So-net無料ブログ作成
芸能人 ブログトップ
前の5件 | -

エックステンタシオンが銃撃で殺された。狙われたか?強盗か? [芸能人]

またHIP HOP界に悪夢が起きてしまった、、XXXTentacionが銃殺されたとの情報だ。

衝撃的なニュースだ。

物議を醸してきたラッパーのXXXTentacionがマイアミで銃殺されたらしい!

読み方はエックスエックスエックステンタシオン、エックステンテーションではない。エックステンタシオンが死去!
なぜだ?


XXXTentacionはバイクか自動車を購入しにディーラーに来店しており、店から出て自分の車に戻るところで、2人の男から銃撃を受けたという。

容疑者は黒のDodge Journeyに乗っていたという目撃証言もあるようだ。

XXXTentacionは病院にすぐに運ばれたものの、目撃者によれば複数の銃弾を受け昏睡状態だったという。その後ブロワード郡の保安官がTwitterで、XXXTentacionとみられる男が亡くなったと発表した。

なぜエックステンタシオンは殺されたのか?

XXXTentacionは20歳で、元ガールフレンドへの暴行疑惑など様々な嫌疑をかけられながらも、一方で大きな人気を獲得し今年リリースしたアルバム『?』は全米一位となっている。エックステンタシオンはなぜドライブバイされたのか?




XXXtentacionは読み方はエックスエックスエックステンタシオン
エックステンテーションと読み間違えてしまいそうだがちがう

エックステンテーションではなくエックステンタシオンは死去した。



XXXTENTACION(XXXテンタシオン)は2014年デビュー フロリダ出身 "Look At Me"の大ヒットで知られるパンク-トラップ-ヒップホップアーティスト。


XXXTENTACIONは男気溢れるギャングスタなエピソードは無いようで、ほとんどサイコパスに近いという。

エックステンタシオンが殺された理由は誰かの恨みを、かっていたからか?
もしくは単なる強盗か?
殺されたあと彼のルイヴィトンのバックが盗まれていたようだ。




エピソードからは恨まれる人だったようだ。





・エックステンタシオンは1メートル67センチ
・XXXの由来はオ◯○ーとセ◯○スが大好きだから。
・XはXvideosにポルノスターとの行為を投稿したことがある。 (現在もある)
・Xは日本のHENTAI文化が大好き。


・Xはクラスメイトを殴って下顎を破壊、学校を追放されたことがある。

・Xは6歳のころ母親に絡む20~30の青年にガラスの便を投げつけたことがある。

・Xは母子家庭。Xは母親を愛しているが、母親は無関心。

・Xはインタビューで学校で暴力沙汰を起こしていたのは母親にかまってもらいためだと話している。

・しかしXの家族は日に日におかしくなっていくXが手におえず、Xは家からも追い出されてしまう。

・Xはこれまで暴力,強盗,武器所有など3度逮捕され、キャリアのほとんどを刑務所の中で過ごした。



ガールフレンドの暴行もかなりひどいもので両目の周りを紫になるまで殴り続けたとのだろうか?というほどの画像もあった。



エックステンタシオンは引退表明もしていた。

XXXは「悲しいお知らせだけど」と前置きし、「音楽を作ることもリリースすることもしない。おれは人々を助けようとして、精神を病んで疲れ切ってしまった、ヘイトにも疲れ切った。終わりだ」とInstagramに投稿したこともある。


いくら恨みを持たれていても殺す事はないだろう、、


だが優しい一面もあったようだ。
ファンのキッズ達にはとても優しかったという。



プライベートの言動などには問題があったようだが、ファンもいた。

まあエックステンタシオンはそのファンも殴っていたようだが、、





しかし若い才能が亡くなるのは悲しいものだ、歳を取れば丸くなる可能性だってあった。





なお、突然の訃報を受けてカニエ・ウエストやディプロらが以下のような追悼コメントを発表している。

カニエ・ウェスト:「直接言えずじまいだったけど、君にはものすごく影響をもらったよ。存在してくれてありがとう」


ディプロ:「彼は天才だった。本物のアーティストだ。自分だけのルールを作り上げてた。失敗をしたこともあっただろうけど、彼はまだ若かったし、努力を惜しまなかった。常に上を目指していたんだ。そして、他人への愛も深かった。キッズたちにとても優しくしていたんだ。

