So-net無料ブログ作成

無料タクシー登場か?仕掛人は何と15歳で社長になった22歳の吉田拓巳社長!! [社長 企業]

最年少社長として15歳で起業したことで知られる若手実業家が、2019年3月から、日本で初めての無料の配車・運行サービスを始めることが7日、分かった。利用者は専用のアプリを使って配車を受け、車内のディスプレーに店や商品などの情報が流される。


うまくいけば凄い画期的なサービスだ

この社長とは何者なのか?

吉田拓巳社長は凄い武勇伝やエピソードをもっていそうだ。。


無料タクシーは走る広告塔として、運賃に当たる運行コストは広告のスポンサーが負担する仕組み。8日に正式に発表する。

 新会社は「nommoc(ノモック、福岡市)」で、社長は15歳で大型イベントの映像演出などを手がけるセブンセンスを設立した吉田拓巳氏(22)。

無料タクシーでは注意点が必要かもしれない。例えばヘッドホンやイヤホン禁止したりスマホを無駄に見るのも禁止したり。

距離に規制をかけたりと、、様々な疑問点が浮かんでくる。


どうやってこの無料タクシーを成功させるか?

新会社は、日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスのFUNDINNO(ファンディーノ)を通じ、目標額5000万円を調達する。8日夜に募集を開示し、12日から申し込みを受け付ける。





 無料の配車サービスは、社名と同じサービス名で、コンパクトシティーである福岡市の天神を中心に10台ほどでスタートし、東京五輪が開催される2020年をめどに、東京など主要都市での展開を目指す。その後、シンガポールなどの海外市場にも進出する計画だ。







 具体的には、米ウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスのように、スマートフォンの専用アプリで配車を受ける。アプリからは利用者の情報が送られるため、乗車中、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。



 同社によれば、将来的にはAIを活用して利用者の行動パターンを分析したり、好みを学習したりして、顧客と企業のマッチングをより高めるという


これが本当に実現すれば新しい広告の形として定着するかもしれない。


吉田拓巳社長は若いゆえに柔軟な思考を持っているのかもしれない。

吉田拓巳はどれだけ破天荒なのか!?
吉田拓巳は元ヤンキーなのか?

など疑問が沸いてくるがプロフィールは以下の通り


吉田 拓巳(VJ TKMi)(よしだ たくみ、1995年6月29日 - )は、福岡県出身のクリエイター、VJ、実業家。

株式会社セブンセンス代表取締役社長。

15歳で株式会社セブンセンスを創業。

ジャンル問わず数々の物をクリエイションしている。最近では飲食店のプロデュースやプロダクトデザインも手掛ける。


2018年5月に移動を無料化する新サービス「nommoc(ノモック)」の開発の着手を発表した。




2007年4月 VJ TKMi名義でVJ活動を開始。
2011年6月 株式会社セブンセンスを創業。代表取締役社長に就任(現任)


2018年4月 株式会社nommocを創業。代表取締役社長に就任(現任)


あまり、破天荒なエピソードなどはなさそうだ。
そして吉田拓巳は小学生の時からプログラミングをして中学生でVJ(ビジュアルジョッキー)でデビューしたのは、凄いエピソードであり、武勇伝だが、
吉田拓巳はおそらく元ヤンキーではないようだ。

顔も、まだまだ幼い。

しかし吉田拓巳社長は苦労もあったはずだ。



15歳が実際に起業するまで、いかに準備してきたのだろう。

「はじめは法務局に行きました。その中の公証役場という所で設立登記をしました。そこで、作った原始定款を見せて公証人の認証をもらうと、ようやく会社で使う定款ができあがります」

6月28日、福岡法務局において株式会社7senseの登記が完了した。

「登記するだけなら一瞬で終わるんですが、それで完了ではないんです。書類に問題があればあとから連絡がくるので、その分だけ会社の成立が遅くなります。僕も何度か手こずってしまって……誕生日が29日なんですけどぎりぎり15歳のうちに登記が完了できてよかったですね」

若くして起業したという事例は増えてきているが、15歳で起業したという事例はほとんど聞かない。しかし、その前例があまりないゆえに「年齢の壁」という苦難があった。

「未成年だといろいろ規制があって……例えば、未成年だと登記するにも親の承諾の書類が必要だったり、審査が厳しいので銀行口座を作るのも結構手間がかかったり。あと、法務局は平日しか空いていないので、学校を休まないと登記できなかったりとか……」

未成年ゆえに、もちろん信用の問題がある。例えば、話題作りのために若い子の名前だけを借り、名目の代表取締役としているだけではないかと見られることも。

「だから、今は頑張って僕が実際に仕事をやってるっていう証明を出したりしてますね」

同世代に刺激を
「こうやって、僕が15歳のうちに起業したかったのにもわけがあるんです。僕が起業することで、下の世代や上の世代に刺激を与えたかった。こんなに若い奴が会社作ってるのか!とか、自分も負けてられない!という若い世代の人が増えてくれたらいいなあと思ったんです」

彼は起業したが、これまでと特に事業内容は変わるわけではない。要は、起業した事実を作ることで、周囲に刺激を与えたかったのだ。

「若い世代の起業が増えれば、会社法もちょっとづつ変わっていくのかなと思います。例えば、法務局を土日も朝だけでも開けるとか、銀行口座開設の対応が変わるとか」


立派な若者である。。
無料タクシーでは注意点が必要かもしれない。例えばヘッドホンやイヤホン禁止したりスマホを無駄に見るのも禁止したり。

距離に規制をかけたりと、、様々な疑問点が浮かんでくる。


どうやってこの無料タクシーを成功させるか?







