So-net無料ブログ作成

星由里子さん壮絶な人生だったご冥福をお祈りします。 [芸能人]

また昭和のスターが逝ってしまった。。

西城秀樹さんの死去に続いて星由里子さんが亡くなった。

東宝「若大将」シリーズのヒロインなどで知られる女優の星由里子(ほし・ゆりこ、本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが16日深夜、心房細動および肺がんのため、京都市内の病院で死去した。74歳だった。


今年3月まで新作映画の撮影など、女優としての仕事をしていた。

星由里子さんもまた生涯女優だった。




 58年に東宝に入り、芸能活動をスタートさせた。当時のキャッチフレーズは「八重歯のシンデレラ」。59年「すずかけの散歩道」で映画デビューを果たし、その後は浜美枝、田村奈巳と「東宝スリーペット」として売り出された。

 61年にスタートした加山雄三(81)主演の映画「若大将」シリーズのヒロイン、澄子役に起用され、国民的スターとなった。美貌と清楚(せいそ)な魅力を生かし、その後も、68年「忘れるものか」で石原裕次郎さん、69年に「日本侠客伝 花と籠」で高倉健さんと共演するなど銀幕で活躍を続けた。

 90年代に入ると、活躍の場をテレビや舞台に広げた。97年NHK連続テレビ小説「あぐり」や、最近では16年にテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」にも出演していた。

 私生活では、69年に実業家横井英樹さんの長男と結婚したが、わずか3カ月で離婚。75年に脚本家花登筐(はなと・こばこ)さんと再婚したが83年に死別。90年に会社役員と結婚した。







人気女優、星由里子が
肺がんによりなくなった


星由里子は度々
徹子の部屋に出演をしており
現在まで夫と共に京都に移り住み、
夫、姑とともに同居をしていると
明かしていた。


肺がんなど病気と闘っていたことは
今まで明かしていなかった。



2018年5月16日に
京都市の病院でなくなったとされ
家族も急なことだったと語っているという。



星由里子は1969年に
財界人として名を馳せた
横井英樹の長男と結婚をするも
価値観の相違で80日で離婚。

1975年には脚本家の花登筺と
結婚するも1983年に
夫の花登筺がなくなります。

星由里子はそして1990年に
会社役員の夫であり

元旅行代理店勤務で
その後旅館を経営している
同級生である清水正裕と再再婚。



星由里子というと
若大将シリーズのマドンナ。
2013年の徹子の部屋では

当時若大将シリーズで加山雄三が
機嫌悪く歌を歌っている
シーンがあったが、その理由について
星由里子は自分の歌が下手だからだと
思ってはいたものの
誤解だったことを明かす。

実は加山雄三が不機嫌だったのは、
「マドンナ(星由里子)の
ために若大将が
作った歌を披露するのに
歌を知らないはずのマドンナが
デュエットをするのがおかしい」

といった理由だということを
最近わかったとして語っている。



このエピソードは
2017年11月の週刊ポストにて
星由里子が再び語っても居ます。

そのように、星由里子は
ドラマにも出演をしており
TV番組にも精力的に出演していた。

だから星由里子さんは懐かしのスターではなく、いつまでもタレントだった。

星由里子は生涯女優だった

西城秀樹も生涯スターだったが、なくなったのは奇しくも同じ日だった。

心よりご冥福をお祈りします。













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
星由里子さん壮絶な人生だったご冥福をお祈りします。:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

星由里子さん壮絶な人生だったご冥福をお祈りします。 [芸能人]

また昭和のスターが逝ってしまった。。

西城秀樹さんの死去に続いて星由里子さんが亡くなった。

東宝「若大将」シリーズのヒロインなどで知られる女優の星由里子(ほし・ゆりこ、本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが16日深夜、心房細動および肺がんのため、京都市内の病院で死去した。74歳だった。


今年3月まで新作映画の撮影など、女優としての仕事をしていた。

星由里子さんもまた生涯女優だった。




 58年に東宝に入り、芸能活動をスタートさせた。当時のキャッチフレーズは「八重歯のシンデレラ」。59年「すずかけの散歩道」で映画デビューを果たし、その後は浜美枝、田村奈巳と「東宝スリーペット」として売り出された。

 61年にスタートした加山雄三(81)主演の映画「若大将」シリーズのヒロイン、澄子役に起用され、国民的スターとなった。美貌と清楚(せいそ)な魅力を生かし、その後も、68年「忘れるものか」で石原裕次郎さん、69年に「日本侠客伝 花と籠」で高倉健さんと共演するなど銀幕で活躍を続けた。

 90年代に入ると、活躍の場をテレビや舞台に広げた。97年NHK連続テレビ小説「あぐり」や、最近では16年にテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」にも出演していた。

 私生活では、69年に実業家横井英樹さんの長男と結婚したが、わずか3カ月で離婚。75年に脚本家花登筐(はなと・こばこ)さんと再婚したが83年に死別。90年に会社役員と結婚した。







人気女優、星由里子が
肺がんによりなくなった


星由里子は度々
徹子の部屋に出演をしており
現在まで夫と共に京都に移り住み、
夫、姑とともに同居をしていると
明かしていた。


肺がんなど病気と闘っていたことは
今まで明かしていなかった。



2018年5月16日に
京都市の病院でなくなったとされ
家族も急なことだったと語っているという。



星由里子は1969年に
財界人として名を馳せた
横井英樹の長男と結婚をするも
価値観の相違で80日で離婚。

1975年には脚本家の花登筺と
結婚するも1983年に
夫の花登筺がなくなります。

星由里子はそして1990年に
会社役員の夫であり

元旅行代理店勤務で
その後旅館を経営している
同級生である清水正裕と再再婚。



星由里子というと
若大将シリーズのマドンナ。
2013年の徹子の部屋では

当時若大将シリーズで加山雄三が
機嫌悪く歌を歌っている
シーンがあったが、その理由について
星由里子は自分の歌が下手だからだと
思ってはいたものの
誤解だったことを明かす。

実は加山雄三が不機嫌だったのは、
「マドンナ(星由里子)の
ために若大将が
作った歌を披露するのに
歌を知らないはずのマドンナが
デュエットをするのがおかしい」

といった理由だということを
最近わかったとして語っている。



このエピソードは
2017年11月の週刊ポストにて
星由里子が再び語っても居ます。

そのように、星由里子は
ドラマにも出演をしており
TV番組にも精力的に出演していた。

だから星由里子さんは懐かしのスターではなく、いつまでもタレントだった。

星由里子は生涯女優だった

西城秀樹も生涯スターだったが、なくなったのは奇しくも同じ日だった。

心よりご冥福をお祈りします。













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。