So-net無料ブログ作成
社長 企業 ブログトップ
前の5件 | -

Facebookで話題の玉子屋社長菅原勇一郎の武勇伝とは? [社長 企業]

小さい企業かもしれないが安定性抜群であり、何よりも働いていてやりがいがあるのが一番の仕事だ。

それこそまさに仕事=志事ではないか?

全国的に知名度は低いかもしれないが450円弁当で絶好調の弁当屋がある。
京浜東北線・東海道線を使う人なら蒲田~大森間で黄色く目立つ建物を見たことがあるはずだ、それが玉子屋東京23区や神奈川の川崎市や横浜市に配達をする仕出し弁当屋だ。


『玉子屋』2代目社長・菅原勇一郎さんの敏腕が話題だ。

二代目となるとイメージとしてはボンボンだが、ほとんどの二代目社長はそのイメージを払拭する努力をして実力がある。
もちろん卵やの二代目社長菅原勇一郎さんもその一人。

・入社後に着手したのは「メニュー改革」
・ドライバーはお客様が求めるニーズを聞き出すことも仕事
・社是に書いていないことはどんどんやっていい

話題になっているの玉子屋の社是(しゃぜ)だ。
これをやらなければ成功する12の事とは?

玉子屋の社是は「事業に失敗するコツ」が書かれているという。

普通の会社は、結社の経営上の方針・主張が書かれた社是。
普通は成功するコツがかかれているのだが、玉子屋の社是は反対。

「ここに書いてある内容をやると失敗する」というものだ。

≪玉子屋の社是≫
1.旧来の方法が一番良いと信じていること
2. もちはもち屋だとうぬぼれていること
3. 暇がないといって本を読まぬこと
4. どうにかなると考えていること
5. 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること
6. 良いものは黙っていても売れると安心していること
7. 高い給料は出せないといって人を安くつかうこと
8. 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすること
9. 機械は高いといって人を使うこと
10. お客はわがまますぎると考えること
11.商売人は人情は禁物だと考えること
12.そんなことはできないと改善せぬこと

社是に書いてある12の失敗するコツの逆をやれば成功する。
失敗する12のコツは逆をすれば成功する12のコツとなるのだ。

つまり
1.旧来の方法が一番良いと信じないでつねに模索する
2. もちはもち屋だとうぬぼれずに新しい考えを取り入れる
3. 暇がなくても本を読む
4. どうにかなると考えずに「どうにかする行動を起こす」
5. 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折らずに腐らずにコツコツと生きる
6. 良いものは黙っていても売れると安心していることは危険
7. 高い給料は出せないといって人を安くつかうことは危険、人は宝
8. 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすることは愚か
9. 機械は高いといって人を使うこと、機械を導入して成功した企業は多い
10. お客はわがまますぎると考えることは危険、お客はわがままではなく素直である
11.商売人は人情は禁物だと考えることはよくない。人情あっての商売だ
12.そんなことはできないと改善せぬことはダメ、何でもやってみる挑戦をつづける


玉子屋の社長の経歴やエピソード、武勇伝や苦労話しとは?


紆余曲折あっての2代目就任した菅原勇一郎



玉子屋社長菅原勇一郎さんは
プロ野球選手になりたいと思い、大学でも野球をしていたという経歴の持ち主。立教大学の選手として、六大学野球の試合で神宮球場に来ていた時、当時ヤクルトスワローズだった池山選手や広沢選手のバッティングを目の当たりにして、自分のレベルではプロではできないと思ったという。



そこで社長になることを決意。


しかし、実家の玉子屋はその選択肢にはなく、自分で起業して将来的に社長になると決めたという。





まず銀行へ就職。良い会社とは何か自分なりに答えが出たという。

良い会社とは規模の大小ではなく、健全経営をしつつも、そこで働く従業員が喜んで、なおかつお客様が満足する会社。

そして次は流通マーケティングの小さな会社へ就職
「お金を稼ぐことの大変さ」を学んだという。
その時の昼食は毎日「玉子屋」のお弁当。

マーケティング業に精を出す側ら「今日のお弁当は美味しい、今日はイマイチ。もっとこうできるんじゃないか?」という気持ちが徐々に芽生えていった。
そんなある時、先代の社長から玉子屋の決算書をみせてもらった。そこからさらに、玉子屋改革への気持ちを一層強めた。

そして玉子屋に入社して
入社してすぐに当時社長であった先代は「俺よりもすごい息子が戻ってきた。すごい優秀だから俺以上に言うことを聞け!」と社員に紹介。


父親が社長でいるけれど、菅原はいずれ社長になるわけだから、温故知新で父親の良い部分と僕のやろうと思っている改革をやるので、ついてきてほしいと言ってスタートした。。

しかし、“血の繋がりだけで入ってきて”、と絶対思われていたという。


そこで菅原勇一郎は驚きの行動に出る。

何と一人ひとり、毎晩飲みに行って、数ヶ月かけて話を聞いて、自分のやりたいことを話したという。

二代目ならではの苦労話しでありエピソードである。


そんな苦労もあり2年経ったある日の飲み会で「(菅原勇一郎)常務について行きます!」とようやく言ってもらえたという。


玉子屋に入社して改革へ着手した菅原社長が考えたこととは。


☆女性が光り輝く時代になることを予測していたので、女性が喜ぶメニュー構成へ。

パスタは当時、ミートソースとナポリタンくらいがお弁当の定番で、町工場や工事現場で食べる男性向けのものが主流だった。オフィスで働く女性が食べたくなるメニューをということでパスタの種類を豊富にしたという。

☆玉子屋のドライバーは営業マン
流通マーケティングの会社で玉子屋のお弁当をお客として食べていた菅原社長。

その配達には4人のドライバーがいたが、4人のうち2人は「この人が配達しているのなら食べたい!」、もう2人は「この人が配達しているのなら、お弁当食べたくない!」と思ったのだ。


お弁当を運ぶ人の中で一番良い配送員ではなくて、物流に携わるすべてのドライバーの中で一番になるようにドライバー教育、社員教育をしようと考えました。

まず「笑顔」「挨拶」「礼儀」「身だしなみ」を注意したが、すぐには良くならなかった。加えて大事なのは「お客様とのコミュニケーション」。

行った先でお客様が何を求めているのかというニーズをしっかりと引きだして帰ってくるのも玉子屋のドライバーの仕事なのである。



玉子屋の凄さは1日6万食を配達、しかし廃棄率は0.1%!!


玉子屋のメニューは日替わりで1種類のみ。当日注文・当日配送で6万食の注文を受けると、複数のメニューを作るのは大変だからだ。
1種類だと大量に多く作れて、例えば衣の薄いコロッケなどプライベートブランドの開発も可能になるのだという。



玉子屋は、電話・FAX・インターネットで当日に注文を受付け、12時までに配送する。食品ロスを出さないために少し少なめに材料を仕入れ、9時半までにその数を作り終える。10時までに追加注文が入ってきているのであれば、あと何千食というのを予測。

必要な材料は15分以内に届くシステムになっており、短時間での大量生産を後押しする。そこから1分間で最大360個盛り付けできる従業員が11時過ぎまでに3000個のお弁当を完成させ、12時までに配達。そこまでやっても配達料込みで税込450円、廃棄率は脅威の0.1%を実現している。




玉子屋の社是は「事業に失敗するコツ」
会社・結社の経営上の方針・主張が書かれた社是。普通は成功するコツがかかれているのだが、玉子屋のそれはその反対。「ここに書いてある内容をやると失敗する」というものだ。



玉子屋の社是は先代が作ったのものかと思いきや菅原勇一郎二代目社長が作ったものだ。
正確にいうと会社を継いだときに友人から“お前の考えにピッタリのものがあった”とFAXで送られてきたという。

これは150年以上前、富山県のお寿司屋さんが作ったのではないかと言われている代物。

ここに書いてある内容をやると失敗するが、ここに書いていないことはお客様目線では何をやってもいいということではないかと菅原社長は捉えた。



150年も前の社是が今話題を呼び、驚異の0.1%の廃棄率の美味しいと評判の仕出し弁当屋。

時代と共に進化を続けるメニュー、営業マンの役割も担うドライバー、日替わり1種類のメニュー。
このまま首都圏で活躍を続けるか?
全国区になるか?それはわからないが
事業に失敗するコツを社是にした大胆な玉子屋二代目社是菅原勇一郎の武勇伝ともいえる。


1日に6万食廃棄率0.1%と言う驚異の結果を出している。


菅原勇一郎の経歴は貧困からのしあがったり失敗を繰り返した社長とは違うが150年前の寿司屋の社是を採用し成功する武勇伝があった。



これからの玉子屋にも注目したい。






★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

塚田農場の凄さとは?アルバイトが辞めない!!社長の性格とは? [社長 企業]

バイトテロが一時期世間を騒がせた。
 
心ないアルバイトが悪気があってか?もしくは悪意がなくてやったか?
アルバイトの質が落ちる一方、アルバイトの質が高くアルバイトが辞めない企業もある。それが塚田農場。社長は米山久で副社長の大久保伸隆もやりてである。


アルバイトのバイトテロは悪ふざけの写真をTwitterやInstagramなどのSNSに投稿する。それを見つけた人達は拡散し批判する、バイト達の被害にあった企業は謝罪する。
そんなバイトテロが頻繁に起きているこのご時世。


冷蔵庫に入って写真を撮ったり。商品を雑に扱ったり。
バイトの休憩室で自分のヌードを撮影、、

不衛生で不誠実とネットで総叩きに遇い地上波ニュースでも報道される。

社員教育以前の問題ではあるが、アルバイトの質が低いというのは長年に渡る社会問題でもある。

社員に比べれば責任感はいらないし、高い志しを持ったアルバイトはわずかしかいない。
そもそも社員でも「会社に貢献したい、自分を成長させたい」と思いながら仕事をする高い志しの人は少ない。

特に飲食店のアルバイトや正社員はいわゆる3K(きつい、きたない、給料安い)の職種と言われているため、入れ替わりが激しく、長らく人手不足の問題は続いている。

しかし、そんな状況でもアルバイトの質が高く入れ替わりも激しくない企業、店がある。


それが 塚田農場である。
塚田農場はバイトが辞めないと話題になっている。


アルバイト育成と定着に実績を上げているのがエー・ピーカンパニーが展開する「塚田農場」だ。
世の効率化・生産性追求の流れとは一線を画し、「アルバイトはお客様」と言い切る働き手重視の人材戦略は、外食産業冬の時代をどう切り抜けるのか。





各社が軒並み低価格競争に乗り出す中、ここにきて、どう立ち向かうのか。

「人件費削減ならすぐにもできる。ただ、(コストをかけた人材育成をやめて)マニュアルで縛ってサービスレベルを一時的にあげたとしても、それは本人のためか。そういうサービスでお客さんは嬉しいか。それは違うと思っています」

だからこそ「他社より人件費も使うし、コミュニケーション時間も増やしている」


そう話すのは塚田農場副社長の大久保伸隆だ。 毎週、店舗に立つことで、大久保伸隆は「1日20個くらいは気づくことがある」という。従業員にとって何が課題なのか。来店客は何を求めているのか。副社長自ら、常に現場に目を配る。

時代環境がどう変わろうとも、双方の満足度を上げることこそが、究極の人材戦略であり経営であると、確信しているという。




塚田農場といえば、平均客単価の一定金額分はアルバイトに裁量権を与えてサービスを考えさせる接客システム、来店客数で「昇進」する名刺システムによるリピーター率向上、新入社員だけで店を立ち上げる「熱闘甲子園」企画など、ユニークな運営スタイルで知られる。大久保はその仕掛け人だ。



「アルバイトは従業員であると同時にお客さまである。お客様を感動させることが使命」(大久保)

