So-net無料ブログ作成

いときん死去、、やはり重病だった。同士の死は本当に悲しい [芸能人]

 「ET―KING」いときんが死去、、

悲しすぎる。。


いときんは肺腺がんで闘病していた。
気丈に振る舞っていたがやはりいときんは重病だったのだろう。。

昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表した際も気丈に振る舞っていた、そして治療に専念しつつ音楽活動は続けていた。

だからファンは絶対に回復する!と信じていた。それだけに本当に残念だ。

ET-KINGはポップなのでいわゆるUNDERGROUND HIP HOPを好むB-BOYからは敬遠されがちだが、わかる奴にはわかった。

彼らは本物だ、、と。


もちろんキャッチーな曲が多かったのでヒップホップと無縁なファン層もとりこめた。

セールス記録が何よりの証拠だ。
2007年の「愛しい人へ」はデジタル配信で100万ダウンロードを突破するなど大ヒットとなった。


いときんの男気には入院中のエピソードでもわかる。
入院後も病室に音楽機材を持ち込んで曲を作ったというのだ。

4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。

その男気があるからこそ、本当に回復する!そう思っていたファンは多かった。

いときんが公の場に最後に出演したのは昨年12月28日のライブ。およそ1ヶ月前までは元気にライブをしていたのに…


99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんが上原多香子の不倫を苦に自殺。

悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

酒豪で豪傑だが情に熱く、礼儀も正しい「浪花のブルースマン」とも言われていた男「いときん」が亡くなった。死因は肺線ガンだ。




「ギフト」「愛しい人へ」などのヒット曲を持つ浪速のブルースマンが病の前に力尽きた。関係者によると、1月中旬に夫人に心臓の痛みを訴えて病院に緊急搬送されたという。

心臓に水がたまっており心肺停止の状態で、30分間の心臓マッサージで一時持ち直したものの、意識が戻らず家族が看護を続けていた。

 いときんさんは昨年6月の定期健診で異常が見つかり、7月に細胞検査を受けたところステージ4の肺腺がんと診断された。



気丈に振る舞っていたがやはり、いときんは重病だったのだ。



本人に自覚症状はなかったが、脳とリンパ節への転移も判明。8月に病気を公表した。抗がん剤治療は受けず、自宅療養などを続けていた。最近は免疫力を上げるため体力づくりにも励んでいたという。

 ET―KINGは、これまでになかった関西弁を使ったヒップホップで人気を博した。いときんさんはメインライターの一人でもあり、リーダーとしてグループを引っ張った。
いときん入院中のエピソードも泣ける
病室に音楽機材を持ち込んで曲を作ったという。4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。


 豪傑で酒豪、男気にあふれる一方で、繊細で情に厚いことでも知られた。

知人は「曲作りに強いこだわりがあった。歌詞の一つ一つに哲学があった。すてきな曲をもっと世に出してほしかった。本当に残念です」と肩を落とした。

知人でも何でもない、いちファンでも肩を落とす。ファンでもないが同じヒップホップをしている者達も残念がった、同士が死ねば言わずもがな悲しい。



 昨年12月28日に大阪で行われた全国ツアー最終公演が最後の公の場となった。1500人のファンを前に「力もらえました、生きるで。ありがとう」と感謝を口にしていた。

音楽関係者は「あまりにも突然のことでショックだ。ライブに出たのはどうしてもファンに気持ちを伝えたかったのだと思います」と話した。

 99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんの自殺という悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

 ◆いときん(本名山田祥正=やまだ・よしまさ)1979年(昭54)3月3日生まれ。兵庫県三田市出身。旧芸名はイトキン。高校卒業後、97年に大阪の福祉専門学校に進学。99年に大阪でTENNさん、KLUTCHとET―KINGを結成。その後にBUCCI、センコウ、DJBOOBY、コシバKENが加入した。


心よりご冥福をお祈りします。





肺がんの中で最も多く肺の末梢(まっしょう)部分に発生しやすい。進行するまで症状が出にくい。症状としては血痰(けったん)、発熱、全身の倦怠(けんたい)感などがある。ステージ4は、リンパとその他臓器への転移が認められる状態。国立がん研究センターによると5年生存率は4・8%となっている。


 肺がんの治療は主に外科的手術、抗がん剤などの化学療法、放射線療法の3つがあるが、肺腺がんは化学療法、放射線療法が効きにくい。結果として外科的手術が施されることが多い。横浜市の福田医院の福田伴男院長は「肺は血液が循環するので全身にがんが広がりやすい。手術も難しく、放射線治療なども“とりあえず”という程度」と指摘した。

 大阪を拠点に活動する人気ヒップホップグループ「ET―KING」のリーダー、いときん(本名・山田祥正=やまだ・よしまさ)さんが31日、大阪府和泉市内の病院で死去した。38歳。兵庫県三田市出身。昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表し、治療に専念していた。

 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
いときん死去、、やはり重病だった。同士の死は本当に悲しい:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

いときん死去、、やはり重病だった。同士の死は本当に悲しい [芸能人]

