So-net無料ブログ作成
検索選択
話題の企画 ブログトップ

スーパーマリオブラザーズがカラオケ配信開始!盛り下がるか盛り上がるかは一か八か!! [話題の企画]

「スーパーマリオブラザーズ」のBGMがJOYSOUNDでまさかのカラオケ配信? え、歌詞あるの?

 本日2015年12月1日より、「スーパーマリオブラザーズ」でおなじみのBGMがベースとなった楽曲「GO GO マリオ!!」がJOYSOUNDでカラオケ配信される。「えっ まさか、テレッテ テレッテ テ  とか歌うの?」
それとも歌詞があったの?


 「GO GO マリオ!!」が誕生したのは、1985年に放送されたラジオ番組「小峯隆生のオールナイトニッポン」。「スーパーマリオブラザーズ」のBGMにリスナーから募集した歌詞をつけ、ボーカルは謎の歌手“プリンセス・ピーチ”名義で谷山浩子さんが担当していた。

楽曲は1985年に発売された攻略ビデオ「マリオの大冒険」に収録されたほか、2008年には「オールナイトニッポン」40周年を記念したトリビュートアルバムの収録曲としてリリースもされていたそう。



カセットテープのみの販売となり、その希少価値は高くマリオファンの間でレアアイテム化している。

非売品のサンプル盤としてレコードがあり、そちらも手に入れるのが非常に難しい。

もしあったとすれば、かなりのお宝!「開運!なんでも鑑定団」にでも出して鑑定すれば、今田耕司も石坂浩二も驚きの鑑定結果かもしれない。


現実的に手に入るとしたら、2003年に日本青年館で行われた、マリオ&ゼルダビッグバンドライブの模様を収録したライブCDだろう。


こちら
マリオ&ゼルダ ビッグバンドライブCD Soundtrack

これはAmazonで買えるのでゲーム音楽が好きならチェックするべきだろう。



形式: CD
参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,417

OFF: ¥ 607 (20%)
在庫あり。




このように音源として買えるとはいえ、このBGMに歌詞が存在していたことすら知らない世代も多い、
というよりはスーパーマリオ世代でもほとんど知ってる人は少ないはずだ。

しかしながら歌詞を全く知らなくともなぜか自然と歌えるのだ。 これがおなじみのBGMの力だ、後程歌詞を載せるので試しに歌ってみると面白いだろう。







続きを読む


タクシーで心霊スポット巡り。場所の特定は可能か!? [話題の企画]

タクシーに乗って心霊スポットを巡る。そんなツアーを神奈川県に拠点を置くタクシー会社、三和交通が夏季限定で行っている。
 場所が特定できれば自らの車で行ってみたいと思う人もいるだろう。。。


この心霊スポット巡り。業界では異例の試みで、7月24日からこの企画を始めると、すぐにSNSなどで拡散され話題となった。7月上旬に企画を発表すると、わずか3日で完売。予約待ちも30~40組に達している。何せ1日1組らしいので、、
「本当に出る」場所を厳選したという同ツアーだが、果たしてどんな場所を巡るのだろう。
意を決してツアーに参加してみた人の話しを記しておこう。



 8月某日の夜、新横浜駅に待ち合わせて待っていると、時間通りに1台のタクシーがやってきた。運転手と軽くあいさつを交わすと、「1人で大丈夫ですか」と問われた。私は霊感もないし、霊を見たこともない。「自分は大丈夫です」と答えると、「みなさん初めはそう言われるんですよね」と運転手は不敵な笑みを浮かべた。

ホームページによると

~ツアーの概要~
業界初となる”タクシーで行く心霊スポット巡礼ツアー”
新横浜(営業所)周辺のメジャースポットからマイナースポットまでを乗務社員がご案内致します。
新横浜をスタートして「トンネル」~「ガード下」~「廃墟」~「事件現場」~「工場」と雰囲気のあるスポットに
皆様をお連れ致します。運行は7月24日から毎週金曜日と土曜日の各1回運行となり、夜9時に新横浜駅
スタートとなる完全予約制の観光タクシーです。2名~4名様で運行をスタートさせていただきます。
(※お一人様でのご予約は受けられませんので予めご了承ください。)

