So-net無料ブログ作成

指を9本失った登山家、栗城史多さん登山中に死去。アベマテレビに責任は? [芸能人]

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが21日、エベレスト登頂を目指している途中で死亡したという。。35歳。

無念だったろう。寒かっただろう。
栗城史多さんは北海道出身。

登山家として有名だった。
過去に登山中の凍傷によって指を9本失った登山家としても有名だった。


栗城史多さんは4月17日から8度目のエベレスト登頂に挑戦していたが、体調不良で下山途中だった。栗城さんの公式フェイスブックなどで所属事務所が遺体で発見されたことを発表した。


悲劇が生まれてしまった。

登山家が亡くなる事は珍しい事ではない。しかし、有名な登山家で当日生配信する予定だった有名な登山家が亡くなったのは衝撃的だ。



 栗城事務所の小林幸子氏が「このようなお知らせになり、大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり、発見されました」と報告。



 「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」と経緯を明かした。

 「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり、大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」とし「皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。何メートル地点で発見されたかなど、これ以上の詳細が日本で分からず大変恐縮ですが、また分かり次第お知らせ申し上げます。これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました」と結んだ。

 この日午前10時、公式ブログで「(栗城中継班より)栗城は体調が悪く、7400メートル地点から下山することになりました。今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況が分かり次第、お知らせいたします。皆様からの応援、本当にありがとうございます」と報告されていた。



栗城さんは大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を制覇し、8000メートル峰4座を無酸素・単独登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始めた。



 12年秋に4度目の挑戦となったエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、14年7月に中国・パキスタン国境のブロードピーク(標高8047メートル)に無酸素・単独登頂。復帰を果たした。

 この日午後4時からインターネットテレビ局「AbemaTV」でエベレスト登頂の様子が生中継される予定だったが、中止になった。


この事で栗城史多さんの死去はアベマテレビに少なからず責任があるのでは?とのコメントもありそうだ。。







アベマテレビは5月18日、登山家・栗城史多氏がエベレスト(標高8848メートル)に登頂する様子を生中継すると発表した。中継は5月21日16時からの予定だった。



過去に7度、エベレスト登頂を目指すも叶うことがなかった栗城氏。4度目の挑戦となった2012年10月では、下山途中で両手、両足、鼻が重度の凍傷になったことが原因で、右手親指以外の両手9本の指全て、第二関節より先を失っている。

それでも諦めず、2015年10月、2016年10月にも挑戦を試みた栗城氏だったが、天候不良が原因で惜しくも登頂には至らなかった。

今回8度目の挑戦となる登頂について栗城氏は「無事に標高7300mまでの順応終えて下山してきました。もう少し上まで上がる予定でしたが、悪天候でキリの良い場所でやめました。7300m地点から、今回トライするルートも確認できました。(ルートに関してはアタック直前に発表します。それだけ慎重にやっています。)やはり7000mを越えると、違う世界です。何度もこの標高は経験していても、やはり緊張する標高でした。ちなみに下山後に動画をアップする予定でしたが、中継班の電力などの問題があって更新できませんでした。すいません!ベースキャンプからは山頂は見えないため、プモリというエベレストから反対側の山に中継班が移動して、最後のアタックの中継を行います。登頂日は21日を予定しています。今は本当に心静かにして、全てを注ぐ準備しています。皆さん、応援ありがとうございます」とコメントを寄せていた。


栗城史多は死因は低体温症。

一部の登山家からは「無謀だ」「登山家に向いていない」などの声があったようだ。

アベマテレビが企画したのかどうかはわからないが栗城史多さんが亡くなった事をアベマテレビの責任として責めるコメント
もありそうだ。

一人の命が亡くなり山の恐怖は改めてわかった事だろう。

しかし、栗城史多さんはただ無謀な登山家じゃなかった。多くの人々に勇気や希望を与えたのは事実。



亡くなった命は戻らない心よりご冥福をお祈りします。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

朝丘雪路さんも死去、、死因も辛そうだ、、 [芸能人]

