So-net無料ブログ作成
検索選択

甲冑侍のカップヌードルのCMがかっこいい!侍の正体とは?甲冑の中の人は誰なのか?海外の反応も気になる。 [テレビ]

またも個性的なCMをカップヌードルが作った。
甲冑を装備した侍が圧倒的パフォーマンスを披露!!
2016/11のカップヌードルCMパフォーマンスの内容とはサーフィン、スケートボード、BMX、スキー、スラックイン(綱渡りパフォーマンス)、ポゴスティック、サッカーのリフティングフリースタイラー。7つの競技で7人が甲冑を着てパフォーマンス!!

果たして侍の素顔、正体は誰なのか?甲冑の中は実は外国人なのでは?不明だからミステリアス。海外の反応も気になるところだ。

CMの内容は
海岸で海水浴を楽しむ人たちは、ある人物の登場にざわめき始め。現れたのは甲冑姿の侍。しかもサーフボードに乗って海上を疾走している。
世界各地に甲冑姿の“SAMURAI”が現れ、超絶パフォーマンスを披露する動画『カップヌードルCM “7SAMURAI 篇”』が11月15日に公開。こいつら一体何者だ!?甲冑の中は誰なのか?カップヌードル侍の正体とは?

まずサーフボードで波を超えていくSAMURAI、次に映像が切り替わりスケートボードに乗ってスケートパークを疾走するSAMURAI

次に槍を手に長い角を備えた兜姿のSAMURAI BMXライダー、通りすがりの自転車の老人が思わず振り替える。そして2本の刀をストックにしてトリックを決めるSAMURAI スキーヤー。

更にSAMURAIには女性もいる。






続きを読む


2017年不機嫌な果実みどころは栗山千明のヌード解禁はあるか?稲垣吾郎のSMAP解散後の大仕事!今後を左右する!! [テレビ]

不機嫌ね果実が再び!!

現在2016年、今年は不倫イヤーだった。
誰かが不倫するも叩く!!そんな風潮があった。

しかし、見るのは大好き!!きっと心のどこかに誰しも不倫願望があるのかもしれない。。


女優の栗山千明主演で4月期に放送されたテレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』のその後を描くスペシャルドラマが来年1月に放送されることが明らかになったのだ。

タイトルは『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~』。栗山はじめ、市原隼人、高梨臨、稲垣吾郎ら“不機嫌ファミリー”が再集結。前作の最終回で「もう不倫は卒業!」と誓ったはずなのに…、“3年目の浮気”から始まる三角関係は泥沼化していく。

3年目の浮気くらい多めに見ろよ、、
そんな歌があったが、そこで「あっ いいよ!いいよ!」ではつまらない。


前作では濃厚ラブシーンも演じきった栗山千明の次の次元も楽しみだ。つまり禁断の栗山千明ヌード解禁はあるのか?

 作家・林真理子氏の同名小説を原作とする連続ドラマでは、「夫だけでは、満たされない」をキャッチコピーに、夫・航一(稲垣)との結婚生活への不満を募らせた主人公・麻也子(栗山)が、情熱的な音楽評論家・通彦(市原)と“禁断の愛”に溺れていく様を中心に、男女6人の“禁断の恋模様”を赤裸々に描き、ネット上では「登場人物がクズばかりなのに、楽しい!」と話題になった。

★2017不機嫌な果実のみどころとは?







続きを読む


逃げ恥の人気の秘密を探る。逃げ恥を実生活に生かす。→結果!!良いパートナーを見つける [テレビ]

 女優の新垣結衣とミュージシャンであり俳優の星野源が“契約結婚”夫婦を演じる連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)通称「逃げ恥」が好調だ。

人気の秘密を探る

初回の平均視聴率10.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)から、第2話12.1%、第3話12.5%、第4話13.0%と右肩上がりに上昇している。その人気の理由のひとつには、“偽装恋愛フォーマット”という少女漫画やドラマでよく見られる定番のスタイルにある。さらに『逃げ恥』には、“現代”または“不況な時代”ならではのアレンジが施された“偽装恋愛”の姿が描かれている。

この逃げ恥人気を実生活に生かせないか?