<リリースに関するお問い合わせ先> 三和交通株式会社 広報担当:小室(コムロ)
TEL:045-471-8361 FAX:045-473-1099 

~~~~~~~~~~~~~~
こうあるように1人では基本予約は受けないようだが、実際は良いらしい。
恐らく乗車料金を1人だと払うのが高額なので複数人いた方が良いのもあるだろう。。


不安を煽るように、安全の保証に関する誓約書にサインをしなければならない。
そしてタクシーは出発。しかし新横浜周辺には話題になるような心霊スポットなどあまり聞かない。。

あるとしたら新横浜の隣小机の小机城址くらいか、、しかし、そこはコースではないようだ。

まずはサラリーマンの霊が出るトンネル。
 日産スタジアムを通りすぎ、環状2号線を走らせると、最初の心霊スポットに到着。人けのない真っ暗な道の先にトンネルだ。

 過去にここでサラリーマンが自殺をしたらしい。少し手前で車を止めると「トンネルの先まで歩いてください。その先でまた迎えにいきますから」

 そう言われ、車から下ろされ、歩いてトンネルを進む。トンネルの入り口付近には防犯カメラが設置されているが、道路全体を見渡す角度に向けられておらず、なぜか真下を向いている。恐らくダミーだろう。



次に向かったのは少女の霊が出るというガード下

 トンネルから少し車を走らせ、人けのないガード下の交差点に到着した。過去に交差点のカーブミラーの前で交通事故が起き、少女が亡くなったという。周辺は畑と空き地で、事故以来ガード下の道は封鎖されて柵が立っている。
「ここは一番"でる"場所です」と運転手は語った。以前来たときは後ろ髪を何かに触られたという。
 単なる脅しか演出か?


 またもや少し距離を置いて車を止め、「交差点までいってみてください」と送り出された。
 恐怖心を抑え、100メートルほどの真っ暗な道を歩く。想像以上に長く感じた。何かに取りつかれるような気がして気味が悪い。


 次は廃虚ホテル
 今ツアー唯一の有名スポットだという場所に来た。廃虚となったラブホテル。地縛霊の集まる場所として知られているという。ツルに巻かれている建物に、落書きが壁にある。
いわゆるグラフィティアート、もしくはグラフィティライターのタグだ。ライターの主張行為だ、こういった廃ホテルなどは格好の場でもある。

このホテルでは黒い影が出入りしているという、、かつてのエントランスから中をのぞいたが、真っ暗で何も見えない。写真を撮ろうと身を乗り出すと、後ろからドンッと何かに押されて体がよろめいた。ついに幽霊が出たか!? 振り返ると、一緒にのぞいていた運転手さんが体を押しただけだった。なかなかの演出だがお客さん次第ではめっちゃ怒られるかもしれない。

恐らく黒い影はグラフィティライターの人影だろう。彼らは警察はもちろん通行人にも見つからないようにタグづけするからだ。(一般的には落書きです)
もしくはホームレスの寝床。こういった建物はそんな類いの人が多いので鉢合わせたら本当に怖い。。



更に事故現場へと向かった。ここは普段から使用する道路だし、殺人事件があった事も有名だ。
しかし、心霊が出る場所とは聞いた事がない。。
しかし、やはり人気のない場所は気味が悪い。




続きを読む


話題の企画 ブログトップ
話題の企画:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
話題の企画 ブログトップ

スーパーマリオブラザーズがカラオケ配信開始!盛り下がるか盛り上がるかは一か八か!! [話題の企画]

「スーパーマリオブラザーズ」のBGMがJOYSOUNDでまさかのカラオケ配信? え、歌詞あるの?

 本日2015年12月1日より、「スーパーマリオブラザーズ」でおなじみのBGMがベースとなった楽曲「GO GO マリオ!!」がJOYSOUNDでカラオケ配信される。「えっ まさか、テレッテ テレッテ テ  とか歌うの?」
それとも歌詞があったの?


 「GO GO マリオ!!」が誕生したのは、1985年に放送されたラジオ番組「小峯隆生のオールナイトニッポン」。「スーパーマリオブラザーズ」のBGMにリスナーから募集した歌詞をつけ、ボーカルは謎の歌手“プリンセス・ピーチ”名義で谷山浩子さんが担当していた。

楽曲は1985年に発売された攻略ビデオ「マリオの大冒険」に収録されたほか、2008年には「オールナイトニッポン」40周年を記念したトリビュートアルバムの収録曲としてリリースもされていたそう。



カセットテープのみの販売となり、その希少価値は高くマリオファンの間でレアアイテム化している。

非売品のサンプル盤としてレコードがあり、そちらも手に入れるのが非常に難しい。

もしあったとすれば、かなりのお宝!「開運!なんでも鑑定団」にでも出して鑑定すれば、今田耕司も石坂浩二も驚きの鑑定結果かもしれない。


現実的に手に入るとしたら、2003年に日本青年館で行われた、マリオ&ゼルダビッグバンドライブの模様を収録したライブCDだろう。


こちら
マリオ&ゼルダ ビッグバンドライブCD Soundtrack

これはAmazonで買えるのでゲーム音楽が好きならチェックするべきだろう。



形式: CD
参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,417

OFF: ¥ 607 (20%)
在庫あり。




このように音源として買えるとはいえ、このBGMに歌詞が存在していたことすら知らない世代も多い、
というよりはスーパーマリオ世代でもほとんど知ってる人は少ないはずだ。

しかしながら歌詞を全く知らなくともなぜか自然と歌えるのだ。 これがおなじみのBGMの力だ、後程歌詞を載せるので試しに歌ってみると面白いだろう。







続きを読む


タクシーで心霊スポット巡り。場所の特定は可能か!? [話題の企画]

タクシーに乗って心霊スポットを巡る。そんなツアーを神奈川県に拠点を置くタクシー会社、三和交通が夏季限定で行っている。
 場所が特定できれば自らの車で行ってみたいと思う人もいるだろう。。。


この心霊スポット巡り。業界では異例の試みで、7月24日からこの企画を始めると、すぐにSNSなどで拡散され話題となった。7月上旬に企画を発表すると、わずか3日で完売。予約待ちも30~40組に達している。何せ1日1組らしいので、、
「本当に出る」場所を厳選したという同ツアーだが、果たしてどんな場所を巡るのだろう。
意を決してツアーに参加してみた人の話しを記しておこう。



 8月某日の夜、新横浜駅に待ち合わせて待っていると、時間通りに1台のタクシーがやってきた。運転手と軽くあいさつを交わすと、「1人で大丈夫ですか」と問われた。私は霊感もないし、霊を見たこともない。「自分は大丈夫です」と答えると、「みなさん初めはそう言われるんですよね」と運転手は不敵な笑みを浮かべた。

ホームページによると

~ツアーの概要~
業界初となる”タクシーで行く心霊スポット巡礼ツアー”
新横浜(営業所)周辺のメジャースポットからマイナースポットまでを乗務社員がご案内致します。
新横浜をスタートして「トンネル」~「ガード下」~「廃墟」~「事件現場」~「工場」と雰囲気のあるスポットに
皆様をお連れ致します。運行は7月24日から毎週金曜日と土曜日の各1回運行となり、夜9時に新横浜駅
スタートとなる完全予約制の観光タクシーです。2名~4名様で運行をスタートさせていただきます。
(※お一人様でのご予約は受けられませんので予めご了承ください。)

<リリースに関するお問い合わせ先> 三和交通株式会社 広報担当:小室(コムロ)
TEL:045-471-8361 FAX:045-473-1099 

