So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

のりピーが捕まってもう9年もたつ、、逮捕された後「芸能界を引退して介護の仕事をする」と言っていたが、、 [芸能人]

のりピーが再び人気を集めている。

衝撃の覚醒剤事件から9年
罪は償ったのだろうか?もう一切シャブには手をつけていないのだろうか?
ダルクなどにいかなくても平気なのか?



酒井法子の今が話題だ。

介護の仕事はしたのだろうか?
「芸能界を引退して介護の仕事をしたい」
と言ったのは嘘だったのか?


今は芸能人として活躍している。全盛期ほどではないが、まだまだファンは多いようだ。



◆酒井 法子(さかい・のりこ)1971年2月14日、福岡市生まれ。47歳。化粧品メーカーのコンテストに入選したのをきっかけに86年のドラマ「春風一番!」でデビュー。


87年に「男のコになりたい」で歌手デビューすると主な新人賞を軒並み獲得。

独特の「のりピー語」で人気アイドルとなり、女優としてもドラマ「ひとつ屋根の下」(93年)、「星の金貨」(95年)がヒット。


「星の金貨」主題歌の「碧いうさぎ」は自身初のミリオンセラーとなり、初出場したNHK紅白歌合戦では同曲を手話を交えて熱唱した。






アイドル時代も人気だったのりピー、一時期日本ての人気が低迷した時に中国に進出し大人気になった。常に人気だったのりピーだが、事件はおきた。



2009年(平成21年)、覚醒剤を所持・使用したとして、夫(当時)と共に、覚せい剤取締法違反で東京地方裁判所から有罪判決を受けた。






2009年8月3日、夫が東京都渋谷区の路上に駐車中の車内で覚醒剤を隠し持っていたところを逮捕される。
酒井も警視庁渋谷警察署から任意同行を求められたが拒否。自宅マンションから大量の荷物を持ち出し、コンビニエンスストアや量販店で食料品や飲料水、衣服・下着などを購入。行方をくらました。

8月7日、夫が酒井の覚せい剤使用を供述。警察は酒井の自宅から微量の覚醒剤(8マイクログラム)と酒井の唾液が付着した吸引具を発見、翌日の8月8日、酒井は警視庁に出頭、逮捕された。


同年9月17日、保釈保証金 500万円を納付し、それまで勾留されていた東京湾岸警察署から保釈された酒井は、警察署の玄関前で謝罪、さらに同日、東京都内の如水会館において記者会見を行った。


酒井は同年10月26日に東京地方裁判所で始まった刑事裁判で起訴事実を認め、「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい」、「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」などと述べた。ただし、謹慎中も約束した介護の仕事をすることはなかった。


2010年(平成22年)12月18日及び25日放送のTBS系『情報7days ニュースキャスター』に事件後初のVTR出演。

12月3日に発売した自叙伝『贖罪』(朝日新聞出版、2010年)のPRで、本と同様、事件当時の胸中を振り返る内容になった。

2011年、中国禁毒大使のキャンペーンとして、中国に招聘され、色々なイベントに出席した。


2012年9月27日に、12月から上演される舞台に主演することが発表。役柄は信長の妹お市を演じることとなった。

2013年1月、中華人民共和国最大ネットサイトの年度文化、ファンション賞「アジア最注目女優大賞」を受賞。

2013年10月、『さんまのまんま』(関西テレビ)に出演し、バラエティ番組にも復帰。


つまり、酒井法子は介護の仕事など一切せずに「芸能界を引退」などしていなく、芸能の仕事をしている。


なぜならまだ、人気だからだ。

 
香港でのコンサートも人気。
コンサートでは広東語でも歌う。 1月の香港でのコンサートでは、代表曲「碧いうさぎ」のほか「世界中の誰よりきっと」を広東語を交えながら披露。「あなたが満ちてゆく」と日本語で書かれた曲名のボードを一人ひとりが掲げ、酒井も思わず涙を見せる場面も。最後は「明日へつづくラストシーン」で締めくくった。今後は7月6日(金)に石川・加賀市のホテルアローレで、翌7日(土)にはプラザオーサカでディナーショーを行うほか、8月にはアジアに向けて配信する「酒井法子チャンネル」を開設予定。



酒井法子はシャブを一切絶ちきったのだろうか?ダルクなどにいかなくても平気なのか?
まだまだ多くのファンがいて人気もある。もう失望させない事が酒井法子の務めだろう。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
のりピーが捕まってもう9年もたつ、、逮捕された後「芸能界を引退して介護の仕事をする」と言っていたが、、:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

のりピーが捕まってもう9年もたつ、、逮捕された後「芸能界を引退して介護の仕事をする」と言っていたが、、 [芸能人]

のりピーが再び人気を集めている。

衝撃の覚醒剤事件から9年
罪は償ったのだろうか?もう一切シャブには手をつけていないのだろうか?
ダルクなどにいかなくても平気なのか?



