!!!



女優として長く活動を続けて来ている小西真奈美(39)が、一人のミュージシャンとして全曲作詞作曲、サウンドプロデューサーにKREVAを迎えたアルバムで10月24日にメジャーデビューを果たすことが発表された。

何とまあ!全曲作詞作曲!!




アルバムリリースに先がけて今月8日に先行配信シングルとして「最後の花火」をリリースする事も決定している。






 きっかけは舞台稽古でのラップ披露だった。2016年からアーティスト小西真奈美が始まった。


2008年に映画『Sweet Rain 死神の精度』で、劇中の役名である藤木一恵名義で主題歌「Sunny Day」をCDリリースした経験もある小西だが、その当時「節目を迎える年には何か新しい事にチャレンジしていきたい」と決意を密かに固めていたと当時のインタビューでも答えていた。



 その決意が形になるきっかけとなったのは、16年3月~4月にかけて東京・大阪でおこなわれた舞台『KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」』。神代桜役として出演が決定した際、生まれて初めてラップに挑戦することになり、その稽古で共演のKREVA、Mummy-D 、AKLOといった人気・実力あるラッパーを前に「絶対に迷惑がかかるな」と思い、緊張しながらもラップを披露したところ、彼らがその声とラップを絶賛。


あわせて「自分でラップを書いた方が良い」といったアドバイスも受けたという。

 さらに、この舞台でも披露していたKREVAのシングル曲「トランキライザー ~single ver.~」(14年)のカバーを小西真奈美名義で5月に配信でリリース。6月26日には東京・日比谷野外音楽堂で人生初となるステージ『elements night~Sunday night session~』に立ち、完全に音楽に魅了されることに。



 それ以前からも音楽好きで、周囲のスタッフから「曲を自分でつくってみたら」といわれていた事もあり、舞台を通じて自信を深めた小西は、16年の秋ごろから撮影が終わって時間に余裕ができたら真っ先に曲を作るように。いままでのように撮影が終わったら、真っ先に友人に会ったり、身体を動かしたり、映画を観ることではなく、いつの間にか楽曲制作を優先するようになっていて、自分でも「なんだ、これは!?」と驚くほど音楽制作を本格的に行うようになり、「これはもう人生の一部になっている」と確信。「音楽は中毒だ」と改めて実感したという。

 でき上がった楽曲は17年9月にインディーズで5曲入りEPとして配信でリリースし、本格的にミュージシャンとしてデビュー。さらに12月にも亀田誠司プロデュースの楽曲を配信でリリース。精力的に音楽活動を行うようになる。こうした本格的な音楽活動がレコード会社スタッフの目にとまり、メジャーデビューが決定した。

 アルバムは、全て作詞作曲を小西が手掛け、サウンドプロデュースをKREVAが手掛けている。役者という職業柄、自分の頭の中にある映像で楽曲のイメージが出てくることが多く、それをサウンドプロデューサーのKREVAに伝えて仕上げていくという、女優ならではの特性を最大限に有効活用した制作スタイルで仕上げたアルバムは10月24日に発売。アルバムに先駆けて8月8日に配信で先行リリースされる「最後の花火」はエレクトロ要素も取り入れたサウンドと小西の美声が絶妙に絡み合い、ひと夏の儚い恋を歌った曲となっていて、アルバムに向けて期待が高まる楽曲となっている。



 10年前に「新しい事にチャレンジしていきたい」と決意した小西が節目を迎える直前に掴んだ念願のメジャーデビュー。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)への出演も控えているが、これからはミュージシャンとしての活躍も期待できそうだ。






 
■小西真奈美コメント

 制作における自由さを尊重していただきながらの現場を提供してくださる、素敵なスタッフの皆さんとの出会いに感謝しています。この出会いを大切に、より多くの人の心に歌が届く事を願い、これからも曲作りに邁進したいと思っています。


先行配信の「最後の花火」は、サビが浮かんだ時、キラキラした映像が見えたのと同時に、ものすごく切ない気持ちになりました。恋と花火。どちらも儚いものかもしれないけれど、いくつになっても、そのどちらにも心動かされてしまう女性の気持ちを、ラップも交えて歌にしてみました。


年齢問わず、夏や恋心に何かしらの思い出がある方、または今現在、その真っ只中にいる人たちの心に届くといいな。と思っています。

■KREVAコメント

 本当にたくさんのデモを聴かせてもらった中から作り上げた曲達を、こうしてメジャーデビューアルバムという形で皆さんに届けられることをうれしく思います!
まずは、甘過ぎず切な過ぎず、絶妙な塩梅のこの曲からお楽しみください!


■■街のラッパーの声
「どうせ、アイドル風ラップだろ、、(聞いてみて)マジかよ!リアルだな!! 」


「独特で自分の味が出てていい!」


「誰かににてるとかない小西真奈美ラップだーー

「フリースタイルダンジョンとかも見てるのかな?何かいいねー」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
小西真奈美ラップ!?仰天!騒然!マジもんだ!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

小西真奈美ラップ!?仰天!騒然!マジもんだ! [芸能人]

コニタン事小西真奈美が音楽好きな人達の度肝を抜かせた!