逃げ恥を実生活に生かすには仕事で女性パートナーを作り偽装恋愛してみることだ。
きっと面白い。


 “偽装恋愛フォーマット”はラブコメディ系の王道スタイルのひとつで、「仕方なく最初は恋人のふりをしていたつもりだったのに、いつの間にか本気で好きなっちゃったかも……」という心の揺れや絶妙な距離感、じわじわと本気恋愛に発展するストーリー展開が見どころ。

『逃げ恥』もその例にもれず、新垣演じる「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくりが、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と契約結婚し、“わけありの新妻”として生活を始めていくなかで少しずつ心を開いていく姿が描かれていく。

 このフォーマットは、いちジャンルとして古くから手を変え品を変えさまざまに表現されており、なかでもブロードウェイミュージカルから1964年にオードリー・ヘップバーン主演で映画化された『マイ・フェア・レディ』や、1990年の映画『プリティ・ウーマン』などが代表格。日本では主に少女漫画のなかで発展していき、速水もこみちが“理想の恋人”フィギュアを演じた『絶対彼氏。』(2008年)をはじめとして、山崎賢人の“壁ドン”も話題となった映画『L・DK』(2014年)、同じく山崎と二階堂ふみ主演の映画『オオカミ少女と黒王子』(2016年)、中島健人主演の映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016年)など数多くの作品が実写化されている。


逃げ恥の人気の秘密はやはりガッキーの可愛いらしさに尽きる。
チアリーダーのガッキーが見れるのはかなり珍しい!!







続きを読む


織田裕二の新ドラマが不評!?パクり?いやいや新境地だ! [テレビ]

10月16日に始まった新しいドラマを録画していたので昨日みてみた。

そのドラマは『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)だ。

率直な感想は織田裕二が不自然すぎる!

織田裕二の主演ドラマ「IQ246」の初回視聴率13.1%となかなかの好スタート。

しかし、誰もが織田裕二(48)の演技に違和感を覚えたはずだ。
「不自然すぎる」「気持ち悪い」などと批判がネットでは殺到。

誰かに似ている、似せている?たまたま似ちゃっているのか?

内容は推理ミステリー、織田裕二演じる切れ者の法門寺沙羅駆が難事件を暴いていく。
これはテレビ朝日系で人気のドラマ「相棒」やかつてのフジテレビ系人気ドラマ「古畑仁三朗」と展開はにている。

展開が似ているだけならまだしも、織田裕二の“怪演”は「相棒」の水谷豊の杉下右京にしゃべり方がそっくりなのだ。

これには当然賛否が沸き起こる。

織田裕二は不自然なまでに鼻にかけたような不思議な喋り方をしており違和感を感じる。







しかし、織田裕二の新境地とも言える吹っ切れた演技は癖になるかもしれない。
違和感のもう1つの理由は織田裕二扮する法門寺沙羅駆がなぜか貴族の末裔なのに日焼けで真っ黒で貴族らしさがまるでないのだ。
織田裕二から貴族の末裔の匂いはまるでない。


「IQ246」という天才的な頭脳を武器に難事件を解決していく推理ミステリー。護衛を任された新人刑事・和藤奏子に土屋太鳳(21)、沙羅駆を補佐する優秀なイケメン執事・賢正にディーン・フジオカ(36)、死体好きの変人監察医・森本朋美に中谷美紀(40)と豪華キャストが配されている。

今人気急上昇中のディーンフジオカや土屋太凰お目当てで見た人も多いはず。
織田裕二以外の配役や人選はさほど悪くない。


さらに、第一話では俳優の石黒賢(50)が犯人役でゲスト出演。


織田と石黒といえば、90年代の名ドラマ『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)が思い起こされるが、劇中で「振り返っても奴はいない!」というパロディセリフが飛び出すなど明らかに意識したキャスティングだった。これも今までの織田の主演ドラマから考えると異例だったという。

