So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仲本工事76歳、加藤茶75歳、高木ブー85歳。ドリフターズ魂にドリフ世代感動!! [芸能人]

仲本工事76歳・加藤茶75歳・高木ブー85歳にも関わらず出演CMでタライ落とし!!!

あまりにも高齢なので危険だから“タライCG疑惑”が出ている!


その疑問に広報担当者が回答したようだ。


ドリフターズの三人仲本工事、加藤茶、高木ブーの三人が出たのはサントリーの緑茶「伊右衛門」だ。


本木雅弘と宮沢りえによる時代劇風の物語が毎回話題をさらっている、サントリーの緑茶『伊右衛門』のコマーシャル。

「心にざわつきを抱えた現代人が、江戸時代の伊右衛門夫妻の茶屋を訪れ、お茶を飲んでホッとして心を軽くする」をテーマに作られた新CMは、第1弾に草彅剛を迎えたことでも注目された。

しかし、それ以上に世間を賑わせているのが第2弾。

 というのも、高齢になったザ・ドリフターズのメンバー、仲本工事、加藤茶、高木ブーの3人が過去を彷彿(ほうふつ)とさせるような“タライ落とし”のシーンに挑戦しているからだ。

あまりにも危険ともいえる高齢者へのタライ落とし、、

本物なのだろうか?






 ザ・ドリフターズと言えば伝説のバラエティー番組『8時だョ! 全員集合』(TBS系)で活躍した5人グループ。今回のCMでは同番組のネタを交え、これまでを振り返るようなセリフも登場しているが、撮影現場も終始、笑いに包まれていたという。



 和やかな現場であったことがうかがえるものの、そもそも高齢の3人にタライ落としをさせるというのは少々心配になってしまう。

加藤さんは75歳、仲本さんは76歳、高木さんにいたっては85歳。しかも、加藤さんは'06年に大動脈解離で10時間にも及ぶ大手術を受けている。そんな彼らにタライを落とすのはあまりにも危険ですよね。“実はCGなのでは?”という声がでている。

 確かに映像をよく見てみると、タライがCGのように見えなくもない。『伊右衛門』を発売する、サントリーの公報は語る

「CGでは?という声もいただくのですが、あれは本当にタライを上から落としているんです。3人はお笑いに対して、本当に真摯に向き合ってくれていますね」

ということは、リハーサルも含めて何度かやられているのだろCGではなく、本当にタライを頭で受けていたようだ。高齢となった今でも変わらない、身体を張ったど根性ぶり。

生涯ドリフターズを貫くという事か、、ドリフターズ世代は感動した人も多いようで絶賛の嵐だ。


加藤茶、仲本工事、高木ブーはこぶ茶バンドとしても友好がある。

更に日本一のコント芸人、ドリフターズのエースの志村けんも合流してくれたらもっと感動だった。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
仲本工事76歳、加藤茶75歳、高木ブー85歳。ドリフターズ魂にドリフ世代感動!!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仲本工事76歳、加藤茶75歳、高木ブー85歳。ドリフターズ魂にドリフ世代感動!! [芸能人]

仲本工事76歳・加藤茶75歳・高木ブー85歳にも関わらず出演CMでタライ落とし!!!

あまりにも高齢なので危険だから“タライCG疑惑”が出ている!


その疑問に広報担当者が回答したようだ。


ドリフターズの三人仲本工事、加藤茶、高木ブーの三人が出たのはサントリーの緑茶「伊右衛門」だ。


本木雅弘と宮沢りえによる時代劇風の物語が毎回話題をさらっている、サントリーの緑茶『伊右衛門』のコマーシャル。

「心にざわつきを抱えた現代人が、江戸時代の伊右衛門夫妻の茶屋を訪れ、お茶を飲んでホッとして心を軽くする」をテーマに作られた新CMは、第1弾に草彅剛を迎えたことでも注目された。

しかし、それ以上に世間を賑わせているのが第2弾。

 というのも、高齢になったザ・ドリフターズのメンバー、仲本工事、加藤茶、高木ブーの3人が過去を彷彿(ほうふつ)とさせるような“タライ落とし”のシーンに挑戦しているからだ。

あまりにも危険ともいえる高齢者へのタライ落とし、、

本物なのだろうか?






 ザ・ドリフターズと言えば伝説のバラエティー番組『8時だョ! 全員集合』(TBS系)で活躍した5人グループ。今回のCMでは同番組のネタを交え、これまでを振り返るようなセリフも登場しているが、撮影現場も終始、笑いに包まれていたという。



 和やかな現場であったことがうかがえるものの、そもそも高齢の3人にタライ落としをさせるというのは少々心配になってしまう。

加藤さんは75歳、仲本さんは76歳、高木さんにいたっては85歳。しかも、加藤さんは'06年に大動脈解離で10時間にも及ぶ大手術を受けている。そんな彼らにタライを落とすのはあまりにも危険ですよね。“実はCGなのでは?”という声がでている。

 確かに映像をよく見てみると、タライがCGのように見えなくもない。『伊右衛門』を発売する、サントリーの公報は語る

「CGでは?という声もいただくのですが、あれは本当にタライを上から落としているんです。3人はお笑いに対して、本当に真摯に向き合ってくれていますね」

ということは、リハーサルも含めて何度かやられているのだろCGではなく、本当にタライを頭で受けていたようだ。高齢となった今でも変わらない、身体を張ったど根性ぶり。

生涯ドリフターズを貫くという事か、、ドリフターズ世代は感動した人も多いようで絶賛の嵐だ。


加藤茶、仲本工事、高木ブーはこぶ茶バンドとしても友好がある。

更に日本一のコント芸人、ドリフターズのエースの志村けんも合流してくれたらもっと感動だった。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。