それが、エー・ピーカンパニーの人材育成のベースにある。

その最たる象徴が、学生アルバイトに対する“他社への就活支援”だ。


他社の内定のための就活セミナー

「大企業に行けば安心という感覚はお父さんお母さんで終わりだから。安定とは何か。自分たちで考えなさいというのが、今日伝えたいことです」

10月初旬の日曜日、約120人の学生が、東京都港区のエー・ピーカンパニー本社ビルに集まった。学生たちは塚田農場の各店舗で働くアルバイトだ。

同社が「福利厚生」として実施する、就活セミナー「ツカラボ」だ。エー・ピーカンパニーへの入社ではなく、学生アルバイトそれぞれが望む企業への内定取得を全面的に支援する。今年で6年目を迎える。

講師を務めるのは大久保だ。約3時間にわたるセミナーは、就活にまつわる時事データから、企業研究、漫画の名シーンの引用など、あらゆる情報を組み合わせて綿密につくられている。要所要所でチームごとのディスカッションを挟み、一瞬たりとも飽きさせない。学生は大久保の言葉に何度も頷き、ほとんど初対面同士でも場内は盛り上がる。

8月スタートのツカラボは、年度末の3月まで毎月開催。

「9割以上の学生はエー・ピーカンパニーには入社しません。けれど、就活支援をすることで、卒業までアルバイトを続けてもらえる。学生にしても交通費など就活はお金が必要ですし、オールウィンの関係です」



実際、ツカラボに参加したアルバイトの平均勤続月数は29カ月で、不参加の場合の14カ月の倍以上となっている。

ツカラボには毎年、企業の採用担当者が来るのも特徴だ。

「個人的に(客として)塚田農場を使ううちに『いい人材がいるな』と思っていました。店舗教育もしっかりしているし、サービス業に向いた人材がいる」

この日、ツカラボに参加したウェディング業のノバレーゼの人材開発部長、前野徹志はいう。

ツカラボの後半には、企業の採用担当者と学生とのマッチングの場も設けられており、例年20~30社が参加。学生にも企業にも一切、費用は発生しない。こうした圧倒的なサポートの結果、ツカラボおよび特設の就活相談参加のアルバイト学生の内定率は、ほぼ100%を達成している。

「塚田農場で働けば内定も取れるという口コミで、卒業した学生アルバイトの後にも、いい後任が入ってくれます」(人材開発部の尾形)



そんな中、エー・ピーカンパニーは2015年、2016年と新卒採用を100人単位で増やしてきた。育てあげた居酒屋のアルバイトの学生が、会社に惚れこんで社員になるケースも後を絶たない。



「やりがいを生む」ための最大の特徴が、働き手に裁量権をもたせることだ。塚田農場の仕掛けは、いずれも従業員に自由度を与え、自ら工夫し考えさせるもの。「人材育成というより、場を与えて、あとは自分で成長すればという感覚です」(大久保)


店が一流だとアルバイトも一流が集まる傾向は確かにある
「私にはできるかもしれない」と意識の高い人が集まるからだ。








社長は米山久
1970年、東京都生まれ。高校卒業後の3年間、役者を目指して、劇団の研究生とフリーターの2足のわらじ生活を続ける

そして電話回線の販売代理店に就職。営業力を磨きトップセールスマンに昇りつめた
 


居酒屋チェーンを軌道に乗せる以前、米山さんは複数の起業を経験していた。不動産業、ウェディングプロデュース業、ダーツバーの運営、、など経験している。

これは逆に言えば、それだけ失敗している!ということだ。

しかし今の成功を見ると 全てが通過点だった事になる。


2001年にAPカンパニーを有限会社で設立 2006年に株式会社へ
その後は快進撃を続け、プライベートも充実、何とタレントの仁科仁美と交際しているとの話しだ。




塚田農場社長の米山久の性格とは?


result2.jpg

総合的な運勢
家族との縁がうすく、人とのつきあいも表面的な関係で終わってしまうようです。人望が得にくいので、物事が思うように進まないこともありますが、事故や災難から奇跡的にまぬがれる運の強さも合わせ持っています。

●家系的な運勢
芸術や学識がある人が多い家系です。この家系は頭が良く、教育者や学者が多いでしょう。物事に固執して、世の流れに遅れる場合もあります。

●仕事の運勢
女性相手の仕事や職場を選ぶとよいでしょう。水商売に向いている人が多いようです。孤独を暗示している運勢で、大きく発展しにくいでしょう。

●愛情面の運勢
堅実派で融通のきかないほうです。責任感は強く、美食家で面食いです。家具などは丸いものよりも四角いものを好みます。男性の場合は、あまり亭主風を吹かせないように気をつけましょう。

●社交運
外見があまり柔和でない面があるので、とっつきにくい印象がありますから、友人関係も少数ですが、心のつながりが深くて長い付き合いとなります。柔和と謙遜を心がけると、良い人間関係の輪が広がるでしょう。

●性格
き真面目で情が深く、生まれつき素直なので、まわりから愛され、慕われます。持って生まれた人柄の良さと、確実に実績を積み上げていこうとし続ける姿勢が信用と信頼を生み、家庭でも社会でもスムーズな人間間系が築かれます。





以上のような結果となった。
仁科仁美と付き合っている塚田農場社長の米山久はそこまで良い運勢ではない。

今後も塚田農場 社長の米山久と塚田農場 副社長の大久保伸隆などで盛り上げて行けば塚田農場でバイトテロは起きなそうだ。



★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

元いじめられっこの引きこもりが社長になった!!GMOパペボ(ロリポップサーバー) [社長 企業]

元GMOペパボ株式会社代表取締役社長の
家入一真が凄い。

ロリポップサーバーの会社というとネットに精通するものならしっているはずだ。
GMOパペボ社長(元)の家入一真の何が凄いのか?

それは過去にイジメを受けて引きこもりになっていた事だ。。



 
paperboy&co.創業者の家入一真
 
元引きこもりから社長になった若い起業家だ。

福岡県立玄界高等学校へ入学するも、高校1年時にいじめを原因に中退。

3年間ひきこもりとなった、大学入学資格検定に合格し地元の美術大学にも合格するものの通わなかった。

芸大美大受験の予備校である美術研究所画塾卒業。

デザイン会社に入社後、在職中にウェブサイトのデザインに興味を持ち、コンピュータのシステム会社に転職し技術を習得した家入一真。

見た目は街にいる「お洒落な兄ちゃん」だ。
社長の中ではイケメンとも言える。


家入氏1-1024x768.jpg





家入一真は引きこもりの希望となる。
引きこもりの人だって何らかの理由があって引きこもりをしているのだ。

引きこもりというと一般的に「コミュニケーション能力が低く人付き合いができない人」とレッテルを貼られがちだ。

しかし、今の家入一真はむしろコミュニケーションを武器にしている。
様々な講演などをこなす、連続起業家だ。




株式会社paperboy&co.(現在GMOペパボ株式会社)を創業、2003年に、まだ日本にはなかった格安レンタルサーバー「ロリポップサーバー」を作り、2008年にジャスダック市場へ最年少で上場を果たす
しかしその3ヶ月後には退任。

株式会社ハイパーインターネッツ取締役、BASE株式会社共同創業取締役、partycompany Inc.代表取締役、partyfactory Inc.代表取締役、モノづくり集団Livertyの代表など、さまざまな業種のベンチャー企業に参画している連続起業家として活躍中だ。


イジメられっこから社長へなった男。
引きこもりから社長になった男。


それが連続起業家の家入一真だ。

GMOパペポの元社長はイジメられっこの引きこもりだったのだ。


引きこもりの概念を根底から覆すような転身を遂げた家入一真はどのような性格なのか?

占ってみた。






家入一真 姓名判断
result2.jpg

●総合的な運勢
実力に行動力が加わって、才能をフルに発揮し、若くして出世の道を歩きます。変動はありますが、少々の困難ははね返す底力をもっています。女性の場合は、男性との縁がうすい場合もあります。

●家系的な運勢
子供、兄弟は離れ離れになりやすく、生まれ故郷に留まることは少ないでしょう。芸術や特殊な仕事で世に認められる家系です。人間関係に問題があるので、それを克服すれば世に認められて繁栄するでしょう。

●仕事の運勢
年上や年下の人に大モテです。人の出入りの激しい場所での仕事を選んで努力すると、協力者や仲間が広がり、そのバックアップでチャンスをつかむ運勢をもっています。

●愛情面の運勢
扶養の義務があるので、大家族で生活すると、円満になります。扶養者がいない場合は、他人の世話をするという暗示があります。人に親切で優しいタイプなので、人が集まってきて生活が安泰するでしょう。

●社交運
他の人から見て、自然にはとけ込みにくいタイプに見られがちです。考えや行動が気分とか好みで変わるので、人とのつきあいが深くなりにくい傾向があるでしょう。

●性格
明るくて、はきはきしており、責任感があります。人柄もいいので、上司やまわりの人からの信望があつく、自然に協力者が現れて、地位や名誉を手に入れることができるでしょう。家庭にも恵まれて、愛情にあふれた幸せな一生をおくれることでしょう。

●人間関係
強い意志と行動力で活発に仕事をこなしていくので、人気も上がり、常にリーダーシップをとる立場に立ちやすいでしょう。青年期から異例の昇進を果たしたりすることがあります。ただし、暴走することがありますので、ときにはブレーキも必要です。



だそうだ。



★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

メルカリ社長の山田進太郎の武勇伝や苦労話しはあるか? [社長 企業]

山田進太郎(メルカリ社長)はメルカリの社長。




山田進太郎(メルカリ社長)のプロフィール!経歴やエピソード、成功へのステップ。武勇伝や山田進太郎の苦労話はあるのか?

メルカリの社長山田進太郎は「日本の起業家BEST10」第1位に選出された事もある。





山田進太郎は株式会社メルカリの代表取締役。

生年月日は1977年9月21日。

現在の年齢は40歳。

出身は愛知県。

名古屋の私立、東海高等学校。

早稲田大学教育学部を卒業。


いわゆるエリートである。
勉強ができなかった中卒の元暴走族が成り上がったわけではない。


つまり山田進太郎の武勇伝はなさそうだ。





メルカリ取締役の小泉文明も早稲田大学出身。いかにメルカリがエリートのインテリが集まった会社であることがわかる。





山田進太郎は、学生時代から優秀だったようで型破りな波乱万丈な社長の「成り上がり」が好きな人からしてみればここまでは退屈なプロフィールである。


早稲田大学在学中に楽天株式会社にインターン。
楽天オークションの立ち上げに携わる。



サークル活動にも精力的であった
早稲田リンクスの代表をつとめる。

早稲田リンクスとはフリーペーパーを作ったり、ウェブ企画をしたりしている学生団体。

早稲田祭でイベントを企画したりもしている、つまり山田進太郎は優秀で企画力もある人気者だったのかもしれない。

つまり波乱万丈でどん底から這い上がるタイプの社長ではないようだ。



大学卒業後の2001年にはウノウ株式会社を設立。



「映画生活」「フォト蔵」「まちつく!」などを作った会社。これがメルカリ社長山田進太郎のメルカリの成功へのステップだったのかもしれない。




2010年にはZynga(ジンガ)にウノウを売却。

そして、2012年退職。



ここで世界一周の旅へ行く。
自分の優秀さに加えて「世界を見てきた」と言える為のプロセス。

世界を見て人生観やビジネス観が変わった!とでも言えるかもしれない。

そして世界を見てくると話題の引き出しは豊富になる。その点はプラスに働いてくる。







2013年2月1日に株式会社メルカリを設立。

まさに今、名実ともに日本で一番ノッている企業。


アメリカにも進出している。


アメリカでも成功するのか?

と疑問があるが、なんと米グーグル、米フェイスブックなどで要職を務めた「超大物」、ジョン・ラーゲリン氏が参画した。

その理由が「必ず成功する」からだとジョンラーゲリンはいう。



同氏は執行役員CBO(Chief Business Officer、最高ビジネス責任者)として職務に当たり、9月からは米国子会社CEOの任に就いている。海外での成功という大きな期待を背負い、この先のメルカリをどう牽引していくのか。

FacebookやGoogleを成功に導いたジョンラーゲリンはメルカリには「絶対成功する」という確信を持っているという。


アメリカ進出が成功したら山田進太郎(メルカリ社長)の注目度は世界レベルになる。
アメリカ進出、成功こそがメルカリ社長山田進太郎の成功へのステップかもしれない。
そして無謀とも言えるアメリカ進出成功ができればもはやそれが武勇伝となる。


 
山田進太郎の資産、年収はいくらなのか?