女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名・加藤雪会=かとう・ゆきえ)さんがアルツハイマー型認知症のため4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。葬儀は故人の希望で家族葬で営まれた。 またも昭和の大スターが逝ってしまった。歳を重ねても綺麗で品のある清楚な女優さんだった。  2014年4月、娘で女優の真由子(44)がプロデュースした時代劇ミュージカル「花や…蝶や…」に夫で俳優の津川雅彦(78)とともに出演したのを最後に芸能活動を休止して、自宅で療養していた。 朝丘雪路さんの死因はアルツハイマーだったという夫の津川正彦さんが献身的に介護をしていたという。  朝丘さんは1952年に宝塚歌劇団・月組に入団し娘役で活躍。55年に退団して以降、女優や歌手などマルチに活躍した。57年に「星は流れる」でNHK紅白歌合戦に初出場。60年代には「11PM」でアシスタントを務め、お茶の間の人気を集めた。司会の大橋巨泉さんが胸の大きな朝丘さんを「ボイン」と呼び、これが当時の流行語に。11年に旭日小綬章受章。 ボインが流行語大賞になった時代だ、つまり本当に流行っていたのだろう。 今はちょっと茶目っ気のある下ネタでも「問題がある」などと却下されそうだからだ  私生活では67年に内科医師と結婚したが、72年に離婚。73年に再婚した津川とは、おしどり夫婦として有名だった。 朝丘 雪路(あさおか ゆきじ、1935年7月23日]- 2018年4月27日)は女優・タレント・歌手。 本名;加藤 雪会(かとう ゆきえ)。 東京市京橋区(現・東京都中央区)築地生まれ。 元宝塚歌劇団月組娘役。父は日本画家の伊東深水。夫は津川雅彦 義兄は長門裕之、義姉は南田洋子。 日舞の深水流家元として、深水 美智雪の名も持つ。 バラエティー番組の司会や歌手としても活躍した女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名・加藤雪会=かとう・ゆきえ)さんの死因はアルツハイマー型認知症 82歳でこの世を去った。夫で俳優の津川雅彦(78)の献身的な介護を受け、都内の自宅で旅立ったという。 アルツハイマーという症状はよく聞くが死因がアルツハイマーとはあまり聞きなれない人も多いだろう。  アルツハイマー型認知症とは、認知症の一種で、国内の認知症患者の約7割を占めるとされる。症状が進むと家族の顔が分からなくなったり、家に帰る道が分からなくなったりする。 家族の顔がわからなくなったりするのはよく聞く話しだ、しかしわかる時もあるという、長年連れ添った家族からしてみれば自分の顔を忘れられるのは辛い事かもしれない。しかし当の本人はもっと苦しいだろう。苦しかっただろう、、 脳が収縮して神経細胞が減少していく病気で、進行すれば大脳皮質の機能が大きく失われ、歩くことや座ることも困難になる。さらに、ものを飲み込む機能や呼吸、心拍をつかさどる機能も失われることも。直接の死因が別の疾患でも、それを誘引したのがアルツハイマーの場合、アルツハイマーを死因とすることがある。 歳を重ねても清楚で綺麗な女優さんだった、多くの人を癒してくれた、、 心よりご冥福をお祈りします。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

夏目雄大の下劣なツイートがやばすぎた。夏目雄大本人は謝罪なしなのか、、? [芸能人]

モデルの夏目雄大さん(21)が不適切な発言をしていた問題で、所属事務所「オムニア」(東京都渋谷区)は2018年5月12日、公式サイトに謝罪文を掲載した。


夏目雄大本人はどう思っているのか?


 夏目さんをめぐっては、過去に「ぶすに人権はない」などと差別的な内容のツイートをしていたとみられ、物議を醸していた。



ひどい、、


■女性蔑視に人種差別

 夏目さんは、雑誌『Seventeen』(集英社)や『HR』(グラフィティ)などのモデルとして活躍。若い女性を中心に人気がある。最近では、舞台「あんさんぶるスターズ!」シリーズに天満光役で出演するなど、俳優としても頭角を現していた。

 問題となったのは、夏目さんが2013年ごろに投稿していたとみられるツイートだ。

  「ぶすに人権はない」「乙武さんと握手してサッカーしたい」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」「韓国人と中国人は見下している」