何とラップにも挑戦したアルバムでメジャーデビュー!!!



女優として長く活動を続けて来ている小西真奈美(39)が、一人のミュージシャンとして全曲作詞作曲、サウンドプロデューサーにKREVAを迎えたアルバムで10月24日にメジャーデビューを果たすことが発表された。

何とまあ!全曲作詞作曲!!




アルバムリリースに先がけて今月8日に先行配信シングルとして「最後の花火」をリリースする事も決定している。






 きっかけは舞台稽古でのラップ披露だった。2016年からアーティスト小西真奈美が始まった。


2008年に映画『Sweet Rain 死神の精度』で、劇中の役名である藤木一恵名義で主題歌「Sunny Day」をCDリリースした経験もある小西だが、その当時「節目を迎える年には何か新しい事にチャレンジしていきたい」と決意を密かに固めていたと当時のインタビューでも答えていた。



 その決意が形になるきっかけとなったのは、16年3月~4月にかけて東京・大阪でおこなわれた舞台『KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」』。神代桜役として出演が決定した際、生まれて初めてラップに挑戦することになり、その稽古で共演のKREVA、Mummy-D 、AKLOといった人気・実力あるラッパーを前に「絶対に迷惑がかかるな」と思い、緊張しながらもラップを披露したところ、彼らがその声とラップを絶賛。


あわせて「自分でラップを書いた方が良い」といったアドバイスも受けたという。

 さらに、この舞台でも披露していたKREVAのシングル曲「トランキライザー ~single ver.~」(14年)のカバーを小西真奈美名義で5月に配信でリリース。6月26日には東京・日比谷野外音楽堂で人生初となるステージ『elements night~Sunday night session~』に立ち、完全に音楽に魅了されることに。



 それ以前からも音楽好きで、周囲のスタッフから「曲を自分でつくってみたら」といわれていた事もあり、舞台を通じて自信を深めた小西は、16年の秋ごろから撮影が終わって時間に余裕ができたら真っ先に曲を作るように。いままでのように撮影が終わったら、真っ先に友人に会ったり、身体を動かしたり、映画を観ることではなく、いつの間にか楽曲制作を優先するようになっていて、自分でも「なんだ、これは!?」と驚くほど音楽制作を本格的に行うようになり、「これはもう人生の一部になっている」と確信。「音楽は中毒だ」と改めて実感したという。

 でき上がった楽曲は17年9月にインディーズで5曲入りEPとして配信でリリースし、本格的にミュージシャンとしてデビュー。さらに12月にも亀田誠司プロデュースの楽曲を配信でリリース。精力的に音楽活動を行うようになる。こうした本格的な音楽活動がレコード会社スタッフの目にとまり、メジャーデビューが決定した。

 アルバムは、全て作詞作曲を小西が手掛け、サウンドプロデュースをKREVAが手掛けている。役者という職業柄、自分の頭の中にある映像で楽曲のイメージが出てくることが多く、それをサウンドプロデューサーのKREVAに伝えて仕上げていくという、女優ならではの特性を最大限に有効活用した制作スタイルで仕上げたアルバムは10月24日に発売。アルバムに先駆けて8月8日に配信で先行リリースされる「最後の花火」はエレクトロ要素も取り入れたサウンドと小西の美声が絶妙に絡み合い、ひと夏の儚い恋を歌った曲となっていて、アルバムに向けて期待が高まる楽曲となっている。



 10年前に「新しい事にチャレンジしていきたい」と決意した小西が節目を迎える直前に掴んだ念願のメジャーデビュー。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)への出演も控えているが、これからはミュージシャンとしての活躍も期待できそうだ。






 
■小西真奈美コメント

 制作における自由さを尊重していただきながらの現場を提供してくださる、素敵なスタッフの皆さんとの出会いに感謝しています。この出会いを大切に、より多くの人の心に歌が届く事を願い、これからも曲作りに邁進したいと思っています。


先行配信の「最後の花火」は、サビが浮かんだ時、キラキラした映像が見えたのと同時に、ものすごく切ない気持ちになりました。恋と花火。どちらも儚いものかもしれないけれど、いくつになっても、そのどちらにも心動かされてしまう女性の気持ちを、ラップも交えて歌にしてみました。


年齢問わず、夏や恋心に何かしらの思い出がある方、または今現在、その真っ只中にいる人たちの心に届くといいな。と思っています。

■KREVAコメント

 本当にたくさんのデモを聴かせてもらった中から作り上げた曲達を、こうしてメジャーデビューアルバムという形で皆さんに届けられることをうれしく思います!
まずは、甘過ぎず切な過ぎず、絶妙な塩梅のこの曲からお楽しみください!


■■街のラッパーの声
「どうせ、アイドル風ラップだろ、、(聞いてみて)マジかよ!リアルだな!! 」


「独特で自分の味が出てていい!」


「誰かににてるとかない小西真奈美ラップだーー

「フリースタイルダンジョンとかも見てるのかな?何かいいねー」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。