So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテローザ創業者大神輝博さんの武勇伝やエピソードは?ヤクザとの関係や自身がヤクザなのでは?との噂は? [社長 企業]

 「魚民」「笑笑」「白木屋」などを展開する居酒屋最大手モンテローザが大量閉店に踏み切っていた

それはシレっと閉店していた。かつて隆盛を極めたモンテローザ、街を歩けばモンテローザに当たると言っても過言ではなかった。
その為に身近な何店舗かが閉店していてもあまり気にならなかったが、それが全国規模だと大量閉店となっていた。

モンテローザがウエブサイトで公表している総店舗数を集計したところ、2016年12月末には2119店だったものが2017年1月末に2044店、同2月末で2017店と約100店ほど減少していた。

 会社側は「閉店した店舗数や業態の詳細は公表していない」という。


閉店の理由はなんなのか?それは深刻な人手不足からと思われる。

しかしモンテローザは人手不足からの閉店は次の社員を優遇するためのプラス材料としているかもしれない。

なぜなら大量閉店に踏み切った理由を会社側は「人手不足のため、労働環境を改善させる必要があった」と説明。外食業界は拘束時間が長く、給与も低く、労働環境が悪いというイメージが定着している。

 このため、「1つのビルに3~4店出店していたものを1店に集約するなど、1店舗当たりの従業員を増やし、負担を軽減させるのが狙い」(会社側)。労働環境を改善することで、少しでも人材を確保しやすくすることが目的のようだ。


居酒屋イコールブラック企業と思われているのは事実。だからモンテローザもブラック企業であるとおもって就職しない人は多いはずだ。

それを変革するには大量閉店も仕方ない。代表取締役で創業者の大神輝博は度胸が違うと素人目でみてもわかる。








モンテローザ創業者大神輝博さんはあまりメディア露出などしないので大神輝博さんの武勇伝もエピソードも苦労話しもあまり知られていない。もちろん大神輝博さんの性格もわからない。なので今回の大量閉店にどう対応するか?が注目を集めている。



1998年以降は居酒屋業界の首位に君臨したモンテローザは1975年創業


2013年5月に居酒屋業界初となる2000店舗を達成した。

外食業界で2000店を超える規模を誇るのは日本マクドナルドホールディングスやゼンショーホールディングス、すかいらーく、コロワイド、吉野家ホールディングスなど10社にも満たない。


大神輝博社長の凄さは徹底的な研究だ。

モンテローザは流行っている業態を徹底的に研究し、それを参考に出店するという手法をとってきた。

しかし15年間ほど売り上げは横ばいだったらしい。

ワタミやコロワイド、大庄といった大手が次々と店舗網を縮小していたので大量閉店は時代の流れでもある。

むしろモンテローザだけが最近まで店数を増やして、いわば業界の流れに逆行していた。


モンテローザが大量閉店したのと同じくらいにショックなのが
陸上部を廃止した事だ。

モンテローザ創業者で代表取締役の大神輝博さんは
毎朝ランニングするほどの陸上が好きなのだ。

社員の多くにランニングを進めているという。
モンテローザ社長大神輝博さんがランニングを勧める理由は3つあるという。

★諦めない心がつくこと。
★負けず嫌いになること。
★そしてマイペースが分かることだという。


モンテローザ創業者の大神輝博さんは言う
 諦めない心。「自分で走っていても分かるが、特にマラソンでは何とかゴールするという心が強くなる。30kmを過ぎると本当に苦しくてつらいが、ゴールを諦めない心を頼りに走り抜く。これは仕事においても役立つ」とマラソンを通して経営を学んでいるように思える。

強面のモンテローザ社長大神輝博さんだがとても従業員に感謝をしているという。

1部の噂では強面の為ヤクザと繋がりがあるのでは?と言われたりするし強面すぎるのでモンテローザ社長大神輝博さんがヤクザなのではないか?とも囁かれているが根も葉もない噂である。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

とんでもない番組が始まる!日本語訳字幕をつけて日本でも放送すれば人気動画になりそうだ。youtuber必見!! [社長 企業]

とんでもない番組がはじまりそうだ。。
youtuber(ユーチューバー)は必見かもしれない。


まさに恐るべきロシア!恐ロシアだ!
殺人ショーや性犯罪ショーまで放送される可能性もある!!


