So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平野歩夢凄い!海外の反応も絶賛だらけ!!では?なぜ金メダルではないのか?平野歩夢の敗因とは? [スポーツ]

平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は95.25点でマークし、ソチ大会に続く2大会連続の銀メダルを獲得した。快挙をもたらした2本目に五輪史上初の連続4回転を成功。歴史的な偉業に対し、海外ファンも「アユム・ヒラノは神だ」「モンスターだ」「本物だ。この男は余裕でやってのけた」と絶賛の嵐となっている。平野歩夢の海外の反応が凄い!


ではなぜ金メダルを取れなかったのか?
それが疑問だ!
平野歩夢の敗因とは何だったのか?


Xゲームでも決めた平野はその時99点だった。その時も海外の解説は大興奮と絶賛していた。「99点をとってもアユムは笑わない!彼はクールだ!」
ちなみに金メダルをとったショーンホワイトは100点をとった事がある。


 圧巻のパフォーマンスだった。2本目。平昌の曇天に飛び出した日本のエース・平野は「ダブルコーク1440」を決めたが、止まらない。もう一本連続で決め、極寒の会場は一気に騒然となった。これが、五輪史上初となる連続4回転を成功させた瞬間だった。

 1月28日のウィンタースポーツの世界的祭典「冬季Xゲーム」で連続4回転を史上初めて成功させ、世界を震撼とさせていた。しかし、さらに重圧が襲う4年に一度の大舞台で再び成功。完璧にフィニッシュし、95.25という高得点を叩き出した。

 世界中のスノーボードファンは、歴史的な偉業とともに華麗な飛翔を見せた日本の19歳に対し、賛辞を惜しまなかった。




SNS上で絶賛の嵐

海外の反応とは

「なんて1440だ!」「王者のよう」「とんでもない将来が待っている」

「アユム・ヒラノは神だ。なんて1440だ!」

「モンスターだ」

「アユム・ヒラノは本物。この男は余裕でやってのけた」

「テレビのスノーボードハーフパイプの解説者は、美しい芸術品、アユム・ヒラノと話していた。心から同感します」

「王者のようにパイプを支配している。アメージングなラン、クールすぎる」


こんなにも絶賛されておきながら、史上初の偉業を成し遂げながらも、なぜ平野歩夢は銀メダルだったのか?

答えは簡単だ、ショーンホワイトがそれを上回ったから。




“ショーン・ホワイトほカリスマと呼ばれている。

カリスマらしく97.75点をマークし、2大会ぶり3度目の金メダルを獲得した。


全体最終で登場した最終試技でトップだった平野歩夢(木下グループ)を完璧な演技で逆転し、涙の逆転Vを飾った。感動的なシーンに対し、米メディアも「ショーンが我々を泣かせ続ける」などと速報し、母国のファンに「これは映画に決まっている」「超大作のシナリオだ」「人生で一番泣き叫んだ」と涙を呼んでいる。

 だから「レジェンド」と呼ばれる。ホワイトはまさに王者にふさわしい技術力と精神力で3個目の金メダルを獲得した。


2本目に珍しく転倒し、迎えた3本目。95.25点をマークしていた平野を超えるにはミスは許されない。しかも、全体最終試技。にもかかわらず、31歳は完璧なエアを炸裂させた。

 表示されたスコアは「97.75」――。最後の最後で掴み取った金メダル。その瞬間、熱狂した会場の中で“カリスマ”の目から涙がこぼれ落ちた。母国でも人気を誇るホワイトの劇的な逆転劇に対し、母国の米メディアも騒然となり、続々と速報している。

 五輪を中継するテレビ局「NBCスポーツ」は公式ツイッターで「完全無欠のカムバック」と速報した後、「感情のすべて」と歓喜に暮れるホワイトの姿を紹介。さらに続けて「ショーンが我々を泣かせ続ける」「私たちは泣いてないからな、泣いているのは君だからな!」と感情的につづり、感動を表現した。


派手なスーパープレイの平野歩夢を上回ったのは王者の安定感だろう。

平野歩夢の敗因は絶対王者カリスマがいた事だ。
平野歩夢はXゲームで99点を叩き出したが過去にショーンホワイトは100点を出している。

今回はショーンホワイトの経験と安定感には勝てなかったということ。


(追記)
、、、と素人目では思っていた。しかし
今回の決勝の戦いをスノーボード専門誌『BACKSIDE』編集長の野上大介氏に解説によると。すると、野上氏は「スローで見れば誰でも分かりますが、誤審でした。本当に悔しいですね」と、“絶対王者”の金メダルに異議を唱えているのだ。


ただ誤審をさせてしまうような演技終了後の派手なガッツポーズや今までの経験による貫禄でミスをミスと判断させなかったのだろう。


そうなると、やはり経験値がショーンにあった。そこで勝敗を分けたと言わざるを得ない。

やはり、平野歩夢の敗因はショーンホワイトの経験と絶対王者と呼ばれる貫禄負けだ。


しかし、専門家や同じ競技者からすると平野歩夢は試合には負けたが勝負には勝った!もはやショーンホワイトよりも実力は上なのではないか?



まだ平野歩夢は19歳だ、既に偉業を成し遂げている平野には今後ショーンホワイトに勝る圧倒的なアドバンテージがある、それが若さだ。


経験と安定感はこれから身につけていけばよいだろう。本当に今後期待できる選手だ。
銀メダル本当におめでとう!!




 



*小平奈緒と羽生結弦!金メダル世界の反応とは?


