So-net無料ブログ作成
検索選択

カダルカナルタカが接触事故。活動自粛なし!! [芸能人]

たけしの右腕と言っても過言ではないガダルカナル・タカ、接触事故を生謝罪した。

この時期にタクシーと接触事故とはついてない…といい、、今活動自粛中のノンスタ井上祐介を引き合いにだした。


ノンスタ井上とガダルカナルタカの違いは自分で通報したかどうかだ。

もちろんガダルカナルタカはタクシーにぶつけてしまったが逃げなかった。


タレントのガダルカナル・タカが19日、フジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~13:45)に生出演。18日に都内でタクシーと衝突事故を起こしたことを明かし、謝罪した。







たけし軍団の切れ者ガダルカナル・タカは話しもうまいしレギュラーも多い。活動を自粛している場合ではないだろう。


番組冒頭でタカは、「お騒がせして申し訳ないんですけど、しかもこの時期に、タクシーと接触事故というのが自分的にもどうなんだというのはあるんですけど、昨日接触事故を起こしてしまいました」と打ち明けた。

そして、「タクシーの運転手さんも私もケガがなく、問題がなかったんですけど」と説明。MCの坂上忍から「対応としては模範的な対応をされたということですよね?」と聞かれると、「模範だったのかどうかはわからないんですけど、一応…」と返した。

さらに、「本当にすいません」とあらためて謝罪し、「これからも気をつけたいと思いますし、みなさんも気をつけてください」と呼びかけた。

接触事故は仕方ない事だが、ぶつけて逃げたり、接続事故した事を内密にしていたりすると叩かれるだろう。


ノンスタ井上は気がつかなかったので逃げたわけではないのだろうが、形としては当て逃げになってしまった。少しでも、違和感があれば降りて確認すべきだった。。

ガダルカナルタカのように通報して謝罪していれば、レギュラー番組だって続けられたはずだ。

ガダルカナルタカは当然の対応をしたまでだがノンスタ井上とはっきりと明暗がわかれてしまった。

そもそも不注意で車をぶつけるのは誉められたものではないが謝って済む問題ならすぐに謝るべきだ。


すべらない話しでも活躍した事があるガダルカナルタカ。タカのみならず本当に注意して欲しい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ブンブンサテライツの川島さん死去。本当の死因とは。 [芸能人]

川島道行(ブンブンサテライツ)の死因とは何だろう?

ロックバンドの「BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)」の川島道行(かわしま みちゆき)さんが9日脳腫瘍のため亡くなった。

以前から病気療養中で、
バンドも、今年(2016年)6月リリースの「LAY YOUR HANDS ME」を最後に活動終了していた



5度目の再発という事でファンはかなり心配はしていた


川島さんは1969年8月24日生まれ47歳

ブンブンサテライツは川島さんと同じ大学の同級生の中野雅之さんの二人組のバンドで
1997年にヨーロッパでデビュー。


日本だけでなく、ヨーロッパでの活躍もしていたバンド。


川島さんは
1997年に脳腫瘍を発症し、
2013年から活動を休止したが5月には復帰

しかし再発のために2015年9月から再び活動休止していた。






本当の死因は脳腫瘍



*ブンサテの相棒中野雅之さんもコメントを発表


相棒の中野雅之さんもコメントを発表している。


10月9日午前5時12分、BOOM BOOM SATELLITESのボーカリスト川島道行が旅立ちました。
ようやく不自由な身体から解放されて、今頃は世界中を飛び回っているのではないかと想像しています。
悲劇ではなく人生のゴールとハッピーエンドを手に入れた瞬間でした。
今迄沢山のファンに愛され、歩んでこれた川島道行とBOOM BOOM SATELLITESは本当に幸せ者です。
川島道行に代わって改めてファンの皆様、今迄携わって頂いた関係者の皆様に感謝の意を伝えます。