などと綴った投稿のキャプチャー写真が拡散され、ファンらから、

  「女性蔑視に人種差別。妊婦さんに対して酷いことも言ってる。ありえない。最低」「がっかりです。あんステ/あんスタに迷惑かけないで欲しいのでキャスト変更を望みます...」

などと非難が集中。複数のネットメディアも取り上げるなど、いわゆる炎上状態となった。

 しかし、批判一色ではなく、

  「違うよね?しかも5年前くらいのツイートでしょ...今更攻撃する必要ないじゃん」「夏目雄大くんのツイート炎上してるけどさ、それ彼が当時16歳の時のツイートじゃん。まだ素人だから、許されるってわけじゃないけど、若気の至りだったと思うよ」「夏目くん本人がやったんじゃなくて誰か他の人がなりすましでやったんじゃないの...?? 」


と様々だが、、

夏目雄大本人は反省しているのだろうか?

それが一番の問題だ。





キモいオタクの事だろうか?「キモオタ」を批判したり、腐女子を批判したり、下劣な下ネタを投稿したり、、報道よりも数多くの問題発言ばかりツイートしていたようだ。

当の本人は夏目雄大は今、どう思っているのか?事務所が勝手に謝ったが、夏目雄大は謝罪していない、もしかしたら反省もしていないかもしれない。

夏目雄大は今も問題発言をツイートしないだけで思っているのかもしれない。

もしそうだとしたら、、危険なタレントではないだろうか?








nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

星由里子さん壮絶な人生だったご冥福をお祈りします。 [芸能人]

また昭和のスターが逝ってしまった。。

西城秀樹さんの死去に続いて星由里子さんが亡くなった。

東宝「若大将」シリーズのヒロインなどで知られる女優の星由里子(ほし・ゆりこ、本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが16日深夜、心房細動および肺がんのため、京都市内の病院で死去した。74歳だった。


今年3月まで新作映画の撮影など、女優としての仕事をしていた。

星由里子さんもまた生涯女優だった。




 58年に東宝に入り、芸能活動をスタートさせた。当時のキャッチフレーズは「八重歯のシンデレラ」。59年「すずかけの散歩道」で映画デビューを果たし、その後は浜美枝、田村奈巳と「東宝スリーペット」として売り出された。

 61年にスタートした加山雄三(81)主演の映画「若大将」シリーズのヒロイン、澄子役に起用され、国民的スターとなった。美貌と清楚(せいそ)な魅力を生かし、その後も、68年「忘れるものか」で石原裕次郎さん、69年に「日本侠客伝 花と籠」で高倉健さんと共演するなど銀幕で活躍を続けた。

 90年代に入ると、活躍の場をテレビや舞台に広げた。97年NHK連続テレビ小説「あぐり」や、最近では16年にテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」にも出演していた。

 私生活では、69年に実業家横井英樹さんの長男と結婚したが、わずか3カ月で離婚。75年に脚本家花登筐(はなと・こばこ)さんと再婚したが83年に死別。90年に会社役員と結婚した。







人気女優、星由里子が
肺がんによりなくなった


星由里子は度々
徹子の部屋に出演をしており
現在まで夫と共に京都に移り住み、
夫、姑とともに同居をしていると
明かしていた。


肺がんなど病気と闘っていたことは
今まで明かしていなかった。



2018年5月16日に
京都市の病院でなくなったとされ
家族も急なことだったと語っているという。



星由里子は1969年に
財界人として名を馳せた
横井英樹の長男と結婚をするも
価値観の相違で80日で離婚。

1975年には脚本家の花登筺と
結婚するも1983年に
夫の花登筺がなくなります。

星由里子はそして1990年に
会社役員の夫であり

元旅行代理店勤務で
その後旅館を経営している
同級生である清水正裕と再再婚。



星由里子というと
若大将シリーズのマドンナ。
2013年の徹子の部屋では

当時若大将シリーズで加山雄三が
機嫌悪く歌を歌っている
シーンがあったが、その理由について
星由里子は自分の歌が下手だからだと
思ってはいたものの
誤解だったことを明かす。

実は加山雄三が不機嫌だったのは、
「マドンナ(星由里子)の
ために若大将が
作った歌を披露するのに
歌を知らないはずのマドンナが
デュエットをするのがおかしい」

といった理由だということを
最近わかったとして語っている。



このエピソードは
2017年11月の週刊ポストにて
星由里子が再び語っても居ます。

そのように、星由里子は
ドラマにも出演をしており
TV番組にも精力的に出演していた。

だから星由里子さんは懐かしのスターではなく、いつまでもタレントだった。

星由里子は生涯女優だった

西城秀樹も生涯スターだったが、なくなったのは奇しくも同じ日だった。

心よりご冥福をお祈りします。













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

逮捕された美人医師脇坂英理子!逮捕後に初テレビで開き直り!今後どうなる? [芸能人]

逮捕された美人医師がテレビに再び登場!

