So-net無料ブログ作成
検索選択
社長 企業 ブログトップ
- | 次の5件

ナムコの創業者中村雅哉さん死去。苦労話しや名言とは?現社長田口三昭の苦労話しとは? [社長 企業]

ナムコ創業の中村雅哉氏が死去。戦時生まれの91歳。アミューズメントからエンターテインメントえ昇華しゲーム大国日本を築き上げた第一人者でもある。


ナムコ創業の中村雅哉氏が死去していた。つまらない子供時代のオアシスでもあったテレビゲーム、ファミコン人気を支えたナムコ創業者。

パックマン、ゼビウス、ドルアーガの塔、ディグダグ。クソゲーの少ないシンプルかつ奥が深いメーカーだった。


 バンダイナムコホールディングスは、元ナムコ代表取締役会長で、バンダイナムコホールディングス最高顧問、バンダイナムコエンターテインメントおよびナムコの名誉相談役を務める中村雅哉氏が1月22日に逝去したと発表した。享年91歳。



 中村雅哉氏は、1955年6月に中村製作所を設立し代表取締役社長に就任。
社名の「ナムコ」はこの中村製作所から取られている。
(Nakamura Amusement Machine Manufacturing Company)


当初はデパートの屋上などによく設置されていた動物型の乗物の玩具やエレメカの開発などを手掛けていた。

 ゲームセンターが隆盛を誇った1970年代後半から1980年代にかけ、「パックマン」、「ゼビウス」など数多くのヒット作を世に送り出した。

2005年にはバンダイ(当時)との経営統合を推進。現在のバンダイナムコグループの礎を気付いた。



 CEDEC 2010では、日本のゲーム産業の基礎を作り上げたとして「特別賞」を受賞している。

CEDECとはセデックとも呼び
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス (コンピューターエンターテイメントデベロッパーズカンファレンス)の略称でもある。



中村 雅哉(なかむら まさや、1925年(大正14年)12月24日 生まれ

バンダイナムコエンターテインメント創業者・名誉相談役、バンダイナムコホールディングス最高顧問。東京都出身。










続きを読む


nice!(3) 

ピザーラ社長の浅野秀則の経歴が凄まじい!鳥肌が立つほど奮い立たされる!! [社長 企業]

社長の経歴凄さを見るのは面白い。
波乱万丈の社長をみると応援したくなる。
今までに書いた社長の経歴など↓
* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?


今回は「ピザーラお届け!」のキャッチフレーズで有名であり人気のピザーラ創業者であり株式会社フォーシーズ会長の浅野秀則の経歴やエピソードを紹介しよう。


浅野秀則の父親は、100年を超える歴史を持つ紙器メーカーの社長だった。
浅野はその御曹司として生まれた、浅野秀則は当然のことながら後継ぎとしての道が約束されていた。

いわゆる”ぼんぼん育ちだった。。何だ面白くない、と思うのはまだ早い波乱万丈な人生はこれから始まる。

高校2年生の時に父親が倒れた。そして紙器メーカーの会社の経営権は親族に移りってしまった。
それからの浅野の生活は日々困難なものになってきた。


ピザーラ創業者の浅野秀則は父親が倒れてからは、財産の切り売 りで食いつないでいたという。

若い頃にこういう境遇になると社会転覆派になりがちだが、浅野は逆で『この野郎、何としてでも再興を果してやるぞ』 と思っていたという。

独立精神が生まれた浅野は、母親が始めた麻雀店を手伝いながら、豊富なアイデアで集客を果たすなど、商売の面白さに目覚める。

そして慶応大学在学中、浅野は自分で旅行代理店を始めた。 何と大学生の内に既に企業をしていた!!。
その理由も面白い。浅野は以下のようにかたっている。

「必死にお金を集めて、初めて行った海外旅行先のハワイに魅了されて、それから毎年行きたいなと。どうするか? 旅行代理店をつくってしまえば、添乗員として行けるわけですよ(笑)。慶応はもちろん早稲田、日大、日本女子大とかいろんな大学に支部をつくった。それでリーダーを決めて、客になる学生を10人集め てこい、そのかわり、集めたヤツの旅費はタダ。で、添乗員として客の面倒も見ろと。話が早くて画期的でしょ?」
多い時は500人、600人と、けっこうな”事業”規模になった。パンフレットやチラシもきちんと制作し、それをメンバーたちが、学校別・時間別に効果的に配付する。
「何のことはない、今、ピザーラでやってることを全部やってたんですよ」
普通の大学生にはない在学中の仰天エピソードだ。