「織田は非常にプライドが高く、過去のヒット作にすがっているようなイメージを嫌う。『踊る〜』の続編や映画版への出演を渋り、なかなか制作が進まなかったほどだという。

今回はプライベートでも親友の石黒ということもあって起用になったが、一昔前なら絶対に承諾しなかったでしょう。過去作のパロディセリフを入れるなんてもってのほかだったはずです」(芸能関係者)他局のドラマや自身の過去のヒット作をオマージュした内容に織田裕二の苦境が感じられるとも指摘されている。



相棒の水谷豊に似ているのには訳があった。
「織田は往年の海外ドラマ『名探偵ポワロ』を意識しており、日本語吹替版と喋り方がそっくりになっている。

一方の水谷も『相棒』の杉下右京は『ポワロ』を参考にしている。キャラが被ってしまうのは必然なのだが、十数年も続いている『相棒』の後にやれば視聴者が『右京さんソックリ』と感じるのも無理はなく、パクリ疑惑を騒がれても仕方ありません」(芸能関係者)

 単に「参考元」が同じで似てしまったなら仕方ないが、さらに同作はオープニング映像や先に犯人が明示されて主人公が追いつめていく展開などが人気ドラマ『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)と酷似。

 これも今作は主人公の名前「ほうもんじ・しゃらく」からも分かるようにシャーロックホームズをオマージュした作品であり、同じくホームズから強い影響を受けた『古畑』と似てしまうのは必然だのだが、結果として人気推理ドラマの「寄せ集め」という印象になり、それがパクリ疑惑に拍車を掛けている。



「織田は『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)で日本屈指のトップ俳優になりましたが、それ以降はヒット作が生み出せていません。本人はかなり焦りがあるらしく、それがキャラづくりの迷走につながってしまった感がある。織田クラスの俳優なら似たような既存キャラクターがあれば避けるのが当然の策ですが、それができないほど追いつめられているとも言えそうです」(前出・関係者)

山本高広にモノマネをされて拒絶した過去がある織田裕二。
実は小さい男なのではないか?と疑惑まである。

そんな織田裕二がモノマネしやすいキャラでドラマに挑んだのだ。

ある意味一皮剥けたのかもしれない。

 

 プライドをかなぐり捨てた甲斐あって好スタートとなった。だが、3年前に主演した『Oh, My Dad!』(フジテレビ系)は初回視聴率13.3%(同)と好発進しながら右肩下がりに数字を落とし、最終的には全話平均視聴率 9.2%(同)で「失敗作」の烙印を押されている。

 苦悩の末に生み出された織田の“怪演”が視聴者に受け入れられるのか、それとも拒絶されてしまうのか。その結果によって視聴率が左右され、窮地となっている織田の俳優人生も大きく変わることになりそうだ。■■最新記事■■

*ジャネット・ジャクソン妊娠!50歳で!?驚愕

*ボブ・ディランのノーベル賞は納得か否か?

*卓球世界一の美少女平野美宇の今後を見る



*Hi-STANDARDのゲリラ発売CDの感想!レビュー



*ベッキー遂にワイドナショーに出演!批判はまだ多い、、


*加藤茶が1位!!これ何の順位?

*真矢みきの例えツッコミが絶妙!!川谷絵音を○○と!!



■■有名人の姓名判断■■

*因幡晃とは何者か?占ってみた


*泉里香が可愛い!!性格はどんな?


*L⇔Rの黒沢建一さん脳腫瘍を告白。大丈夫か?



*小杉竜一の今後を分析!!ヘソがキモいが大丈夫か!?

*キングオブコント王者芸人ライスの二人を分析!!同期や芸風、今後とは?

*宮崎あおいの凄さを分析!!


*ハマの番長!三浦引退!イチローと同い年!ショック!自撮りマスターとしても有名(うますぎて合成チック(笑))画像あり


*ますおかの岡田の娘岡田結実の魅力、凄さ、運勢とは!!?特殊な運命を持つ女性だった


*両津勘吉の姓名判断が興味深い!


*あの高畑裕太の過去の奇行がヤバイ!姓名判断もやばい


*優香と青木崇高の運勢とは!?


*浅野忠信と交際の中田クルミとは?姓名判断あたってるきがする




「東京タラレバ娘」面白いのか?吉高由里子の演技が鍵か?事前評価や反応は上々 [テレビ]

吉高由里子主演『東京タラレバ娘』実写化にネットの反応、評価とは?



