So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キンタロー。また炎上その理由は?悪質な物真似芸人ではないので一時的なものだろう。 [芸能人]

 お笑い芸人のキンタロー。が批判の嵐にあっている。

バラエティー番組で披露したアイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さんのものまねパフォーマンスに批判的な意見が集まっている。

なぜキンタロー。は炎上したのか?


キンタロー。は平手友梨奈さんのモノマネで炎上した。


 キンタロー。さんは5月11日放送のフジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」に出演し、女芸人ユニット「松木坂46」のメンバーとして「サイレントマジョリティー」や「不協和音」など欅坂46の代表曲を披露。

爆笑する人は多い。しかし、キンタロー。が真似をした平手友梨奈本人の知名度が思いの他低い。。

だからこそ、熱烈なファンも多いのかもしれない。。




平手さんを意識した激しい顔芸を含むパフォーマンスに一部のファンからは、「キンタローは平手なめてるの?」「2度とモノマネすんなよ本当に」「てちファンに土下座しろ!」と厳しい意見が寄せられるなど炎上状態となっている。


平手友梨奈を知らない人からしてみれば「顔の大きい女芸人がまた面白い事やってる!きっと大袈裟だけど少し似てるんだろうな」
と思うはずだ。

炎上をを受けてキンタロー。はブログを更新し、「そもそもの私が皆様の前に登場できた時も大炎上しました」と元AKB48の前田敦子さんのものまねでブレイクした当時の状況を回顧。










前田敦子を物真似したキンタロー。は確かに前田敦子ファンにボロクソ言われた。

しかし、結局ブレイクすると批判は減った。


キンタロー。は今ではブログがオフィシャルとなり、管理会社によって過激なコメントは表に出ないようになっていることを明かしつつも、「実は承認されてないコメントが3000件以上寄せられてます 怖いよ~涙」と厳しい現状に直面していることをつづりました。

 またブログ以外にも、「Twitterとかに直接 罵詈雑言が届いてます涙 安心してください。ちゃんと届いてます。泣きながらみてます。。笑」とキンタロー。への窓口となる各所に批判的な意見が殺到しているとのこと。


さらに「松竹芸能にまで怒りの連絡きてるみたいです」と所属事務所にまでクレームが入ってることを告白。

 「ついに来るとこまで来てしまいました」と現状の深刻さを受け止めつつも、「でもこれだけは伝えたい 私は皆さんに喜んで頂きたく、楽しませたい思いからやってます」「悪意なんて一切ないし見て頂けたらこの想いはきっと伝わるとそう信じてます」など受け取り手とのそごを埋めるべく自身の思いも明かしている。

しっかりと真摯に向き合っているのが悪質な物真似芸人とは違う。

 一方で励ましの声も多く届いているそうで、「大変ななか、優しい言葉送ってくださり本当にありがとうございます」と感謝をつづったキンタロー。さん。SNS上では、「あくまでモノマネなんだからもっと寛大な心でみれないもんかね」「ネタなのにこんなにキレるか?」「(平手さんは)お笑い好きだから顔ヤバいって大爆笑してたりしそうだなって予想」など中立的な意見も多く見られる他、今回は平手さんがグループ活動をたびたび休養しているデリケートな時期と重なったことも炎上の一因になっていると推測する声も上がっている。


平手友梨奈もタレントであるが、まだまだ知名度は低いので今回知るきっかけになった人は多いかもしれない。

キンタロー。の物真似が悪意がない事はわかる。しかし平手友梨奈のファンが怒るのもわからないでもない。

怒ったファンに対して挑発などせずに真摯にコメントしたのは良いだろう。

かつて悪質な物真似芸人はいた。
その悪質な物真似芸人は浅田真央の物真似を当時キム・ヨナと争っている時に韓国で披露したのだ。

しかもひどい顔真似芸だった。

浅田真央は当時タレントではなく、一般人のスポーツ選手だった知名度は平手友梨奈よりあったが、タレントではないのだから笑い者にされるべきではなかった。


浅田真央の物真似をした芸人は増谷キートン

2010年9月、フジテレビの番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」で浅田真央のモノマネをし、視聴者からの批判でブログが炎上したことがある。

その際、炎上に関して「怒るのは理解できますが、真央ちゃんと自分を重ねて、勝手に傷つかれても困ります」「こういう匿名性の高い所で、無記名でウダウダ言ってる人へ。これからもネットと言う、ある意味狭い世界で威張っていれば良いのではないでしょうか」などのコメントを自身のブログに書き込んでいる。

2011年9月、韓国のお笑い番組に出演し浅田のモノマネをまたもや披露したが、モノマネの内容について非難が殺到し、再びブログが炎上した。

ひたむきに頑張っている浅田真央を馬鹿にして、当時日本と韓国の仲はあまり良くなかった。日本を馬鹿にしたいと思っている人が多かった韓国まで行って、日本人をネタに笑わせる行動がどれだけ非常識なことか…。と炎上したのだ。




しかも、炎上を楽しんでいるように火に油を注ぐような書き込みばかり投稿したのだ。

増谷キートンから浅田真央への尊敬や応援は見つけられなかった、だから炎上したのだろう。。

ちなみに増谷キートンは2014年9月、40歳を越えて実家から父親所有の車で家出。車上生活となる。というダメっぷり。。


2015年7月、本人のTwitterにて、これまでの芸名「増谷キートン」から「キートン」への改名を発表。
未だにブレイクはなしだ。



一方でキンタロー。は本当に元AKBのエース前田敦子が好きで尊敬していたのがわかったし、今回も平手友梨奈を好きで尊敬していたのかがわかる。


だからキンタロー。は悪質ではないと思うのだった。








nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
キンタロー。また炎上その理由は?悪質な物真似芸人ではないので一時的なものだろう。:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キンタロー。また炎上その理由は?悪質な物真似芸人ではないので一時的なものだろう。 [芸能人]

 お笑い芸人のキンタロー。が批判の嵐にあっている。

バラエティー番組で披露したアイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さんのものまねパフォーマンスに批判的な意見が集まっている。

なぜキンタロー。は炎上したのか?