今後も吉田拓巳に注目したい。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
無料タクシー登場か?仕掛人は何と15歳で社長になった22歳の吉田拓巳社長!!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

無料タクシー登場か?仕掛人は何と15歳で社長になった22歳の吉田拓巳社長!! [社長 企業]

最年少社長として15歳で起業したことで知られる若手実業家が、2019年3月から、日本で初めての無料の配車・運行サービスを始めることが7日、分かった。利用者は専用のアプリを使って配車を受け、車内のディスプレーに店や商品などの情報が流される。


うまくいけば凄い画期的なサービスだ

この社長とは何者なのか?

吉田拓巳社長は凄い武勇伝やエピソードをもっていそうだ。。


無料タクシーは走る広告塔として、運賃に当たる運行コストは広告のスポンサーが負担する仕組み。8日に正式に発表する。

 新会社は「nommoc(ノモック、福岡市)」で、社長は15歳で大型イベントの映像演出などを手がけるセブンセンスを設立した吉田拓巳氏(22)。

無料タクシーでは注意点が必要かもしれない。例えばヘッドホンやイヤホン禁止したりスマホを無駄に見るのも禁止したり。

距離に規制をかけたりと、、様々な疑問点が浮かんでくる。


どうやってこの無料タクシーを成功させるか?

新会社は、日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスのFUNDINNO(ファンディーノ)を通じ、目標額5000万円を調達する。8日夜に募集を開示し、12日から申し込みを受け付ける。





 無料の配車サービスは、社名と同じサービス名で、コンパクトシティーである福岡市の天神を中心に10台ほどでスタートし、東京五輪が開催される2020年をめどに、東京など主要都市での展開を目指す。その後、シンガポールなどの海外市場にも進出する計画だ。







 具体的には、米ウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスのように、スマートフォンの専用アプリで配車を受ける。アプリからは利用者の情報が送られるため、乗車中、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。



 同社によれば、将来的にはAIを活用して利用者の行動パターンを分析したり、好みを学習したりして、顧客と企業のマッチングをより高めるという


これが本当に実現すれば新しい広告の形として定着するかもしれない。


吉田拓巳社長は若いゆえに柔軟な思考を持っているのかもしれない。

吉田拓巳はどれだけ破天荒なのか!?
吉田拓巳は元ヤンキーなのか?

など疑問が沸いてくるがプロフィールは以下の通り


吉田 拓巳(VJ TKMi)(よしだ たくみ、1995年6月29日 - )は、福岡県出身のクリエイター、VJ、実業家。

株式会社セブンセンス代表取締役社長。

15歳で株式会社セブンセンスを創業。

ジャンル問わず数々の物をクリエイションしている。最近では飲食店のプロデュースやプロダクトデザインも手掛ける。


2018年5月に移動を無料化する新サービス「nommoc(ノモック)」の開発の着手を発表した。




2007年4月 VJ TKMi名義でVJ活動を開始。
2011年6月 株式会社セブンセンスを創業。代表取締役社長に就任(現任)


2018年4月 株式会社nommocを創業。代表取締役社長に就任(現任)


あまり、破天荒なエピソードなどはなさそうだ。
そして吉田拓巳は小学生の時からプログラミングをして中学生でVJ(ビジュアルジョッキー)でデビューしたのは、凄いエピソードであり、武勇伝だが、
吉田拓巳はおそらく元ヤンキーではないようだ。

顔も、まだまだ幼い。

しかし吉田拓巳社長は苦労もあったはずだ。



15歳が実際に起業するまで、いかに準備してきたのだろう。

「はじめは法務局に行きました。その中の公証役場という所で設立登記をしました。そこで、作った原始定款を見せて公証人の認証をもらうと、ようやく会社で使う定款ができあがります」

6月28日、福岡法務局において株式会社7senseの登記が完了した。

「登記するだけなら一瞬で終わるんですが、それで完了ではないんです。書類に問題があればあとから連絡がくるので、その分だけ会社の成立が遅くなります。僕も何度か手こずってしまって……誕生日が29日なんですけどぎりぎり15歳のうちに登記が完了できてよかったですね」

若くして起業したという事例は増えてきているが、15歳で起業したという事例はほとんど聞かない。しかし、その前例があまりないゆえに「年齢の壁」という苦難があった。

「未成年だといろいろ規制があって……例えば、未成年だと登記するにも親の承諾の書類が必要だったり、審査が厳しいので銀行口座を作るのも結構手間がかかったり。あと、法務局は平日しか空いていないので、学校を休まないと登記できなかったりとか……」

未成年ゆえに、もちろん信用の問題がある。例えば、話題作りのために若い子の名前だけを借り、名目の代表取締役としているだけではないかと見られることも。

「だから、今は頑張って僕が実際に仕事をやってるっていう証明を出したりしてますね」

同世代に刺激を
「こうやって、僕が15歳のうちに起業したかったのにもわけがあるんです。僕が起業することで、下の世代や上の世代に刺激を与えたかった。こんなに若い奴が会社作ってるのか!とか、自分も負けてられない!という若い世代の人が増えてくれたらいいなあと思ったんです」

彼は起業したが、これまでと特に事業内容は変わるわけではない。要は、起業した事実を作ることで、周囲に刺激を与えたかったのだ。

「若い世代の起業が増えれば、会社法もちょっとづつ変わっていくのかなと思います。例えば、法務局を土日も朝だけでも開けるとか、銀行口座開設の対応が変わるとか」


立派な若者である。。
無料タクシーでは注意点が必要かもしれない。例えばヘッドホンやイヤホン禁止したりスマホを無駄に見るのも禁止したり。

距離に規制をかけたりと、、様々な疑問点が浮かんでくる。


どうやってこの無料タクシーを成功させるか?







今後も吉田拓巳に注目したい。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。