創造力も他とは比べものにならないほど豊かで、この週末に送ってくれたメールには俺とスクリレックスの次回作へのアドバイスが書かれていた。今週、彼をLAに呼んでいたところだったんだ。いつ来てくれるかなって、考えていたところだった。

人生のすべてを音楽に捧げた彼は、フロリダを象徴する存在だ。俺は彼のことが大好きだった。約束してくれたように、これからもっと色々な作品を作ってくれるはずだったのに」

J.Cole:「悲しすぎて頭がおかしくなりそうだ。X、安らかに。巨大な才能と計り知れない可能性、そしてより良い人間であろうとする強い願い。彼の家族、友人、そしてファンに神のご加護を」


心よりご冥福をお祈りします。




nice!(4)  コメント(0) 

村田渚伝説の芸人! [芸能人]

バラエティ番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)でブレークを果たしたネプチューンや、くりぃむしちゅー。そんな彼らが、口をそろえて“天才”と評した芸人がいた。その男の名前は村田渚

フォークダンスDE成子坂のツッコミだ。



村田渚は12年前に突然死している(享年35)。


そんな村田渚の死の真相にあった新事実を、プライベートでも親しかった元芸人で現在は映画パーソナリティとして活躍するコトブキツカサが、20日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』で初告白するようだ。


村田渚さんを多くの人に知ってもらうのが芸人仲間達の想いなのかもしれない。

村田渚は本当に優しい性格だったらしく多くの人に慕われていたようだ。
またお笑いを追及しまくった真の芸人だったという。


20日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』ではさまぁ~ずの三村や土田やくりぃむしちゅー。
ピコ太郎で人気が爆発した古坂大魔王らが熱く語るという。






今年5月、さまぁ~ずの三村マサカズさんが、Twitterで、村田さんの墓参りに行ったことを報告し。

三村は村田渚さんの先輩だが、本当に慕っていたのだろう、そうでないと墓参りには行かないから。。


フォークダンスDE成子坂のツッコミとして、多くの芸人たちから一目置かれていた村田さんは、『ボキャブラ天国』の終了後、コンビを解散し、芸人として活動を続けるも、再びお笑い界で輝くことがないまま、2006年11月、クモ膜下出血により突然この世を去ったという。



若い人は「ボキャブラ天国」という番組も知らない方も多いだろう、当然フォークダンスDE成子坂もコトブキツカサも知らない方が多いだろう。


そしてフォークダンスDE成子坂は知っていても、村田渚さんが亡くなっていた事を知らないボキャブラ世代の中年も多いはずだ。




今でも村田の才能を惜しむ芸人たちは多くさまぁ~ずの三村さんをはじめ、くりぃむしちゅーや土田晃之、古坂大魔王ら第一線で活躍する芸人たちが、生前の村田について発言した。


「ツッコミ同士だったんで渚は…。後輩であり、ライバル」と発言したのはさまぁ~ずの三村。

「僕ら世代のトップランナーだった。センセーショナルだったかな…」とツッコミ上手のくりぃむしちゅーの上田晋也さんも絶賛。


「笑いに飢えている…っていうか。24時間笑いのことを考えてないといけないんだな、って、すごく学ばせてもらいました」とくりぃむしちゅーの有田哲平さんも続く。

「お笑い熱すごい…この人売れるんだろうなと」元Uターンの土田さんも語る。

「この人といたら何でもボケられる。唯一無二」と古坂大魔王さんも続いた。



そんな村田さんにとって最後の相方・松丘慎吾(現お笑いコンビ・チャイムのだんな)や、「今までの人生で一番面白いと思った」と慕う後輩のバイきんぐ・小峠英二も登場し、その死を惜しんだ。