キンタロー。は平手友梨奈さんのモノマネで炎上した。


 キンタロー。さんは5月11日放送のフジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」に出演し、女芸人ユニット「松木坂46」のメンバーとして「サイレントマジョリティー」や「不協和音」など欅坂46の代表曲を披露。

爆笑する人は多い。しかし、キンタロー。が真似をした平手友梨奈本人の知名度が思いの他低い。。

だからこそ、熱烈なファンも多いのかもしれない。。




平手さんを意識した激しい顔芸を含むパフォーマンスに一部のファンからは、「キンタローは平手なめてるの?」「2度とモノマネすんなよ本当に」「てちファンに土下座しろ!」と厳しい意見が寄せられるなど炎上状態となっている。


平手友梨奈を知らない人からしてみれば「顔の大きい女芸人がまた面白い事やってる!きっと大袈裟だけど少し似てるんだろうな」
と思うはずだ。

炎上をを受けてキンタロー。はブログを更新し、「そもそもの私が皆様の前に登場できた時も大炎上しました」と元AKB48の前田敦子さんのものまねでブレイクした当時の状況を回顧。










前田敦子を物真似したキンタロー。は確かに前田敦子ファンにボロクソ言われた。

しかし、結局ブレイクすると批判は減った。


キンタロー。は今ではブログがオフィシャルとなり、管理会社によって過激なコメントは表に出ないようになっていることを明かしつつも、「実は承認されてないコメントが3000件以上寄せられてます 怖いよ~涙」と厳しい現状に直面していることをつづりました。

 またブログ以外にも、「Twitterとかに直接 罵詈雑言が届いてます涙 安心してください。ちゃんと届いてます。泣きながらみてます。。笑」とキンタロー。への窓口となる各所に批判的な意見が殺到しているとのこと。


さらに「松竹芸能にまで怒りの連絡きてるみたいです」と所属事務所にまでクレームが入ってることを告白。

 「ついに来るとこまで来てしまいました」と現状の深刻さを受け止めつつも、「でもこれだけは伝えたい 私は皆さんに喜んで頂きたく、楽しませたい思いからやってます」「悪意なんて一切ないし見て頂けたらこの想いはきっと伝わるとそう信じてます」など受け取り手とのそごを埋めるべく自身の思いも明かしている。

しっかりと真摯に向き合っているのが悪質な物真似芸人とは違う。

 一方で励ましの声も多く届いているそうで、「大変ななか、優しい言葉送ってくださり本当にありがとうございます」と感謝をつづったキンタロー。さん。SNS上では、「あくまでモノマネなんだからもっと寛大な心でみれないもんかね」「ネタなのにこんなにキレるか?」「(平手さんは)お笑い好きだから顔ヤバいって大爆笑してたりしそうだなって予想」など中立的な意見も多く見られる他、今回は平手さんがグループ活動をたびたび休養しているデリケートな時期と重なったことも炎上の一因になっていると推測する声も上がっている。


平手友梨奈もタレントであるが、まだまだ知名度は低いので今回知るきっかけになった人は多いかもしれない。

キンタロー。の物真似が悪意がない事はわかる。しかし平手友梨奈のファンが怒るのもわからないでもない。

怒ったファンに対して挑発などせずに真摯にコメントしたのは良いだろう。

かつて悪質な物真似芸人はいた。
その悪質な物真似芸人は浅田真央の物真似を当時キム・ヨナと争っている時に韓国で披露したのだ。

しかもひどい顔真似芸だった。

浅田真央は当時タレントではなく、一般人のスポーツ選手だった知名度は平手友梨奈よりあったが、タレントではないのだから笑い者にされるべきではなかった。


浅田真央の物真似をした芸人は増谷キートン

2010年9月、フジテレビの番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」で浅田真央のモノマネをし、視聴者からの批判でブログが炎上したことがある。

その際、炎上に関して「怒るのは理解できますが、真央ちゃんと自分を重ねて、勝手に傷つかれても困ります」「こういう匿名性の高い所で、無記名でウダウダ言ってる人へ。これからもネットと言う、ある意味狭い世界で威張っていれば良いのではないでしょうか」などのコメントを自身のブログに書き込んでいる。

2011年9月、韓国のお笑い番組に出演し浅田のモノマネをまたもや披露したが、モノマネの内容について非難が殺到し、再びブログが炎上した。

ひたむきに頑張っている浅田真央を馬鹿にして、当時日本と韓国の仲はあまり良くなかった。日本を馬鹿にしたいと思っている人が多かった韓国まで行って、日本人をネタに笑わせる行動がどれだけ非常識なことか…。と炎上したのだ。




しかも、炎上を楽しんでいるように火に油を注ぐような書き込みばかり投稿したのだ。

増谷キートンから浅田真央への尊敬や応援は見つけられなかった、だから炎上したのだろう。。

ちなみに増谷キートンは2014年9月、40歳を越えて実家から父親所有の車で家出。車上生活となる。というダメっぷり。。


2015年7月、本人のTwitterにて、これまでの芸名「増谷キートン」から「キートン」への改名を発表。
未だにブレイクはなしだ。



一方でキンタロー。は本当に元AKBのエース前田敦子が好きで尊敬していたのがわかったし、今回も平手友梨奈を好きで尊敬していたのかがわかる。


だからキンタロー。は悪質ではないと思うのだった。








nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。