「今迄支えてくれてありがとう。これからも僕たちが創った音楽を、
共に過ごした時間と記憶を大切に、力強く生きていってください。」

「そして、最後に一言だけ言わせてください。ブンブンサテライツでした!!」




相方にしかわからない苦労悲しみをなるべく見せないような気丈な内容だ。






ブンサテの川島さんは
奥さんで女優、須藤理彩(すどう りさ)さん
そして、娘さんが2人いる。



長女は2007年1月30日生まれなので、今は9歳
次女さんは、2011年10月20日生まれなので、今は4歳


幼い子供がまだいるのに、須藤さんは辛いだろう。。








しかし、須藤さんはしっかりとした演技のできる実力派の女優。


気丈なコメントを出している。
凄まじいメンタルだと思う。


須藤理彩さんのコメント

大雨の降る中、まるで歌い出すかのごとく大きくブレスをとり、川島道行は永遠の眠りにつきました
お父さん、お母さんの息子である『川島道行』、私の愛する夫で、娘達にとって優しくてカッコいいパパの『川島道行』、
そして…ミュージシャン・ブンブンサテライツの『川島道行』。
短い人生ではありましたが、一度きりの人生でこんなにもたくさんの人生を生き、
そしてそれぞれでかけがえのないものをしっかり残してくれました







お別れ会の日時や場所はどこか?

お通夜や告別式は親近者だけで行うとの事。


改めて、ファンや友人のために「お別れの会」が設けられる。




まだまだ働き盛りだったブンサテの川島道行、素晴らしい音楽を世界に広げていた功績はでかい。

独自の音楽性で、海外でまず人気を博した2人組ユニットのブンブンサテライツ(BOOM BOOM SATELLITES)。

1990年に結成されたブンブン。メンバーはギター&ボーカルを担当する川島道行(かわしま みちゆき)とベース・プログラミングを手がける中野雅之(なかの まさゆき)。その2人は日本ではそれなりの人気だったが、1997年を境にヨーロッパで人気を爆発させ、逆輸入する形で日本でも人気を高めたという異例の経緯がある。

ちなみに日本での人気を決定づけたのは2004年のアニメ映画「アップルシード」のサントラに楽曲を提供したことだった。

しかしすでにクリエイティブな苦悩のみならず、目前に迫る“死”との闘いが隠されていたことを知る人も多い。


ご冥福をお祈りいたします。

続きを読む


因幡晃とは何者でどんな性格なのか? [芸能人]

因幡晃〈いなば あきら〉とは何者でどんな性格なのか?
突如ミュージックフェアに出演して話題のいなば あきら〈因幡晃〉は、
1954年3月18日 生まれの62歳は、日本のシンガーソングライター。アップフロントクリエイト所属

秋田県大館市花岡町出身。秋田県立大館工業高等学校卒業後、鉱山技師として就職。

1975年、第10回ヤマハポピュラーソングコンテストに『わかって下さい』で出場し最優秀曲賞を受賞。

また、第6回世界歌謡祭にて入賞。翌年ディスコメイトレコードから『わかって下さい』で歌手デビュー。
2014年、杉田二郎・堀内孝雄・ばんばひろふみ・高山厳とブラザーズ5を結成。

ベテランのシンガーソングライターである。
見た目はイカツイがどんな性格なのだろうか?

姓名判断をやってみた
因幡 晃.jpg

因幡晃
天格(祖運)は21画で『吉』
『独立 統率力 名誉』



人格(主運)は25画で『吉』
『個性 才能 強運』
勝負運の強いエゴイスト
負けず嫌いで、敵が多いタイプ。独立したり、専門職に就いたりすると成功します。
個性が強く、他人に合わせることは苦手。困難な状況に遭うと闘志を燃やすでしょう。



地格(初運)は10画で『凶』
『多難 大凶』
虚しさにさいなまれる人



外格(助運)は16画で『大吉』

『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人
人に受け入れられやすい、愛すべき性格です。社会生活は問題なく進みます。
人の心をつかむのが上手な上に人望があるため、リーダーとして活動するでしょう。




総格(総運)は31画で『大吉』
『判断力 社交性 円満』
頼れる大木のような人
晩年は安泰です。それまで積み上げてきた実績が実を結び大きな成果が表れます。
誠実で人情味があり、他人から信頼されるでしょう。晩年には地位と名声を手にするでしょう。









つまりはARTIST気質という事か



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ガンダムのアムロ役古谷徹の63歳の努力!若さの秘訣とは?運勢とは? [芸能人]

脱「アムロの呪縛」に燃え上がった声優 古谷徹、驚愕の努力の姿勢!運勢をも変える古谷徹の趣味や若さの秘訣とは?