どんな番組稼というと映画『バトルロワイヤル』や『ハンガーゲーム』のようなサバイバル番組という。

番組名は『Game2:Winter』で2017年7月に配信開始するという。



ロシア配信の番組ゲーム2ウィンターは18歳以上の男女30人程が熊や狼が生息するマイナス40度のシベリアにて約10ヶ月間サバイバルを行うリアリティショーという。

トチ狂っている、狂気の沙汰ではないか?
凍死する人が必ず出るような気がする。。

そして何と驚くべき事にルールはない!


かなりの問題だ

参加者の基本的な生存するためのルールがないとは!

番組制作陣は「暴力、飲酒、殺人、暴行、喫煙などそのすべてが可能である」としており「ただロシアの法律に基づいて、警察に捕えられるのも留意しなければならない」と説明。

つまり人を殺してはいけないというルールは設けていないが、殺人が発覚し犯人が判明した場合は逮捕されるという。シベリアはロシアの領土なのでロシアの法律が適応されるのは当然である。

番組企画者であるロシアの大富豪のエフゲニー・ピャトゥコーブスキー(Yevgeny Pyatkovsky)「参加者が死んだり、性的暴行をさせられるとしても、参加者達のどんな不満も受け入れるつもりはない」とした。


これは倫理的問題もあるし、悪趣味な人が好きそうな番組である。
そしてリアリティのホラーであり、サスペンスでもある。


恐ろしい事がもう一つ、何と編集の出来ない生中継なのだ!


24時間オンラインで生中継され、視聴は自分が応援するプレイヤー(参加者)に必要なアイテムを送ることが可能。アイテムは何でも送れるのか番組のウェブサイトから選ぶのかは現時点では不明だが、後者の可能性の方が高い。シベリアの荒野には2000台のカメラが設置され、映像が世界中から閲覧可能。撮影クルーなどは同行せず定点カメラとプレイヤーが持つカメラのみでの撮影となる。

番組に参加の際、出演者は番組進行中に生存していない可能性があるという免罪事項と犯罪発生時に逮捕に応じるという署名をしなければいけない。

途中で放棄したいプレイヤーは「パニック」ボタンを押すと、すぐに救助隊が出動し、シベリアから脱出させてくれるという。

参加者は、ゲーム開始前にロシアの特殊部隊要員からサバイバル訓練をある程度受けるという。銃の所持は不可能だが、剣を持つことは可能。







このサバイバルに生存した者は1億ルーブル(約2億円)の賞金が与えられる。生存者が複数いる場合は賞金を分け合うことになる。


ロシアの市民は、そのプログラムは、「非常に危険で非倫理的」としながら懸念を示している。一方、現在、全世界で、そのプログラムに参加するため、60名を超える候補者が手を挙げていることが分かった。参加者は男15人、女15人の計30人を予定している。

番組予定期間は2017年7月1日から2018年4月1日となっており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、アラビア語に翻訳された放送も配信される。

これを翻訳して日本でも配信すれば人気動画の一つとなるかもしれないが、非難批判殺到する事間違いなし!!

youtuber(ユーチューバー)はとりあえず必見かもしれない。
行動範囲は900ヘクタールとなっており、東京ドーム192個分。

社長達のエピソードや苦労話しに鼓舞させられる!!! [社長 企業]

社長や創業者の苦労話やエピソード、経歴は面白い!!
企業したい人は参考になるし、企業とか興味ない人もやる気が出る
開業のコツなどがわかるかもしれない。
現代を生きる全ての人の生き方の一つの指針となる。

波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。

* モンテローザ社長の武勇伝とは?性格とは?

↑モンテローザ創業者大神輝博さんの信念が凄い。思いやりのある忍耐強い人だった!!あの噂は間違いか?

* 鳥貴族社長の苦労とは?息子とは?創業当初は閑古鳥だった!!!

↑鳥貴族社長大倉忠司の苦労話し、エピソード。


* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

↑ドン・キホーテ社長の苦労話し、エピソードとは

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

↑すしざんまいの社長が凄まじい!!


* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから


↑本当の雑草魂!草食系だが超仕事の鬼


* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

↑異端児すぎてあだ名が山川!これは当時の友達がよく寒くないな!!




* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

↑もはや政界のイメージが強い。


* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!

↑ピザーラ社長のバイタリティが、凄い!!