~~~~~~~~~~~~~~
こうあるように1人では基本予約は受けないようだが、実際は良いらしい。
恐らく乗車料金を1人だと払うのが高額なので複数人いた方が良いのもあるだろう。。


不安を煽るように、安全の保証に関する誓約書にサインをしなければならない。
そしてタクシーは出発。しかし新横浜周辺には話題になるような心霊スポットなどあまり聞かない。。

あるとしたら新横浜の隣小机の小机城址くらいか、、しかし、そこはコースではないようだ。

まずはサラリーマンの霊が出るトンネル。
 日産スタジアムを通りすぎ、環状2号線を走らせると、最初の心霊スポットに到着。人けのない真っ暗な道の先にトンネルだ。

 過去にここでサラリーマンが自殺をしたらしい。少し手前で車を止めると「トンネルの先まで歩いてください。その先でまた迎えにいきますから」

 そう言われ、車から下ろされ、歩いてトンネルを進む。トンネルの入り口付近には防犯カメラが設置されているが、道路全体を見渡す角度に向けられておらず、なぜか真下を向いている。恐らくダミーだろう。



次に向かったのは少女の霊が出るというガード下

 トンネルから少し車を走らせ、人けのないガード下の交差点に到着した。過去に交差点のカーブミラーの前で交通事故が起き、少女が亡くなったという。周辺は畑と空き地で、事故以来ガード下の道は封鎖されて柵が立っている。
「ここは一番"でる"場所です」と運転手は語った。以前来たときは後ろ髪を何かに触られたという。
 単なる脅しか演出か?


 またもや少し距離を置いて車を止め、「交差点までいってみてください」と送り出された。
 恐怖心を抑え、100メートルほどの真っ暗な道を歩く。想像以上に長く感じた。何かに取りつかれるような気がして気味が悪い。


 次は廃虚ホテル
 今ツアー唯一の有名スポットだという場所に来た。廃虚となったラブホテル。地縛霊の集まる場所として知られているという。ツルに巻かれている建物に、落書きが壁にある。
いわゆるグラフィティアート、もしくはグラフィティライターのタグだ。ライターの主張行為だ、こういった廃ホテルなどは格好の場でもある。

このホテルでは黒い影が出入りしているという、、かつてのエントランスから中をのぞいたが、真っ暗で何も見えない。写真を撮ろうと身を乗り出すと、後ろからドンッと何かに押されて体がよろめいた。ついに幽霊が出たか!? 振り返ると、一緒にのぞいていた運転手さんが体を押しただけだった。なかなかの演出だがお客さん次第ではめっちゃ怒られるかもしれない。

恐らく黒い影はグラフィティライターの人影だろう。彼らは警察はもちろん通行人にも見つからないようにタグづけするからだ。(一般的には落書きです)
もしくはホームレスの寝床。こういった建物はそんな類いの人が多いので鉢合わせたら本当に怖い。。



更に事故現場へと向かった。ここは普段から使用する道路だし、殺人事件があった事も有名だ。
しかし、心霊が出る場所とは聞いた事がない。。
しかし、やはり人気のない場所は気味が悪い。




続きを読む


話題の企画 ブログトップ