So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

逆に新しい"流しスタイルsinger"「かとうあい」に注目が集まる!!! [芸能人]

24000軒に飛び込み営業した歌手が話題だ!!

3年間で24000軒の店に、飛びこみ営業をしたという歌手は「かとう あい」さんだ。

女優の加藤あいとは別人だ。

歌手のかとうあいさんは
3年間で24000軒の店に訪れ「1曲歌わせてください」と営業したという。

ということは一年間で8000店舗で1日に換算すると21店舗~22店舗回ることになる!

凄まじいパワーだ。


現代ならばYouTubeや配信でライブや歌を届けた方が手っ取り早いと思うが、自らが出向いて歌を歌う、時代に逆行するやり方が注目を集めている。

時代の逆を行くシンガー、もはや閉ざされた扉かと思われていた「流しスタイル」このデジタル時代に閉ざされた扉をもう一度こじ開けるかもしれない!!





独特の舌足らずなしゃべり方からは想像できない歌唱力で、フジテレビ系「アウト×デラックス」でも注目された歌手・かとうあいさん(23)。



フリーで活動し、大阪や東京を中心にクラブ、ラウンジ、スナックなどをまわる“流し生活”を続けている異色の女性ミュージシャン。これまで約24000軒のお店に飛び込み営業をしてきたという。


それで、そのお客さんのお布施やおひねり、チップで生活しているというのだからたいしたものだ!!

かとうあいさんの収入源は飛び込み営業のチップや投げ銭だというのだから凄い。


「毎日たくさんの人と会って、その人たちの善意で私は生活できている。だから、絶対に恩返しをしないといけないんです」と



かとうあいの出身は島根県

高校在学中に「スター☆ドラフト会議」(日本テレビ系)のオーディションを受けたが、結果的に本選には残れなかった。

音楽の専門学校に入るために大阪へ。高校を卒業してすぐの19歳だった。

母子家庭で三姉妹の真ん中というかとうあい。

高校3年間でバイトをやりまくり、お金を貯めた。ファミリーレストラン、喫茶店、回転寿司と3つを掛け持ち全部で200万円ほど貯めて、専門学校の学費やしばらくの生活費を持って大阪に出てきた。









 大阪にきてからもいろいろなアルバイトをする覚悟で、コンビニや居酒屋のバイトをしていたが「舌足らず」のしゃべり方で長続きせず。。



専門学校がアルバイトを紹介してくれて、それがファッションイベントの「関西コレクション」でスタッフさんにケータリングのお弁当を配るバイト。

イベントの裏側を見学もできるし、スタッフさんとかに会う機会にもなったという。

そこで、イベントに関わっていた事務所の方に「おもしろいしゃべり方をする子だね」と声をかけられ、その事務所に所属することになったという。

そんな流れで出してもらったのが「アウト×デラックス」で、それが2015年、19歳。


“しゃべりと歌にギャップがありすぎてアウト”という切り口で紹介され注目された。
それ以来、テレビやラジオの仕事も増えたという、しかし事務所との契約が終わったこともあって「やっぱり歌で皆さんに知ってもらいたい」という思いが強くなったという。




そのためには歌のスキルを上げる為、歌だけで生活するため、コンサートやライブを開かなくても歌える“流し”の生活を始めたという。



毎晩スナックビルを上から下まで全部のお店に声をかけてまわって「1曲、歌わせてもらえませんか?」と飛び込みでまわっているというかとうあい。

 「1曲…」と声をかけるのにも理由があり、一つの店でたくさん歌わせてもらえたら、それはそれでありがたいが、そのお店だけで一晩終わってしまうと、会える人数がそのお店の人だけになってしまう。


それよりは、1人でも多くの人と会えるようにと、歌って次へまた次へというスタイルだ。



3年間で24000軒の成果は伊達じゃない。 
お客さんからのチップやご飯とかだけで3年間食べているというかとうあい。


歌わせてもらった店が8700店舗くらい。断られたのが15000軒以上。


つまり、6割以上の店に断られている事になる!それでもへこたれないメンタルの強さは間違いなく財産であり、強みだ。



流しをやっていると数多くのエピソードがあるという、例えば大社長にご飯に連れて行ってもらったりもあるという。

しかし怖いエピソードもあるという、例えばビールをかけられたり、携帯電話を割られたり。。

かとうあいの今後の目標とは?

まずは25歳までにやることが8月に開催する大阪・なんばHatchでのソロライブ。

 なんばHatchを終えたら、次は地元の島根からスタートして全国をまわるライブツアー。


25歳までの目標が達成できたら、次は30歳までに大阪城ホールでやりたいという。


時代遅れの流しのシンガーは流行らない?

そんな固定観念をかとうあいがぶち壊してくれるかもしれない。

 
■かとうあい

1994年8月22日生まれ。島根県出雲市出身。本名・加藤愛。高校卒業後、音楽の専門学校に入るため大阪へ。3年前から全国のクラブやラウンジ、スナックなどに飛び込みで歌う“流し生活”をし、これまで約24000軒のお店に「1曲、歌わせてもらえませんか?」と声をかけてきた。8月23日には大阪・なんばHatchでソロライブを開催。「全人類とお友だちになりたい」がモットー。






ちなみに女優の加藤あいとは別人だ。

加藤 あい(かとう あい、1982年12月12日 - )は、女優、タレント。

本名、加藤 愛(読み同じ)
愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
逆に新しい"流しスタイルsinger"「かとうあい」に注目が集まる!!!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

逆に新しい"流しスタイルsinger"「かとうあい」に注目が集まる!!! [芸能人]

24000軒に飛び込み営業した歌手が話題だ!!