* ナムコ創業者の中村雅哉さん死去 激動の昭和を生きた

ゲームをエンターテインメントに昇華させた男

* 孫正義の経歴が凄すぎて常人離れ!!こりゃ真似できん!

孫正義の真似はできないが、孫正義の経歴をみると、できる事をもっと本気でやろうと思える!!



皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。







記事を読んだなら自分を奮い立たせる番だ。
以下はやる気のでる名言をあつめた。波乱万丈の社長だけの名言ではないが、やる気は出る



最大の名誉は決して倒れない事ではない。倒れるたびに起き上がることである。 

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく

即実行に移さないから、
失敗を怖れる気持ちが生まれてくる


迷わず行けよ 行けばわかるさ

チャレンジして失敗を怖れるよりも、
何もしないことを怖れろ。


成功の真の秘密は情熱である



オールがあるかぎり、舵の柄と棍棒があるかぎり、おれは最後まで闘ってやるぞ。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

とにかく、新しい毎日なんだ。
心の底からやりたいと思わないなら、  やめておけ。
年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。
人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

溢れ出る無限の力 考える暇もなく跳ぶ  



大事な一日を余力を残して終わりたくない

今日が地球最後の日だと思え

小声で言えば愚痴だが叫べばロックになる

不自由を常とすれば不足はない

敗者復活戦は何度でもできる

未来は理想であり希望だ。弱者は不安と不可能を言う、卑怯者は未定や不明という。

生きてくには眠る。死ぬまでは起きる 近くが曇りなら彼方をみる。





社長達の貴重な話しは
開業のコツとなるだろう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

鳥貴族社長大倉忠司の苦労話しやエピソード、学歴とは?息子は関ジャニ∞の大倉 [社長 企業]

大倉忠司(読み方はただし※ちゅうじ ではない)とは鳥貴族の社長である。

そして関ジャニ∞の大倉忠義の父親でもあるのだ。

今や居酒屋代表ともいえる「鳥貴族」ここまで繁盛させるには相当の苦労話しやエピソードがあったはずだ。
また学歴とは?

そんな鳥貴族を作り上げた社長大倉忠司とはどんな人物なのだろうか?


大倉忠司さんは鳥貴族の社長で創業者。
1960年2/4生まれの57歳

エリートなのかと思ったが大学には行ってないようだ。
学歴は高卒、専門学校卒となる。
高校卒業後に辻調理師専門学校を卒業してリーガロイヤルホテルへ就職したようだ。

頭もよく機転も利くので高学歴かと思いきやそうでもかった、、、

そして関ジャニ∞大倉忠義の父でもある。鳥貴族社長大倉忠司は1985年に鳥貴族を起業。



鳥貴族を作った当初は実家を担保に入れ借金をしてのスタートだったそうだ。


つまり「鳥貴族をつくった男」の知られざる悪戦苦闘があったに違いない。


不振の居酒屋業界において異例の成長を続けているのが鳥貴族である。



 鳥貴族創業者の大倉忠司は、1960年に中小企業の街、大阪府東大阪市で生まれた。

生家はブリキ玩具の「型」を製造する町工場だった。両親と2歳上の兄の4人家族で、機械の音や油のにおいに囲まれて育った。



高校を卒業後は、調理師専門学校で1年間学んだ。1979年に一流ホテルのイタリアンレストランに入社した。
リーガロイヤルホテルだ。



 大倉忠司が焼き「全品280円均一 鳥貴族」を開発した直接のきっかけは、リーガロイヤルホテルのイタリアンレストランでウエーターを務めていた頃に、よく通った「全品230円均一」の炉端焼き屋に影響された為だ。


そもそも飲食業に興味を持ったのは、大倉忠司が高校2年生のときの、ビアガーデンでのアルバイトがきっかけだという。
まじめな仕事ぶりが認められ、焼き鳥とおでんの部門を任されたのが飲食業の面白さに目覚めたきっかけという。

 大倉はホテルのレストラン勤めを3年間で辞めた後、1982年ごろから3年近く焼き鳥屋で修業した。

そして若冠25歳のときに第1号店を開業する
 1985年、大倉忠司は25歳のとき、150円、250円、350円の3本立て均一料金の焼き鳥専門店「鳥貴族 俊徳道店」(約9坪、27席)を個人創業した。社長への第一歩を踏み出した。