「古谷=アムロ」のイメージが強すぎた!しかしながら数多くのキャラクターの声優として活躍してきた。
技術と努力は相当なものだろう。

 大人気アニメ「ワンピース」。主人公モンキー・D・ルフィの義兄弟として重要な役割を担うサボが登場したのは2014年9月28日放送回から。
演じているのは声優界のレジェンド、古谷徹さん(63)だが、古谷さんはこの役を得るため自分の名前を伏せてオーディションに参加したのだという。

 というのも、「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイのイメージが強すぎたため、オーディションに呼ばれなくなってしまった。そんな悩みをテレビ番組で語った。

そのため「ワンピ」のサボ役は名前を伏せて挑戦した

 古谷さんが出演したのは16年9月19日放送のフジテレビ系情報番組「ノンストップ!」。

古谷さんは17日に行われた「東京ゲームショウ 2016」の「ガンダムゲーム30周年スペシャルステージ」にアムロ風の衣装で舞台に立ち、アニメ内の決めゼリフで会場を沸かせた。

インタビューでの会話はまるで本物のアムロと語り合っている気分になって嬉しいと称賛を受けたが、実はこの「古谷=アムロ」という構図が悩みの種だったと明かした。

 アムロを演じたのは25歳の時からで、そのイメージが強くなりすぎて、だんだんオーディションに呼ばれなくなっていった。本人からすれば役が違うわけだからそれに合わせた違う声を出せるのに、敬遠されてしまっている。古谷さんは、

  「それこそ名前を伏せてでも、変えてでもオーディションを受けたいし、新しい役にチャレンジしたい。それで2年前にあるオーディションに参加したんです」

と語った。名前を伏せて参加したのは「ワンピース」のサボ役。ルフィとエースの幼馴染で、3人は義兄弟の盃を交わしていて、エースがなくなった今、今後のストーリー展開に重要な役割を果たすキャラだ。

地声がアムロに近い古谷さんは、絶対に合格したいという思いから地声そのものも変えた。いつもならいい声が出るように万全の態勢で臨むのだが、その時は深酒をして喉を傷めつけるなど体が悪くなるような事をあえて行った。

  「おかげでハスキーな低い声が出せた」

 アムロを消し去ったことが功を奏したという。放送を見てもサボの声は説明がなければ古谷さんだとは気付かないし、実際に放送開始当時はアムロ風の声になるのではないか、と思っていた人たちがネット上に大勢いたが、「違和感がない」「これが大御所の実力」などといった称賛が起きた。



古谷 徹(ふるや とおる、1953年7月31日)は声優、俳優、ナレーターである。



横浜市磯子区生。関東学院六浦高等学校、明治学院大学経済学部商学科卒業。


身長162cm、体重55kg。血液型はA型。
後程記すが趣味は実に多趣味である。











続きを読む


こち亀終了、、松本人志が驚きの提案!両さん対デューク東郷!? [芸能人]

ワイドナショーで改めて連載終了の心境を語った秋本治。ダウンタウンの松本人志が驚きの提案!「最終回でゴルゴ13捕まえて」

JUMPと言ったら両さん
「こち亀」が遂に終わる、、松本人志が考える最終回が面白そう!! 

 長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の連載終了を3日に発表した作者の秋本治さんが4日放送のトークバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。改めて40周年を迎える17日発売の「週刊少年ジャンプ」42号(集英社)で最終回を迎えることを明かし、ダウンタウンの松本人志ら出演者を驚かせた。



 秋本さんは「描いているのは今も楽しい。でもどこかで長編作品は終わりにしなければならないんで。200巻だとちょうどまとまるし、40周年のお祝いの時に、(主人公の)両さんってお祝いごとが好きだから、お祭りをワーッとやって姿を消すというのが最高のエンディング」とコメント。最終話についても「これから(執筆する)」と明かし、「アイデアはあります」とも話した。連載終了後もマンガ家はやめるつもりはなく、他の連載作品に注力していくという。