反省していなかった!!


2016年に美容クリニックで治療をしたように装い診療報酬をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた脇坂英理子氏(39)が、フジテレビ系で17日に放送の「直撃! シンソウ坂上」(午後9時)で事件後、テレビに初出演した。


おそらく医者としてはまともな知識と技術はあるはずだ。しかし、その奢りが自分勝手自由奔放に走らせてしまったのか。

素っぴんの脇坂英理子は別人だが化粧をしているとかなり美人だ。


大人しく真面目に医者をするか?それとも大胆なヌードに走るか?


番組で坂上忍が脇坂英理子へ説教したが、脇坂英理子は反論しまくり。



まだホスト遊びなどをしているのだろうか?


 脇坂氏は東京女子医大を卒業し、03年に医師免許を取得。同大病院麻酔科で心臓手術などに携わった後、自身が院長を務めるクリニックで内科などを扱ったが14年に閉院。バラエティー番組などにも多数出演し、ホスト遊びなど派手な暮らしぶりなどで注目を集めた人気タレント女医だったが、16年3月9日に、暴力団組長らによる診療報酬不正受給事件で、美容クリニックでも診療報酬をだまし取っていたとして、警視庁組織犯罪対策4課に詐欺の疑いで逮捕。


同年7月に有罪判決を受け、同年9月には厚生労働省から医業停止3年の行政処分を受けた。現在は医療、健康、美容などのライターとして活動し、美容を紹介するサイトを立ち上げ、ツイッターなどで発信も行っている。







反省している様子はなかった。開き直っている、感じだった。



 脇坂氏はスタジオで、MCの坂上忍(50)と対談した。その中で、最初は自分がやった行為が診療報酬の不正請求と気づいていなかったと主張。「だまされたっていうふうにも感じましたし、これはエラいことだと思いました」、「最初は、それが不正のアイデアとは分からなくて」などと語った。その一方で「クリニックの経営を何とかしてでも、悪いことをしてでも立ちゆかせなきゃいけないんだ」、「不正に得たお金が税金だということも認識はあります」とも語った。

 それに対し、坂上から「そうしたら、だまされたという言葉というのは、おかしな話だよね」と突っ込まれると、脇坂氏は「そうです」と認めた。


さらに「バレるよ、ウソは」、「あんた、ムチャクチャなんだよ、やっていることが」と批判されると、脇坂氏は「でも人権はありますよね」、「じゃあ、黒髪にして殊勝にしていたら、それが本当に反省しているのか」と反論した。

 それには、坂上も「その年齢での間違いは、きついよ」あきれ気味に言い放ち、ゲストのエッセイスト安藤和津氏も「おばさん、怒るよ、本当に」と脇坂氏に怒りを投げかけた。

はっきり言って見ていて不快!そう思う人は多かったはずだ。
脇坂英理子を支持する人は脇坂英理子に全うな治療代で治療された患者くらいか、、


しかし、不真面目な遊び好きな自分勝手な人間だが、医者として多くの人間を救った功績もある。。

 番組では、執行猶予中の脇坂氏を独自取材し、不正請求を持ちかけたのは誰か、なぜ不正請求に手を染め、罪を重ねてしまったのかなど、ドキュメンタリー映像とともに事件の裏側に迫る。


おそらく医者としてはまともな知識と技術はあるはずだ。しかし、その奢りが自分勝手自由奔放に走らせてしまったのか。

素っぴんの脇坂英理子は別人だが化粧をしているとかなり美人だ。


大人しく真面目に医者をするか?それとも大胆なヌードに走るか?