総投資額1200万円。自分の貯金200万円と、父親が家を担保に借金して1000万円を用意してくれたのが元手だ。

何と実家を担保に借金をしたというのだから、、かなりの覚悟だ。








続きを読む


ナムコの創業者中村雅哉さん死去。苦労話しや名言とは?現社長田口三昭の苦労話しとは? [社長 企業]

ナムコ創業の中村雅哉氏が死去。戦時生まれの91歳。アミューズメントからエンターテインメントえ昇華しゲーム大国日本を築き上げた第一人者でもある。


ナムコ創業の中村雅哉氏が死去していた。つまらない子供時代のオアシスでもあったテレビゲーム、ファミコン人気を支えたナムコ創業者。

パックマン、ゼビウス、ドルアーガの塔、ディグダグ。クソゲーの少ないシンプルかつ奥が深いメーカーだった。


 バンダイナムコホールディングスは、元ナムコ代表取締役会長で、バンダイナムコホールディングス最高顧問、バンダイナムコエンターテインメントおよびナムコの名誉相談役を務める中村雅哉氏が1月22日に逝去したと発表した。享年91歳。



 中村雅哉氏は、1955年6月に中村製作所を設立し代表取締役社長に就任。
社名の「ナムコ」はこの中村製作所から取られている。
(Nakamura Amusement Machine Manufacturing Company)


当初はデパートの屋上などによく設置されていた動物型の乗物の玩具やエレメカの開発などを手掛けていた。

 ゲームセンターが隆盛を誇った1970年代後半から1980年代にかけ、「パックマン」、「ゼビウス」など数多くのヒット作を世に送り出した。

2005年にはバンダイ(当時)との経営統合を推進。現在のバンダイナムコグループの礎を気付いた。



 CEDEC 2010では、日本のゲーム産業の基礎を作り上げたとして「特別賞」を受賞している。

CEDECとはセデックとも呼び
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス (コンピューターエンターテイメントデベロッパーズカンファレンス)の略称でもある。



中村 雅哉(なかむら まさや、1925年(大正14年)12月24日 生まれ

バンダイナムコエンターテインメント創業者・名誉相談役、バンダイナムコホールディングス最高顧問。東京都出身。










続きを読む


nice!(3) 
社長 企業:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテローザ創業者大神輝博さんの武勇伝やエピソードは?ヤクザとの関係や自身がヤクザなのでは?との噂は? [社長 企業]

 「魚民」「笑笑」「白木屋」などを展開する居酒屋最大手モンテローザが大量閉店に踏み切っていた

それはシレっと閉店していた。かつて隆盛を極めたモンテローザ、街を歩けばモンテローザに当たると言っても過言ではなかった。
その為に身近な何店舗かが閉店していてもあまり気にならなかったが、それが全国規模だと大量閉店となっていた。

モンテローザがウエブサイトで公表している総店舗数を集計したところ、2016年12月末には2119店だったものが2017年1月末に2044店、同2月末で2017店と約100店ほど減少していた。

 会社側は「閉店した店舗数や業態の詳細は公表していない」という。


閉店の理由はなんなのか?それは深刻な人手不足からと思われる。

しかしモンテローザは人手不足からの閉店は次の社員を優遇するためのプラス材料としているかもしれない。

なぜなら大量閉店に踏み切った理由を会社側は「人手不足のため、労働環境を改善させる必要があった」と説明。外食業界は拘束時間が長く、給与も低く、労働環境が悪いというイメージが定着している。

 このため、「1つのビルに3~4店出店していたものを1店に集約するなど、1店舗当たりの従業員を増やし、負担を軽減させるのが狙い」(会社側)。労働環境を改善することで、少しでも人材を確保しやすくすることが目的のようだ。


居酒屋イコールブラック企業と思われているのは事実。だからモンテローザもブラック企業であるとおもって就職しない人は多いはずだ。

それを変革するには大量閉店も仕方ない。代表取締役で創業者の大神輝博は度胸が違うと素人目でみてもわかる。








モンテローザ創業者大神輝博さんはあまりメディア露出などしないので大神輝博さんの武勇伝もエピソードも苦労話しもあまり知られていない。もちろん大神輝博さんの性格もわからない。なので今回の大量閉店にどう対応するか?が注目を集めている。