バイきんぐの小峠は最近の芸人だと思っていたが、昔から活動をしていたのは意外だ。




そして、コトブキツカサさんが、これまで語ってこなかった新事実や、最後の姿を初告白するようだ。



村田渚さんのプロフィール


村田 渚。読み方はむらた なぎさ。

1971年7月29日 生まれで2006年11月11日に何と35歳の若さで他界。。



日本のお笑い芸人で血液型はO型。

身長は168cm。

三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)出身、三重県立上野高等学校卒業。関係者からは、「笑いを追求する」ことで知られたという。


爆笑問題の太田も「あいつは天才過ぎて売れなかった」とも語った事があるようだ。

また村田渚さんはとても優しい性格だったといい、もしご生きていたら、今頃活躍していたかもしれない。


村田渚さんはお笑いを追及し性格も優しかったという事なので、惜しい人を亡くした。




お笑い芸人は人を笑わせるとてもカッコいい職業だ。

狭き門をくぐり抜けお茶の間に笑いを届ける


悲しい時や落ち込んでいる時もお笑いを見れば笑顔になることができる。笑う門には副きたる。だ。



村田渚の生きざまを見て、次世代のお笑いスターが生まれると良い。








という事で
20日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』
この番組は見逃せませない。

nice!(3)  コメント(0) 

スターダストレビュー根元要さん脳血栓!!大丈夫 [芸能人]

STARDUST REVUEが根本要(G, Vo)が脳血栓!?
大丈夫か?

スターダストレビューの根元要さんは体調不良により、6月16日と23日に開催予定だったイベント「アルバム『還暦少年』リリース記念アコースティック・フリーライブ」および6月17日のFM愛媛の公開録音イベントを中止することを発表した。
 年が年だけに心配する声が多数あがっている。

根本要さんはスターダストレビューのボーカルギター

1957年5月23日生まれの(61歳)
埼玉県行田市出身だ。




スターダストレビューの根本要さんは昨日6月12日に体調不良を訴え医師による診断を受けたところ、脳に小さな血栓が見つかり急遽入院。





10日から2週間程度の点滴と内服による治療での退院が見込まれており、7月7日よりスタートするライブツアー「楽園音楽祭2018」は予定通り開催される。

オフィシャルサイトでは根本のコメントが掲載されており、その中で彼は「僕の症状ですが すこぶる元気です」「あんまりにも暇なので 症状や治療についてもっと語りたいのですが あいつはしゃべりだけでなく 文章も長い!と言われそうなので この辺で終わります」と元気な様子をつづり、「夏にはサイボーグ化した還暦少年をお見せします ご期待下さいね」とファンへメッセージを送っている。


根元要さんは巧みな話術ゆえにコンサートでは長く喋り過ぎることがしばしばあるが、「今日はあまり喋りません。純粋に音楽を楽しんでください。」と言うと、客からはブーイングが起こる。

このようにステージトークも期待されている、ミュージシャンとしては稀有な存在だ。

コンサートに占めるトークの割合は3割に達し、対策として舞台に回転灯が設置される事も、、喋り過ぎると光るという。

そんなに喋りが巧いならもっとテレビに出れば良いのに、、と思う人はいると思うが、それがスターダストレビュー根元要なのだろう。


熱烈なファンが多いのも頷ける。

早く治して復帰して欲しいが無理だけはしないで欲しい。









nice!(5)  コメント(0) 

森田童子さん今年の春に亡くなっていた、、本人は引退していたが平成米不足の93年に大ヒット [芸能人]

大ヒットドラマ「高校教師」の主題歌を歌った森田童子さんが死去していた、、

平成大不況、平成米不足、援助交際、、などの時代に大ヒットした曲「ぼくたちの失敗」を作り出したシンガーソングライターだ。
しかし、大ヒットした時には本人は既に引退していたという。

1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くなっていたことが11日、分かった。65歳だった。日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。死因は明らかにされていないが心不全との噂もある。