山田進太郎の資産や年収はどのくらいなのか?中小企業の社長の年収は2000万円くらい。


しかし、山田進太郎は急成長しているメルカリの社長だ。
さらにメルカリのエンジニアは年収1300万を超える人もいるとの事。

つまり年収2000万円は超えているはずだ。億クラスの可能性だって充分ある。
(おそらく億は超えてる、、が確証も情報もないので)

社長は自分のさじ加減で給料を決めている感もあるので、自分の取り分を少なくしている社長もいる。



また、メルカリを設立する以前もウノウの創業社長として活躍し、退職後に世界一周できるくらいなので、資産はかなりあるはずだ。




山田進太郎(メルカリ社長)は本をだしていた!
一体どんな内容なのか?


メルカリの社長、山田進太郎さんは本を出してたが、その本とは。。

「新・データベースメディア戦略。オープンDBとユーザーの関係が最強のメディアを育てる」



2008年に出版された本なので、内容的には古いかもしれない。




他には山田進太郎が出版した本ではないが山田進太郎や他起業家がインタビューに答えていくもの



「起業家のように考える」

この本では起業家18人がどのようにビジネスをはじめたのかインタビュー形式で、彼らの考え方に迫った本。







山田進太郎(メルカリ社長)はTwitter(ツイッター)もやっている。

たまにメルカリに対して辛辣な意見もあるし、要望もあるがそれを目を通しているようである。

ツイッターなどは眺めているとただ時間が過ぎていくが、そこから得るもの学ものがあるのだろう。



なんせ山田進太郎は趣味がネットらしいのでTwitter(ツイッター)やブログ、SNSが好きなのだろう。


メルカリの凄さは以下の通り


2016年の売上高は100億円を突破

前年の約2倍となる122億5600万円。

営業利益は32億8600万円と高い利益率を残している。



”新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る”コンセプトで世界にも躍進。



2016年6月には、日本でのダウンロード数が3000万ダウンロードを突破。

単純計算で日本人の4人に1人くらいがダウンロードしている計算



そして、アメリカでも1000万ダウンロードを突破するなど世界での活躍も近づいてる。

今後の成長が期待される会社


だが


2017年6月メルカリでの個人情報流出が判明してしまった。

メルカリ最初のトラブルか試練かもしれない。
際立った被害が目に見えてないので今は通常運転だが、流出してしまった情報の行先が気になる。




なんと5万4千人以上もの個人情報が流出してしまった恐れがあるとの事。



流出の疑いがある情報は、

「名前・住所・メールアドレス・電話番号」「銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限」「購入・出品履歴」「ポイント・売上金、お知らせ、やることリスト」

との事。


原因は、「Web版のメルカリにおけるパフォーマンス改善のために行ったキャッシュサーバーの切り替え作業」だそうだ。


メルカリのミスで個人情報流出したが、賠償はあったのだろうか?

ベネッセなどの今までの例を見ても基本的には企業サイドは謝罪のみ。ベネッセは図書カードを送ったようだが、、万が一悪用されていたら図書カードなどじゃ釣り合わない。
 



いずれにせよ、メルカリのブランドイメージが下がってしまったことは避けられなかった問題だった。



■山田進太郎の性格や人生観とは?


山田進太郎はとあるインタビューでこう答えている。

「自分自身でサービスを作り、出来る限り多くの方に使っていただくことで、「自分がいなかった世の中」と「自分がいる世の中」で差を作っていきたい。そのために自分ができることはプロダクトを作ること。そして自分が作ったもので世の中の人に少しでも幸せになって欲しい。そのためであれば、ある程度のことは妥協できると思っている」







2016年の夏くらいにアメリカでも人気が急上昇したと話題になっていた。

今後はイギリスにも進出予定とのことで現地オフィスはすでに設立済み。



山田進太郎はマーケットが広い世界でビジネスをしたかった為、創業当初から世界進出を視野に入れていたという。

まだ上場していないメルカリ。伸び代はまだまだ秘めている。








今後はトラブルがあるだろう、理屈じゃない戦いも増えてくるとメンタルの強さがものを言う。
勉強やビジネス以外での強みが欲しいところだが、ビジネス一本で鍛えた商売感がメルカリ山田進太郎の強みかもしれない










メルカリ社長の性格とは?
つまり山田進太郎の性格とは?
姓名判断で占ってみな。



result2.jpg


●総合的な運勢
困難を乗り切る心の強さをもっています。さらに、小さなチャンスをきっかけに人からの協力を受けたり、思いがけない幸運に出会ったりというラッキーな人生になるので、中年、晩年と確実に豊かになっていきます。

●家系的な運勢
財産に恵まれ裕福な家系です。同族意識が強く、地域社会で活躍します。資産家や商売人として成功し、金持ちが多い家系ですが、物欲が強いかもしれません。

●仕事の運勢
生れつき、ツキの強さとパワーをもっています。心を大きくもって、一歩一歩努力を続けてゆけば、一代で大成功するでしょう。

●愛情面の運勢
金銭のやりくりが上手で、忠誠心や協調性、環境への順応性があります。また、良い子供に恵まれ、しあわせな家庭生活をおくります。ただし、女性の場合は、結婚の縁が遠くなる場合があります。

●社交運
仲間の中で、とても目立つ存在です。凶を吉に変えるほどの強運の持ち主で、みんなからたよられて、指導者的位置に立って引っ張っていきます。ただ、補佐役には不向きです。

●性格
プライドが高く、実力があって、努力家です。めんどうみもよいので、必ず人の上に立って、たよりがいのある人として慕われるでしょう。ただ、人によっては、生意気に見られる場合もありますから、謙虚さを失わないようにすれば、さらに強運な人生となります。

●人間関係
統率力があるので、グループや組織の中で指導的な立場に立ち、全体をまとめあげます。どちらかというと、目上の人とつきあう傾向があり、年長者からの援助を受けやすいでしょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上のような結果となった。

メルカリ社長の山田進太郎は
何とも非の打ち所のない性格で運勢か、、

プライドが高く、謙虚さを忘れがちと姓名判断ではあるが、マイナス要素はそれくらいだ。


今後も期待できそうな運勢である。
メルカリ社長山田進太郎の経歴などは確かに凄いが、突出して凄いエピソードも武勇伝もなく、、
いわゆる普通の人 のような印象だ。
おそらく凄い努力をしたのかもしれない。


★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本一のドヤ街歌舞伎町のカラオケ屋の店長からダメ社員を経験して大社長になった男!! [社長 企業]

歌舞伎町のカラオケ店長から大成功を遂げた社長がいる。

30代で大企業社長になったのだ!!!まさに底から這い上がるジャパニーズドリームを地で行く社長だ、しかし!!なんとその後独立したという波乱万丈な社長、、、

~それが川口徹だ


川口徹は現株式会社トラセンスの代表取締役だ。

大学卒業後、第一興商、ホテル・アミューズメント企業で営業及び店舗マネージャーを経験、。つまりはカラオケ屋である。

その前や大学時代はミュージシャンとして活動していたという。

musicianを目指していた者に共感を覚える人は少なくない。
そしてミュージシャン経験者は大概苦労人でもある。


川口徹のサクセスストーリーはミュージシャンからはじまったといっても過言ではないかもしれない。

まずは経歴
大学卒業後、第一興商、ホテル・アミューズメント企業で営業及び店舗マネージャーを経験
1997年世界最大級の脳力開発企業エス・エス・アイに、
BtoC営業兼脳力開発インストラクターとして入社。
2年目に年間個人売上2億円を超すトップセールス賞及び、
ベストセールスマネージャー賞を受賞し営業本部長に昇進。
翌年にはプロパーとして最速最年少で取締役就任。
250名を超える組織のマネージャーとして、営業、出版、研修、カスタマーサポート部門を統括し、
会社を業界世界最大の売上へ成長せることに貢献。
2007年5月株式会社エス・エス・アイ代表取締役に就任。
創業者で日本の自己啓発業界のパイオニアである田中孝顕氏を始め、
国内外の権威からの直接指導、業務提携を経験し、2010年12月独立。





以上が川口社長の簡単な経歴である

川口徹の経歴だけみると順風満帆にみえるが

じつは波乱万丈の連続だったという



■1:ミュージシャン志望で山梨から上京。卒業後は歌舞伎町で働く日々
自己啓発の成功プログラム販売でトップセールスに輝き、社長まで務めた川口さんだが、
若い時は自己啓発とも営業とも縁のない、多分どこにでもいる一青年だった。

生まれは山梨県富士吉田市。
大学進学時に上京して東京に出てきた。
夢はミュージシャン。

大学時代は先輩とバンドを組み、音楽プロダクションに所属。
なんと音楽でお金をもらっていたという。

「その時は音楽でメシが食える、お金をもらえるなんて、
自分ってすごいと思っていました」と川口さんは振り返る。





しかし1年が過ぎて疑問を持つようになる。
「プロダクションの指示でいろんな場所を営業で回っていました。
18時頃からライブが始まり、夜中の2時、3時、
時には夜通し演奏を続けることもありました。
それでギャラは5000円程度。
確かに音楽でお金をもらえていましたが、正直、これではわりにあわない。
楽器にお金もかかるし、他のアルバイトをした方がはるかにお金はもらえる。
時間拘束も長いし、だんだんバカらしくなってしまいました」

その時、川口さんは思った。
「稼げる仕事をしたい」
音楽活動をやめて、とりあえず飲食店でアルバイトをするようになった。

大学卒業後はその流れで、カラオケチェーン店を運営する第一興商に入社。
当時、日本最大のカラオケ店であった歌舞伎町店に配属された。
アルバイトでの経験があることから25歳で店長に就任した。

川口さんは店長就任の1年前に結婚。25歳で第一子が誕生している。
歌舞伎町のカラオケ店長として働く日々だったが、転機が訪れた。
同じビルの地下1階に、芸能人や大企業の役員クラスも来るような、
高級な大人のクラブを運営している会社から、働かないかと誘われたのだ。

クラブはライブをやったりもする。
かつて音楽活動をしていたことから音楽のこともわかる。
カラオケ店長をやっている経験から接客のこともわかる。
このままカラオケ店に勤めるより稼げるかもしれないと考え、26歳で転職。
27歳で店長に就任した。

この時、第二子が産まれた。
月収は32万円 。27歳にしてはそこそこいい給料だろう。
でも川口さんの生活は苦しかった。
「収入は32万円だったが、妻と子供2人を養わねばならず、家賃は14万円。
残りで生活のやりくりをしていたが、生活がラクだと感じたことはありません。
何よりも毎日の夕方から翌朝まで働く生活。
しかも歌舞伎町という場所柄、時々恐い人たちやチンピラみたいな人たちも、
お客さんとしてやってくる。
スタッフがそそうをしようものなら、
それこそ命がけで店長として、謝罪しなければならない場面もあった。
いいお客さんも多かったですが、とてもしんどい仕事でした」

お客さんにはかわいがられ、事業で成功した人や、
有名人の方などにゴルフなどに連れていってもらったこともあった。
でもそんな時、川口さんはふと疑問に思ったのだ。
「自分は生活が苦しく、日々しんどい仕事をしているのに、
なぜこの人たちはこんなに裕福で時間も自由に人生を楽しんでいるのだろうか。
自分もこんなな人たちのようになりたい」

月収32万円では生活が苦しい。
月収50万円ぐらい稼げる仕事に就きたい。
お客さんのアドバイスから「営業の仕事なら稼げるらしい」と聞き、
29歳でクラブハウスを退職し、転職活動を始めた。

■2:月収は半減!できない営業マンからトップセールスに。
営業の仕事なら月収50万円ぐらい稼げるかもしれない。
そうしたら幸せな人生を歩めるはず。
そう思って、営業の会社の面接を受けにいった。
ところが、ことごとく面接で落とされるのだ。

