So-net無料ブログ作成

愛と誠の原画がオークションに!絶対買わないで!とは逆に宣伝になりそうだがモラルを信じるのみ [漫画]

「愛と誠」原画がオークションに 講談社が注意喚起「購入されることないよう」に呼び掛けた事で話題だ。

これは逆に愛と誠の原画オークションを探してしまう人は多いだろう。

「えっ!愛と誠の原画がオークションに出てるの?」と喉から手が出るほど欲しい人が沢山いるからだ。。




 梶原一騎氏原作で、ながやす巧氏作画による漫画「愛と誠」の原画がオークションに出品されたことを受け、講談社が10日、原画購入をしないようとする呼びかけを行った。

 「愛と誠」は 1970年代に週刊少年マガジンで連載され、何度も映像化された大ヒット作品。

ながやす巧さんは原画展は多く開催されているようで大変人気があるのだ。


この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。

この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。






原画はすべて、ながやす氏が管理しているが、講談社によると、連載当時に編集部からやむをえず外部に貸し出しをする機会があり、その際、ごくわずかだが行方のわからなくなった原画があるという。



これは講談社のミスではないのか?


「編集部として当時の原画管理に関する意識の甘さを猛省しています」と記した。

つまり、やはりミスだ。


そして、呼び掛けた
「ながやす巧先生は連載当時から現在に至るまで原画を外部の人に譲渡したり、売却したことは一切ありません。もし、さまざまなオークションや漫画専門店などの店頭で『愛と誠』の原画を目にされることがあったならば、それは紛失もしくは盗まれたものです」と伝え、「どうかそれらの原画を購入されることがないようお願い申し上げる次第です」と注意喚起した。





 また、原画を発見した際は、週刊少年マガジンの編集部への連絡も呼びかけた。

NGY04660.jpg

この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。
ながやす巧さんの原画展は人気があるので、原画が欲しい人は多いはずだ。


そこを漬け込む悪人がいるはず。。


この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。
くれぐれも愛と誠 原画 画像で検索して真似して贋作を書き、これを売る人間がいないことを祈る
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
愛と誠の原画がオークションに!絶対買わないで!とは逆に宣伝になりそうだがモラルを信じるのみ:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

愛と誠の原画がオークションに!絶対買わないで!とは逆に宣伝になりそうだがモラルを信じるのみ [漫画]

「愛と誠」原画がオークションに 講談社が注意喚起「購入されることないよう」に呼び掛けた事で話題だ。

これは逆に愛と誠の原画オークションを探してしまう人は多いだろう。

「えっ!愛と誠の原画がオークションに出てるの?」と喉から手が出るほど欲しい人が沢山いるからだ。。




 梶原一騎氏原作で、ながやす巧氏作画による漫画「愛と誠」の原画がオークションに出品されたことを受け、講談社が10日、原画購入をしないようとする呼びかけを行った。

 「愛と誠」は 1970年代に週刊少年マガジンで連載され、何度も映像化された大ヒット作品。

ながやす巧さんは原画展は多く開催されているようで大変人気があるのだ。


この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。

この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。






原画はすべて、ながやす氏が管理しているが、講談社によると、連載当時に編集部からやむをえず外部に貸し出しをする機会があり、その際、ごくわずかだが行方のわからなくなった原画があるという。



これは講談社のミスではないのか?


「編集部として当時の原画管理に関する意識の甘さを猛省しています」と記した。

つまり、やはりミスだ。


そして、呼び掛けた
「ながやす巧先生は連載当時から現在に至るまで原画を外部の人に譲渡したり、売却したことは一切ありません。もし、さまざまなオークションや漫画専門店などの店頭で『愛と誠』の原画を目にされることがあったならば、それは紛失もしくは盗まれたものです」と伝え、「どうかそれらの原画を購入されることがないようお願い申し上げる次第です」と注意喚起した。





 また、原画を発見した際は、週刊少年マガジンの編集部への連絡も呼びかけた。

NGY04660.jpg

この注意喚起は逆に「愛と誠の原画がオークションにあります!」と宣伝になっている!と話題だ。
ながやす巧さんの原画展は人気があるので、原画が欲しい人は多いはずだ。


そこを漬け込む悪人がいるはず。。


この騒動に乗じて愛と誠の原画の偽物まで出回る可能性もある。、

愛と誠の原画画像で検索して真似して書いて売る悪人もいるかもしれない!

だからこそ、オークションで愛と誠の原画は買わない方がよいだろう。
くれぐれも愛と誠 原画 画像で検索して真似して贋作を書き、これを売る人間がいないことを祈る
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。