So-net無料ブログ作成

ナメクジ亭という偽うどん店が国際信州学院大学という偽大学から無断キャンセルされたニュース、、目的は? [ニュース]

ナメクジ亭なんて店があったら行きたくない!
偽物のうどん店で偽物の大学が無断キャンセルしたという、フェイクニュースが話題だ。


蛞蝓の読み方がナメクジとはわからなかったので高級料亭と言っても信じる人は少なからずいるだろう。

蛞蝓ナメクジと蛤はまぐり どことなく似ているし、蛤蝓亭とかあったら信じそうだ。ハマクジさんのお店としてあり得るかもしれない。
日本には変わった名字の人がいるからだ。

ではどんなフェイクニュースだったのか?
また壮大な仕込みを用意してフェイクニュースを作った目的は何なのか?



無断キャンセル被害のツイートを投稿しているお店があった。

最近は無断キャンセルした大学生のサークルなどが取り上げられている。

また無断キャンセルされて困った店がツイートする事で善意ある人がお客さんとして店に行って食材の無断を減らすと言ったやり取りが最近はよくある。


今回50人の予約が無断キャンセルで困っている投稿した店の名前が「うどんや 蛞蝓亭」だ。

多くの人は読めなかったはずだ。

だからそのまま信じて同情のツイートや拡散をした人は多い。


蛞蝓をコピーペーストして検索すれば読み方はわかる。そして蛞蝓亭を検索すれば偽物の店だとわかる。

「なめくじ亭」なんて店名は食品を出すお店には付けられない名前だ。


そして無断キャンセルした大学。
これも架空だった。

無断キャンセルした大学まで架空だった。

無断キャンセルの加害者であるとした、国際信州学院大学。

こちらも架空の大学だ。




大学の名前を検索すると、ホームページまで丁寧に作られており、イタズラにしては大掛かりすぎるのだ。

しかし、今回うまく話しが大きくなりアクセスは集中したはずだ。
おそらく大掛かりなフェイクニュースでサイトに人を集めて広告収入を狙ったのだろうか?
ただの快楽的なイタズラか?


ホームページを細部まで見ると、大学の歴史や教員紹介ページにふざけた記述があったりと、釣りであることをほのめかす作りともなっている。


手の込んだ仕込みはうどんだけでよい


しかし、手の込んだ仕込みは架空アカウントを数多く作ることでリアルさを出していた!

蛞蝓亭のフェイクニュースには、他にもリアルさを出す演出のためのSNSアカウントが点在していた。

各アカウント同士でのリプ・RTでのやり取りを長期で存在しており、長期的な釣り工作だ。

さらには、今回の事件について架空のSNSアカウントから、批判・同情するツイートを投稿し、話題になることを促進していたという。





国際信州学院大学は 5チャンネルの板の1つである、ニュース速報(VIP)板から生まれたスレが元となって作られた大学であることが発覚している。

それにしても、壮大な釣りのために2ヶ月ほどに渡る念入りな下準備には驚愕の一言。





一方で、誰も不幸にならない「釣り」であり高度なジョークサイトだ!と面白がる人気もいる。

また最近のネットリテラシーの低下に警鐘を鳴らす存在にもなっていることを評価する声もある。


ネットリテラシーとは

「物事を正しく認識できる能力」としての意味で使われることが多い。


つまりネットリテラシーとは

「インターネット上における正しい利用法、活用能力」を表す言葉であり、インターネットの広まりに合わせて発生した言葉である。

具体的にどのような能力のことを示すのかといえば、例えば「ネットを利用して自分の欲する情報を得ることのできる能力」や「その情報が正しいものであるかを判断できる能力」、「ネット絡みのトラブルに巻き込まれないための自衛能力」などが挙げられる。


蛞蝓亭なんて店名はどこか?おかしい?と思う事がネットリテラシーであるし、もし実在する大学が無断キャンセルした!なんてフェイクニュースされたらその大学は批判されるし、良い迷惑だ。


だから大学も偽物で良かった。




ただのイタズラかアクセス集めで広告収入狙いかはわからないが、今後ギリギリの偽ニュースがありそうだ。。
気を付けるべきだ。



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ナメクジ亭という偽うどん店が国際信州学院大学という偽大学から無断キャンセルされたニュース、、目的は?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ナメクジ亭という偽うどん店が国際信州学院大学という偽大学から無断キャンセルされたニュース、、目的は? [ニュース]