 ダウンタウンの松本人志は、「ずっと終われへんと思っていたのでなんかショックなんですよ。(コミックスが)4桁まで続くんじゃないかって」とコメント。「最終回で(同じく長寿マンガの)『ゴルゴ13』捕まえてほしいな」と話すと、秋本さんも笑いながら「いいアイデアでしたね。ちょっと書きたかったですね」と応じていた。

派出所を舞台としているが犯人を追う「捕り物」はあまり多くない、デューク東郷が出てきたらかなりギャグな展開になりそうだ。
両さんがデューク東郷の頭をひっぱたく絵を想像すると面白い。



 
ちなみに『ゴルゴ13』は、さいとう・たかをによる日本の漫画。超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画。

1968年11月、小学館『ビッグコミック』誌で連載を開始し、現在も同誌に連載中。リイド社の単行本は2016年7月現在181巻を数える。

ゴルゴ13の作中には、現実に起きた事件に交えて実在の国名・組織・企業・団体そして個人名がしばしば登場する。ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな作風から、巷間ではこの作品で世界情勢を勉強できると言われることもあるが、物語自体はあくまでフィクションである。


ゴルゴ13の方が連載開始は早いが単行本の巻数はこち亀が上。

ちなみに巻数の多い漫画ランキングは1位こち亀 2位にゴルゴ13 3位はミナミの帝王だ。

ーーーーーーーーーー
こち亀は東京の下町などを舞台に、並外れた体力を持つ警察官、「両さん」こと両津勘吉が巻き起こす騒動を描いた秋本治さんのギャグマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(集英社)。

昭和51年つまり1976年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されている長寿マンガで、秋本さんは今年、葛飾区から名誉区民の称号を贈られている。

この作品の魅力とは何なのか?

 秋本先生の無尽蔵のアイデアをより面白くしてくれる個性的な人情味あふれるキャラクターと、なんといっても両さんのパワフルな行動力につきる。







続きを読む


芸能人:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

カダルカナルタカが接触事故。活動自粛なし!! [芸能人]

たけしの右腕と言っても過言ではないガダルカナル・タカ、接触事故を生謝罪した。

この時期にタクシーと接触事故とはついてない…といい、、今活動自粛中のノンスタ井上祐介を引き合いにだした。


ノンスタ井上とガダルカナルタカの違いは自分で通報したかどうかだ。

もちろんガダルカナルタカはタクシーにぶつけてしまったが逃げなかった。


タレントのガダルカナル・タカが19日、フジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~13:45)に生出演。18日に都内でタクシーと衝突事故を起こしたことを明かし、謝罪した。







たけし軍団の切れ者ガダルカナル・タカは話しもうまいしレギュラーも多い。活動を自粛している場合ではないだろう。


番組冒頭でタカは、「お騒がせして申し訳ないんですけど、しかもこの時期に、タクシーと接触事故というのが自分的にもどうなんだというのはあるんですけど、昨日接触事故を起こしてしまいました」と打ち明けた。

そして、「タクシーの運転手さんも私もケガがなく、問題がなかったんですけど」と説明。MCの坂上忍から「対応としては模範的な対応をされたということですよね?」と聞かれると、「模範だったのかどうかはわからないんですけど、一応…」と返した。

さらに、「本当にすいません」とあらためて謝罪し、「これからも気をつけたいと思いますし、みなさんも気をつけてください」と呼びかけた。

接触事故は仕方ない事だが、ぶつけて逃げたり、接続事故した事を内密にしていたりすると叩かれるだろう。


ノンスタ井上は気がつかなかったので逃げたわけではないのだろうが、形としては当て逃げになってしまった。少しでも、違和感があれば降りて確認すべきだった。。

ガダルカナルタカのように通報して謝罪していれば、レギュラー番組だって続けられたはずだ。

ガダルカナルタカは当然の対応をしたまでだがノンスタ井上とはっきりと明暗がわかれてしまった。

そもそも不注意で車をぶつけるのは誉められたものではないが謝って済む問題ならすぐに謝るべきだ。


すべらない話しでも活躍した事があるガダルカナルタカ。タカのみならず本当に注意して欲しい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ブンブンサテライツの川島さん死去。本当の死因とは。 [芸能人]

川島道行(ブンブンサテライツ)の死因とは何だろう?