東村アキコの人気漫画『東京タラレバ娘』(講談社)が女優の吉高由里子主演で2017年1月に日本テレビ系でドラマ化されることになった。

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」という脚本家の倫子・33歳が、同世代の旧友2人と、もう若くないけどイケてないわけじゃないし諦める年でもない……と都会のアラサー女子ならではの葛藤を肴に飲んだくれる……というストーリー。

見ているアラサーも自分と重ねあわせて自分に酔ってみるのも良いだろう。「こんな私達だけど、最後に勝つのは私よ」とでも言うように、、


タラレバ娘の実写化ドラマへのインターネット上のリアルな反応と事前評価を、Twitterからチェックしてみる。

共感もあるだろうが憧れもあるだろう。脚本家など一握りの人間しかなれない。イケてないわけじゃない人間は多いが、イケてない人間も多い。。 
タラレバ娘はダメダメではない、お洒落でかっこいい。
タラレバ娘達は恋愛をしている。その手のストーリーがやはり大部分を占めそうだ。


恋愛をできる女性ならば救いの手はある、恋愛のできないアラサー女性、男性に見向きもされないアラサー女性の数は多い。そんなアラサー女性の憧れにもなり得る「タラレバ娘」吉高由里子の2年ぶり連ドラ主演もどう演じるか。
 『東京タラレバ娘』



人気漫画のドラマ化に加え、代表作とも言える朝の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK総合)以来、吉高由里子が2年ぶりに連続ドラマに主演することでも話題の『東京タラレバ娘』。吉高由里子はどこからどう見ても美女、まず普通に生活していたらお目にかかる事のない美女。
 
そんな美女が「充実しきれていないアラサーの生活」をどう演じるかが見ものだ。



原作はアラサー女性には耳が痛い“あるあるネタ”と笑いの詰まった、30代女性としてはパンドラの箱を開けられたような作品だ。

原作の絵を見てもわかるように
可愛い女性だ

  









続きを読む


テレビ:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

甲冑侍のカップヌードルのCMがかっこいい!侍の正体とは?甲冑の中の人は誰なのか?海外の反応も気になる。 [テレビ]

またも個性的なCMをカップヌードルが作った。
甲冑を装備した侍が圧倒的パフォーマンスを披露!!
2016/11のカップヌードルCMパフォーマンスの内容とはサーフィン、スケートボード、BMX、スキー、スラックイン(綱渡りパフォーマンス)、ポゴスティック、サッカーのリフティングフリースタイラー。7つの競技で7人が甲冑を着てパフォーマンス!!

果たして侍の素顔、正体は誰なのか?甲冑の中は実は外国人なのでは?不明だからミステリアス。海外の反応も気になるところだ。

CMの内容は
海岸で海水浴を楽しむ人たちは、ある人物の登場にざわめき始め。現れたのは甲冑姿の侍。しかもサーフボードに乗って海上を疾走している。
世界各地に甲冑姿の“SAMURAI”が現れ、超絶パフォーマンスを披露する動画『カップヌードルCM “7SAMURAI 篇”』が11月15日に公開。こいつら一体何者だ!?甲冑の中は誰なのか?カップヌードル侍の正体とは?

まずサーフボードで波を超えていくSAMURAI、次に映像が切り替わりスケートボードに乗ってスケートパークを疾走するSAMURAI

次に槍を手に長い角を備えた兜姿のSAMURAI BMXライダー、通りすがりの自転車の老人が思わず振り替える。そして2本の刀をストックにしてトリックを決めるSAMURAI スキーヤー。

更にSAMURAIには女性もいる。






続きを読む


2017年不機嫌な果実みどころは栗山千明のヌード解禁はあるか?稲垣吾郎のSMAP解散後の大仕事!今後を左右する!! [テレビ]

不機嫌ね果実が再び!!