ここまで謎に包まれたシンガーも珍しい。大ヒットしたら欲が出て活動再開をしそうなものだが、マスコミからのインタビューさえもシャットアウトしていたという。


 森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの ともだち」でデビュー。

若さとむなしさが充満する歌詞と、語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を出した。

しかしネットもない時代でもあり全国的にはほぼ無名であった森田童子、ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公演後、活動を休止した。

明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出なかった。




1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。

1993年といえば平成米騒動と呼ばれた米不足が社会問題となった年でもある。冷夏の影響と言われている。タイ米やアメリカ米が輸入されるほどの騒ぎとなった。
森田童子の「ぼくたちの失敗」はそんな時代背景にもあっていたのかもしれない。



春の木漏れ日の中で君の優しさに溺れていた僕は弱虫だったんだよね、、

心に突き刺さるような歌声と歌詞。
どこか懐かしいフレーズは大ヒットの要因だろう。
当時から考えても古い言葉が随所に出てきた、例えば

地下のジャズ喫茶 
ストーブ代わりの電熱器

などだ。当時はあまり深く考えていなかったが、昭和に生まれた歌だったからだ。





2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚光を浴びていた。

わずか7年で引退した森田童子さんはサングラスをとる事もなく、素顔は公にされていない。私生活も全くの謎だった。
徹底的なアーティストだったのだろう。

それが曲だけでも長年愛されていたのだから歌のパワーは凄まじい。



心よりご冥福を、お祈りします。





nice!(3)  コメント(0) 

RADWIMPSの略がRADとは知らなかった。野田洋次郎謝罪!なぜ? [芸能人]

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が話題になっている件について6月11日、ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんが自身のTwitterでコメントを発表した。

まず。
RADWIMPSの略をRADというのを知らなかったので「RAD野田謝罪」と見出しがあってもピンとこなかった。
ワールドカップのフジテレビの応援テーマソングというこの曲、歌詞をみても謝る要素はない。

「戦争美化だ!」とクレームが来ているようだが、「あからさまにそれはこじつけじゃないか?」との意見も多い。


そんなクレームがきたら「日本頑張れ!」的な曲は作れなくなるだろう。アンパンマンのオープニングソングさえもクレームの対象になってしまう。。



しかしRADWIMPSの野田洋次郎は

「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」などと謝罪している。

「HINOMARU」は6日に発売したニューシングル『カタルシスト』に収録されているカップリングソング。

<風にたなびくあの旗に/古(いにしえ)よりはためく旗に>というフレーズから始まる同楽曲は、<この身体に流れゆくは/気高きこの御国の御霊>や、< さぁいざゆかん/日出づる国の/御名の下に>といった、愛国心を思わせるフレーズがちりばめられている。

この歌詞に対して、ネット上では「愛国歌と同じセンスで少しゾッとした」「国に誇りを持つということの難しさについて、ちょっとあぶないぞと思った」といった声や、「フジテレビのW杯サッカーのテーマ曲だから普通に日本を背負って試合に向けての闘志みたいな意味じゃないの?」「RADらしくないってなんだよ、RADが作ったんだからRADなんだよ」などさまざま意見が飛び交っていた。







そんななか、きょう6月11日にRADWIMPS野田洋次郎がTwitterを更新。英語と日本語で、「HINOMARU」の歌詞が話題になっていることについて更新。

一部をあげると

☆☆この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。☆☆

とも書いてある。
戦争を美化しているわけでもなく、日本が本当に好きなんだろうな、、と思える素晴らしい曲だ。



忘れもしない2011.3.11の東日本大震災での多くの日本人が見せた気高さ、道徳心は世界中から絶賛された。

今回のサッカーワールドカップに期待している人はあまり多くないかもしれない、しかし闘志を燃やして頑張って欲しいと応援する人は多い。
むしろRADWIMPSには良い曲をありがとう!と言いたい人の方が多いかもしれない。











nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | - 芸能人 ブログトップ
芸能人:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
芸能人 ブログトップ
前の5件 | -

エックステンタシオンが銃撃で殺された。狙われたか?強盗か? [芸能人]

またHIP HOP界に悪夢が起きてしまった、、XXXTentacionが銃殺されたとの情報だ。

衝撃的なニュースだ。

物議を醸してきたラッパーのXXXTentacionがマイアミで銃殺されたらしい!