ロックバンドの「BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)」の川島道行(かわしま みちゆき)さんが9日脳腫瘍のため亡くなった。

以前から病気療養中で、
バンドも、今年(2016年)6月リリースの「LAY YOUR HANDS ME」を最後に活動終了していた



5度目の再発という事でファンはかなり心配はしていた


川島さんは1969年8月24日生まれ47歳

ブンブンサテライツは川島さんと同じ大学の同級生の中野雅之さんの二人組のバンドで
1997年にヨーロッパでデビュー。


日本だけでなく、ヨーロッパでの活躍もしていたバンド。


川島さんは
1997年に脳腫瘍を発症し、
2013年から活動を休止したが5月には復帰

しかし再発のために2015年9月から再び活動休止していた。






本当の死因は脳腫瘍



*ブンサテの相棒中野雅之さんもコメントを発表


相棒の中野雅之さんもコメントを発表している。


10月9日午前5時12分、BOOM BOOM SATELLITESのボーカリスト川島道行が旅立ちました。
ようやく不自由な身体から解放されて、今頃は世界中を飛び回っているのではないかと想像しています。
悲劇ではなく人生のゴールとハッピーエンドを手に入れた瞬間でした。
今迄沢山のファンに愛され、歩んでこれた川島道行とBOOM BOOM SATELLITESは本当に幸せ者です。
川島道行に代わって改めてファンの皆様、今迄携わって頂いた関係者の皆様に感謝の意を伝えます。

「今迄支えてくれてありがとう。これからも僕たちが創った音楽を、
共に過ごした時間と記憶を大切に、力強く生きていってください。」

「そして、最後に一言だけ言わせてください。ブンブンサテライツでした!!」




相方にしかわからない苦労悲しみをなるべく見せないような気丈な内容だ。






ブンサテの川島さんは
奥さんで女優、須藤理彩(すどう りさ)さん
そして、娘さんが2人いる。



長女は2007年1月30日生まれなので、今は9歳
次女さんは、2011年10月20日生まれなので、今は4歳


幼い子供がまだいるのに、須藤さんは辛いだろう。。








しかし、須藤さんはしっかりとした演技のできる実力派の女優。


気丈なコメントを出している。
凄まじいメンタルだと思う。


須藤理彩さんのコメント

大雨の降る中、まるで歌い出すかのごとく大きくブレスをとり、川島道行は永遠の眠りにつきました
お父さん、お母さんの息子である『川島道行』、私の愛する夫で、娘達にとって優しくてカッコいいパパの『川島道行』、
そして…ミュージシャン・ブンブンサテライツの『川島道行』。
短い人生ではありましたが、一度きりの人生でこんなにもたくさんの人生を生き、
そしてそれぞれでかけがえのないものをしっかり残してくれました







お別れ会の日時や場所はどこか?

お通夜や告別式は親近者だけで行うとの事。


改めて、ファンや友人のために「お別れの会」が設けられる。




まだまだ働き盛りだったブンサテの川島道行、素晴らしい音楽を世界に広げていた功績はでかい。

独自の音楽性で、海外でまず人気を博した2人組ユニットのブンブンサテライツ(BOOM BOOM SATELLITES)。

1990年に結成されたブンブン。メンバーはギター&ボーカルを担当する川島道行(かわしま みちゆき)とベース・プログラミングを手がける中野雅之(なかの まさゆき)。その2人は日本ではそれなりの人気だったが、1997年を境にヨーロッパで人気を爆発させ、逆輸入する形で日本でも人気を高めたという異例の経緯がある。

ちなみに日本での人気を決定づけたのは2004年のアニメ映画「アップルシード」のサントラに楽曲を提供したことだった。

しかしすでにクリエイティブな苦悩のみならず、目前に迫る“死”との闘いが隠されていたことを知る人も多い。


ご冥福をお祈りいたします。

続きを読む


因幡晃とは何者でどんな性格なのか? [芸能人]