現在2016年、今年は不倫イヤーだった。
誰かが不倫するも叩く!!そんな風潮があった。

しかし、見るのは大好き!!きっと心のどこかに誰しも不倫願望があるのかもしれない。。


女優の栗山千明主演で4月期に放送されたテレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』のその後を描くスペシャルドラマが来年1月に放送されることが明らかになったのだ。

タイトルは『不機嫌な果実スペシャル~3年目の浮気~』。栗山はじめ、市原隼人、高梨臨、稲垣吾郎ら“不機嫌ファミリー”が再集結。前作の最終回で「もう不倫は卒業!」と誓ったはずなのに…、“3年目の浮気”から始まる三角関係は泥沼化していく。

3年目の浮気くらい多めに見ろよ、、
そんな歌があったが、そこで「あっ いいよ!いいよ!」ではつまらない。


前作では濃厚ラブシーンも演じきった栗山千明の次の次元も楽しみだ。つまり禁断の栗山千明ヌード解禁はあるのか?

 作家・林真理子氏の同名小説を原作とする連続ドラマでは、「夫だけでは、満たされない」をキャッチコピーに、夫・航一(稲垣)との結婚生活への不満を募らせた主人公・麻也子(栗山)が、情熱的な音楽評論家・通彦(市原)と“禁断の愛”に溺れていく様を中心に、男女6人の“禁断の恋模様”を赤裸々に描き、ネット上では「登場人物がクズばかりなのに、楽しい!」と話題になった。

★2017不機嫌な果実のみどころとは?







続きを読む


逃げ恥の人気の秘密を探る。逃げ恥を実生活に生かす。→結果!!良いパートナーを見つける [テレビ]

 女優の新垣結衣とミュージシャンであり俳優の星野源が“契約結婚”夫婦を演じる連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)通称「逃げ恥」が好調だ。

人気の秘密を探る

初回の平均視聴率10.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)から、第2話12.1%、第3話12.5%、第4話13.0%と右肩上がりに上昇している。その人気の理由のひとつには、“偽装恋愛フォーマット”という少女漫画やドラマでよく見られる定番のスタイルにある。さらに『逃げ恥』には、“現代”または“不況な時代”ならではのアレンジが施された“偽装恋愛”の姿が描かれている。

この逃げ恥人気を実生活に生かせないか?

逃げ恥を実生活に生かすには仕事で女性パートナーを作り偽装恋愛してみることだ。
きっと面白い。


 “偽装恋愛フォーマット”はラブコメディ系の王道スタイルのひとつで、「仕方なく最初は恋人のふりをしていたつもりだったのに、いつの間にか本気で好きなっちゃったかも……」という心の揺れや絶妙な距離感、じわじわと本気恋愛に発展するストーリー展開が見どころ。

『逃げ恥』もその例にもれず、新垣演じる「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくりが、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と契約結婚し、“わけありの新妻”として生活を始めていくなかで少しずつ心を開いていく姿が描かれていく。

 このフォーマットは、いちジャンルとして古くから手を変え品を変えさまざまに表現されており、なかでもブロードウェイミュージカルから1964年にオードリー・ヘップバーン主演で映画化された『マイ・フェア・レディ』や、1990年の映画『プリティ・ウーマン』などが代表格。日本では主に少女漫画のなかで発展していき、速水もこみちが“理想の恋人”フィギュアを演じた『絶対彼氏。』(2008年)をはじめとして、山崎賢人の“壁ドン”も話題となった映画『L・DK』(2014年)、同じく山崎と二階堂ふみ主演の映画『オオカミ少女と黒王子』(2016年)、中島健人主演の映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016年)など数多くの作品が実写化されている。


逃げ恥の人気の秘密はやはりガッキーの可愛いらしさに尽きる。
チアリーダーのガッキーが見れるのはかなり珍しい!!







続きを読む


織田裕二の新ドラマが不評!?パクり?いやいや新境地だ! [テレビ]

10月16日に始まった新しいドラマを録画していたので昨日みてみた。

そのドラマは『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)だ。

率直な感想は織田裕二が不自然すぎる!

織田裕二の主演ドラマ「IQ246」の初回視聴率13.1%となかなかの好スタート。

しかし、誰もが織田裕二(48)の演技に違和感を覚えたはずだ。
「不自然すぎる」「気持ち悪い」などと批判がネットでは殺到。

誰かに似ている、似せている?たまたま似ちゃっているのか?