29歳という年齢。妻と子供が2人いるため、ある程度の給与が必要になるというハンデ。
これまでの経歴に営業経験はなく、しかも夜の接客業。
昼間の営業会社はどこも雇ってもらえず、
「また飲食業界やアミューズメント業界に戻るしかないか」ともあきらめていた。

幸いにして7社目に面接を受けたSSI(エス・エス・アイ)という、
自己啓発プログラムを販売する営業会社に転職できた。
歩合比率も大きく「これなら稼げるぞ!」と意気揚々と、昼の会社員に転身したのだった。

ところが、入社しても営業成績はまったくダメ。
今まで仕事をしてきた接客業とはまるで違う。
アポイントをとるための電話営業もできず、
「電話かけるのが怖くて、時報に電話して、営業しているフリしていた」という状況。
月収50万円を夢見て転職したものの、営業成績が芳しくなく、月収は18万円に。
稼ぐどころか、クラブハウスの給料の半分以下になってしまった。

しかし川口さんには妻と子供2人いる。
このままではいけない。
そんな時、目に留まったのが、自分が販売していた、
成功プログラムであるナポレオン・ヒルの教材だった。

「成功するヒントはここにあるのではないか」
販売しているのでどんなプログラムかはある程度理解していたが、
自分のために勉強する意識で見たことはなかった。

「営業で成功して月収50万円を実現したい」
ナポレオン・ヒルの自己啓発教材を学んで気づいたのは、
「成功するには背水の陣でのぞむこと」だった。

とにかく仕事に全力を尽くそう。
同僚と飲みに行ったりする時間など、
生活の無駄を極力排して、仕事に集中した。
いつまでも前職の仕事の意識ではダメだと思い、
開き直って営業の電話をかけるようになった。

すると自分でもびっくりするぐらい営業成績がメキメキ上がっていった。
結果、入社1年目にトップセールスになり、
入社2年目には年間個人売上2億円を超すスーパー営業マンとなったのだ。

■3:会社退職も呼び戻されて31歳で4階級特進!
歩合比率が高かったので存分に稼ぐことができた。
今まで家族との時間をとる余裕もなく、20代は突っ走ってきた。
営業仕事で稼げる自信がついた川口さんは、入社2年が過ぎ、31歳で退職してしまう。
しばらくは家族とのんびり過ごしながら遊んでいた。

ところが退職してから5カ月後。
SSIから「戻ってきてくれないか」との声がかかった。
会社の業績が思わしくなく、トップセールスの実績を持つ川口さんに、
お呼びがかかったのだ。
「よし、また稼ぐか!」
そんな軽い気持ちで31歳の時に再入社を決めた。

再入社後もすぐに営業で結果を出した。
すると当時の社長から突然電話がかかってきた。
「会社の業績をアップするには何をしたらいいか?」
「私だったらこんな風にします」
何気なく答えたのだが社長の返答は意外なものだった。
「よし、わかった!おまえの好きなようにやれ」

一度退職して再入社して3カ月目。
まだ31歳の若手にもかかわらず、
4つのポストを飛び越し、営業本部長に任命されたのだ。

月収も一営業マン時代とは桁違いの待遇。
高層ビルの一角に専用の個室を持たせてもらえた。
社長の右腕として働くポジションを与えられたのだ。

一プレーヤーから300人近い営業社員をとりまとめるマネージャーに。
うれしい反面、慣れない仕事に四苦八苦。
ましてや突然の4階級特進にやっかみを持つ勢力もあった。
自分が信頼していた年上の部下が、実は社長に陰で、
川口さんを罵倒するメールを送っていたことなども後から発覚した。
そんなものすごい嫉妬もあった。
一方、川口さんに気に入られれば厚遇を受けられるかもと、
すり寄ってくる人も多数いた。

「今から考えればその時の私のマネジメントはよくなかった。
でも自分が成功したやり方を他の社員にも教えていくやり方で、
売上を回復させることはできました」

32歳で最年少の取締役に就任。
33歳の時には会社の年商を業界最大にまで伸ばすことに成功。
川口さんが今まで望んでいた給料のアップや、
会社内でのステータスを得て、成功しているかに見えた。

■4:ファンド売却により経営危機に。火中の栗を拾って再建社長に。
川口さんの活躍とともに会社の業績も回復し、
順風満帆な人生だったはずなのだが、会社に大きな転機が訪れる。
2004年に上場をめざすため、会社の保有株の一部が投資ファンドに渡り、
投資ファンドから送り込まれてきた役員主導の会社に生まれ変わったのだ。

川口さん以外のプロパーの取締役はすべて解任。
川口さんも取締役は解任されたものの、執行役員として残された。
36歳のことだ。この時、第三子が産まれている。

しかしこの投資ファンドが経営をミスリードしていく。
MBA的な教科書を持ち出し、今までの営業や経営のやり方をひっくり返してしまったのだ。
「こんなやり方ではうまくいかない!」
社長と川口さんとでファンド勢に訴えたものの、
経営知識のある頭のよいエリートたちは、自分たちのやり方を押し通した。
結果、どんどん売上は悪化。
ファンド体制前には潤沢だった会社の資金も一気に窮していくことになった。

ファンド売却から3年。
経営は悪化し、ファンド勢は株を返却して撤退。
数十億円の債務が残り、会社をたたむか、
民事再生するしか、残された道はないかに思われた。

「成功哲学を売っている会社がたたむか民事再生なんてあり得ない。
10万人のお客様のために、また、この価値ある成功哲学を後世に残すためにも、
会社をなんとしても存続・再生させるべきだ!」と川口さんは思ったという。

しかし目の前には到底返したがい借金。
社長をやれば個人保証させられ、失敗すれば身ぐるみはがされるリスクもある。
「そんなに言うなら、おまえが社長をやってみろ」
こうして川口さんは、ファンド勢によってズタズタになった会社を、
再生させるために、社長として就任することとなったのだ。

「お客様のために、そして売ってきた商品のためにも会社を再生したいという思いで、
社長になりましたが、仕事はつらいことばかりでした」と川口さんは言う。
同じ会社とはいえ、今までのように自分で営業するプレーヤーでもなければ、
売上を上げるための営業部隊を育成するためのマネージャーでもない。
やることといえば、金融機関や取引先を回り、
ひたすら頭を下げて、支払い期日のリスケをお願いする日々。

メインの大手メガバンクは手のひらをかえしたかのような態度だった。
今まではまったくこんな態度をしていなかったのに、
会社の状況が急変したことを知るや、
大手メガバンクの担当者はふんぞりかえって腕を組み、
タバコをぷかぷか吹かしながら「それでいつ金、返してくれるの?」
という態度に豹変したという。
それでも謝り倒してリスケのお願いに回った。

大変だったのは対外折衝だけではない。
会社再建のため、多くの社員をリストラせざるを得なくなった。
川口さん自ら社員のリストラを行ったことも何度もあった。
「これが一番つらかったです」と川口さんは語る。

ファンド勢が経営状況を悪化させてしまった内部事情を詳しく知らない社員たちからは、
「なんだ、あの無能な社長は!」と、
火中の栗をひろって会社を再建したいという川口さんの気持ちは理解されなかった。

今までとはまったく違うつらい仕事。
でも「お客様のために、そして、辞めていかざるを得なかった社員のためにも、
自分たちが売ってきた成功哲学の有効性を証明し、会社を続けなければならない」と
いう一心で、奇跡の再生。
3年で借金をゼロにするところまで再建した。
ここでもSSIで自ら販売してきた成功哲学を実践したことは言うまでもない。

■5:自分のしたいことをしよう。好きな仕事で独立へ
「社長業は私のしたいことではない。もっと自分のやりたいことをしたい」
川口さんにそんな思いが日に日に高まっていた。

内外の協力者の支えもあり、なんとか会社は立ち直った。
しかし、3年間のリストラとリスケジュールで大きく失わせてしまった会社の信用は、
自分で取り戻すより他の人に任せたほうがいい。
オーナーの意向も確認した。
これからの会社には、今の信用のない自分ではなく新しいフロントが必要だ。

そして、自分のしたいことは、企業の営業のサポートや営業マンの育成をすること。

独立しよう。

子供は3人。大学、高校進学を前にしてこれから最もお金がかかる年代だったが、
「2年、食いつなげる貯金があれば、しばらく無収入でもなんとかなるだろう」
と42歳にして独立を決意した。

「この時に気づいたんです。
月収50万円あれば幸せになれると思い、50万円になったら、
今度は月収100万円あれば幸せになれると思っていた。
社内で昇進し、営業成績を上げ、確かに収入面での目標は実現できたが、
そんなに幸せではなかった。むしろ苦しかった。
高層ビルに個室を持ち、都内に家を買って高級車に乗って、
それで幸せになったかというと、それも別に違う。
自分が楽しかったことは何だろうかと考えたら、
自分で物を売ったり、物を売るお手伝いをしたり、人材を育成することだった」

独立起業するための資金は貯金を取り崩すことなく、
これまで「成功」と思ってきた物品を売ることで調達した。
現金がないことで弱気になってはならないことと、
そもそもこれからの自分の人生にこうしたものはいらないと思ったからだ。

大企業の社長という肩書きがなくなり、一個人になった途端、去っていく人も多くいた。
SNSのつながりを切ってきた人も何人もいた。

でも川口さんの会社時代の活躍や奮闘を知っている人から、
「うちの営業の手伝いをしてほしい」といった声がかかるようになり、
今は主に企業の営業支援をすることで、お金を稼げるようになっている。
仕事は選べるようになり、本当に一緒にやりたい人とだけ仕事をしている。
またその後に新たな発展を続けているSSIともいい関係を築き、その手伝いもしている。

「大企業の社長をしている時より自分の好きな仕事ができている。
必要なお金もきちんと稼げている。
何より自分の時間はすべて自分でコントロールできるようになった。
好きな仕事をすることで、いわゆる“休む”必要がなくなったので、
大好きな運動と学習、家族との時間も大幅に増やした。
不安定さはありますが、その分、ご縁やいただく仕事に心から感謝できるようにもなった。
29歳の時に歌舞伎町の地下室で夢見た理想を、
今は生きることができています」と川口さんは話す。

・・・・・・・・・・・・

凄い経験である 特に
電話営業が怖くて時報に電話して時間を潰した
川口徹のエピソードは凡人そのもの、、いやいずれ社長になんてなれるはずないダメ社員の典型行動だろう。

それが一念発起し成功!!
すごいことだ




こうした自身の経験を踏まえながら、
個人向けのセールストレーニングもしている川口の〈何かで成功したいという人にアドバイス〉は

「3年間、自分のやりたいことを1つ決めて、
それを徹底的に勉強して極めればいい。
そう決めて3年間やり続ければ、たいがいのことはできる」

「好きなことが見つからない、やりたいことが見つからないなら、
机の上でばかり考えていないで、少しでも興味を持ったことに挑戦してみること。
行動を起こさなきゃ何も始まらない。
それでもやりたいことがわからないというなら、
今、目の前に与えられた仕事を極めるまで徹底してやってみればいい。
中途半端に仕事をしているから自分の人生が見えない」

「ただし、やりたいことで独立にチャレンジをするなら、
無収入でも最低2年間は生活できるくらいの貯金はためておいた方がいい。
今の生活を見直し、払わなくてもいいものを徹底的にカットする。
資金がなければ、これからの成功に不要なもので売れるものはすべて売って、事業のために投資する。
お金は後からどうにかするもの。あとは3年間、とにかく集中してやればいい」

幸せそうな人生を送っている人の裏には、
人には見えない絶え間ない努力や紆余曲折がある。
そこを見ずして「あの人はもとから能力があるから成功している」なんて、
言い訳してしまうのはもったいない。

3年間1つのことに絞ってやる。
これはとてもいいアドバイスだと思う。




株式会社トランセス社長 川口徹
妻・二人の愛娘・息子の5人家族。多摩の自然豊かな東京都調布市に在住。


■■波乱万丈の社長の武勇伝!成功へのエピソード集!! スーパーやる気のでる名言も!!
波乱万丈の社長の武勇伝!成功エピソード!!!







nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - 社長 企業 ブログトップ
社長 企業:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
社長 企業 ブログトップ
前の5件 | -

Facebookで話題の玉子屋社長菅原勇一郎の武勇伝とは? [社長 企業]

小さい企業かもしれないが安定性抜群であり、何よりも働いていてやりがいがあるのが一番の仕事だ。

それこそまさに仕事=志事ではないか?