因幡晃〈いなば あきら〉とは何者でどんな性格なのか?
突如ミュージックフェアに出演して話題のいなば あきら〈因幡晃〉は、
1954年3月18日 生まれの62歳は、日本のシンガーソングライター。アップフロントクリエイト所属

秋田県大館市花岡町出身。秋田県立大館工業高等学校卒業後、鉱山技師として就職。

1975年、第10回ヤマハポピュラーソングコンテストに『わかって下さい』で出場し最優秀曲賞を受賞。

また、第6回世界歌謡祭にて入賞。翌年ディスコメイトレコードから『わかって下さい』で歌手デビュー。
2014年、杉田二郎・堀内孝雄・ばんばひろふみ・高山厳とブラザーズ5を結成。

ベテランのシンガーソングライターである。
見た目はイカツイがどんな性格なのだろうか?

姓名判断をやってみた
因幡 晃.jpg

因幡晃
天格(祖運)は21画で『吉』
『独立 統率力 名誉』



人格(主運)は25画で『吉』
『個性 才能 強運』
勝負運の強いエゴイスト
負けず嫌いで、敵が多いタイプ。独立したり、専門職に就いたりすると成功します。
個性が強く、他人に合わせることは苦手。困難な状況に遭うと闘志を燃やすでしょう。



地格(初運)は10画で『凶』
『多難 大凶』
虚しさにさいなまれる人



外格(助運)は16画で『大吉』

『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人
人に受け入れられやすい、愛すべき性格です。社会生活は問題なく進みます。
人の心をつかむのが上手な上に人望があるため、リーダーとして活動するでしょう。




総格(総運)は31画で『大吉』
『判断力 社交性 円満』
頼れる大木のような人
晩年は安泰です。それまで積み上げてきた実績が実を結び大きな成果が表れます。
誠実で人情味があり、他人から信頼されるでしょう。晩年には地位と名声を手にするでしょう。









つまりはARTIST気質という事か



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ガンダムのアムロ役古谷徹の63歳の努力!若さの秘訣とは?運勢とは? [芸能人]

脱「アムロの呪縛」に燃え上がった声優 古谷徹、驚愕の努力の姿勢!運勢をも変える古谷徹の趣味や若さの秘訣とは?

「古谷=アムロ」のイメージが強すぎた!しかしながら数多くのキャラクターの声優として活躍してきた。
技術と努力は相当なものだろう。

 大人気アニメ「ワンピース」。主人公モンキー・D・ルフィの義兄弟として重要な役割を担うサボが登場したのは2014年9月28日放送回から。
演じているのは声優界のレジェンド、古谷徹さん(63)だが、古谷さんはこの役を得るため自分の名前を伏せてオーディションに参加したのだという。

 というのも、「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイのイメージが強すぎたため、オーディションに呼ばれなくなってしまった。そんな悩みをテレビ番組で語った。

そのため「ワンピ」のサボ役は名前を伏せて挑戦した

 古谷さんが出演したのは16年9月19日放送のフジテレビ系情報番組「ノンストップ!」。

古谷さんは17日に行われた「東京ゲームショウ 2016」の「ガンダムゲーム30周年スペシャルステージ」にアムロ風の衣装で舞台に立ち、アニメ内の決めゼリフで会場を沸かせた。

インタビューでの会話はまるで本物のアムロと語り合っている気分になって嬉しいと称賛を受けたが、実はこの「古谷=アムロ」という構図が悩みの種だったと明かした。

 アムロを演じたのは25歳の時からで、そのイメージが強くなりすぎて、だんだんオーディションに呼ばれなくなっていった。本人からすれば役が違うわけだからそれに合わせた違う声を出せるのに、敬遠されてしまっている。古谷さんは、

  「それこそ名前を伏せてでも、変えてでもオーディションを受けたいし、新しい役にチャレンジしたい。それで2年前にあるオーディションに参加したんです」

と語った。名前を伏せて参加したのは「ワンピース」のサボ役。ルフィとエースの幼馴染で、3人は義兄弟の盃を交わしていて、エースがなくなった今、今後のストーリー展開に重要な役割を果たすキャラだ。