ナメクジ亭なんて店があったら行きたくない!
偽物のうどん店で偽物の大学が無断キャンセルしたという、フェイクニュースが話題だ。


蛞蝓の読み方がナメクジとはわからなかったので高級料亭と言っても信じる人は少なからずいるだろう。

蛞蝓ナメクジと蛤はまぐり どことなく似ているし、蛤蝓亭とかあったら信じそうだ。ハマクジさんのお店としてあり得るかもしれない。
日本には変わった名字の人がいるからだ。

ではどんなフェイクニュースだったのか?
また壮大な仕込みを用意してフェイクニュースを作った目的は何なのか?



無断キャンセル被害のツイートを投稿しているお店があった。

最近は無断キャンセルした大学生のサークルなどが取り上げられている。

また無断キャンセルされて困った店がツイートする事で善意ある人がお客さんとして店に行って食材の無断を減らすと言ったやり取りが最近はよくある。


今回50人の予約が無断キャンセルで困っている投稿した店の名前が「うどんや 蛞蝓亭」だ。

多くの人は読めなかったはずだ。

だからそのまま信じて同情のツイートや拡散をした人は多い。


蛞蝓をコピーペーストして検索すれば読み方はわかる。そして蛞蝓亭を検索すれば偽物の店だとわかる。

「なめくじ亭」なんて店名は食品を出すお店には付けられない名前だ。


そして無断キャンセルした大学。
これも架空だった。

無断キャンセルした大学まで架空だった。

無断キャンセルの加害者であるとした、国際信州学院大学。

こちらも架空の大学だ。




大学の名前を検索すると、ホームページまで丁寧に作られており、イタズラにしては大掛かりすぎるのだ。

しかし、今回うまく話しが大きくなりアクセスは集中したはずだ。
おそらく大掛かりなフェイクニュースでサイトに人を集めて広告収入を狙ったのだろうか?
ただの快楽的なイタズラか?


ホームページを細部まで見ると、大学の歴史や教員紹介ページにふざけた記述があったりと、釣りであることをほのめかす作りともなっている。


手の込んだ仕込みはうどんだけでよい


しかし、手の込んだ仕込みは架空アカウントを数多く作ることでリアルさを出していた!

蛞蝓亭のフェイクニュースには、他にもリアルさを出す演出のためのSNSアカウントが点在していた。

各アカウント同士でのリプ・RTでのやり取りを長期で存在しており、長期的な釣り工作だ。

さらには、今回の事件について架空のSNSアカウントから、批判・同情するツイートを投稿し、話題になることを促進していたという。





国際信州学院大学は 5チャンネルの板の1つである、ニュース速報(VIP)板から生まれたスレが元となって作られた大学であることが発覚している。

それにしても、壮大な釣りのために2ヶ月ほどに渡る念入りな下準備には驚愕の一言。





一方で、誰も不幸にならない「釣り」であり高度なジョークサイトだ!と面白がる人気もいる。

また最近のネットリテラシーの低下に警鐘を鳴らす存在にもなっていることを評価する声もある。


ネットリテラシーとは

「物事を正しく認識できる能力」としての意味で使われることが多い。


つまりネットリテラシーとは

「インターネット上における正しい利用法、活用能力」を表す言葉であり、インターネットの広まりに合わせて発生した言葉である。

具体的にどのような能力のことを示すのかといえば、例えば「ネットを利用して自分の欲する情報を得ることのできる能力」や「その情報が正しいものであるかを判断できる能力」、「ネット絡みのトラブルに巻き込まれないための自衛能力」などが挙げられる。


蛞蝓亭なんて店名はどこか?おかしい?と思う事がネットリテラシーであるし、もし実在する大学が無断キャンセルした!なんてフェイクニュースされたらその大学は批判されるし、良い迷惑だ。


だから大学も偽物で良かった。




ただのイタズラかアクセス集めで広告収入狙いかはわからないが、今後ギリギリの偽ニュースがありそうだ。。
気を付けるべきだ。



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。