酒井法子の今が話題だ。

介護の仕事はしたのだろうか?
「芸能界を引退して介護の仕事をしたい」
と言ったのは嘘だったのか?


今は芸能人として活躍している。全盛期ほどではないが、まだまだファンは多いようだ。



◆酒井 法子(さかい・のりこ)1971年2月14日、福岡市生まれ。47歳。化粧品メーカーのコンテストに入選したのをきっかけに86年のドラマ「春風一番!」でデビュー。


87年に「男のコになりたい」で歌手デビューすると主な新人賞を軒並み獲得。

独特の「のりピー語」で人気アイドルとなり、女優としてもドラマ「ひとつ屋根の下」(93年)、「星の金貨」(95年)がヒット。


「星の金貨」主題歌の「碧いうさぎ」は自身初のミリオンセラーとなり、初出場したNHK紅白歌合戦では同曲を手話を交えて熱唱した。






アイドル時代も人気だったのりピー、一時期日本ての人気が低迷した時に中国に進出し大人気になった。常に人気だったのりピーだが、事件はおきた。



2009年(平成21年)、覚醒剤を所持・使用したとして、夫(当時)と共に、覚せい剤取締法違反で東京地方裁判所から有罪判決を受けた。






2009年8月3日、夫が東京都渋谷区の路上に駐車中の車内で覚醒剤を隠し持っていたところを逮捕される。
酒井も警視庁渋谷警察署から任意同行を求められたが拒否。自宅マンションから大量の荷物を持ち出し、コンビニエンスストアや量販店で食料品や飲料水、衣服・下着などを購入。行方をくらました。

8月7日、夫が酒井の覚せい剤使用を供述。警察は酒井の自宅から微量の覚醒剤(8マイクログラム)と酒井の唾液が付着した吸引具を発見、翌日の8月8日、酒井は警視庁に出頭、逮捕された。


同年9月17日、保釈保証金 500万円を納付し、それまで勾留されていた東京湾岸警察署から保釈された酒井は、警察署の玄関前で謝罪、さらに同日、東京都内の如水会館において記者会見を行った。


酒井は同年10月26日に東京地方裁判所で始まった刑事裁判で起訴事実を認め、「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい」、「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」などと述べた。ただし、謹慎中も約束した介護の仕事をすることはなかった。


2010年(平成22年)12月18日及び25日放送のTBS系『情報7days ニュースキャスター』に事件後初のVTR出演。

12月3日に発売した自叙伝『贖罪』(朝日新聞出版、2010年)のPRで、本と同様、事件当時の胸中を振り返る内容になった。

2011年、中国禁毒大使のキャンペーンとして、中国に招聘され、色々なイベントに出席した。


2012年9月27日に、12月から上演される舞台に主演することが発表。役柄は信長の妹お市を演じることとなった。

2013年1月、中華人民共和国最大ネットサイトの年度文化、ファンション賞「アジア最注目女優大賞」を受賞。

2013年10月、『さんまのまんま』(関西テレビ)に出演し、バラエティ番組にも復帰。


つまり、酒井法子は介護の仕事など一切せずに「芸能界を引退」などしていなく、芸能の仕事をしている。


なぜならまだ、人気だからだ。

 
香港でのコンサートも人気。
コンサートでは広東語でも歌う。 1月の香港でのコンサートでは、代表曲「碧いうさぎ」のほか「世界中の誰よりきっと」を広東語を交えながら披露。「あなたが満ちてゆく」と日本語で書かれた曲名のボードを一人ひとりが掲げ、酒井も思わず涙を見せる場面も。最後は「明日へつづくラストシーン」で締めくくった。今後は7月6日(金)に石川・加賀市のホテルアローレで、翌7日(土)にはプラザオーサカでディナーショーを行うほか、8月にはアジアに向けて配信する「酒井法子チャンネル」を開設予定。



酒井法子はシャブを一切絶ちきったのだろうか?ダルクなどにいかなくても平気なのか?
まだまだ多くのファンがいて人気もある。もう失望させない事が酒井法子の務めだろう。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。