 「ET―KING」いときんが死去、、

悲しすぎる。。


いときんは肺腺がんで闘病していた。
気丈に振る舞っていたがやはりいときんは重病だったのだろう。。

昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表した際も気丈に振る舞っていた、そして治療に専念しつつ音楽活動は続けていた。

だからファンは絶対に回復する!と信じていた。それだけに本当に残念だ。

ET-KINGはポップなのでいわゆるUNDERGROUND HIP HOPを好むB-BOYからは敬遠されがちだが、わかる奴にはわかった。

彼らは本物だ、、と。


もちろんキャッチーな曲が多かったのでヒップホップと無縁なファン層もとりこめた。

セールス記録が何よりの証拠だ。
2007年の「愛しい人へ」はデジタル配信で100万ダウンロードを突破するなど大ヒットとなった。


いときんの男気には入院中のエピソードでもわかる。
入院後も病室に音楽機材を持ち込んで曲を作ったというのだ。

4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。

その男気があるからこそ、本当に回復する!そう思っていたファンは多かった。

いときんが公の場に最後に出演したのは昨年12月28日のライブ。およそ1ヶ月前までは元気にライブをしていたのに…


99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんが上原多香子の不倫を苦に自殺。

悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

酒豪で豪傑だが情に熱く、礼儀も正しい「浪花のブルースマン」とも言われていた男「いときん」が亡くなった。死因は肺線ガンだ。




「ギフト」「愛しい人へ」などのヒット曲を持つ浪速のブルースマンが病の前に力尽きた。関係者によると、1月中旬に夫人に心臓の痛みを訴えて病院に緊急搬送されたという。

心臓に水がたまっており心肺停止の状態で、30分間の心臓マッサージで一時持ち直したものの、意識が戻らず家族が看護を続けていた。

 いときんさんは昨年6月の定期健診で異常が見つかり、7月に細胞検査を受けたところステージ4の肺腺がんと診断された。



気丈に振る舞っていたがやはり、いときんは重病だったのだ。



本人に自覚症状はなかったが、脳とリンパ節への転移も判明。8月に病気を公表した。抗がん剤治療は受けず、自宅療養などを続けていた。最近は免疫力を上げるため体力づくりにも励んでいたという。

 ET―KINGは、これまでになかった関西弁を使ったヒップホップで人気を博した。いときんさんはメインライターの一人でもあり、リーダーとしてグループを引っ張った。
いときん入院中のエピソードも泣ける
病室に音楽機材を持ち込んで曲を作ったという。4月25日発売の新アルバム「LIFE」で全曲のレコーディングに参加しており、闘病中も音楽への情熱を燃やし続けた。


 豪傑で酒豪、男気にあふれる一方で、繊細で情に厚いことでも知られた。

知人は「曲作りに強いこだわりがあった。歌詞の一つ一つに哲学があった。すてきな曲をもっと世に出してほしかった。本当に残念です」と肩を落とした。

知人でも何でもない、いちファンでも肩を落とす。ファンでもないが同じヒップホップをしている者達も残念がった、同士が死ねば言わずもがな悲しい。



 昨年12月28日に大阪で行われた全国ツアー最終公演が最後の公の場となった。1500人のファンを前に「力もらえました、生きるで。ありがとう」と感謝を口にしていた。

音楽関係者は「あまりにも突然のことでショックだ。ライブに出たのはどうしてもファンに気持ちを伝えたかったのだと思います」と話した。

 99年にデビューしたET―KINGは2014年4月に活動を休止。同年9月には、上原多香子(35)の夫だったメンバーTENNさんの自殺という悲しみに見舞われたが、それを乗り越え、15年にメンバー6人で活動を再開していた。

 ◆いときん(本名山田祥正=やまだ・よしまさ)1979年(昭54)3月3日生まれ。兵庫県三田市出身。旧芸名はイトキン。高校卒業後、97年に大阪の福祉専門学校に進学。99年に大阪でTENNさん、KLUTCHとET―KINGを結成。その後にBUCCI、センコウ、DJBOOBY、コシバKENが加入した。


心よりご冥福をお祈りします。





肺がんの中で最も多く肺の末梢(まっしょう)部分に発生しやすい。進行するまで症状が出にくい。症状としては血痰(けったん)、発熱、全身の倦怠(けんたい)感などがある。ステージ4は、リンパとその他臓器への転移が認められる状態。国立がん研究センターによると5年生存率は4・8%となっている。


 肺がんの治療は主に外科的手術、抗がん剤などの化学療法、放射線療法の3つがあるが、肺腺がんは化学療法、放射線療法が効きにくい。結果として外科的手術が施されることが多い。横浜市の福田医院の福田伴男院長は「肺は血液が循環するので全身にがんが広がりやすい。手術も難しく、放射線治療なども“とりあえず”という程度」と指摘した。

 大阪を拠点に活動する人気ヒップホップグループ「ET―KING」のリーダー、いときん(本名・山田祥正=やまだ・よしまさ)さんが31日、大阪府和泉市内の病院で死去した。38歳。兵庫県三田市出身。昨年8月にステージ4の肺腺がんであることを公表し、治療に専念していた。

 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。