アイデアに富み、生来親分肌な浅野は、この頃から起業家としての片鱗を見せ始めていたのである。


大学を卒業した浅野は、とりあえずは社会勉強だと就職するが、管理的な組織とは全く肌が合わず、わずか3ヶ月で退職。


そして25歳の時、『インフィニティ』というクラブハウスをオープンする。

ところが、オープンして間もなく、浅野は全身を大やけどするという事故に見舞われるのだ。

「ふ と気がついたら、揚げ物をしていた鍋から火が出てる。慌てて、何を思ったか新聞紙をかけたもんだから、火がもっと大きくなって燃え上がった。さらに慌てて 鍋を持ち上げたら、油面が揺れて顔にまともに浴びて……それで熱い!!って床に落としたら、今度は下からブワッと火が上がって全身火ダルマですよ」
浅野は、それでも服を脱ぎ捨て、裸になって燃えている火を踏んだ。奇跡的に消火できたが、浅野自身は肺にまで達する大やけどで、生死の境をさまようことになった。命だけは取り留めたものの、植皮手術で、1年半にもおよぶ療養生活を余儀なくされる。
命がけで守った店も、閉じるしかなかった。

更に浅野に不幸が襲う、療養生活中に母親が末期ガンだと分かったのだ。。



浅野は動けるようになると再起をかけ動き始めた。
資金も投じ、浅野が次に始めた事業はウーロン茶の輸入販売だ。
まだ、ウーロン茶など誰も知らない頃である。そのぶん、時代の先を行き過ぎていた。

結果として商品は全く売れず事業はあえなく失敗、残ったのは借金だけだった。

その借金を返すため、浅野は見よう見まねでラーメン店を始める、浅野のラーメン屋はかなり繁盛したようだ、可能ならピザーラ創業者のラーメンを食べてみたい、、
しかし浅野秀則は
「でも、真夜中に大量のガラを台車に乗せて、ゴミ捨て場に行くたび、これが自分のしたかったことなのか?と疑問がわいてね」
結局、店は人に貸すことにし、以降、浅野は健康食品などを全国行商したり、ビデオ店を始めたりと、商売を転々とする。なりふりかまわず働き続けた、ハングリーな時代だったという。
並大抵のメンタルではそこまでできない。幼少の頃にボンボンだったとは到底思えない底力である。


ピザ屋を始めたのは直観だった。何とエイリアン映画の名作「E.T」からインスピレーションを得たという。

「『E.T.』で、少年たちがデリバリーのピザを待つシーンを観て、これだ!!と。どうしてって、よく聞かれるけど、その頃は本当にハングリーでしょ、毎日いろんなビジネスを考えていたからアンテナが立ちまくっていたんでしょうね」
これもまた見よう見まねで、浅野はピザの生地づくりから研究を始める。同業他社はどこもアメリカの味を目指していた頃だ。
「でもアメリカの味って、ほとんど均一なんですよ。日本はラーメンにしても、北海道から九州までいろいろな味があるじゃないですか。味は差別化できるんだから、俺たちは日本人、特に女性の味覚に合うピザをつくろうと決めたんです」


そ して1987年に、『ピザーラ』第 1号店が誕生。同年、FCの1号店もオープン。以降、積極的なテレビCMが功を奏したこともあり、軌道に乗るのは早かった。何より、「食べ物屋としての基本は絶対にはずさない、コスト的に高くても食材には徹底的にこだわる」という強いポリシーが、その成長を支えてきた。
「ピザーラお届け!」は一気に全国区へ。

ついに97年、『ピザーラ』は宅配ピザ業界のトップに立つ。
振り返ってみれば、数々の苦難や失敗を通じて、浅野はビジネスの核心を全て学んできたのである。ラーメン店を貸したことで FCの基本を、ウーロン茶での失敗からは計画の的確な修正と引き時を、そして、行商経験では消費者の地域性や説得力ある販売方法を。

「独立を考えている人に言いたいのは、ひとつの、そして自分のアイデアに溺れず、常に2枚腰、3枚腰で考えて行動してほしいということ。そのうえで、もう打つ手がなければ、撤退する時期を見誤らないことです。だって、敗者復活戦はいくらでもできるんだから」

敗者復活戦はいくらでもできる!!






