So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

漫画家の美村あきのさん死去、、漫画家だから亡くなってしまったのか?美村さんの最後の作品とは? [漫画]

漫画家の美村あきのさんが亡くなった。

平成30年7月30日、死因は乳がんだった。

まだ60歳だった。

本名は岡島和子〈おかじま・かずこ〉

1958年生まれで東京都出身。

7月2日生まれの蟹座、血液型はO型。

美村あきのさんは77年に「別冊少女フレンド」から「わたしの理想のあなたサマ」で漫画家デビュー。

つまり19歳でデビューしていた。


代表作に「すくうるでいず」「伝説の少女」「セントブラウンの童話」など。

美村あきのさんの遺作、つまり最後の作品は「伝説の少女」と思われる。

短編や挿し絵などの仕事をしていたか?は不明。


漫画家は短命と言われるが、美村あきのさんは最近まで漫画を連載していたわけではないと思われる。
美村あきのさんの最後の作品は伝説の少女だとしたら20年程連載はしていない事になるので、漫画家が短命なのはよく言われる事だが、美村あきのさんは漫画家は短命だから亡くなったのではなく、ただ単にガンで亡くなってしまった、、と推測する人もいる。



少女漫画を中心に活動し、レディースコミックも手掛けた。代表作に「すくうるでいず」「伝説の少女」などがある、最近は闘病生活のツイートなどをアップしたり過去作品のデジタル書籍をおすすめツイートなどをしていた。


美村あきのさんの顔画像は?

美村あきのさんのTwitterをみれば美村あきのさんの顔画像などはみれる。

 

主に少女漫画を描いてきた来た美村あきのさん、他の作者の少女漫画も好きと見られ、本当に少女漫画が好きなんだろうな、と感じる。

突然の訃報に、ファンや同業者からは驚きや悲しみの声が広がっている。



例えば『ガラスの仮面』で知られている美内すずえさんも悲しみの投稿をしている。






またファンの方々からも多くの投稿が寄せられた


「漫画家の寿命は60年だとよく思う。
座りっぱなしで徹夜。〆切に追われて必死に描く。
実は大変な仕事で、ストレス多い。
お疲れ様でした。ゆっくりお休み下さい。」




「高校まで毎月待ちきれない思いでフレンド読んでた。美村あきのって見た瞬間思い出した、、素敵な作品を有難うございました。」



「漫画家の寿命が短いのは、激務なのはもちろん、極端な運動不足、偏った食生活に加え、メンタル面のプレッシャーも大きいと思います。」




「高校の時、勉強ばかりで青春を感じられなくて、別マが大好きで、美村先生のマンガを読んで青春と淡い恋愛を疑似体験してました。
ご冥福をお祈りします。」


「一つの時代が終わった 心よりご冥福お祈りします」




「学生時代に読んだ「放課後の時間割」大好きで、30年以上経った今でも読み返してました。悲しいです。ご冥福をお祈りいたします。」






「60歳と聞いて長生きしていると感じてしまったところに現在のマンガ家として生きて行くことの過酷さを再認識させられた。
確かに60歳は早い。ご冥福をお祈りします。」





「週刊誌にマンガを書く漫画家は自分の時間が作れないほど多忙って聞いたことありました。
仕事に追われストレス発散も出来ないから結局は体にきてしまうのでしょうね。
漫画家を救う方法は漫画家を辞めるか週刊誌を辞めるかの二つしかないように思います。」



など美村あきのさんの死を悲しむツイートの他に漫画家が短命というツイートも多く見られた。


漫画家は短命と言われるが、美村あきのさんは最近まで漫画を連載していたわけではないと思われる。

美村あきのさんの最後の作品は伝説の少女だとしたら20年程連載はしていない事になるので、漫画家が短命なのはよく言われる事だが、美村あきのさんは漫画家は短命だから亡くなったのではなく、ただ単にガンで亡くなってしまった、、と推測する人もいる。


心よりご冥福お祈りします。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
漫画家の美村あきのさん死去、、漫画家だから亡くなってしまったのか?美村さんの最後の作品とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