読み方はエックスエックスエックステンタシオン、エックステンテーションではない。エックステンタシオンが死去!
なぜだ?


XXXTentacionはバイクか自動車を購入しにディーラーに来店しており、店から出て自分の車に戻るところで、2人の男から銃撃を受けたという。

容疑者は黒のDodge Journeyに乗っていたという目撃証言もあるようだ。

XXXTentacionは病院にすぐに運ばれたものの、目撃者によれば複数の銃弾を受け昏睡状態だったという。その後ブロワード郡の保安官がTwitterで、XXXTentacionとみられる男が亡くなったと発表した。

なぜエックステンタシオンは殺されたのか?

XXXTentacionは20歳で、元ガールフレンドへの暴行疑惑など様々な嫌疑をかけられながらも、一方で大きな人気を獲得し今年リリースしたアルバム『?』は全米一位となっている。エックステンタシオンはなぜドライブバイされたのか?




XXXtentacionは読み方はエックスエックスエックステンタシオン
エックステンテーションと読み間違えてしまいそうだがちがう

エックステンテーションではなくエックステンタシオンは死去した。



XXXTENTACION(XXXテンタシオン)は2014年デビュー フロリダ出身 "Look At Me"の大ヒットで知られるパンク-トラップ-ヒップホップアーティスト。


XXXTENTACIONは男気溢れるギャングスタなエピソードは無いようで、ほとんどサイコパスに近いという。

エックステンタシオンが殺された理由は誰かの恨みを、かっていたからか?
もしくは単なる強盗か?
殺されたあと彼のルイヴィトンのバックが盗まれていたようだ。




エピソードからは恨まれる人だったようだ。





・エックステンタシオンは1メートル67センチ
・XXXの由来はオ◯○ーとセ◯○スが大好きだから。
・XはXvideosにポルノスターとの行為を投稿したことがある。 (現在もある)
・Xは日本のHENTAI文化が大好き。


・Xはクラスメイトを殴って下顎を破壊、学校を追放されたことがある。

・Xは6歳のころ母親に絡む20~30の青年にガラスの便を投げつけたことがある。

・Xは母子家庭。Xは母親を愛しているが、母親は無関心。

・Xはインタビューで学校で暴力沙汰を起こしていたのは母親にかまってもらいためだと話している。

・しかしXの家族は日に日におかしくなっていくXが手におえず、Xは家からも追い出されてしまう。

・Xはこれまで暴力,強盗,武器所有など3度逮捕され、キャリアのほとんどを刑務所の中で過ごした。



ガールフレンドの暴行もかなりひどいもので両目の周りを紫になるまで殴り続けたとのだろうか?というほどの画像もあった。



エックステンタシオンは引退表明もしていた。

XXXは「悲しいお知らせだけど」と前置きし、「音楽を作ることもリリースすることもしない。おれは人々を助けようとして、精神を病んで疲れ切ってしまった、ヘイトにも疲れ切った。終わりだ」とInstagramに投稿したこともある。


いくら恨みを持たれていても殺す事はないだろう、、


だが優しい一面もあったようだ。
ファンのキッズ達にはとても優しかったという。



プライベートの言動などには問題があったようだが、ファンもいた。

まあエックステンタシオンはそのファンも殴っていたようだが、、





しかし若い才能が亡くなるのは悲しいものだ、歳を取れば丸くなる可能性だってあった。





なお、突然の訃報を受けてカニエ・ウエストやディプロらが以下のような追悼コメントを発表している。

カニエ・ウェスト:「直接言えずじまいだったけど、君にはものすごく影響をもらったよ。存在してくれてありがとう」


ディプロ:「彼は天才だった。本物のアーティストだ。自分だけのルールを作り上げてた。失敗をしたこともあっただろうけど、彼はまだ若かったし、努力を惜しまなかった。常に上を目指していたんだ。そして、他人への愛も深かった。キッズたちにとても優しくしていたんだ。