全国的に知名度は低いかもしれないが450円弁当で絶好調の弁当屋がある。
京浜東北線・東海道線を使う人なら蒲田~大森間で黄色く目立つ建物を見たことがあるはずだ、それが玉子屋東京23区や神奈川の川崎市や横浜市に配達をする仕出し弁当屋だ。


『玉子屋』2代目社長・菅原勇一郎さんの敏腕が話題だ。

二代目となるとイメージとしてはボンボンだが、ほとんどの二代目社長はそのイメージを払拭する努力をして実力がある。
もちろん卵やの二代目社長菅原勇一郎さんもその一人。

・入社後に着手したのは「メニュー改革」
・ドライバーはお客様が求めるニーズを聞き出すことも仕事
・社是に書いていないことはどんどんやっていい

話題になっているの玉子屋の社是(しゃぜ)だ。
これをやらなければ成功する12の事とは?

玉子屋の社是は「事業に失敗するコツ」が書かれているという。

普通の会社は、結社の経営上の方針・主張が書かれた社是。
普通は成功するコツがかかれているのだが、玉子屋の社是は反対。

「ここに書いてある内容をやると失敗する」というものだ。

≪玉子屋の社是≫
1.旧来の方法が一番良いと信じていること
2. もちはもち屋だとうぬぼれていること
3. 暇がないといって本を読まぬこと
4. どうにかなると考えていること
5. 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折ること
6. 良いものは黙っていても売れると安心していること
7. 高い給料は出せないといって人を安くつかうこと
8. 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすること
9. 機械は高いといって人を使うこと
10. お客はわがまますぎると考えること
11.商売人は人情は禁物だと考えること
12.そんなことはできないと改善せぬこと

社是に書いてある12の失敗するコツの逆をやれば成功する。
失敗する12のコツは逆をすれば成功する12のコツとなるのだ。

つまり
1.旧来の方法が一番良いと信じないでつねに模索する
2. もちはもち屋だとうぬぼれずに新しい考えを取り入れる
3. 暇がなくても本を読む
4. どうにかなると考えずに「どうにかする行動を起こす」
5. 稼ぐに追いつく貧乏なしとむやみやたらと骨を折らずに腐らずにコツコツと生きる
6. 良いものは黙っていても売れると安心していることは危険
7. 高い給料は出せないといって人を安くつかうことは危険、人は宝
8. 支払いは延ばす方が得だとなるべく支払わぬ工夫をすることは愚か
9. 機械は高いといって人を使うこと、機械を導入して成功した企業は多い
10. お客はわがまますぎると考えることは危険、お客はわがままではなく素直である
11.商売人は人情は禁物だと考えることはよくない。人情あっての商売だ
12.そんなことはできないと改善せぬことはダメ、何でもやってみる挑戦をつづける


玉子屋の社長の経歴やエピソード、武勇伝や苦労話しとは?


紆余曲折あっての2代目就任した菅原勇一郎



玉子屋社長菅原勇一郎さんは
プロ野球選手になりたいと思い、大学でも野球をしていたという経歴の持ち主。立教大学の選手として、六大学野球の試合で神宮球場に来ていた時、当時ヤクルトスワローズだった池山選手や広沢選手のバッティングを目の当たりにして、自分のレベルではプロではできないと思ったという。



そこで社長になることを決意。


しかし、実家の玉子屋はその選択肢にはなく、自分で起業して将来的に社長になると決めたという。





まず銀行へ就職。良い会社とは何か自分なりに答えが出たという。

良い会社とは規模の大小ではなく、健全経営をしつつも、そこで働く従業員が喜んで、なおかつお客様が満足する会社。

そして次は流通マーケティングの小さな会社へ就職
「お金を稼ぐことの大変さ」を学んだという。
その時の昼食は毎日「玉子屋」のお弁当。

マーケティング業に精を出す側ら「今日のお弁当は美味しい、今日はイマイチ。もっとこうできるんじゃないか?」という気持ちが徐々に芽生えていった。
そんなある時、先代の社長から玉子屋の決算書をみせてもらった。そこからさらに、玉子屋改革への気持ちを一層強めた。

そして玉子屋に入社して
入社してすぐに当時社長であった先代は「俺よりもすごい息子が戻ってきた。すごい優秀だから俺以上に言うことを聞け!」と社員に紹介。


父親が社長でいるけれど、菅原はいずれ社長になるわけだから、温故知新で父親の良い部分と僕のやろうと思っている改革をやるので、ついてきてほしいと言ってスタートした。。

しかし、“血の繋がりだけで入ってきて”、と絶対思われていたという。


そこで菅原勇一郎は驚きの行動に出る。

何と一人ひとり、毎晩飲みに行って、数ヶ月かけて話を聞いて、自分のやりたいことを話したという。

二代目ならではの苦労話しでありエピソードである。


そんな苦労もあり2年経ったある日の飲み会で「(菅原勇一郎)常務について行きます!」とようやく言ってもらえたという。


玉子屋に入社して改革へ着手した菅原社長が考えたこととは。


☆女性が光り輝く時代になることを予測していたので、女性が喜ぶメニュー構成へ。

パスタは当時、ミートソースとナポリタンくらいがお弁当の定番で、町工場や工事現場で食べる男性向けのものが主流だった。オフィスで働く女性が食べたくなるメニューをということでパスタの種類を豊富にしたという。

☆玉子屋のドライバーは営業マン
流通マーケティングの会社で玉子屋のお弁当をお客として食べていた菅原社長。

その配達には4人のドライバーがいたが、4人のうち2人は「この人が配達しているのなら食べたい!」、もう2人は「この人が配達しているのなら、お弁当食べたくない!」と思ったのだ。


お弁当を運ぶ人の中で一番良い配送員ではなくて、物流に携わるすべてのドライバーの中で一番になるようにドライバー教育、社員教育をしようと考えました。

まず「笑顔」「挨拶」「礼儀」「身だしなみ」を注意したが、すぐには良くならなかった。加えて大事なのは「お客様とのコミュニケーション」。

行った先でお客様が何を求めているのかというニーズをしっかりと引きだして帰ってくるのも玉子屋のドライバーの仕事なのである。



玉子屋の凄さは1日6万食を配達、しかし廃棄率は0.1%!!


玉子屋のメニューは日替わりで1種類のみ。当日注文・当日配送で6万食の注文を受けると、複数のメニューを作るのは大変だからだ。
1種類だと大量に多く作れて、例えば衣の薄いコロッケなどプライベートブランドの開発も可能になるのだという。



玉子屋は、電話・FAX・インターネットで当日に注文を受付け、12時までに配送する。食品ロスを出さないために少し少なめに材料を仕入れ、9時半までにその数を作り終える。10時までに追加注文が入ってきているのであれば、あと何千食というのを予測。

必要な材料は15分以内に届くシステムになっており、短時間での大量生産を後押しする。そこから1分間で最大360個盛り付けできる従業員が11時過ぎまでに3000個のお弁当を完成させ、12時までに配達。そこまでやっても配達料込みで税込450円、廃棄率は脅威の0.1%を実現している。




玉子屋の社是は「事業に失敗するコツ」
会社・結社の経営上の方針・主張が書かれた社是。普通は成功するコツがかかれているのだが、玉子屋のそれはその反対。「ここに書いてある内容をやると失敗する」というものだ。



玉子屋の社是は先代が作ったのものかと思いきや菅原勇一郎二代目社長が作ったものだ。
正確にいうと会社を継いだときに友人から“お前の考えにピッタリのものがあった”とFAXで送られてきたという。

これは150年以上前、富山県のお寿司屋さんが作ったのではないかと言われている代物。

ここに書いてある内容をやると失敗するが、ここに書いていないことはお客様目線では何をやってもいいということではないかと菅原社長は捉えた。



150年も前の社是が今話題を呼び、驚異の0.1%の廃棄率の美味しいと評判の仕出し弁当屋。

時代と共に進化を続けるメニュー、営業マンの役割も担うドライバー、日替わり1種類のメニュー。
このまま首都圏で活躍を続けるか?
全国区になるか?それはわからないが
事業に失敗するコツを社是にした大胆な玉子屋二代目社是菅原勇一郎の武勇伝ともいえる。


1日に6万食廃棄率0.1%と言う驚異の結果を出している。


菅原勇一郎の経歴は貧困からのしあがったり失敗を繰り返した社長とは違うが150年前の寿司屋の社是を採用し成功する武勇伝があった。



これからの玉子屋にも注目したい。






★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

塚田農場の凄さとは?アルバイトが辞めない!!社長の性格とは? [社長 企業]

バイトテロが一時期世間を騒がせた。
 
心ないアルバイトが悪気があってか?もしくは悪意がなくてやったか?
アルバイトの質が落ちる一方、アルバイトの質が高くアルバイトが辞めない企業もある。それが塚田農場。社長は米山久で副社長の大久保伸隆もやりてである。


アルバイトのバイトテロは悪ふざけの写真をTwitterやInstagramなどのSNSに投稿する。それを見つけた人達は拡散し批判する、バイト達の被害にあった企業は謝罪する。
そんなバイトテロが頻繁に起きているこのご時世。


冷蔵庫に入って写真を撮ったり。商品を雑に扱ったり。
バイトの休憩室で自分のヌードを撮影、、

不衛生で不誠実とネットで総叩きに遇い地上波ニュースでも報道される。

社員教育以前の問題ではあるが、アルバイトの質が低いというのは長年に渡る社会問題でもある。

社員に比べれば責任感はいらないし、高い志しを持ったアルバイトはわずかしかいない。
そもそも社員でも「会社に貢献したい、自分を成長させたい」と思いながら仕事をする高い志しの人は少ない。

特に飲食店のアルバイトや正社員はいわゆる3K(きつい、きたない、給料安い)の職種と言われているため、入れ替わりが激しく、長らく人手不足の問題は続いている。

しかし、そんな状況でもアルバイトの質が高く入れ替わりも激しくない企業、店がある。


それが 塚田農場である。
塚田農場はバイトが辞めないと話題になっている。


アルバイト育成と定着に実績を上げているのがエー・ピーカンパニーが展開する「塚田農場」だ。
世の効率化・生産性追求の流れとは一線を画し、「アルバイトはお客様」と言い切る働き手重視の人材戦略は、外食産業冬の時代をどう切り抜けるのか。





各社が軒並み低価格競争に乗り出す中、ここにきて、どう立ち向かうのか。

「人件費削減ならすぐにもできる。ただ、(コストをかけた人材育成をやめて)マニュアルで縛ってサービスレベルを一時的にあげたとしても、それは本人のためか。そういうサービスでお客さんは嬉しいか。それは違うと思っています」

だからこそ「他社より人件費も使うし、コミュニケーション時間も増やしている」


そう話すのは塚田農場副社長の大久保伸隆だ。 毎週、店舗に立つことで、大久保伸隆は「1日20個くらいは気づくことがある」という。従業員にとって何が課題なのか。来店客は何を求めているのか。副社長自ら、常に現場に目を配る。

時代環境がどう変わろうとも、双方の満足度を上げることこそが、究極の人材戦略であり経営であると、確信しているという。




塚田農場といえば、平均客単価の一定金額分はアルバイトに裁量権を与えてサービスを考えさせる接客システム、来店客数で「昇進」する名刺システムによるリピーター率向上、新入社員だけで店を立ち上げる「熱闘甲子園」企画など、ユニークな運営スタイルで知られる。大久保はその仕掛け人だ。



「アルバイトは従業員であると同時にお客さまである。お客様を感動させることが使命」(大久保)