内容は推理ミステリー、織田裕二演じる切れ者の法門寺沙羅駆が難事件を暴いていく。
これはテレビ朝日系で人気のドラマ「相棒」やかつてのフジテレビ系人気ドラマ「古畑仁三朗」と展開はにている。

展開が似ているだけならまだしも、織田裕二の“怪演”は「相棒」の水谷豊の杉下右京にしゃべり方がそっくりなのだ。

これには当然賛否が沸き起こる。

織田裕二は不自然なまでに鼻にかけたような不思議な喋り方をしており違和感を感じる。







しかし、織田裕二の新境地とも言える吹っ切れた演技は癖になるかもしれない。
違和感のもう1つの理由は織田裕二扮する法門寺沙羅駆がなぜか貴族の末裔なのに日焼けで真っ黒で貴族らしさがまるでないのだ。
織田裕二から貴族の末裔の匂いはまるでない。


「IQ246」という天才的な頭脳を武器に難事件を解決していく推理ミステリー。護衛を任された新人刑事・和藤奏子に土屋太鳳(21)、沙羅駆を補佐する優秀なイケメン執事・賢正にディーン・フジオカ(36)、死体好きの変人監察医・森本朋美に中谷美紀(40)と豪華キャストが配されている。

今人気急上昇中のディーンフジオカや土屋太凰お目当てで見た人も多いはず。
織田裕二以外の配役や人選はさほど悪くない。


さらに、第一話では俳優の石黒賢(50)が犯人役でゲスト出演。


織田と石黒といえば、90年代の名ドラマ『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)が思い起こされるが、劇中で「振り返っても奴はいない!」というパロディセリフが飛び出すなど明らかに意識したキャスティングだった。これも今までの織田の主演ドラマから考えると異例だったという。

「織田は非常にプライドが高く、過去のヒット作にすがっているようなイメージを嫌う。『踊る〜』の続編や映画版への出演を渋り、なかなか制作が進まなかったほどだという。

今回はプライベートでも親友の石黒ということもあって起用になったが、一昔前なら絶対に承諾しなかったでしょう。過去作のパロディセリフを入れるなんてもってのほかだったはずです」(芸能関係者)他局のドラマや自身の過去のヒット作をオマージュした内容に織田裕二の苦境が感じられるとも指摘されている。



相棒の水谷豊に似ているのには訳があった。
「織田は往年の海外ドラマ『名探偵ポワロ』を意識しており、日本語吹替版と喋り方がそっくりになっている。

一方の水谷も『相棒』の杉下右京は『ポワロ』を参考にしている。キャラが被ってしまうのは必然なのだが、十数年も続いている『相棒』の後にやれば視聴者が『右京さんソックリ』と感じるのも無理はなく、パクリ疑惑を騒がれても仕方ありません」(芸能関係者)

 単に「参考元」が同じで似てしまったなら仕方ないが、さらに同作はオープニング映像や先に犯人が明示されて主人公が追いつめていく展開などが人気ドラマ『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)と酷似。

 これも今作は主人公の名前「ほうもんじ・しゃらく」からも分かるようにシャーロックホームズをオマージュした作品であり、同じくホームズから強い影響を受けた『古畑』と似てしまうのは必然だのだが、結果として人気推理ドラマの「寄せ集め」という印象になり、それがパクリ疑惑に拍車を掛けている。



「織田は『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)で日本屈指のトップ俳優になりましたが、それ以降はヒット作が生み出せていません。本人はかなり焦りがあるらしく、それがキャラづくりの迷走につながってしまった感がある。織田クラスの俳優なら似たような既存キャラクターがあれば避けるのが当然の策ですが、それができないほど追いつめられているとも言えそうです」(前出・関係者)

山本高広にモノマネをされて拒絶した過去がある織田裕二。
実は小さい男なのではないか?と疑惑まである。

そんな織田裕二がモノマネしやすいキャラでドラマに挑んだのだ。

ある意味一皮剥けたのかもしれない。

 