浅野.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

波乱万丈の社長達のエピソード経歴。企業希望の人はもちろん普段の生活にも役に立つ!! [社長 企業]

社長や創業者の苦労話やエピソード、経歴は面白い!!
企業したい人は参考になるし、企業とか興味ない人もやる気が出る

現代を生きる全ての人の生き方の一つの指針となる。

波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。
* 鳥貴族社長の苦労とは?息子とは?創業当初は閑古鳥だった!!!


* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?


*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!



* ナムコ創業者の中村雅哉さん死去 激動の昭和を生きた


皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。







記事を読んだなら自分を奮い立たせる番だ。
以下はやる気のでる名言をあつめた。波乱万丈の社長だけの名言ではないが、やる気は出る



最大の名誉は決して倒れない事ではない。倒れるたびに起き上がることである。 

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく

即実行に移さないから、
失敗を怖れる気持ちが生まれてくる


迷わず行けよ 行けばわかるさ

チャレンジして失敗を怖れるよりも、
何もしないことを怖れろ。


成功の真の秘密は情熱である



オールがあるかぎり、舵の柄と棍棒があるかぎり、おれは最後まで闘ってやるぞ。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

とにかく、新しい毎日なんだ。
心の底からやりたいと思わないなら、  やめておけ。
年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。
人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

溢れ出る無限の力 考える暇もなく跳ぶ  


大事な一日を余力を残して終わりたくない

今日が地球最後の日だと思え

小声で言えば愚痴だが叫べばロックになる

不自由を常とすれば不足はない

敗者復活戦は何度でもできる

未来は理想であり希望だ。弱者は不安と不可能を言う、卑怯者は未定や不明という。

生きてくにゃ眠る死ぬまでは起きる 近くが曇りなら彼方をみる。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
- | 次の5件 社長 企業 ブログトップ
社長 企業:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
社長 企業 ブログトップ
- | 次の5件

ナムコの創業者中村雅哉さん死去。苦労話しや名言とは?現社長田口三昭の苦労話しとは? [社長 企業]

ナムコ創業の中村雅哉氏が死去。戦時生まれの91歳。アミューズメントからエンターテインメントえ昇華しゲーム大国日本を築き上げた第一人者でもある。


ナムコ創業の中村雅哉氏が死去していた。つまらない子供時代のオアシスでもあったテレビゲーム、ファミコン人気を支えたナムコ創業者。

パックマン、ゼビウス、ドルアーガの塔、ディグダグ。クソゲーの少ないシンプルかつ奥が深いメーカーだった。


 バンダイナムコホールディングスは、元ナムコ代表取締役会長で、バンダイナムコホールディングス最高顧問、バンダイナムコエンターテインメントおよびナムコの名誉相談役を務める中村雅哉氏が1月22日に逝去したと発表した。享年91歳。



 中村雅哉氏は、1955年6月に中村製作所を設立し代表取締役社長に就任。
社名の「ナムコ」はこの中村製作所から取られている。
(Nakamura Amusement Machine Manufacturing Company)


当初はデパートの屋上などによく設置されていた動物型の乗物の玩具やエレメカの開発などを手掛けていた。

 ゲームセンターが隆盛を誇った1970年代後半から1980年代にかけ、「パックマン」、「ゼビウス」など数多くのヒット作を世に送り出した。

2005年にはバンダイ(当時)との経営統合を推進。現在のバンダイナムコグループの礎を気付いた。



 CEDEC 2010では、日本のゲーム産業の基礎を作り上げたとして「特別賞」を受賞している。

CEDECとはセデックとも呼び
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス (コンピューターエンターテイメントデベロッパーズカンファレンス)の略称でもある。



中村 雅哉(なかむら まさや、1925年(大正14年)12月24日 生まれ

バンダイナムコエンターテインメント創業者・名誉相談役、バンダイナムコホールディングス最高顧問。東京都出身。










続きを読む


nice!(3) 

ピザーラ社長の浅野秀則の経歴が凄まじい!鳥肌が立つほど奮い立たされる!! [社長 企業]

社長の経歴凄さを見るのは面白い。
波乱万丈の社長をみると応援したくなる。
今までに書いた社長の経歴など↓
* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?