それが、エー・ピーカンパニーの人材育成のベースにある。

その最たる象徴が、学生アルバイトに対する“他社への就活支援”だ。


他社の内定のための就活セミナー

「大企業に行けば安心という感覚はお父さんお母さんで終わりだから。安定とは何か。自分たちで考えなさいというのが、今日伝えたいことです」

10月初旬の日曜日、約120人の学生が、東京都港区のエー・ピーカンパニー本社ビルに集まった。学生たちは塚田農場の各店舗で働くアルバイトだ。

同社が「福利厚生」として実施する、就活セミナー「ツカラボ」だ。エー・ピーカンパニーへの入社ではなく、学生アルバイトそれぞれが望む企業への内定取得を全面的に支援する。今年で6年目を迎える。

講師を務めるのは大久保だ。約3時間にわたるセミナーは、就活にまつわる時事データから、企業研究、漫画の名シーンの引用など、あらゆる情報を組み合わせて綿密につくられている。要所要所でチームごとのディスカッションを挟み、一瞬たりとも飽きさせない。学生は大久保の言葉に何度も頷き、ほとんど初対面同士でも場内は盛り上がる。

8月スタートのツカラボは、年度末の3月まで毎月開催。

「9割以上の学生はエー・ピーカンパニーには入社しません。けれど、就活支援をすることで、卒業までアルバイトを続けてもらえる。学生にしても交通費など就活はお金が必要ですし、オールウィンの関係です」



実際、ツカラボに参加したアルバイトの平均勤続月数は29カ月で、不参加の場合の14カ月の倍以上となっている。

ツカラボには毎年、企業の採用担当者が来るのも特徴だ。

「個人的に(客として)塚田農場を使ううちに『いい人材がいるな』と思っていました。店舗教育もしっかりしているし、サービス業に向いた人材がいる」

この日、ツカラボに参加したウェディング業のノバレーゼの人材開発部長、前野徹志はいう。

ツカラボの後半には、企業の採用担当者と学生とのマッチングの場も設けられており、例年20~30社が参加。学生にも企業にも一切、費用は発生しない。こうした圧倒的なサポートの結果、ツカラボおよび特設の就活相談参加のアルバイト学生の内定率は、ほぼ100%を達成している。

「塚田農場で働けば内定も取れるという口コミで、卒業した学生アルバイトの後にも、いい後任が入ってくれます」(人材開発部の尾形)



そんな中、エー・ピーカンパニーは2015年、2016年と新卒採用を100人単位で増やしてきた。育てあげた居酒屋のアルバイトの学生が、会社に惚れこんで社員になるケースも後を絶たない。



「やりがいを生む」ための最大の特徴が、働き手に裁量権をもたせることだ。塚田農場の仕掛けは、いずれも従業員に自由度を与え、自ら工夫し考えさせるもの。「人材育成というより、場を与えて、あとは自分で成長すればという感覚です」(大久保)


店が一流だとアルバイトも一流が集まる傾向は確かにある
「私にはできるかもしれない」と意識の高い人が集まるからだ。








社長は米山久
1970年、東京都生まれ。高校卒業後の3年間、役者を目指して、劇団の研究生とフリーターの2足のわらじ生活を続ける

そして電話回線の販売代理店に就職。営業力を磨きトップセールスマンに昇りつめた
 


居酒屋チェーンを軌道に乗せる以前、米山さんは複数の起業を経験していた。不動産業、ウェディングプロデュース業、ダーツバーの運営、、など経験している。

これは逆に言えば、それだけ失敗している!ということだ。

しかし今の成功を見ると 全てが通過点だった事になる。


2001年にAPカンパニーを有限会社で設立 2006年に株式会社へ
その後は快進撃を続け、プライベートも充実、何とタレントの仁科仁美と交際しているとの話しだ。




塚田農場社長の米山久の性格とは?


result2.jpg

総合的な運勢
家族との縁がうすく、人とのつきあいも表面的な関係で終わってしまうようです。人望が得にくいので、物事が思うように進まないこともありますが、事故や災難から奇跡的にまぬがれる運の強さも合わせ持っています。

●家系的な運勢
芸術や学識がある人が多い家系です。この家系は頭が良く、教育者や学者が多いでしょう。物事に固執して、世の流れに遅れる場合もあります。

●仕事の運勢
女性相手の仕事や職場を選ぶとよいでしょう。水商売に向いている人が多いようです。孤独を暗示している運勢で、大きく発展しにくいでしょう。

●愛情面の運勢
堅実派で融通のきかないほうです。責任感は強く、美食家で面食いです。家具などは丸いものよりも四角いものを好みます。男性の場合は、あまり亭主風を吹かせないように気をつけましょう。

●社交運
外見があまり柔和でない面があるので、とっつきにくい印象がありますから、友人関係も少数ですが、心のつながりが深くて長い付き合いとなります。柔和と謙遜を心がけると、良い人間関係の輪が広がるでしょう。

●性格
き真面目で情が深く、生まれつき素直なので、まわりから愛され、慕われます。持って生まれた人柄の良さと、確実に実績を積み上げていこうとし続ける姿勢が信用と信頼を生み、家庭でも社会でもスムーズな人間間系が築かれます。





以上のような結果となった。
仁科仁美と付き合っている塚田農場社長の米山久はそこまで良い運勢ではない。

今後も塚田農場 社長の米山久と塚田農場 副社長の大久保伸隆などで盛り上げて行けば塚田農場でバイトテロは起きなそうだ。



★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

元いじめられっこの引きこもりが社長になった!!GMOパペボ(ロリポップサーバー) [社長 企業]

元GMOペパボ株式会社代表取締役社長の
家入一真が凄い。

ロリポップサーバーの会社というとネットに精通するものならしっているはずだ。
GMOパペボ社長(元)の家入一真の何が凄いのか?

それは過去にイジメを受けて引きこもりになっていた事だ。。



 
paperboy&co.創業者の家入一真
 
元引きこもりから社長になった若い起業家だ。

福岡県立玄界高等学校へ入学するも、高校1年時にいじめを原因に中退。

3年間ひきこもりとなった、大学入学資格検定に合格し地元の美術大学にも合格するものの通わなかった。

芸大美大受験の予備校である美術研究所画塾卒業。

デザイン会社に入社後、在職中にウェブサイトのデザインに興味を持ち、コンピュータのシステム会社に転職し技術を習得した家入一真。

見た目は街にいる「お洒落な兄ちゃん」だ。
社長の中ではイケメンとも言える。


家入氏1-1024x768.jpg





家入一真は引きこもりの希望となる。
引きこもりの人だって何らかの理由があって引きこもりをしているのだ。

引きこもりというと一般的に「コミュニケーション能力が低く人付き合いができない人」とレッテルを貼られがちだ。

しかし、今の家入一真はむしろコミュニケーションを武器にしている。
様々な講演などをこなす、連続起業家だ。




株式会社paperboy&co.(現在GMOペパボ株式会社)を創業、2003年に、まだ日本にはなかった格安レンタルサーバー「ロリポップサーバー」を作り、2008年にジャスダック市場へ最年少で上場を果たす
しかしその3ヶ月後には退任。

株式会社ハイパーインターネッツ取締役、BASE株式会社共同創業取締役、partycompany Inc.代表取締役、partyfactory Inc.代表取締役、モノづくり集団Livertyの代表など、さまざまな業種のベンチャー企業に参画している連続起業家として活躍中だ。


イジメられっこから社長へなった男。
引きこもりから社長になった男。


それが連続起業家の家入一真だ。

GMOパペポの元社長はイジメられっこの引きこもりだったのだ。


引きこもりの概念を根底から覆すような転身を遂げた家入一真はどのような性格なのか?

占ってみた。






家入一真 姓名判断
result2.jpg

●総合的な運勢
実力に行動力が加わって、才能をフルに発揮し、若くして出世の道を歩きます。変動はありますが、少々の困難ははね返す底力をもっています。女性の場合は、男性との縁がうすい場合もあります。

●家系的な運勢
子供、兄弟は離れ離れになりやすく、生まれ故郷に留まることは少ないでしょう。芸術や特殊な仕事で世に認められる家系です。人間関係に問題があるので、それを克服すれば世に認められて繁栄するでしょう。

●仕事の運勢
年上や年下の人に大モテです。人の出入りの激しい場所での仕事を選んで努力すると、協力者や仲間が広がり、そのバックアップでチャンスをつかむ運勢をもっています。

●愛情面の運勢
扶養の義務があるので、大家族で生活すると、円満になります。扶養者がいない場合は、他人の世話をするという暗示があります。人に親切で優しいタイプなので、人が集まってきて生活が安泰するでしょう。

●社交運
他の人から見て、自然にはとけ込みにくいタイプに見られがちです。考えや行動が気分とか好みで変わるので、人とのつきあいが深くなりにくい傾向があるでしょう。

●性格
明るくて、はきはきしており、責任感があります。人柄もいいので、上司やまわりの人からの信望があつく、自然に協力者が現れて、地位や名誉を手に入れることができるでしょう。家庭にも恵まれて、愛情にあふれた幸せな一生をおくれることでしょう。

●人間関係
強い意志と行動力で活発に仕事をこなしていくので、人気も上がり、常にリーダーシップをとる立場に立ちやすいでしょう。青年期から異例の昇進を果たしたりすることがあります。ただし、暴走することがありますので、ときにはブレーキも必要です。



だそうだ。



★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

メルカリ社長の山田進太郎の武勇伝や苦労話しはあるか? [社長 企業]

山田進太郎(メルカリ社長)はメルカリの社長。




山田進太郎(メルカリ社長)のプロフィール!経歴やエピソード、成功へのステップ。武勇伝や山田進太郎の苦労話はあるのか?

メルカリの社長山田進太郎は「日本の起業家BEST10」第1位に選出された事もある。





山田進太郎は株式会社メルカリの代表取締役。

生年月日は1977年9月21日。

現在の年齢は40歳。

出身は愛知県。

名古屋の私立、東海高等学校。

早稲田大学教育学部を卒業。


いわゆるエリートである。
勉強ができなかった中卒の元暴走族が成り上がったわけではない。


つまり山田進太郎の武勇伝はなさそうだ。





メルカリ取締役の小泉文明も早稲田大学出身。いかにメルカリがエリートのインテリが集まった会社であることがわかる。





山田進太郎は、学生時代から優秀だったようで型破りな波乱万丈な社長の「成り上がり」が好きな人からしてみればここまでは退屈なプロフィールである。


早稲田大学在学中に楽天株式会社にインターン。
楽天オークションの立ち上げに携わる。



サークル活動にも精力的であった
早稲田リンクスの代表をつとめる。

早稲田リンクスとはフリーペーパーを作ったり、ウェブ企画をしたりしている学生団体。

早稲田祭でイベントを企画したりもしている、つまり山田進太郎は優秀で企画力もある人気者だったのかもしれない。

つまり波乱万丈でどん底から這い上がるタイプの社長ではないようだ。



大学卒業後の2001年にはウノウ株式会社を設立。



「映画生活」「フォト蔵」「まちつく!」などを作った会社。これがメルカリ社長山田進太郎のメルカリの成功へのステップだったのかもしれない。




2010年にはZynga(ジンガ)にウノウを売却。

そして、2012年退職。



ここで世界一周の旅へ行く。
自分の優秀さに加えて「世界を見てきた」と言える為のプロセス。

世界を見て人生観やビジネス観が変わった!とでも言えるかもしれない。

そして世界を見てくると話題の引き出しは豊富になる。その点はプラスに働いてくる。







2013年2月1日に株式会社メルカリを設立。

まさに今、名実ともに日本で一番ノッている企業。


アメリカにも進出している。


アメリカでも成功するのか?

と疑問があるが、なんと米グーグル、米フェイスブックなどで要職を務めた「超大物」、ジョン・ラーゲリン氏が参画した。

その理由が「必ず成功する」からだとジョンラーゲリンはいう。



同氏は執行役員CBO(Chief Business Officer、最高ビジネス責任者)として職務に当たり、9月からは米国子会社CEOの任に就いている。海外での成功という大きな期待を背負い、この先のメルカリをどう牽引していくのか。

FacebookやGoogleを成功に導いたジョンラーゲリンはメルカリには「絶対成功する」という確信を持っているという。


アメリカ進出が成功したら山田進太郎(メルカリ社長)の注目度は世界レベルになる。
アメリカ進出、成功こそがメルカリ社長山田進太郎の成功へのステップかもしれない。
そして無謀とも言えるアメリカ進出成功ができればもはやそれが武勇伝となる。


 
山田進太郎の資産、年収はいくらなのか?