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
平野歩夢凄い!海外の反応も絶賛だらけ!!では?なぜ金メダルではないのか?平野歩夢の敗因とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平野歩夢凄い!海外の反応も絶賛だらけ!!では?なぜ金メダルではないのか?平野歩夢の敗因とは? [スポーツ]

平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は95.25点でマークし、ソチ大会に続く2大会連続の銀メダルを獲得した。快挙をもたらした2本目に五輪史上初の連続4回転を成功。歴史的な偉業に対し、海外ファンも「アユム・ヒラノは神だ」「モンスターだ」「本物だ。この男は余裕でやってのけた」と絶賛の嵐となっている。平野歩夢の海外の反応が凄い!


ではなぜ金メダルを取れなかったのか?
それが疑問だ!
平野歩夢の敗因とは何だったのか?


Xゲームでも決めた平野はその時99点だった。その時も海外の解説は大興奮と絶賛していた。「99点をとってもアユムは笑わない!彼はクールだ!」
ちなみに金メダルをとったショーンホワイトは100点をとった事がある。


 圧巻のパフォーマンスだった。2本目。平昌の曇天に飛び出した日本のエース・平野は「ダブルコーク1440」を決めたが、止まらない。もう一本連続で決め、極寒の会場は一気に騒然となった。これが、五輪史上初となる連続4回転を成功させた瞬間だった。

 1月28日のウィンタースポーツの世界的祭典「冬季Xゲーム」で連続4回転を史上初めて成功させ、世界を震撼とさせていた。しかし、さらに重圧が襲う4年に一度の大舞台で再び成功。完璧にフィニッシュし、95.25という高得点を叩き出した。

 世界中のスノーボードファンは、歴史的な偉業とともに華麗な飛翔を見せた日本の19歳に対し、賛辞を惜しまなかった。




SNS上で絶賛の嵐

海外の反応とは

「なんて1440だ!」「王者のよう」「とんでもない将来が待っている」

「アユム・ヒラノは神だ。なんて1440だ!」

「モンスターだ」

「アユム・ヒラノは本物。この男は余裕でやってのけた」

「テレビのスノーボードハーフパイプの解説者は、美しい芸術品、アユム・ヒラノと話していた。心から同感します」

「王者のようにパイプを支配している。アメージングなラン、クールすぎる」


こんなにも絶賛されておきながら、史上初の偉業を成し遂げながらも、なぜ平野歩夢は銀メダルだったのか?

答えは簡単だ、ショーンホワイトがそれを上回ったから。




“ショーン・ホワイトほカリスマと呼ばれている。

カリスマらしく97.75点をマークし、2大会ぶり3度目の金メダルを獲得した。


全体最終で登場した最終試技でトップだった平野歩夢(木下グループ)を完璧な演技で逆転し、涙の逆転Vを飾った。感動的なシーンに対し、米メディアも「ショーンが我々を泣かせ続ける」などと速報し、母国のファンに「これは映画に決まっている」「超大作のシナリオだ」「人生で一番泣き叫んだ」と涙を呼んでいる。

 だから「レジェンド」と呼ばれる。ホワイトはまさに王者にふさわしい技術力と精神力で3個目の金メダルを獲得した。


2本目に珍しく転倒し、迎えた3本目。95.25点をマークしていた平野を超えるにはミスは許されない。しかも、全体最終試技。にもかかわらず、31歳は完璧なエアを炸裂させた。

 表示されたスコアは「97.75」――。最後の最後で掴み取った金メダル。その瞬間、熱狂した会場の中で“カリスマ”の目から涙がこぼれ落ちた。母国でも人気を誇るホワイトの劇的な逆転劇に対し、母国の米メディアも騒然となり、続々と速報している。

 五輪を中継するテレビ局「NBCスポーツ」は公式ツイッターで「完全無欠のカムバック」と速報した後、「感情のすべて」と歓喜に暮れるホワイトの姿を紹介。さらに続けて「ショーンが我々を泣かせ続ける」「私たちは泣いてないからな、泣いているのは君だからな!」と感情的につづり、感動を表現した。


派手なスーパープレイの平野歩夢を上回ったのは王者の安定感だろう。

平野歩夢の敗因は絶対王者カリスマがいた事だ。
平野歩夢はXゲームで99点を叩き出したが過去にショーンホワイトは100点を出している。

今回はショーンホワイトの経験と安定感には勝てなかったということ。


(追記)
、、、と素人目では思っていた。しかし
今回の決勝の戦いをスノーボード専門誌『BACKSIDE』編集長の野上大介氏に解説によると。すると、野上氏は「スローで見れば誰でも分かりますが、誤審でした。本当に悔しいですね」と、“絶対王者”の金メダルに異議を唱えているのだ。


ただ誤審をさせてしまうような演技終了後の派手なガッツポーズや今までの経験による貫禄でミスをミスと判断させなかったのだろう。


そうなると、やはり経験値がショーンにあった。そこで勝敗を分けたと言わざるを得ない。

やはり、平野歩夢の敗因はショーンホワイトの経験と絶対王者と呼ばれる貫禄負けだ。


しかし、専門家や同じ競技者からすると平野歩夢は試合には負けたが勝負には勝った!もはやショーンホワイトよりも実力は上なのではないか?



まだ平野歩夢は19歳だ、既に偉業を成し遂げている平野には今後ショーンホワイトに勝る圧倒的なアドバンテージがある、それが若さだ。


経験と安定感はこれから身につけていけばよいだろう。本当に今後期待できる選手だ。
銀メダル本当におめでとう!!




 



*小平奈緒と羽生結弦!金メダル世界の反応とは?


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。