創造力も他とは比べものにならないほど豊かで、この週末に送ってくれたメールには俺とスクリレックスの次回作へのアドバイスが書かれていた。今週、彼をLAに呼んでいたところだったんだ。いつ来てくれるかなって、考えていたところだった。

人生のすべてを音楽に捧げた彼は、フロリダを象徴する存在だ。俺は彼のことが大好きだった。約束してくれたように、これからもっと色々な作品を作ってくれるはずだったのに」

J.Cole:「悲しすぎて頭がおかしくなりそうだ。X、安らかに。巨大な才能と計り知れない可能性、そしてより良い人間であろうとする強い願い。彼の家族、友人、そしてファンに神のご加護を」


心よりご冥福をお祈りします。




nice!(4)  コメント(0) 

村田渚伝説の芸人! [芸能人]

バラエティ番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)でブレークを果たしたネプチューンや、くりぃむしちゅー。そんな彼らが、口をそろえて“天才”と評した芸人がいた。その男の名前は村田渚

フォークダンスDE成子坂のツッコミだ。



村田渚は12年前に突然死している(享年35)。


そんな村田渚の死の真相にあった新事実を、プライベートでも親しかった元芸人で現在は映画パーソナリティとして活躍するコトブキツカサが、20日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』で初告白するようだ。


村田渚さんを多くの人に知ってもらうのが芸人仲間達の想いなのかもしれない。

村田渚は本当に優しい性格だったらしく多くの人に慕われていたようだ。
またお笑いを追及しまくった真の芸人だったという。


20日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』ではさまぁ~ずの三村や土田やくりぃむしちゅー。
ピコ太郎で人気が爆発した古坂大魔王らが熱く語るという。






今年5月、さまぁ~ずの三村マサカズさんが、Twitterで、村田さんの墓参りに行ったことを報告し。

三村は村田渚さんの先輩だが、本当に慕っていたのだろう、そうでないと墓参りには行かないから。。


フォークダンスDE成子坂のツッコミとして、多くの芸人たちから一目置かれていた村田さんは、『ボキャブラ天国』の終了後、コンビを解散し、芸人として活動を続けるも、再びお笑い界で輝くことがないまま、2006年11月、クモ膜下出血により突然この世を去ったという。



若い人は「ボキャブラ天国」という番組も知らない方も多いだろう、当然フォークダンスDE成子坂もコトブキツカサも知らない方が多いだろう。


そしてフォークダンスDE成子坂は知っていても、村田渚さんが亡くなっていた事を知らないボキャブラ世代の中年も多いはずだ。




今でも村田の才能を惜しむ芸人たちは多くさまぁ~ずの三村さんをはじめ、くりぃむしちゅーや土田晃之、古坂大魔王ら第一線で活躍する芸人たちが、生前の村田について発言した。


「ツッコミ同士だったんで渚は…。後輩であり、ライバル」と発言したのはさまぁ~ずの三村。

「僕ら世代のトップランナーだった。センセーショナルだったかな…」とツッコミ上手のくりぃむしちゅーの上田晋也さんも絶賛。


「笑いに飢えている…っていうか。24時間笑いのことを考えてないといけないんだな、って、すごく学ばせてもらいました」とくりぃむしちゅーの有田哲平さんも続く。

「お笑い熱すごい…この人売れるんだろうなと」元Uターンの土田さんも語る。

「この人といたら何でもボケられる。唯一無二」と古坂大魔王さんも続いた。



そんな村田さんにとって最後の相方・松丘慎吾(現お笑いコンビ・チャイムのだんな)や、「今までの人生で一番面白いと思った」と慕う後輩のバイきんぐ・小峠英二も登場し、その死を惜しんだ。