ある意味脇坂英理子は見逃せない。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
芸能人:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

指を9本失った登山家、栗城史多さん登山中に死去。アベマテレビに責任は? [芸能人]

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが21日、エベレスト登頂を目指している途中で死亡したという。。35歳。

無念だったろう。寒かっただろう。
栗城史多さんは北海道出身。

登山家として有名だった。
過去に登山中の凍傷によって指を9本失った登山家としても有名だった。


栗城史多さんは4月17日から8度目のエベレスト登頂に挑戦していたが、体調不良で下山途中だった。栗城さんの公式フェイスブックなどで所属事務所が遺体で発見されたことを発表した。


悲劇が生まれてしまった。

登山家が亡くなる事は珍しい事ではない。しかし、有名な登山家で当日生配信する予定だった有名な登山家が亡くなったのは衝撃的だ。



 栗城事務所の小林幸子氏が「このようなお知らせになり、大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり、発見されました」と報告。



 「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」と経緯を明かした。

 「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり、大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」とし「皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。何メートル地点で発見されたかなど、これ以上の詳細が日本で分からず大変恐縮ですが、また分かり次第お知らせ申し上げます。これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました」と結んだ。

 この日午前10時、公式ブログで「(栗城中継班より)栗城は体調が悪く、7400メートル地点から下山することになりました。今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況が分かり次第、お知らせいたします。皆様からの応援、本当にありがとうございます」と報告されていた。



栗城さんは大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を制覇し、8000メートル峰4座を無酸素・単独登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始めた。



 12年秋に4度目の挑戦となったエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、14年7月に中国・パキスタン国境のブロードピーク(標高8047メートル)に無酸素・単独登頂。復帰を果たした。

 この日午後4時からインターネットテレビ局「AbemaTV」でエベレスト登頂の様子が生中継される予定だったが、中止になった。


この事で栗城史多さんの死去はアベマテレビに少なからず責任があるのでは?とのコメントもありそうだ。。







アベマテレビは5月18日、登山家・栗城史多氏がエベレスト(標高8848メートル)に登頂する様子を生中継すると発表した。中継は5月21日16時からの予定だった。



過去に7度、エベレスト登頂を目指すも叶うことがなかった栗城氏。4度目の挑戦となった2012年10月では、下山途中で両手、両足、鼻が重度の凍傷になったことが原因で、右手親指以外の両手9本の指全て、第二関節より先を失っている。

それでも諦めず、2015年10月、2016年10月にも挑戦を試みた栗城氏だったが、天候不良が原因で惜しくも登頂には至らなかった。

今回8度目の挑戦となる登頂について栗城氏は「無事に標高7300mまでの順応終えて下山してきました。もう少し上まで上がる予定でしたが、悪天候でキリの良い場所でやめました。7300m地点から、今回トライするルートも確認できました。(ルートに関してはアタック直前に発表します。それだけ慎重にやっています。)やはり7000mを越えると、違う世界です。何度もこの標高は経験していても、やはり緊張する標高でした。ちなみに下山後に動画をアップする予定でしたが、中継班の電力などの問題があって更新できませんでした。すいません!ベースキャンプからは山頂は見えないため、プモリというエベレストから反対側の山に中継班が移動して、最後のアタックの中継を行います。登頂日は21日を予定しています。今は本当に心静かにして、全てを注ぐ準備しています。皆さん、応援ありがとうございます」とコメントを寄せていた。


栗城史多は死因は低体温症。

一部の登山家からは「無謀だ」「登山家に向いていない」などの声があったようだ。

アベマテレビが企画したのかどうかはわからないが栗城史多さんが亡くなった事をアベマテレビの責任として責めるコメント
もありそうだ。

一人の命が亡くなり山の恐怖は改めてわかった事だろう。

しかし、栗城史多さんはただ無謀な登山家じゃなかった。多くの人々に勇気や希望を与えたのは事実。



亡くなった命は戻らない心よりご冥福をお祈りします。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

朝丘雪路さんも死去、、死因も辛そうだ、、 [芸能人]