1998年以降は居酒屋業界の首位に君臨したモンテローザは1975年創業


2013年5月に居酒屋業界初となる2000店舗を達成した。

外食業界で2000店を超える規模を誇るのは日本マクドナルドホールディングスやゼンショーホールディングス、すかいらーく、コロワイド、吉野家ホールディングスなど10社にも満たない。


大神輝博社長の凄さは徹底的な研究だ。

モンテローザは流行っている業態を徹底的に研究し、それを参考に出店するという手法をとってきた。

しかし15年間ほど売り上げは横ばいだったらしい。

ワタミやコロワイド、大庄といった大手が次々と店舗網を縮小していたので大量閉店は時代の流れでもある。

むしろモンテローザだけが最近まで店数を増やして、いわば業界の流れに逆行していた。


モンテローザが大量閉店したのと同じくらいにショックなのが
陸上部を廃止した事だ。

モンテローザ創業者で代表取締役の大神輝博さんは
毎朝ランニングするほどの陸上が好きなのだ。

社員の多くにランニングを進めているという。
モンテローザ社長大神輝博さんがランニングを勧める理由は3つあるという。

★諦めない心がつくこと。
★負けず嫌いになること。
★そしてマイペースが分かることだという。


モンテローザ創業者の大神輝博さんは言う
 諦めない心。「自分で走っていても分かるが、特にマラソンでは何とかゴールするという心が強くなる。30kmを過ぎると本当に苦しくてつらいが、ゴールを諦めない心を頼りに走り抜く。これは仕事においても役立つ」とマラソンを通して経営を学んでいるように思える。

強面のモンテローザ社長大神輝博さんだがとても従業員に感謝をしているという。

1部の噂では強面の為ヤクザと繋がりがあるのでは?と言われたりするし強面すぎるのでモンテローザ社長大神輝博さんがヤクザなのではないか?とも囁かれているが根も葉もない噂である。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

とんでもない番組が始まる!日本語訳字幕をつけて日本でも放送すれば人気動画になりそうだ。youtuber必見!! [社長 企業]

とんでもない番組がはじまりそうだ。。
youtuber(ユーチューバー)は必見かもしれない。


まさに恐るべきロシア!恐ロシアだ!
殺人ショーや性犯罪ショーまで放送される可能性もある!!


どんな番組稼というと映画『バトルロワイヤル』や『ハンガーゲーム』のようなサバイバル番組という。

番組名は『Game2:Winter』で2017年7月に配信開始するという。



ロシア配信の番組ゲーム2ウィンターは18歳以上の男女30人程が熊や狼が生息するマイナス40度のシベリアにて約10ヶ月間サバイバルを行うリアリティショーという。

トチ狂っている、狂気の沙汰ではないか?
凍死する人が必ず出るような気がする。。

そして何と驚くべき事にルールはない!


かなりの問題だ

参加者の基本的な生存するためのルールがないとは!

番組制作陣は「暴力、飲酒、殺人、暴行、喫煙などそのすべてが可能である」としており「ただロシアの法律に基づいて、警察に捕えられるのも留意しなければならない」と説明。

つまり人を殺してはいけないというルールは設けていないが、殺人が発覚し犯人が判明した場合は逮捕されるという。シベリアはロシアの領土なのでロシアの法律が適応されるのは当然である。

番組企画者であるロシアの大富豪のエフゲニー・ピャトゥコーブスキー(Yevgeny Pyatkovsky)「参加者が死んだり、性的暴行をさせられるとしても、参加者達のどんな不満も受け入れるつもりはない」とした。


これは倫理的問題もあるし、悪趣味な人が好きそうな番組である。
そしてリアリティのホラーであり、サスペンスでもある。


恐ろしい事がもう一つ、何と編集の出来ない生中継なのだ!


24時間オンラインで生中継され、視聴は自分が応援するプレイヤー(参加者)に必要なアイテムを送ることが可能。アイテムは何でも送れるのか番組のウェブサイトから選ぶのかは現時点では不明だが、後者の可能性の方が高い。シベリアの荒野には2000台のカメラが設置され、映像が世界中から閲覧可能。撮影クルーなどは同行せず定点カメラとプレイヤーが持つカメラのみでの撮影となる。