 プライドをかなぐり捨てた甲斐あって好スタートとなった。だが、3年前に主演した『Oh, My Dad!』(フジテレビ系)は初回視聴率13.3%(同)と好発進しながら右肩下がりに数字を落とし、最終的には全話平均視聴率 9.2%(同)で「失敗作」の烙印を押されている。

 苦悩の末に生み出された織田の“怪演”が視聴者に受け入れられるのか、それとも拒絶されてしまうのか。その結果によって視聴率が左右され、窮地となっている織田の俳優人生も大きく変わることになりそうだ。■■最新記事■■

*ジャネット・ジャクソン妊娠!50歳で!?驚愕

*ボブ・ディランのノーベル賞は納得か否か?

*卓球世界一の美少女平野美宇の今後を見る



*Hi-STANDARDのゲリラ発売CDの感想!レビュー



*ベッキー遂にワイドナショーに出演!批判はまだ多い、、


*加藤茶が1位!!これ何の順位?

*真矢みきの例えツッコミが絶妙!!川谷絵音を○○と!!



■■有名人の姓名判断■■

*因幡晃とは何者か?占ってみた


*泉里香が可愛い!!性格はどんな?


*L⇔Rの黒沢建一さん脳腫瘍を告白。大丈夫か?



*小杉竜一の今後を分析!!ヘソがキモいが大丈夫か!?

*キングオブコント王者芸人ライスの二人を分析!!同期や芸風、今後とは?

*宮崎あおいの凄さを分析!!


*ハマの番長!三浦引退!イチローと同い年!ショック!自撮りマスターとしても有名(うますぎて合成チック(笑))画像あり


*ますおかの岡田の娘岡田結実の魅力、凄さ、運勢とは!!?特殊な運命を持つ女性だった


*両津勘吉の姓名判断が興味深い!


*あの高畑裕太の過去の奇行がヤバイ!姓名判断もやばい


*優香と青木崇高の運勢とは!?


*浅野忠信と交際の中田クルミとは?姓名判断あたってるきがする




「東京タラレバ娘」面白いのか?吉高由里子の演技が鍵か?事前評価や反応は上々 [テレビ]

吉高由里子主演『東京タラレバ娘』実写化にネットの反応、評価とは?



東村アキコの人気漫画『東京タラレバ娘』(講談社)が女優の吉高由里子主演で2017年1月に日本テレビ系でドラマ化されることになった。

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」という脚本家の倫子・33歳が、同世代の旧友2人と、もう若くないけどイケてないわけじゃないし諦める年でもない……と都会のアラサー女子ならではの葛藤を肴に飲んだくれる……というストーリー。

見ているアラサーも自分と重ねあわせて自分に酔ってみるのも良いだろう。「こんな私達だけど、最後に勝つのは私よ」とでも言うように、、


タラレバ娘の実写化ドラマへのインターネット上のリアルな反応と事前評価を、Twitterからチェックしてみる。

共感もあるだろうが憧れもあるだろう。脚本家など一握りの人間しかなれない。イケてないわけじゃない人間は多いが、イケてない人間も多い。。 
タラレバ娘はダメダメではない、お洒落でかっこいい。
タラレバ娘達は恋愛をしている。その手のストーリーがやはり大部分を占めそうだ。


恋愛をできる女性ならば救いの手はある、恋愛のできないアラサー女性、男性に見向きもされないアラサー女性の数は多い。そんなアラサー女性の憧れにもなり得る「タラレバ娘」吉高由里子の2年ぶり連ドラ主演もどう演じるか。
 『東京タラレバ娘』



人気漫画のドラマ化に加え、代表作とも言える朝の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK総合)以来、吉高由里子が2年ぶりに連続ドラマに主演することでも話題の『東京タラレバ娘』。吉高由里子はどこからどう見ても美女、まず普通に生活していたらお目にかかる事のない美女。
 
そんな美女が「充実しきれていないアラサーの生活」をどう演じるかが見ものだ。



原作はアラサー女性には耳が痛い“あるあるネタ”と笑いの詰まった、30代女性としてはパンドラの箱を開けられたような作品だ。

原作の絵を見てもわかるように
可愛い女性だ

  









続きを読む