山田進太郎の資産や年収はどのくらいなのか?中小企業の社長の年収は2000万円くらい。


しかし、山田進太郎は急成長しているメルカリの社長だ。
さらにメルカリのエンジニアは年収1300万を超える人もいるとの事。

つまり年収2000万円は超えているはずだ。億クラスの可能性だって充分ある。
(おそらく億は超えてる、、が確証も情報もないので)

社長は自分のさじ加減で給料を決めている感もあるので、自分の取り分を少なくしている社長もいる。



また、メルカリを設立する以前もウノウの創業社長として活躍し、退職後に世界一周できるくらいなので、資産はかなりあるはずだ。




山田進太郎(メルカリ社長)は本をだしていた!
一体どんな内容なのか?


メルカリの社長、山田進太郎さんは本を出してたが、その本とは。。

「新・データベースメディア戦略。オープンDBとユーザーの関係が最強のメディアを育てる」



2008年に出版された本なので、内容的には古いかもしれない。




他には山田進太郎が出版した本ではないが山田進太郎や他起業家がインタビューに答えていくもの



「起業家のように考える」

この本では起業家18人がどのようにビジネスをはじめたのかインタビュー形式で、彼らの考え方に迫った本。







山田進太郎(メルカリ社長)はTwitter(ツイッター)もやっている。

たまにメルカリに対して辛辣な意見もあるし、要望もあるがそれを目を通しているようである。

ツイッターなどは眺めているとただ時間が過ぎていくが、そこから得るもの学ものがあるのだろう。



なんせ山田進太郎は趣味がネットらしいのでTwitter(ツイッター)やブログ、SNSが好きなのだろう。


メルカリの凄さは以下の通り


2016年の売上高は100億円を突破

前年の約2倍となる122億5600万円。

営業利益は32億8600万円と高い利益率を残している。



”新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る”コンセプトで世界にも躍進。



2016年6月には、日本でのダウンロード数が3000万ダウンロードを突破。

単純計算で日本人の4人に1人くらいがダウンロードしている計算



そして、アメリカでも1000万ダウンロードを突破するなど世界での活躍も近づいてる。

今後の成長が期待される会社


だが


2017年6月メルカリでの個人情報流出が判明してしまった。

メルカリ最初のトラブルか試練かもしれない。
際立った被害が目に見えてないので今は通常運転だが、流出してしまった情報の行先が気になる。




なんと5万4千人以上もの個人情報が流出してしまった恐れがあるとの事。



流出の疑いがある情報は、

「名前・住所・メールアドレス・電話番号」「銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限」「購入・出品履歴」「ポイント・売上金、お知らせ、やることリスト」

との事。


原因は、「Web版のメルカリにおけるパフォーマンス改善のために行ったキャッシュサーバーの切り替え作業」だそうだ。


メルカリのミスで個人情報流出したが、賠償はあったのだろうか?

ベネッセなどの今までの例を見ても基本的には企業サイドは謝罪のみ。ベネッセは図書カードを送ったようだが、、万が一悪用されていたら図書カードなどじゃ釣り合わない。
 



いずれにせよ、メルカリのブランドイメージが下がってしまったことは避けられなかった問題だった。



■山田進太郎の性格や人生観とは?


山田進太郎はとあるインタビューでこう答えている。

「自分自身でサービスを作り、出来る限り多くの方に使っていただくことで、「自分がいなかった世の中」と「自分がいる世の中」で差を作っていきたい。そのために自分ができることはプロダクトを作ること。そして自分が作ったもので世の中の人に少しでも幸せになって欲しい。そのためであれば、ある程度のことは妥協できると思っている」







2016年の夏くらいにアメリカでも人気が急上昇したと話題になっていた。

今後はイギリスにも進出予定とのことで現地オフィスはすでに設立済み。



山田進太郎はマーケットが広い世界でビジネスをしたかった為、創業当初から世界進出を視野に入れていたという。

まだ上場していないメルカリ。伸び代はまだまだ秘めている。








今後はトラブルがあるだろう、理屈じゃない戦いも増えてくるとメンタルの強さがものを言う。
勉強やビジネス以外での強みが欲しいところだが、ビジネス一本で鍛えた商売感がメルカリ山田進太郎の強みかもしれない










メルカリ社長の性格とは?
つまり山田進太郎の性格とは?
姓名判断で占ってみな。



result2.jpg


●総合的な運勢
困難を乗り切る心の強さをもっています。さらに、小さなチャンスをきっかけに人からの協力を受けたり、思いがけない幸運に出会ったりというラッキーな人生になるので、中年、晩年と確実に豊かになっていきます。

●家系的な運勢
財産に恵まれ裕福な家系です。同族意識が強く、地域社会で活躍します。資産家や商売人として成功し、金持ちが多い家系ですが、物欲が強いかもしれません。

●仕事の運勢
生れつき、ツキの強さとパワーをもっています。心を大きくもって、一歩一歩努力を続けてゆけば、一代で大成功するでしょう。

●愛情面の運勢
金銭のやりくりが上手で、忠誠心や協調性、環境への順応性があります。また、良い子供に恵まれ、しあわせな家庭生活をおくります。ただし、女性の場合は、結婚の縁が遠くなる場合があります。

●社交運
仲間の中で、とても目立つ存在です。凶を吉に変えるほどの強運の持ち主で、みんなからたよられて、指導者的位置に立って引っ張っていきます。ただ、補佐役には不向きです。

●性格
プライドが高く、実力があって、努力家です。めんどうみもよいので、必ず人の上に立って、たよりがいのある人として慕われるでしょう。ただ、人によっては、生意気に見られる場合もありますから、謙虚さを失わないようにすれば、さらに強運な人生となります。

●人間関係
統率力があるので、グループや組織の中で指導的な立場に立ち、全体をまとめあげます。どちらかというと、目上の人とつきあう傾向があり、年長者からの援助を受けやすいでしょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上のような結果となった。

メルカリ社長の山田進太郎は
何とも非の打ち所のない性格で運勢か、、

プライドが高く、謙虚さを忘れがちと姓名判断ではあるが、マイナス要素はそれくらいだ。


今後も期待できそうな運勢である。
メルカリ社長山田進太郎の経歴などは確かに凄いが、突出して凄いエピソードも武勇伝もなく、、
いわゆる普通の人 のような印象だ。
おそらく凄い努力をしたのかもしれない。


★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本一のドヤ街歌舞伎町のカラオケ屋の店長からダメ社員を経験して大社長になった男!! [社長 企業]

歌舞伎町のカラオケ店長から大成功を遂げた社長がいる。

30代で大企業社長になったのだ!!!まさに底から這い上がるジャパニーズドリームを地で行く社長だ、しかし!!なんとその後独立したという波乱万丈な社長、、、

~それが川口徹だ


川口徹は現株式会社トラセンスの代表取締役だ。

大学卒業後、第一興商、ホテル・アミューズメント企業で営業及び店舗マネージャーを経験、。つまりはカラオケ屋である。

その前や大学時代はミュージシャンとして活動していたという。

musicianを目指していた者に共感を覚える人は少なくない。
そしてミュージシャン経験者は大概苦労人でもある。


川口徹のサクセスストーリーはミュージシャンからはじまったといっても過言ではないかもしれない。

まずは経歴
大学卒業後、第一興商、ホテル・アミューズメント企業で営業及び店舗マネージャーを経験
1997年世界最大級の脳力開発企業エス・エス・アイに、
BtoC営業兼脳力開発インストラクターとして入社。
2年目に年間個人売上2億円を超すトップセールス賞及び、
ベストセールスマネージャー賞を受賞し営業本部長に昇進。
翌年にはプロパーとして最速最年少で取締役就任。
250名を超える組織のマネージャーとして、営業、出版、研修、カスタマーサポート部門を統括し、
会社を業界世界最大の売上へ成長せることに貢献。
2007年5月株式会社エス・エス・アイ代表取締役に就任。
創業者で日本の自己啓発業界のパイオニアである田中孝顕氏を始め、
国内外の権威からの直接指導、業務提携を経験し、2010年12月独立。





以上が川口社長の簡単な経歴である

川口徹の経歴だけみると順風満帆にみえるが

じつは波乱万丈の連続だったという



■1:ミュージシャン志望で山梨から上京。卒業後は歌舞伎町で働く日々
自己啓発の成功プログラム販売でトップセールスに輝き、社長まで務めた川口さんだが、
若い時は自己啓発とも営業とも縁のない、多分どこにでもいる一青年だった。

生まれは山梨県富士吉田市。
大学進学時に上京して東京に出てきた。
夢はミュージシャン。

大学時代は先輩とバンドを組み、音楽プロダクションに所属。
なんと音楽でお金をもらっていたという。

「その時は音楽でメシが食える、お金をもらえるなんて、
自分ってすごいと思っていました」と川口さんは振り返る。





しかし1年が過ぎて疑問を持つようになる。
「プロダクションの指示でいろんな場所を営業で回っていました。
18時頃からライブが始まり、夜中の2時、3時、
時には夜通し演奏を続けることもありました。
それでギャラは5000円程度。
確かに音楽でお金をもらえていましたが、正直、これではわりにあわない。
楽器にお金もかかるし、他のアルバイトをした方がはるかにお金はもらえる。
時間拘束も長いし、だんだんバカらしくなってしまいました」

その時、川口さんは思った。
「稼げる仕事をしたい」
音楽活動をやめて、とりあえず飲食店でアルバイトをするようになった。

大学卒業後はその流れで、カラオケチェーン店を運営する第一興商に入社。
当時、日本最大のカラオケ店であった歌舞伎町店に配属された。
アルバイトでの経験があることから25歳で店長に就任した。

川口さんは店長就任の1年前に結婚。25歳で第一子が誕生している。
歌舞伎町のカラオケ店長として働く日々だったが、転機が訪れた。
同じビルの地下1階に、芸能人や大企業の役員クラスも来るような、
高級な大人のクラブを運営している会社から、働かないかと誘われたのだ。

クラブはライブをやったりもする。
かつて音楽活動をしていたことから音楽のこともわかる。
カラオケ店長をやっている経験から接客のこともわかる。
このままカラオケ店に勤めるより稼げるかもしれないと考え、26歳で転職。
27歳で店長に就任した。

この時、第二子が産まれた。
月収は32万円 。27歳にしてはそこそこいい給料だろう。
でも川口さんの生活は苦しかった。
「収入は32万円だったが、妻と子供2人を養わねばならず、家賃は14万円。
残りで生活のやりくりをしていたが、生活がラクだと感じたことはありません。
何よりも毎日の夕方から翌朝まで働く生活。
しかも歌舞伎町という場所柄、時々恐い人たちやチンピラみたいな人たちも、
お客さんとしてやってくる。
スタッフがそそうをしようものなら、
それこそ命がけで店長として、謝罪しなければならない場面もあった。
いいお客さんも多かったですが、とてもしんどい仕事でした」

お客さんにはかわいがられ、事業で成功した人や、
有名人の方などにゴルフなどに連れていってもらったこともあった。
でもそんな時、川口さんはふと疑問に思ったのだ。
「自分は生活が苦しく、日々しんどい仕事をしているのに、
なぜこの人たちはこんなに裕福で時間も自由に人生を楽しんでいるのだろうか。
自分もこんなな人たちのようになりたい」

月収32万円では生活が苦しい。
月収50万円ぐらい稼げる仕事に就きたい。
お客さんのアドバイスから「営業の仕事なら稼げるらしい」と聞き、
29歳でクラブハウスを退職し、転職活動を始めた。

■2:月収は半減!できない営業マンからトップセールスに。
営業の仕事なら月収50万円ぐらい稼げるかもしれない。
そうしたら幸せな人生を歩めるはず。
そう思って、営業の会社の面接を受けにいった。
ところが、ことごとく面接で落とされるのだ。