バイきんぐの小峠は最近の芸人だと思っていたが、昔から活動をしていたのは意外だ。




そして、コトブキツカサさんが、これまで語ってこなかった新事実や、最後の姿を初告白するようだ。



村田渚さんのプロフィール


村田 渚。読み方はむらた なぎさ。

1971年7月29日 生まれで2006年11月11日に何と35歳の若さで他界。。



日本のお笑い芸人で血液型はO型。

身長は168cm。

三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)出身、三重県立上野高等学校卒業。関係者からは、「笑いを追求する」ことで知られたという。


爆笑問題の太田も「あいつは天才過ぎて売れなかった」とも語った事があるようだ。

また村田渚さんはとても優しい性格だったといい、もしご生きていたら、今頃活躍していたかもしれない。


村田渚さんはお笑いを追及し性格も優しかったという事なので、惜しい人を亡くした。




お笑い芸人は人を笑わせるとてもカッコいい職業だ。

狭き門をくぐり抜けお茶の間に笑いを届ける


悲しい時や落ち込んでいる時もお笑いを見れば笑顔になることができる。笑う門には副きたる。だ。



村田渚の生きざまを見て、次世代のお笑いスターが生まれると良い。








という事で
20日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ特番『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』
この番組は見逃せませない。

nice!(3)  コメント(0) 

スターダストレビュー根元要さん脳血栓!!大丈夫 [芸能人]

STARDUST REVUEが根本要(G, Vo)が脳血栓!?
大丈夫か?

スターダストレビューの根元要さんは体調不良により、6月16日と23日に開催予定だったイベント「アルバム『還暦少年』リリース記念アコースティック・フリーライブ」および6月17日のFM愛媛の公開録音イベントを中止することを発表した。
 年が年だけに心配する声が多数あがっている。

根本要さんはスターダストレビューのボーカルギター

1957年5月23日生まれの(61歳)
埼玉県行田市出身だ。




スターダストレビューの根本要さんは昨日6月12日に体調不良を訴え医師による診断を受けたところ、脳に小さな血栓が見つかり急遽入院。





10日から2週間程度の点滴と内服による治療での退院が見込まれており、7月7日よりスタートするライブツアー「楽園音楽祭2018」は予定通り開催される。

オフィシャルサイトでは根本のコメントが掲載されており、その中で彼は「僕の症状ですが すこぶる元気です」「あんまりにも暇なので 症状や治療についてもっと語りたいのですが あいつはしゃべりだけでなく 文章も長い!と言われそうなので この辺で終わります」と元気な様子をつづり、「夏にはサイボーグ化した還暦少年をお見せします ご期待下さいね」とファンへメッセージを送っている。


根元要さんは巧みな話術ゆえにコンサートでは長く喋り過ぎることがしばしばあるが、「今日はあまり喋りません。純粋に音楽を楽しんでください。」と言うと、客からはブーイングが起こる。

このようにステージトークも期待されている、ミュージシャンとしては稀有な存在だ。

コンサートに占めるトークの割合は3割に達し、対策として舞台に回転灯が設置される事も、、喋り過ぎると光るという。

そんなに喋りが巧いならもっとテレビに出れば良いのに、、と思う人はいると思うが、それがスターダストレビュー根元要なのだろう。


熱烈なファンが多いのも頷ける。

早く治して復帰して欲しいが無理だけはしないで欲しい。









nice!(5)  コメント(0) 

森田童子さん今年の春に亡くなっていた、、本人は引退していたが平成米不足の93年に大ヒット [芸能人]

大ヒットドラマ「高校教師」の主題歌を歌った森田童子さんが死去していた、、

平成大不況、平成米不足、援助交際、、などの時代に大ヒットした曲「ぼくたちの失敗」を作り出したシンガーソングライターだ。
しかし、大ヒットした時には本人は既に引退していたという。

1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くなっていたことが11日、分かった。65歳だった。日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。死因は明らかにされていないが心不全との噂もある。