今回は「ピザーラお届け!」のキャッチフレーズで有名であり人気のピザーラ創業者であり株式会社フォーシーズ会長の浅野秀則の経歴やエピソードを紹介しよう。


浅野秀則の父親は、100年を超える歴史を持つ紙器メーカーの社長だった。
浅野はその御曹司として生まれた、浅野秀則は当然のことながら後継ぎとしての道が約束されていた。

いわゆる”ぼんぼん育ちだった。。何だ面白くない、と思うのはまだ早い波乱万丈な人生はこれから始まる。

高校2年生の時に父親が倒れた。そして紙器メーカーの会社の経営権は親族に移りってしまった。
それからの浅野の生活は日々困難なものになってきた。


ピザーラ創業者の浅野秀則は父親が倒れてからは、財産の切り売 りで食いつないでいたという。

若い頃にこういう境遇になると社会転覆派になりがちだが、浅野は逆で『この野郎、何としてでも再興を果してやるぞ』 と思っていたという。

独立精神が生まれた浅野は、母親が始めた麻雀店を手伝いながら、豊富なアイデアで集客を果たすなど、商売の面白さに目覚める。

そして慶応大学在学中、浅野は自分で旅行代理店を始めた。 何と大学生の内に既に企業をしていた!!。
その理由も面白い。浅野は以下のようにかたっている。

「必死にお金を集めて、初めて行った海外旅行先のハワイに魅了されて、それから毎年行きたいなと。どうするか? 旅行代理店をつくってしまえば、添乗員として行けるわけですよ(笑)。慶応はもちろん早稲田、日大、日本女子大とかいろんな大学に支部をつくった。それでリーダーを決めて、客になる学生を10人集め てこい、そのかわり、集めたヤツの旅費はタダ。で、添乗員として客の面倒も見ろと。話が早くて画期的でしょ?」
多い時は500人、600人と、けっこうな”事業”規模になった。パンフレットやチラシもきちんと制作し、それをメンバーたちが、学校別・時間別に効果的に配付する。
「何のことはない、今、ピザーラでやってることを全部やってたんですよ」
普通の大学生にはない在学中の仰天エピソードだ。

アイデアに富み、生来親分肌な浅野は、この頃から起業家としての片鱗を見せ始めていたのである。


大学を卒業した浅野は、とりあえずは社会勉強だと就職するが、管理的な組織とは全く肌が合わず、わずか3ヶ月で退職。


そして25歳の時、『インフィニティ』というクラブハウスをオープンする。

ところが、オープンして間もなく、浅野は全身を大やけどするという事故に見舞われるのだ。

「ふ と気がついたら、揚げ物をしていた鍋から火が出てる。慌てて、何を思ったか新聞紙をかけたもんだから、火がもっと大きくなって燃え上がった。さらに慌てて 鍋を持ち上げたら、油面が揺れて顔にまともに浴びて……それで熱い!!って床に落としたら、今度は下からブワッと火が上がって全身火ダルマですよ」
浅野は、それでも服を脱ぎ捨て、裸になって燃えている火を踏んだ。奇跡的に消火できたが、浅野自身は肺にまで達する大やけどで、生死の境をさまようことになった。命だけは取り留めたものの、植皮手術で、1年半にもおよぶ療養生活を余儀なくされる。
命がけで守った店も、閉じるしかなかった。

更に浅野に不幸が襲う、療養生活中に母親が末期ガンだと分かったのだ。。



浅野は動けるようになると再起をかけ動き始めた。
資金も投じ、浅野が次に始めた事業はウーロン茶の輸入販売だ。
まだ、ウーロン茶など誰も知らない頃である。そのぶん、時代の先を行き過ぎていた。

結果として商品は全く売れず事業はあえなく失敗、残ったのは借金だけだった。

その借金を返すため、浅野は見よう見まねでラーメン店を始める、浅野のラーメン屋はかなり繁盛したようだ、可能ならピザーラ創業者のラーメンを食べてみたい、、
しかし浅野秀則は
「でも、真夜中に大量のガラを台車に乗せて、ゴミ捨て場に行くたび、これが自分のしたかったことなのか?と疑問がわいてね」
結局、店は人に貸すことにし、以降、浅野は健康食品などを全国行商したり、ビデオ店を始めたりと、商売を転々とする。なりふりかまわず働き続けた、ハングリーな時代だったという。
並大抵のメンタルではそこまでできない。幼少の頃にボンボンだったとは到底思えない底力である。