29歳という年齢。妻と子供が2人いるため、ある程度の給与が必要になるというハンデ。
これまでの経歴に営業経験はなく、しかも夜の接客業。
昼間の営業会社はどこも雇ってもらえず、
「また飲食業界やアミューズメント業界に戻るしかないか」ともあきらめていた。

幸いにして7社目に面接を受けたSSI(エス・エス・アイ)という、
自己啓発プログラムを販売する営業会社に転職できた。
歩合比率も大きく「これなら稼げるぞ!」と意気揚々と、昼の会社員に転身したのだった。

ところが、入社しても営業成績はまったくダメ。
今まで仕事をしてきた接客業とはまるで違う。
アポイントをとるための電話営業もできず、
「電話かけるのが怖くて、時報に電話して、営業しているフリしていた」という状況。
月収50万円を夢見て転職したものの、営業成績が芳しくなく、月収は18万円に。
稼ぐどころか、クラブハウスの給料の半分以下になってしまった。

しかし川口さんには妻と子供2人いる。
このままではいけない。
そんな時、目に留まったのが、自分が販売していた、
成功プログラムであるナポレオン・ヒルの教材だった。

「成功するヒントはここにあるのではないか」
販売しているのでどんなプログラムかはある程度理解していたが、
自分のために勉強する意識で見たことはなかった。

「営業で成功して月収50万円を実現したい」
ナポレオン・ヒルの自己啓発教材を学んで気づいたのは、
「成功するには背水の陣でのぞむこと」だった。

とにかく仕事に全力を尽くそう。
同僚と飲みに行ったりする時間など、
生活の無駄を極力排して、仕事に集中した。
いつまでも前職の仕事の意識ではダメだと思い、
開き直って営業の電話をかけるようになった。

すると自分でもびっくりするぐらい営業成績がメキメキ上がっていった。
結果、入社1年目にトップセールスになり、
入社2年目には年間個人売上2億円を超すスーパー営業マンとなったのだ。

■3:会社退職も呼び戻されて31歳で4階級特進!
歩合比率が高かったので存分に稼ぐことができた。
今まで家族との時間をとる余裕もなく、20代は突っ走ってきた。
営業仕事で稼げる自信がついた川口さんは、入社2年が過ぎ、31歳で退職してしまう。
しばらくは家族とのんびり過ごしながら遊んでいた。

ところが退職してから5カ月後。
SSIから「戻ってきてくれないか」との声がかかった。
会社の業績が思わしくなく、トップセールスの実績を持つ川口さんに、
お呼びがかかったのだ。
「よし、また稼ぐか!」
そんな軽い気持ちで31歳の時に再入社を決めた。

再入社後もすぐに営業で結果を出した。
すると当時の社長から突然電話がかかってきた。
「会社の業績をアップするには何をしたらいいか?」
「私だったらこんな風にします」
何気なく答えたのだが社長の返答は意外なものだった。
「よし、わかった!おまえの好きなようにやれ」

一度退職して再入社して3カ月目。
まだ31歳の若手にもかかわらず、
4つのポストを飛び越し、営業本部長に任命されたのだ。

月収も一営業マン時代とは桁違いの待遇。
高層ビルの一角に専用の個室を持たせてもらえた。
社長の右腕として働くポジションを与えられたのだ。

一プレーヤーから300人近い営業社員をとりまとめるマネージャーに。
うれしい反面、慣れない仕事に四苦八苦。
ましてや突然の4階級特進にやっかみを持つ勢力もあった。
自分が信頼していた年上の部下が、実は社長に陰で、
川口さんを罵倒するメールを送っていたことなども後から発覚した。
そんなものすごい嫉妬もあった。
一方、川口さんに気に入られれば厚遇を受けられるかもと、
すり寄ってくる人も多数いた。

「今から考えればその時の私のマネジメントはよくなかった。
でも自分が成功したやり方を他の社員にも教えていくやり方で、
売上を回復させることはできました」

32歳で最年少の取締役に就任。
33歳の時には会社の年商を業界最大にまで伸ばすことに成功。
川口さんが今まで望んでいた給料のアップや、
会社内でのステータスを得て、成功しているかに見えた。

■4:ファンド売却により経営危機に。火中の栗を拾って再建社長に。
川口さんの活躍とともに会社の業績も回復し、
順風満帆な人生だったはずなのだが、会社に大きな転機が訪れる。
2004年に上場をめざすため、会社の保有株の一部が投資ファンドに渡り、
投資ファンドから送り込まれてきた役員主導の会社に生まれ変わったのだ。

川口さん以外のプロパーの取締役はすべて解任。
川口さんも取締役は解任されたものの、執行役員として残された。
36歳のことだ。この時、第三子が産まれている。

しかしこの投資ファンドが経営をミスリードしていく。
MBA的な教科書を持ち出し、今までの営業や経営のやり方をひっくり返してしまったのだ。
「こんなやり方ではうまくいかない!」
社長と川口さんとでファンド勢に訴えたものの、
経営知識のある頭のよいエリートたちは、自分たちのやり方を押し通した。
結果、どんどん売上は悪化。
ファンド体制前には潤沢だった会社の資金も一気に窮していくことになった。

ファンド売却から3年。
経営は悪化し、ファンド勢は株を返却して撤退。
数十億円の債務が残り、会社をたたむか、
民事再生するしか、残された道はないかに思われた。

「成功哲学を売っている会社がたたむか民事再生なんてあり得ない。
10万人のお客様のために、また、この価値ある成功哲学を後世に残すためにも、
会社をなんとしても存続・再生させるべきだ!」と川口さんは思ったという。

しかし目の前には到底返したがい借金。
社長をやれば個人保証させられ、失敗すれば身ぐるみはがされるリスクもある。
「そんなに言うなら、おまえが社長をやってみろ」
こうして川口さんは、ファンド勢によってズタズタになった会社を、
再生させるために、社長として就任することとなったのだ。

「お客様のために、そして売ってきた商品のためにも会社を再生したいという思いで、
社長になりましたが、仕事はつらいことばかりでした」と川口さんは言う。
同じ会社とはいえ、今までのように自分で営業するプレーヤーでもなければ、
売上を上げるための営業部隊を育成するためのマネージャーでもない。
やることといえば、金融機関や取引先を回り、
ひたすら頭を下げて、支払い期日のリスケをお願いする日々。

メインの大手メガバンクは手のひらをかえしたかのような態度だった。
今まではまったくこんな態度をしていなかったのに、
会社の状況が急変したことを知るや、
大手メガバンクの担当者はふんぞりかえって腕を組み、
タバコをぷかぷか吹かしながら「それでいつ金、返してくれるの?」
という態度に豹変したという。
それでも謝り倒してリスケのお願いに回った。

大変だったのは対外折衝だけではない。
会社再建のため、多くの社員をリストラせざるを得なくなった。
川口さん自ら社員のリストラを行ったことも何度もあった。
「これが一番つらかったです」と川口さんは語る。

ファンド勢が経営状況を悪化させてしまった内部事情を詳しく知らない社員たちからは、
「なんだ、あの無能な社長は!」と、
火中の栗をひろって会社を再建したいという川口さんの気持ちは理解されなかった。

今までとはまったく違うつらい仕事。
でも「お客様のために、そして、辞めていかざるを得なかった社員のためにも、
自分たちが売ってきた成功哲学の有効性を証明し、会社を続けなければならない」と
いう一心で、奇跡の再生。
3年で借金をゼロにするところまで再建した。
ここでもSSIで自ら販売してきた成功哲学を実践したことは言うまでもない。

■5:自分のしたいことをしよう。好きな仕事で独立へ
「社長業は私のしたいことではない。もっと自分のやりたいことをしたい」
川口さんにそんな思いが日に日に高まっていた。

内外の協力者の支えもあり、なんとか会社は立ち直った。
しかし、3年間のリストラとリスケジュールで大きく失わせてしまった会社の信用は、
自分で取り戻すより他の人に任せたほうがいい。
オーナーの意向も確認した。
これからの会社には、今の信用のない自分ではなく新しいフロントが必要だ。

そして、自分のしたいことは、企業の営業のサポートや営業マンの育成をすること。

独立しよう。

子供は3人。大学、高校進学を前にしてこれから最もお金がかかる年代だったが、
「2年、食いつなげる貯金があれば、しばらく無収入でもなんとかなるだろう」
と42歳にして独立を決意した。

「この時に気づいたんです。
月収50万円あれば幸せになれると思い、50万円になったら、
今度は月収100万円あれば幸せになれると思っていた。
社内で昇進し、営業成績を上げ、確かに収入面での目標は実現できたが、
そんなに幸せではなかった。むしろ苦しかった。
高層ビルに個室を持ち、都内に家を買って高級車に乗って、
それで幸せになったかというと、それも別に違う。
自分が楽しかったことは何だろうかと考えたら、
自分で物を売ったり、物を売るお手伝いをしたり、人材を育成することだった」

独立起業するための資金は貯金を取り崩すことなく、
これまで「成功」と思ってきた物品を売ることで調達した。
現金がないことで弱気になってはならないことと、
そもそもこれからの自分の人生にこうしたものはいらないと思ったからだ。

大企業の社長という肩書きがなくなり、一個人になった途端、去っていく人も多くいた。
SNSのつながりを切ってきた人も何人もいた。

でも川口さんの会社時代の活躍や奮闘を知っている人から、
「うちの営業の手伝いをしてほしい」といった声がかかるようになり、
今は主に企業の営業支援をすることで、お金を稼げるようになっている。
仕事は選べるようになり、本当に一緒にやりたい人とだけ仕事をしている。
またその後に新たな発展を続けているSSIともいい関係を築き、その手伝いもしている。

「大企業の社長をしている時より自分の好きな仕事ができている。
必要なお金もきちんと稼げている。
何より自分の時間はすべて自分でコントロールできるようになった。
好きな仕事をすることで、いわゆる“休む”必要がなくなったので、
大好きな運動と学習、家族との時間も大幅に増やした。
不安定さはありますが、その分、ご縁やいただく仕事に心から感謝できるようにもなった。
29歳の時に歌舞伎町の地下室で夢見た理想を、
今は生きることができています」と川口さんは話す。

・・・・・・・・・・・・

凄い経験である 特に
電話営業が怖くて時報に電話して時間を潰した
川口徹のエピソードは凡人そのもの、、いやいずれ社長になんてなれるはずないダメ社員の典型行動だろう。

それが一念発起し成功!!
すごいことだ




こうした自身の経験を踏まえながら、
個人向けのセールストレーニングもしている川口の〈何かで成功したいという人にアドバイス〉は

「3年間、自分のやりたいことを1つ決めて、
それを徹底的に勉強して極めればいい。
そう決めて3年間やり続ければ、たいがいのことはできる」

「好きなことが見つからない、やりたいことが見つからないなら、
机の上でばかり考えていないで、少しでも興味を持ったことに挑戦してみること。
行動を起こさなきゃ何も始まらない。
それでもやりたいことがわからないというなら、
今、目の前に与えられた仕事を極めるまで徹底してやってみればいい。
中途半端に仕事をしているから自分の人生が見えない」

「ただし、やりたいことで独立にチャレンジをするなら、
無収入でも最低2年間は生活できるくらいの貯金はためておいた方がいい。
今の生活を見直し、払わなくてもいいものを徹底的にカットする。
資金がなければ、これからの成功に不要なもので売れるものはすべて売って、事業のために投資する。
お金は後からどうにかするもの。あとは3年間、とにかく集中してやればいい」

幸せそうな人生を送っている人の裏には、
人には見えない絶え間ない努力や紆余曲折がある。
そこを見ずして「あの人はもとから能力があるから成功している」なんて、
言い訳してしまうのはもったいない。

3年間1つのことに絞ってやる。
これはとてもいいアドバイスだと思う。




株式会社トランセス社長 川口徹
妻・二人の愛娘・息子の5人家族。多摩の自然豊かな東京都調布市に在住。


■■波乱万丈の社長の武勇伝!成功へのエピソード集!! スーパーやる気のでる名言も!!
波乱万丈の社長の武勇伝!成功エピソード!!!







nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - 社長 企業 ブログトップ