女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名・加藤雪会=かとう・ゆきえ)さんがアルツハイマー型認知症のため4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。葬儀は故人の希望で家族葬で営まれた。 またも昭和の大スターが逝ってしまった。歳を重ねても綺麗で品のある清楚な女優さんだった。  2014年4月、娘で女優の真由子(44)がプロデュースした時代劇ミュージカル「花や…蝶や…」に夫で俳優の津川雅彦(78)とともに出演したのを最後に芸能活動を休止して、自宅で療養していた。 朝丘雪路さんの死因はアルツハイマーだったという夫の津川正彦さんが献身的に介護をしていたという。  朝丘さんは1952年に宝塚歌劇団・月組に入団し娘役で活躍。55年に退団して以降、女優や歌手などマルチに活躍した。57年に「星は流れる」でNHK紅白歌合戦に初出場。60年代には「11PM」でアシスタントを務め、お茶の間の人気を集めた。司会の大橋巨泉さんが胸の大きな朝丘さんを「ボイン」と呼び、これが当時の流行語に。11年に旭日小綬章受章。 ボインが流行語大賞になった時代だ、つまり本当に流行っていたのだろう。 今はちょっと茶目っ気のある下ネタでも「問題がある」などと却下されそうだからだ  私生活では67年に内科医師と結婚したが、72年に離婚。73年に再婚した津川とは、おしどり夫婦として有名だった。 朝丘 雪路(あさおか ゆきじ、1935年7月23日]- 2018年4月27日)は女優・タレント・歌手。 本名;加藤 雪会(かとう ゆきえ)。 東京市京橋区(現・東京都中央区)築地生まれ。 元宝塚歌劇団月組娘役。父は日本画家の伊東深水。夫は津川雅彦 義兄は長門裕之、義姉は南田洋子。 日舞の深水流家元として、深水 美智雪の名も持つ。 バラエティー番組の司会や歌手としても活躍した女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名・加藤雪会=かとう・ゆきえ)さんの死因はアルツハイマー型認知症 82歳でこの世を去った。夫で俳優の津川雅彦(78)の献身的な介護を受け、都内の自宅で旅立ったという。 アルツハイマーという症状はよく聞くが死因がアルツハイマーとはあまり聞きなれない人も多いだろう。  アルツハイマー型認知症とは、認知症の一種で、国内の認知症患者の約7割を占めるとされる。症状が進むと家族の顔が分からなくなったり、家に帰る道が分からなくなったりする。 家族の顔がわからなくなったりするのはよく聞く話しだ、しかしわかる時もあるという、長年連れ添った家族からしてみれば自分の顔を忘れられるのは辛い事かもしれない。しかし当の本人はもっと苦しいだろう。苦しかっただろう、、 脳が収縮して神経細胞が減少していく病気で、進行すれば大脳皮質の機能が大きく失われ、歩くことや座ることも困難になる。さらに、ものを飲み込む機能や呼吸、心拍をつかさどる機能も失われることも。直接の死因が別の疾患でも、それを誘引したのがアルツハイマーの場合、アルツハイマーを死因とすることがある。 歳を重ねても清楚で綺麗な女優さんだった、多くの人を癒してくれた、、 心よりご冥福をお祈りします。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

夏目雄大の下劣なツイートがやばすぎた。夏目雄大本人は謝罪なしなのか、、? [芸能人]

モデルの夏目雄大さん(21)が不適切な発言をしていた問題で、所属事務所「オムニア」(東京都渋谷区)は2018年5月12日、公式サイトに謝罪文を掲載した。


夏目雄大本人はどう思っているのか?


 夏目さんをめぐっては、過去に「ぶすに人権はない」などと差別的な内容のツイートをしていたとみられ、物議を醸していた。



ひどい、、


■女性蔑視に人種差別

 夏目さんは、雑誌『Seventeen』(集英社)や『HR』(グラフィティ)などのモデルとして活躍。若い女性を中心に人気がある。最近では、舞台「あんさんぶるスターズ!」シリーズに天満光役で出演するなど、俳優としても頭角を現していた。

 問題となったのは、夏目さんが2013年ごろに投稿していたとみられるツイートだ。

  「ぶすに人権はない」「乙武さんと握手してサッカーしたい」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」「韓国人と中国人は見下している」