3年間で24000軒の店に、飛びこみ営業をしたという歌手は「かとう あい」さんだ。

女優の加藤あいとは別人だ。

歌手のかとうあいさんは
3年間で24000軒の店に訪れ「1曲歌わせてください」と営業したという。

ということは一年間で8000店舗で1日に換算すると21店舗~22店舗回ることになる!

凄まじいパワーだ。


現代ならばYouTubeや配信でライブや歌を届けた方が手っ取り早いと思うが、自らが出向いて歌を歌う、時代に逆行するやり方が注目を集めている。

時代の逆を行くシンガー、もはや閉ざされた扉かと思われていた「流しスタイル」このデジタル時代に閉ざされた扉をもう一度こじ開けるかもしれない!!





独特の舌足らずなしゃべり方からは想像できない歌唱力で、フジテレビ系「アウト×デラックス」でも注目された歌手・かとうあいさん(23)。



フリーで活動し、大阪や東京を中心にクラブ、ラウンジ、スナックなどをまわる“流し生活”を続けている異色の女性ミュージシャン。これまで約24000軒のお店に飛び込み営業をしてきたという。


それで、そのお客さんのお布施やおひねり、チップで生活しているというのだからたいしたものだ!!

かとうあいさんの収入源は飛び込み営業のチップや投げ銭だというのだから凄い。


「毎日たくさんの人と会って、その人たちの善意で私は生活できている。だから、絶対に恩返しをしないといけないんです」と



かとうあいの出身は島根県

高校在学中に「スター☆ドラフト会議」(日本テレビ系)のオーディションを受けたが、結果的に本選には残れなかった。

音楽の専門学校に入るために大阪へ。高校を卒業してすぐの19歳だった。

母子家庭で三姉妹の真ん中というかとうあい。

高校3年間でバイトをやりまくり、お金を貯めた。ファミリーレストラン、喫茶店、回転寿司と3つを掛け持ち全部で200万円ほど貯めて、専門学校の学費やしばらくの生活費を持って大阪に出てきた。









 大阪にきてからもいろいろなアルバイトをする覚悟で、コンビニや居酒屋のバイトをしていたが「舌足らず」のしゃべり方で長続きせず。。



専門学校がアルバイトを紹介してくれて、それがファッションイベントの「関西コレクション」でスタッフさんにケータリングのお弁当を配るバイト。

イベントの裏側を見学もできるし、スタッフさんとかに会う機会にもなったという。

そこで、イベントに関わっていた事務所の方に「おもしろいしゃべり方をする子だね」と声をかけられ、その事務所に所属することになったという。

そんな流れで出してもらったのが「アウト×デラックス」で、それが2015年、19歳。


“しゃべりと歌にギャップがありすぎてアウト”という切り口で紹介され注目された。
それ以来、テレビやラジオの仕事も増えたという、しかし事務所との契約が終わったこともあって「やっぱり歌で皆さんに知ってもらいたい」という思いが強くなったという。




そのためには歌のスキルを上げる為、歌だけで生活するため、コンサートやライブを開かなくても歌える“流し”の生活を始めたという。



毎晩スナックビルを上から下まで全部のお店に声をかけてまわって「1曲、歌わせてもらえませんか?」と飛び込みでまわっているというかとうあい。

 「1曲…」と声をかけるのにも理由があり、一つの店でたくさん歌わせてもらえたら、それはそれでありがたいが、そのお店だけで一晩終わってしまうと、会える人数がそのお店の人だけになってしまう。


それよりは、1人でも多くの人と会えるようにと、歌って次へまた次へというスタイルだ。



3年間で24000軒の成果は伊達じゃない。 
お客さんからのチップやご飯とかだけで3年間食べているというかとうあい。


歌わせてもらった店が8700店舗くらい。断られたのが15000軒以上。


つまり、6割以上の店に断られている事になる!それでもへこたれないメンタルの強さは間違いなく財産であり、強みだ。



流しをやっていると数多くのエピソードがあるという、例えば大社長にご飯に連れて行ってもらったりもあるという。

しかし怖いエピソードもあるという、例えばビールをかけられたり、携帯電話を割られたり。。

かとうあいの今後の目標とは?

まずは25歳までにやることが8月に開催する大阪・なんばHatchでのソロライブ。

 なんばHatchを終えたら、次は地元の島根からスタートして全国をまわるライブツアー。


25歳までの目標が達成できたら、次は30歳までに大阪城ホールでやりたいという。


時代遅れの流しのシンガーは流行らない?

そんな固定観念をかとうあいがぶち壊してくれるかもしれない。

 
■かとうあい

1994年8月22日生まれ。島根県出雲市出身。本名・加藤愛。高校卒業後、音楽の専門学校に入るため大阪へ。3年前から全国のクラブやラウンジ、スナックなどに飛び込みで歌う“流し生活”をし、これまで約24000軒のお店に「1曲、歌わせてもらえませんか?」と声をかけてきた。8月23日には大阪・なんばHatchでソロライブを開催。「全人類とお友だちになりたい」がモットー。






ちなみに女優の加藤あいとは別人だ。

加藤 あい(かとう あい、1982年12月12日 - )は、女優、タレント。

本名、加藤 愛(読み同じ)
愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。