漫画家の美村あきのさん死去、、漫画家だから亡くなってしまったのか?美村さんの最後の作品とは? [漫画]

漫画家の美村あきのさんが亡くなった。

平成30年7月30日、死因は乳がんだった。

まだ60歳だった。

本名は岡島和子〈おかじま・かずこ〉

1958年生まれで東京都出身。

7月2日生まれの蟹座、血液型はO型。

美村あきのさんは77年に「別冊少女フレンド」から「わたしの理想のあなたサマ」で漫画家デビュー。

つまり19歳でデビューしていた。


代表作に「すくうるでいず」「伝説の少女」「セントブラウンの童話」など。

美村あきのさんの遺作、つまり最後の作品は「伝説の少女」と思われる。

短編や挿し絵などの仕事をしていたか?は不明。


漫画家は短命と言われるが、美村あきのさんは最近まで漫画を連載していたわけではないと思われる。
美村あきのさんの最後の作品は伝説の少女だとしたら20年程連載はしていない事になるので、漫画家が短命なのはよく言われる事だが、美村あきのさんは漫画家は短命だから亡くなったのではなく、ただ単にガンで亡くなってしまった、、と推測する人もいる。



少女漫画を中心に活動し、レディースコミックも手掛けた。代表作に「すくうるでいず」「伝説の少女」などがある、最近は闘病生活のツイートなどをアップしたり過去作品のデジタル書籍をおすすめツイートなどをしていた。


美村あきのさんの顔画像は?

美村あきのさんのTwitterをみれば美村あきのさんの顔画像などはみれる。

 

主に少女漫画を描いてきた来た美村あきのさん、他の作者の少女漫画も好きと見られ、本当に少女漫画が好きなんだろうな、と感じる。

突然の訃報に、ファンや同業者からは驚きや悲しみの声が広がっている。



例えば『ガラスの仮面』で知られている美内すずえさんも悲しみの投稿をしている。






またファンの方々からも多くの投稿が寄せられた


「漫画家の寿命は60年だとよく思う。
座りっぱなしで徹夜。〆切に追われて必死に描く。
実は大変な仕事で、ストレス多い。
お疲れ様でした。ゆっくりお休み下さい。」




「高校まで毎月待ちきれない思いでフレンド読んでた。美村あきのって見た瞬間思い出した、、素敵な作品を有難うございました。」



「漫画家の寿命が短いのは、激務なのはもちろん、極端な運動不足、偏った食生活に加え、メンタル面のプレッシャーも大きいと思います。」




「高校の時、勉強ばかりで青春を感じられなくて、別マが大好きで、美村先生のマンガを読んで青春と淡い恋愛を疑似体験してました。
ご冥福をお祈りします。」


「一つの時代が終わった 心よりご冥福お祈りします」




「学生時代に読んだ「放課後の時間割」大好きで、30年以上経った今でも読み返してました。悲しいです。ご冥福をお祈りいたします。」






「60歳と聞いて長生きしていると感じてしまったところに現在のマンガ家として生きて行くことの過酷さを再認識させられた。
確かに60歳は早い。ご冥福をお祈りします。」





「週刊誌にマンガを書く漫画家は自分の時間が作れないほど多忙って聞いたことありました。
仕事に追われストレス発散も出来ないから結局は体にきてしまうのでしょうね。
漫画家を救う方法は漫画家を辞めるか週刊誌を辞めるかの二つしかないように思います。」



など美村あきのさんの死を悲しむツイートの他に漫画家が短命というツイートも多く見られた。


漫画家は短命と言われるが、美村あきのさんは最近まで漫画を連載していたわけではないと思われる。

美村あきのさんの最後の作品は伝説の少女だとしたら20年程連載はしていない事になるので、漫画家が短命なのはよく言われる事だが、美村あきのさんは漫画家は短命だから亡くなったのではなく、ただ単にガンで亡くなってしまった、、と推測する人もいる。


心よりご冥福お祈りします。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。