などと綴った投稿のキャプチャー写真が拡散され、ファンらから、

  「女性蔑視に人種差別。妊婦さんに対して酷いことも言ってる。ありえない。最低」「がっかりです。あんステ/あんスタに迷惑かけないで欲しいのでキャスト変更を望みます...」

などと非難が集中。複数のネットメディアも取り上げるなど、いわゆる炎上状態となった。

 しかし、批判一色ではなく、

  「違うよね?しかも5年前くらいのツイートでしょ...今更攻撃する必要ないじゃん」「夏目雄大くんのツイート炎上してるけどさ、それ彼が当時16歳の時のツイートじゃん。まだ素人だから、許されるってわけじゃないけど、若気の至りだったと思うよ」「夏目くん本人がやったんじゃなくて誰か他の人がなりすましでやったんじゃないの...?? 」


と様々だが、、

夏目雄大本人は反省しているのだろうか?

それが一番の問題だ。





キモいオタクの事だろうか?「キモオタ」を批判したり、腐女子を批判したり、下劣な下ネタを投稿したり、、報道よりも数多くの問題発言ばかりツイートしていたようだ。

当の本人は夏目雄大は今、どう思っているのか?事務所が勝手に謝ったが、夏目雄大は謝罪していない、もしかしたら反省もしていないかもしれない。

夏目雄大は今も問題発言をツイートしないだけで思っているのかもしれない。

もしそうだとしたら、、危険なタレントではないだろうか?








nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

星由里子さん壮絶な人生だったご冥福をお祈りします。 [芸能人]

また昭和のスターが逝ってしまった。。

西城秀樹さんの死去に続いて星由里子さんが亡くなった。

東宝「若大将」シリーズのヒロインなどで知られる女優の星由里子(ほし・ゆりこ、本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが16日深夜、心房細動および肺がんのため、京都市内の病院で死去した。74歳だった。


今年3月まで新作映画の撮影など、女優としての仕事をしていた。

星由里子さんもまた生涯女優だった。




 58年に東宝に入り、芸能活動をスタートさせた。当時のキャッチフレーズは「八重歯のシンデレラ」。59年「すずかけの散歩道」で映画デビューを果たし、その後は浜美枝、田村奈巳と「東宝スリーペット」として売り出された。

 61年にスタートした加山雄三(81)主演の映画「若大将」シリーズのヒロイン、澄子役に起用され、国民的スターとなった。美貌と清楚(せいそ)な魅力を生かし、その後も、68年「忘れるものか」で石原裕次郎さん、69年に「日本侠客伝 花と籠」で高倉健さんと共演するなど銀幕で活躍を続けた。

 90年代に入ると、活躍の場をテレビや舞台に広げた。97年NHK連続テレビ小説「あぐり」や、最近では16年にテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」にも出演していた。

 私生活では、69年に実業家横井英樹さんの長男と結婚したが、わずか3カ月で離婚。75年に脚本家花登筐(はなと・こばこ)さんと再婚したが83年に死別。90年に会社役員と結婚した。







人気女優、星由里子が
肺がんによりなくなった


星由里子は度々
徹子の部屋に出演をしており
現在まで夫と共に京都に移り住み、
夫、姑とともに同居をしていると
明かしていた。


肺がんなど病気と闘っていたことは
今まで明かしていなかった。



2018年5月16日に
京都市の病院でなくなったとされ
家族も急なことだったと語っているという。



星由里子は1969年に
財界人として名を馳せた
横井英樹の長男と結婚をするも
価値観の相違で80日で離婚。

1975年には脚本家の花登筺と
結婚するも1983年に
夫の花登筺がなくなります。

星由里子はそして1990年に
会社役員の夫であり

元旅行代理店勤務で
その後旅館を経営している
同級生である清水正裕と再再婚。



星由里子というと
若大将シリーズのマドンナ。
2013年の徹子の部屋では

当時若大将シリーズで加山雄三が
機嫌悪く歌を歌っている
シーンがあったが、その理由について
星由里子は自分の歌が下手だからだと
思ってはいたものの
誤解だったことを明かす。

実は加山雄三が不機嫌だったのは、
「マドンナ(星由里子)の
ために若大将が
作った歌を披露するのに
歌を知らないはずのマドンナが
デュエットをするのがおかしい」

といった理由だということを
最近わかったとして語っている。



このエピソードは
2017年11月の週刊ポストにて
星由里子が再び語っても居ます。

そのように、星由里子は
ドラマにも出演をしており
TV番組にも精力的に出演していた。

だから星由里子さんは懐かしのスターではなく、いつまでもタレントだった。

星由里子は生涯女優だった

西城秀樹も生涯スターだったが、なくなったのは奇しくも同じ日だった。

心よりご冥福をお祈りします。













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

逮捕された美人医師脇坂英理子!逮捕後に初テレビで開き直り!今後どうなる? [芸能人]

逮捕された美人医師がテレビに再び登場!