地声がアムロに近い古谷さんは、絶対に合格したいという思いから地声そのものも変えた。いつもならいい声が出るように万全の態勢で臨むのだが、その時は深酒をして喉を傷めつけるなど体が悪くなるような事をあえて行った。

  「おかげでハスキーな低い声が出せた」

 アムロを消し去ったことが功を奏したという。放送を見てもサボの声は説明がなければ古谷さんだとは気付かないし、実際に放送開始当時はアムロ風の声になるのではないか、と思っていた人たちがネット上に大勢いたが、「違和感がない」「これが大御所の実力」などといった称賛が起きた。



古谷 徹(ふるや とおる、1953年7月31日)は声優、俳優、ナレーターである。



横浜市磯子区生。関東学院六浦高等学校、明治学院大学経済学部商学科卒業。


身長162cm、体重55kg。血液型はA型。
後程記すが趣味は実に多趣味である。











続きを読む


こち亀終了、、松本人志が驚きの提案!両さん対デューク東郷!? [芸能人]

ワイドナショーで改めて連載終了の心境を語った秋本治。ダウンタウンの松本人志が驚きの提案!「最終回でゴルゴ13捕まえて」

JUMPと言ったら両さん
「こち亀」が遂に終わる、、松本人志が考える最終回が面白そう!! 

 長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の連載終了を3日に発表した作者の秋本治さんが4日放送のトークバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。改めて40周年を迎える17日発売の「週刊少年ジャンプ」42号(集英社)で最終回を迎えることを明かし、ダウンタウンの松本人志ら出演者を驚かせた。



 秋本さんは「描いているのは今も楽しい。でもどこかで長編作品は終わりにしなければならないんで。200巻だとちょうどまとまるし、40周年のお祝いの時に、(主人公の)両さんってお祝いごとが好きだから、お祭りをワーッとやって姿を消すというのが最高のエンディング」とコメント。最終話についても「これから(執筆する)」と明かし、「アイデアはあります」とも話した。連載終了後もマンガ家はやめるつもりはなく、他の連載作品に注力していくという。

 ダウンタウンの松本人志は、「ずっと終われへんと思っていたのでなんかショックなんですよ。(コミックスが)4桁まで続くんじゃないかって」とコメント。「最終回で(同じく長寿マンガの)『ゴルゴ13』捕まえてほしいな」と話すと、秋本さんも笑いながら「いいアイデアでしたね。ちょっと書きたかったですね」と応じていた。

派出所を舞台としているが犯人を追う「捕り物」はあまり多くない、デューク東郷が出てきたらかなりギャグな展開になりそうだ。
両さんがデューク東郷の頭をひっぱたく絵を想像すると面白い。



 
ちなみに『ゴルゴ13』は、さいとう・たかをによる日本の漫画。超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画。

1968年11月、小学館『ビッグコミック』誌で連載を開始し、現在も同誌に連載中。リイド社の単行本は2016年7月現在181巻を数える。

ゴルゴ13の作中には、現実に起きた事件に交えて実在の国名・組織・企業・団体そして個人名がしばしば登場する。ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな作風から、巷間ではこの作品で世界情勢を勉強できると言われることもあるが、物語自体はあくまでフィクションである。


ゴルゴ13の方が連載開始は早いが単行本の巻数はこち亀が上。

ちなみに巻数の多い漫画ランキングは1位こち亀 2位にゴルゴ13 3位はミナミの帝王だ。

ーーーーーーーーーー
こち亀は東京の下町などを舞台に、並外れた体力を持つ警察官、「両さん」こと両津勘吉が巻き起こす騒動を描いた秋本治さんのギャグマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(集英社)。

昭和51年つまり1976年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されている長寿マンガで、秋本さんは今年、葛飾区から名誉区民の称号を贈られている。

この作品の魅力とは何なのか?

 秋本先生の無尽蔵のアイデアをより面白くしてくれる個性的な人情味あふれるキャラクターと、なんといっても両さんのパワフルな行動力につきる。







続きを読む