番組に参加の際、出演者は番組進行中に生存していない可能性があるという免罪事項と犯罪発生時に逮捕に応じるという署名をしなければいけない。

途中で放棄したいプレイヤーは「パニック」ボタンを押すと、すぐに救助隊が出動し、シベリアから脱出させてくれるという。

参加者は、ゲーム開始前にロシアの特殊部隊要員からサバイバル訓練をある程度受けるという。銃の所持は不可能だが、剣を持つことは可能。







このサバイバルに生存した者は1億ルーブル(約2億円)の賞金が与えられる。生存者が複数いる場合は賞金を分け合うことになる。


ロシアの市民は、そのプログラムは、「非常に危険で非倫理的」としながら懸念を示している。一方、現在、全世界で、そのプログラムに参加するため、60名を超える候補者が手を挙げていることが分かった。参加者は男15人、女15人の計30人を予定している。

番組予定期間は2017年7月1日から2018年4月1日となっており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、アラビア語に翻訳された放送も配信される。

これを翻訳して日本でも配信すれば人気動画の一つとなるかもしれないが、非難批判殺到する事間違いなし!!

youtuber(ユーチューバー)はとりあえず必見かもしれない。
行動範囲は900ヘクタールとなっており、東京ドーム192個分。

社長達のエピソードや苦労話しに鼓舞させられる!!! [社長 企業]

社長や創業者の苦労話やエピソード、経歴は面白い!!
企業したい人は参考になるし、企業とか興味ない人もやる気が出る
開業のコツなどがわかるかもしれない。
現代を生きる全ての人の生き方の一つの指針となる。

波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。

* モンテローザ社長の武勇伝とは?性格とは?

↑モンテローザ創業者大神輝博さんの信念が凄い。思いやりのある忍耐強い人だった!!あの噂は間違いか?

* 鳥貴族社長の苦労とは?息子とは?創業当初は閑古鳥だった!!!

↑鳥貴族社長大倉忠司の苦労話し、エピソード。


* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

↑ドン・キホーテ社長の苦労話し、エピソードとは

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

↑すしざんまいの社長が凄まじい!!


* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから


↑本当の雑草魂!草食系だが超仕事の鬼


* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

↑異端児すぎてあだ名が山川!これは当時の友達がよく寒くないな!!




* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

↑もはや政界のイメージが強い。


* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!

↑ピザーラ社長のバイタリティが、凄い!!



* ナムコ創業者の中村雅哉さん死去 激動の昭和を生きた

ゲームをエンターテインメントに昇華させた男

* 孫正義の経歴が凄すぎて常人離れ!!こりゃ真似できん!

孫正義の真似はできないが、孫正義の経歴をみると、できる事をもっと本気でやろうと思える!!



皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。







記事を読んだなら自分を奮い立たせる番だ。
以下はやる気のでる名言をあつめた。波乱万丈の社長だけの名言ではないが、やる気は出る



最大の名誉は決して倒れない事ではない。倒れるたびに起き上がることである。 

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく

即実行に移さないから、
失敗を怖れる気持ちが生まれてくる


迷わず行けよ 行けばわかるさ

チャレンジして失敗を怖れるよりも、
何もしないことを怖れろ。


成功の真の秘密は情熱である



オールがあるかぎり、舵の柄と棍棒があるかぎり、おれは最後まで闘ってやるぞ。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

とにかく、新しい毎日なんだ。
心の底からやりたいと思わないなら、  やめておけ。
年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。
人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

溢れ出る無限の力 考える暇もなく跳ぶ  



大事な一日を余力を残して終わりたくない

今日が地球最後の日だと思え

小声で言えば愚痴だが叫べばロックになる

不自由を常とすれば不足はない

敗者復活戦は何度でもできる

未来は理想であり希望だ。弱者は不安と不可能を言う、卑怯者は未定や不明という。

生きてくには眠る。死ぬまでは起きる 近くが曇りなら彼方をみる。





社長達の貴重な話しは
開業のコツとなるだろう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

鳥貴族社長大倉忠司の苦労話しやエピソード、学歴とは?息子は関ジャニ∞の大倉 [社長 企業]

大倉忠司(読み方はただし※ちゅうじ ではない)とは鳥貴族の社長である。

そして関ジャニ∞の大倉忠義の父親でもあるのだ。

今や居酒屋代表ともいえる「鳥貴族」ここまで繁盛させるには相当の苦労話しやエピソードがあったはずだ。
また学歴とは?

そんな鳥貴族を作り上げた社長大倉忠司とはどんな人物なのだろうか?


大倉忠司さんは鳥貴族の社長で創業者。
1960年2/4生まれの57歳

エリートなのかと思ったが大学には行ってないようだ。
学歴は高卒、専門学校卒となる。
高校卒業後に辻調理師専門学校を卒業してリーガロイヤルホテルへ就職したようだ。

頭もよく機転も利くので高学歴かと思いきやそうでもかった、、、

そして関ジャニ∞大倉忠義の父でもある。鳥貴族社長大倉忠司は1985年に鳥貴族を起業。



鳥貴族を作った当初は実家を担保に入れ借金をしてのスタートだったそうだ。


つまり「鳥貴族をつくった男」の知られざる悪戦苦闘があったに違いない。


不振の居酒屋業界において異例の成長を続けているのが鳥貴族である。



 鳥貴族創業者の大倉忠司は、1960年に中小企業の街、大阪府東大阪市で生まれた。

生家はブリキ玩具の「型」を製造する町工場だった。両親と2歳上の兄の4人家族で、機械の音や油のにおいに囲まれて育った。



高校を卒業後は、調理師専門学校で1年間学んだ。1979年に一流ホテルのイタリアンレストランに入社した。
リーガロイヤルホテルだ。



 大倉忠司が焼き「全品280円均一 鳥貴族」を開発した直接のきっかけは、リーガロイヤルホテルのイタリアンレストランでウエーターを務めていた頃に、よく通った「全品230円均一」の炉端焼き屋に影響された為だ。


そもそも飲食業に興味を持ったのは、大倉忠司が高校2年生のときの、ビアガーデンでのアルバイトがきっかけだという。
まじめな仕事ぶりが認められ、焼き鳥とおでんの部門を任されたのが飲食業の面白さに目覚めたきっかけという。

 大倉はホテルのレストラン勤めを3年間で辞めた後、1982年ごろから3年近く焼き鳥屋で修業した。

そして若冠25歳のときに第1号店を開業する
 1985年、大倉忠司は25歳のとき、150円、250円、350円の3本立て均一料金の焼き鳥専門店「鳥貴族 俊徳道店」(約9坪、27席)を個人創業した。社長への第一歩を踏み出した。

総投資額1200万円。自分の貯金200万円と、父親が家を担保に借金して1000万円を用意してくれたのが元手だ。

何と実家を担保に借金をしたというのだから、、かなりの覚悟だ。








続きを読む


ナムコの創業者中村雅哉さん死去。苦労話しや名言とは?現社長田口三昭の苦労話しとは? [社長 企業]

ナムコ創業の中村雅哉氏が死去。戦時生まれの91歳。アミューズメントからエンターテインメントえ昇華しゲーム大国日本を築き上げた第一人者でもある。


ナムコ創業の中村雅哉氏が死去していた。つまらない子供時代のオアシスでもあったテレビゲーム、ファミコン人気を支えたナムコ創業者。

パックマン、ゼビウス、ドルアーガの塔、ディグダグ。クソゲーの少ないシンプルかつ奥が深いメーカーだった。


 バンダイナムコホールディングスは、元ナムコ代表取締役会長で、バンダイナムコホールディングス最高顧問、バンダイナムコエンターテインメントおよびナムコの名誉相談役を務める中村雅哉氏が1月22日に逝去したと発表した。享年91歳。



 中村雅哉氏は、1955年6月に中村製作所を設立し代表取締役社長に就任。
社名の「ナムコ」はこの中村製作所から取られている。
(Nakamura Amusement Machine Manufacturing Company)


当初はデパートの屋上などによく設置されていた動物型の乗物の玩具やエレメカの開発などを手掛けていた。

 ゲームセンターが隆盛を誇った1970年代後半から1980年代にかけ、「パックマン」、「ゼビウス」など数多くのヒット作を世に送り出した。

2005年にはバンダイ(当時)との経営統合を推進。現在のバンダイナムコグループの礎を気付いた。



 CEDEC 2010では、日本のゲーム産業の基礎を作り上げたとして「特別賞」を受賞している。

CEDECとはセデックとも呼び
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス (コンピューターエンターテイメントデベロッパーズカンファレンス)の略称でもある。



中村 雅哉(なかむら まさや、1925年(大正14年)12月24日 生まれ

バンダイナムコエンターテインメント創業者・名誉相談役、バンダイナムコホールディングス最高顧問。東京都出身。










続きを読む


nice!(3)