ピザ屋を始めたのは直観だった。何とエイリアン映画の名作「E.T」からインスピレーションを得たという。

「『E.T.』で、少年たちがデリバリーのピザを待つシーンを観て、これだ!!と。どうしてって、よく聞かれるけど、その頃は本当にハングリーでしょ、毎日いろんなビジネスを考えていたからアンテナが立ちまくっていたんでしょうね」
これもまた見よう見まねで、浅野はピザの生地づくりから研究を始める。同業他社はどこもアメリカの味を目指していた頃だ。
「でもアメリカの味って、ほとんど均一なんですよ。日本はラーメンにしても、北海道から九州までいろいろな味があるじゃないですか。味は差別化できるんだから、俺たちは日本人、特に女性の味覚に合うピザをつくろうと決めたんです」


そ して1987年に、『ピザーラ』第 1号店が誕生。同年、FCの1号店もオープン。以降、積極的なテレビCMが功を奏したこともあり、軌道に乗るのは早かった。何より、「食べ物屋としての基本は絶対にはずさない、コスト的に高くても食材には徹底的にこだわる」という強いポリシーが、その成長を支えてきた。
「ピザーラお届け!」は一気に全国区へ。

ついに97年、『ピザーラ』は宅配ピザ業界のトップに立つ。
振り返ってみれば、数々の苦難や失敗を通じて、浅野はビジネスの核心を全て学んできたのである。ラーメン店を貸したことで FCの基本を、ウーロン茶での失敗からは計画の的確な修正と引き時を、そして、行商経験では消費者の地域性や説得力ある販売方法を。

「独立を考えている人に言いたいのは、ひとつの、そして自分のアイデアに溺れず、常に2枚腰、3枚腰で考えて行動してほしいということ。そのうえで、もう打つ手がなければ、撤退する時期を見誤らないことです。だって、敗者復活戦はいくらでもできるんだから」

敗者復活戦はいくらでもできる!!






浅野.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

波乱万丈の社長達のエピソード経歴。企業希望の人はもちろん普段の生活にも役に立つ!! [社長 企業]

社長や創業者の苦労話やエピソード、経歴は面白い!!
企業したい人は参考になるし、企業とか興味ない人もやる気が出る

現代を生きる全ての人の生き方の一つの指針となる。

波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。
* 鳥貴族社長の苦労とは?息子とは?創業当初は閑古鳥だった!!!


* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?


*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから

* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!



* ナムコ創業者の中村雅哉さん死去 激動の昭和を生きた


皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。







記事を読んだなら自分を奮い立たせる番だ。
以下はやる気のでる名言をあつめた。波乱万丈の社長だけの名言ではないが、やる気は出る



最大の名誉は決して倒れない事ではない。倒れるたびに起き上がることである。 

ぐずぐずしている間に、人生は一気に過ぎ去っていく

即実行に移さないから、
失敗を怖れる気持ちが生まれてくる


迷わず行けよ 行けばわかるさ

チャレンジして失敗を怖れるよりも、
何もしないことを怖れろ。


成功の真の秘密は情熱である



オールがあるかぎり、舵の柄と棍棒があるかぎり、おれは最後まで闘ってやるぞ。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

とにかく、新しい毎日なんだ。
心の底からやりたいと思わないなら、  やめておけ。
年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

我々はいつも恋人を持っている。彼女の名前はノスタルジーだ。
人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

「これをやりにおれは生まれてきた」と思えることだけを考えていればよい。

溢れ出る無限の力 考える暇もなく跳ぶ  


大事な一日を余力を残して終わりたくない

今日が地球最後の日だと思え

小声で言えば愚痴だが叫べばロックになる

不自由を常とすれば不足はない

敗者復活戦は何度でもできる

未来は理想であり希望だ。弱者は不安と不可能を言う、卑怯者は未定や不明という。

生きてくにゃ眠る死ぬまでは起きる 近くが曇りなら彼方をみる。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
- | 次の5件 社長 企業 ブログトップ