反省していなかった!!


2016年に美容クリニックで治療をしたように装い診療報酬をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた脇坂英理子氏(39)が、フジテレビ系で17日に放送の「直撃! シンソウ坂上」(午後9時)で事件後、テレビに初出演した。


おそらく医者としてはまともな知識と技術はあるはずだ。しかし、その奢りが自分勝手自由奔放に走らせてしまったのか。

素っぴんの脇坂英理子は別人だが化粧をしているとかなり美人だ。


大人しく真面目に医者をするか?それとも大胆なヌードに走るか?


番組で坂上忍が脇坂英理子へ説教したが、脇坂英理子は反論しまくり。



まだホスト遊びなどをしているのだろうか?


 脇坂氏は東京女子医大を卒業し、03年に医師免許を取得。同大病院麻酔科で心臓手術などに携わった後、自身が院長を務めるクリニックで内科などを扱ったが14年に閉院。バラエティー番組などにも多数出演し、ホスト遊びなど派手な暮らしぶりなどで注目を集めた人気タレント女医だったが、16年3月9日に、暴力団組長らによる診療報酬不正受給事件で、美容クリニックでも診療報酬をだまし取っていたとして、警視庁組織犯罪対策4課に詐欺の疑いで逮捕。


同年7月に有罪判決を受け、同年9月には厚生労働省から医業停止3年の行政処分を受けた。現在は医療、健康、美容などのライターとして活動し、美容を紹介するサイトを立ち上げ、ツイッターなどで発信も行っている。







反省している様子はなかった。開き直っている、感じだった。



 脇坂氏はスタジオで、MCの坂上忍(50)と対談した。その中で、最初は自分がやった行為が診療報酬の不正請求と気づいていなかったと主張。「だまされたっていうふうにも感じましたし、これはエラいことだと思いました」、「最初は、それが不正のアイデアとは分からなくて」などと語った。その一方で「クリニックの経営を何とかしてでも、悪いことをしてでも立ちゆかせなきゃいけないんだ」、「不正に得たお金が税金だということも認識はあります」とも語った。

 それに対し、坂上から「そうしたら、だまされたという言葉というのは、おかしな話だよね」と突っ込まれると、脇坂氏は「そうです」と認めた。


さらに「バレるよ、ウソは」、「あんた、ムチャクチャなんだよ、やっていることが」と批判されると、脇坂氏は「でも人権はありますよね」、「じゃあ、黒髪にして殊勝にしていたら、それが本当に反省しているのか」と反論した。

 それには、坂上も「その年齢での間違いは、きついよ」あきれ気味に言い放ち、ゲストのエッセイスト安藤和津氏も「おばさん、怒るよ、本当に」と脇坂氏に怒りを投げかけた。

はっきり言って見ていて不快!そう思う人は多かったはずだ。
脇坂英理子を支持する人は脇坂英理子に全うな治療代で治療された患者くらいか、、


しかし、不真面目な遊び好きな自分勝手な人間だが、医者として多くの人間を救った功績もある。。

 番組では、執行猶予中の脇坂氏を独自取材し、不正請求を持ちかけたのは誰か、なぜ不正請求に手を染め、罪を重ねてしまったのかなど、ドキュメンタリー映像とともに事件の裏側に迫る。


おそらく医者としてはまともな知識と技術はあるはずだ。しかし、その奢りが自分勝手自由奔放に走らせてしまったのか。

素っぴんの脇坂英理子は別人だが化粧をしているとかなり美人だ。


大人しく真面目に医者をするか?それとも大胆なヌードに走るか?






ある意味脇坂英理子は見逃せない。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース