So-net無料ブログ作成

貴乃花親方の処分に納得できない人続出!! [スポーツ]

貴乃花親方への処分決定に納得いかない人続出!!


八角理事長は「義務を怠ったと説明」
しかし、現場にいた白鳳や鶴竜はどうなる?
理事長を処分すべきでは?との意見、コメントが多数だ。



 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。


結果
貴乃花親方は降格処分を受けた!

皆ファンは貴乃花親方降格には納得していない!!



 会見に先立って行われた臨時理事会では、貴乃花親方への理事解任と2階級降格を決議。午後1時半から行われた記者会見では、「本件に関する貴乃花親方の責任について」と題した5ページにわたる文書を報道陣に配布して、責任の所在を明らかにした。

 会見に出席した危機管理委員会の高野委員長は「結論ですが、本件の傷害事件は巡業部長である親方が統率する巡業中に発生した事件であります。親方は理事・巡業部長として、貴ノ岩がけがをしたと、把握した直後に、あるいは被害届を提出する前、後に、すみやかに協会に報告すべき義務があったにもかかわらず、これを怠りました。親方が、被害者側の立場にあることは明らかであり、これを勘案いたしましたが、理事・巡業部長としての責任は重いと判断しました」と説明した。

 また、協会への報告だけでなく、危機管理委への調査への協力拒否についても指摘。「委員会による調査は協会執行部の決定に基づくものであり、理事・巡業部長ないし協会員としては、同調査に協力すべき義務があったにもかかわらず、貴乃花親方は、正当な理由がないのに、委員会による貴ノ岩及び貴乃花親方に対する再三の聴取要請を拒否し続け、さらに、11月30日の協会の定例理事会において、警察の捜査が終了した後は貴ノ岩の聴取に協力すると確約し、さらに、全会一致で、日馬富士の暴行問題に関してすべての理事、幹事、協会員などが結束して協力していくことを決議したにもかかわらず、12月18日まで委員会による貴ノ岩等への聴取要請も拒否してその義務を怠った。貴乃花親方が被害者側の立場にあることを勘案してもその責任は重い」とした。





この説明に対しては

隠蔽や示談に協力しなかった義務違反なのだとしたら、本当に腐っている。


暴行事件を直ぐに警察に通報しなかった協会こそ義務を怠ってる




傷害事件隠ぺいの当事者である(現場にいたので)白鵬や鶴竜の処分よりも貴乃花の処分が重いのはおかしい!責任者の八角理事長も処分されるべきでは?
被害者側の貴の岩、貴乃花の降格は有り得ない!

相撲協会には失望した。。



こんな絶妙な例えをするコメントも

学校で言うならば、いじめ被害に遭い怪我をした子どもがいる。

それを知った学年主任がまず、けどに相談。

なぜなら学校の体裁を守ろうとする校長に相談しても揉み消されるかもしれないと思ったからだ。

それを良しとしない校長は学年主任を降格した。
必然的に給料も減る。


校長に逆らった立場の元学年主任は居場所がなくなり、いずれ辞任をしてしまう。。。

そんな状況に似ているのかもしれない。

もちろんそんな学校はあってはならないが、ドラマや漫画の世界では「ありそうな話し」だ。


そんな腐敗した体制をしているのが
相撲協会だと、、今回の貴乃花の処分は納得ができない。

 
今後、貴乃花がどう動くのか?注目が集まる。
暴力を良しとすると思われても仕方無い現在の日本相撲協会。
こんな旧体制にしがみつく団体の相撲ならば衰退していくのは自明の理だ。

しかし日本人は相撲が好きで、みたい人も多いはずだ。
となると本当にインディーズの相撲団体が出てきてもおかしくない。。


 








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
貴乃花親方の処分に納得できない人続出!!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

貴乃花親方の処分に納得できない人続出!! [スポーツ]

貴乃花親方への処分決定に納得いかない人続出!!


八角理事長は「義務を怠ったと説明」
しかし、現場にいた白鳳や鶴竜はどうなる?
理事長を処分すべきでは?との意見、コメントが多数だ。



 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。


結果
貴乃花親方は降格処分を受けた!

皆ファンは貴乃花親方降格には納得していない!!



 会見に先立って行われた臨時理事会では、貴乃花親方への理事解任と2階級降格を決議。午後1時半から行われた記者会見では、「本件に関する貴乃花親方の責任について」と題した5ページにわたる文書を報道陣に配布して、責任の所在を明らかにした。

 会見に出席した危機管理委員会の高野委員長は「結論ですが、本件の傷害事件は巡業部長である親方が統率する巡業中に発生した事件であります。親方は理事・巡業部長として、貴ノ岩がけがをしたと、把握した直後に、あるいは被害届を提出する前、後に、すみやかに協会に報告すべき義務があったにもかかわらず、これを怠りました。親方が、被害者側の立場にあることは明らかであり、これを勘案いたしましたが、理事・巡業部長としての責任は重いと判断しました」と説明した。

 また、協会への報告だけでなく、危機管理委への調査への協力拒否についても指摘。「委員会による調査は協会執行部の決定に基づくものであり、理事・巡業部長ないし協会員としては、同調査に協力すべき義務があったにもかかわらず、貴乃花親方は、正当な理由がないのに、委員会による貴ノ岩及び貴乃花親方に対する再三の聴取要請を拒否し続け、さらに、11月30日の協会の定例理事会において、警察の捜査が終了した後は貴ノ岩の聴取に協力すると確約し、さらに、全会一致で、日馬富士の暴行問題に関してすべての理事、幹事、協会員などが結束して協力していくことを決議したにもかかわらず、12月18日まで委員会による貴ノ岩等への聴取要請も拒否してその義務を怠った。貴乃花親方が被害者側の立場にあることを勘案してもその責任は重い」とした。





この説明に対しては

隠蔽や示談に協力しなかった義務違反なのだとしたら、本当に腐っている。


暴行事件を直ぐに警察に通報しなかった協会こそ義務を怠ってる




傷害事件隠ぺいの当事者である(現場にいたので)白鵬や鶴竜の処分よりも貴乃花の処分が重いのはおかしい!責任者の八角理事長も処分されるべきでは?
被害者側の貴の岩、貴乃花の降格は有り得ない!

相撲協会には失望した。。



こんな絶妙な例えをするコメントも

学校で言うならば、いじめ被害に遭い怪我をした子どもがいる。

それを知った学年主任がまず、けどに相談。

なぜなら学校の体裁を守ろうとする校長に相談しても揉み消されるかもしれないと思ったからだ。

それを良しとしない校長は学年主任を降格した。
必然的に給料も減る。


校長に逆らった立場の元学年主任は居場所がなくなり、いずれ辞任をしてしまう。。。

そんな状況に似ているのかもしれない。

もちろんそんな学校はあってはならないが、ドラマや漫画の世界では「ありそうな話し」だ。


そんな腐敗した体制をしているのが
相撲協会だと、、今回の貴乃花の処分は納得ができない。

 
今後、貴乃花がどう動くのか?注目が集まる。
暴力を良しとすると思われても仕方無い現在の日本相撲協会。
こんな旧体制にしがみつく団体の相撲ならば衰退していくのは自明の理だ。

しかし日本人は相撲が好きで、みたい人も多いはずだ。
となると本当にインディーズの相撲団体が出てきてもおかしくない。。


 








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。