ここまで謎に包まれたシンガーも珍しい。大ヒットしたら欲が出て活動再開をしそうなものだが、マスコミからのインタビューさえもシャットアウトしていたという。


 森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの ともだち」でデビュー。

若さとむなしさが充満する歌詞と、語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を出した。

しかしネットもない時代でもあり全国的にはほぼ無名であった森田童子、ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公演後、活動を休止した。

明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出なかった。




1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。

1993年といえば平成米騒動と呼ばれた米不足が社会問題となった年でもある。冷夏の影響と言われている。タイ米やアメリカ米が輸入されるほどの騒ぎとなった。
森田童子の「ぼくたちの失敗」はそんな時代背景にもあっていたのかもしれない。



春の木漏れ日の中で君の優しさに溺れていた僕は弱虫だったんだよね、、

心に突き刺さるような歌声と歌詞。
どこか懐かしいフレーズは大ヒットの要因だろう。
当時から考えても古い言葉が随所に出てきた、例えば

地下のジャズ喫茶 
ストーブ代わりの電熱器

などだ。当時はあまり深く考えていなかったが、昭和に生まれた歌だったからだ。





2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚光を浴びていた。

わずか7年で引退した森田童子さんはサングラスをとる事もなく、素顔は公にされていない。私生活も全くの謎だった。
徹底的なアーティストだったのだろう。

それが曲だけでも長年愛されていたのだから歌のパワーは凄まじい。



心よりご冥福を、お祈りします。





nice!(3)  コメント(0) 

RADWIMPSの略がRADとは知らなかった。野田洋次郎謝罪!なぜ? [芸能人]

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が話題になっている件について6月11日、ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんが自身のTwitterでコメントを発表した。

まず。
RADWIMPSの略をRADというのを知らなかったので「RAD野田謝罪」と見出しがあってもピンとこなかった。
ワールドカップのフジテレビの応援テーマソングというこの曲、歌詞をみても謝る要素はない。

「戦争美化だ!」とクレームが来ているようだが、「あからさまにそれはこじつけじゃないか?」との意見も多い。


そんなクレームがきたら「日本頑張れ!」的な曲は作れなくなるだろう。アンパンマンのオープニングソングさえもクレームの対象になってしまう。。



しかしRADWIMPSの野田洋次郎は

「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」などと謝罪している。

「HINOMARU」は6日に発売したニューシングル『カタルシスト』に収録されているカップリングソング。

<風にたなびくあの旗に/古(いにしえ)よりはためく旗に>というフレーズから始まる同楽曲は、<この身体に流れゆくは/気高きこの御国の御霊>や、< さぁいざゆかん/日出づる国の/御名の下に>といった、愛国心を思わせるフレーズがちりばめられている。

この歌詞に対して、ネット上では「愛国歌と同じセンスで少しゾッとした」「国に誇りを持つということの難しさについて、ちょっとあぶないぞと思った」といった声や、「フジテレビのW杯サッカーのテーマ曲だから普通に日本を背負って試合に向けての闘志みたいな意味じゃないの?」「RADらしくないってなんだよ、RADが作ったんだからRADなんだよ」などさまざま意見が飛び交っていた。







そんななか、きょう6月11日にRADWIMPS野田洋次郎がTwitterを更新。英語と日本語で、「HINOMARU」の歌詞が話題になっていることについて更新。

一部をあげると

☆☆この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです。☆☆

とも書いてある。
戦争を美化しているわけでもなく、日本が本当に好きなんだろうな、、と思える素晴らしい曲だ。



忘れもしない2011.3.11の東日本大震災での多くの日本人が見せた気高さ、道徳心は世界中から絶賛された。

今回のサッカーワールドカップに期待している人はあまり多くないかもしれない、しかし闘志を燃やして頑張って欲しいと応援する人は多い。
むしろRADWIMPSには良い曲をありがとう!と言いたい人の方が多いかもしれない。











nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | - 芸能人 ブログトップ