So-net無料ブログ作成

ブルマ役の鶴ひろみさんが運転中に死去、、最期まで正義を貫いた強い人だった。。 [芸能人]

ドキンちゃんやドラゴンボールのブルマの声優の鶴ひろみさんが急死。

状況によっては大事故に繋がり兼ねなかった。ドラゴン戦士は最期まで勇ましかった。


 声優の鶴ひろみさんの急死を受け、19日放送のテレビアニメ「ドラゴンボール超」(フジテレビ系、日曜午前9時)で「子供から大人まで、たくさんの方々に勇気とやさしさを届けていただいた鶴さんのご冥福を心からお祈りいたします」などとするメッセージが放送された。

鶴さんはアニメ「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役で知られ、「ドラゴンボール超」でも同役で出演していた。



ご存知だとは思うがドラゴンボールはブルマがいなければ孫悟空との大冒険は始まらなかった。広い世界へ孫悟空を連れて行ったのはブルマだ。初期のドラゴンボールはセクシーなブルマも期待されていた。

ドラゴンボールが連載されテレビ放送され大人気になった漫画。
ブルマの存在なくしてはドラゴンボールの世界的人気もなかったはずだ。




 11/19日番組のラストで「永年に渡り、テレビアニメ「ドラゴンボール」シリーズのキャラクター“ブルマ”の声優を務めていただいた、鶴ひろみさんがお亡くなりになりました。子供から大人まで、たくさんの方々に勇気とやさしさを届けていただいた鶴さんのご冥福を心からお祈りいたします」という追悼の文章が映し出された。






 鶴さんは16日夜に運転中に大動脈剥離のため急死した。57歳だった。それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」シリーズのブルマ、「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかなどでさまざまな役柄で知られる鶴さんは、情報番組「NEWS23」のナレーションも務めるなど幅広く活躍した。

ブルマやドキンちゃんの声優だった鶴ひろみさんの死因は大動脈剥離。しかも運転中に発症したようだ。大動脈剥離は凄まじい激痛が伴うという。それでも後続車や他の車の迷惑にならないようにハザードを炊いて減速し、停車をして亡くなったとみられる。

凄まじい激痛の中最期の力を振り絞っての行動に鶴ひろみさんの正義をみた。


 「運転中に大動脈剥(解)離」のため2017年11月16日に死去した、と所属事務所が17日午後に公表した。57歳という若さで亡くなった。

17日午前から日本テレビなどが、鶴さんは16日夜、首都高速道路に停車した車内で発見され、搬送された病院で死亡が確認された、と報じていた。

 鶴さんの訃報を受け、声優仲間やファンらが追悼のコメントを寄せている。

なお通夜や告別式は親族のみで行われるという


 鶴さんの死去を受け、17日の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役の中尾隆聖さんや、バタコさん役の佐久間レイさんら声優仲間の追悼コメントをボードで紹介し、アナウンサーが読み上げた。

 中尾さんは「あまりにも急なことで、とてもショックを受けております。30年間も一緒にやらせていただいたドキンちゃん。こんなことになるなんて、言葉が見つかりません」とコメント。

「医師の話では、この世で一番の激痛だといいます」

 佐久間さんは「さりげなく、温かく、どこまでもまっすぐな人。それが私の中の鶴ひろみさんです。ハザードをつけていたと伺った時、鶴さんらしいなと思いました。どんな状況でも最後までキッチリと、周りの迷惑を最小限に...。そんな想いがあったのではないでしょうか。(略)バタコはいつまでも、そんなドキンちゃんが大好きです。これからもみんなずっと一緒だよ」と故人を偲んだ。


 過去の交通事故の中には、運転中に運転手が大動脈解離を起こし、意識を失ったり突然死したりして、車が暴走した例もある。2016年2月には大阪・阪急梅田駅前で車が暴走して11人が死傷(2人が死亡)、のちに運転手の死因が大動脈解離を起こしたためと判明した。当時、各メディアが伝えた。16年2月29日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、この梅田の事故を伝える際、大動脈解離について、山中章子アナが「医師の話では、この世で一番の激痛だといいます」と紹介していた。

 こうした背景もあってか、17日のツイートの中には、鶴さんの死去の状況について、

  「多くの症例で激痛を覚える病気。ハザードをそれでも点灯して、減速停車していた、という状況に本当に涙が出ます」

といった反応も出ていた。「ご冥福を」「安らかにお眠りください」との追悼コメントも多く寄せられている。
 






ドラゴンボールの始まりはブルマ。多くの子供達に希望を与えたドラゴンボール、当時本気でカメハメ波が出せると思い修行した子供達は多かったはずだ。

そして少しセクシーなブルマを楽しみにしていた子供達もいたはずだ。
ドラゴン戦士達のピンチを何度も救ったり、宇宙船を作ったりと大活躍したブルマ。

修行して強くなった男の子もいるかもしれない、多くの男達に影響を与えたブルマの存在はでかい。

心よりご冥福をお祈りします。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブルマ役の鶴ひろみさんが運転中に死去、、最期まで正義を貫いた強い人だった。。:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ブルマ役の鶴ひろみさんが運転中に死去、、最期まで正義を貫いた強い人だった。。 [芸能人]

ドキンちゃんやドラゴンボールのブルマの声優の鶴ひろみさんが急死。

状況によっては大事故に繋がり兼ねなかった。ドラゴン戦士は最期まで勇ましかった。


 声優の鶴ひろみさんの急死を受け、19日放送のテレビアニメ「ドラゴンボール超」(フジテレビ系、日曜午前9時)で「子供から大人まで、たくさんの方々に勇気とやさしさを届けていただいた鶴さんのご冥福を心からお祈りいたします」などとするメッセージが放送された。

鶴さんはアニメ「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役で知られ、「ドラゴンボール超」でも同役で出演していた。



ご存知だとは思うがドラゴンボールはブルマがいなければ孫悟空との大冒険は始まらなかった。広い世界へ孫悟空を連れて行ったのはブルマだ。初期のドラゴンボールはセクシーなブルマも期待されていた。

ドラゴンボールが連載されテレビ放送され大人気になった漫画。
ブルマの存在なくしてはドラゴンボールの世界的人気もなかったはずだ。




 11/19日番組のラストで「永年に渡り、テレビアニメ「ドラゴンボール」シリーズのキャラクター“ブルマ”の声優を務めていただいた、鶴ひろみさんがお亡くなりになりました。子供から大人まで、たくさんの方々に勇気とやさしさを届けていただいた鶴さんのご冥福を心からお祈りいたします」という追悼の文章が映し出された。






 鶴さんは16日夜に運転中に大動脈剥離のため急死した。57歳だった。それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」シリーズのブルマ、「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかなどでさまざまな役柄で知られる鶴さんは、情報番組「NEWS23」のナレーションも務めるなど幅広く活躍した。

ブルマやドキンちゃんの声優だった鶴ひろみさんの死因は大動脈剥離。しかも運転中に発症したようだ。大動脈剥離は凄まじい激痛が伴うという。それでも後続車や他の車の迷惑にならないようにハザードを炊いて減速し、停車をして亡くなったとみられる。

凄まじい激痛の中最期の力を振り絞っての行動に鶴ひろみさんの正義をみた。


 「運転中に大動脈剥(解)離」のため2017年11月16日に死去した、と所属事務所が17日午後に公表した。57歳という若さで亡くなった。

17日午前から日本テレビなどが、鶴さんは16日夜、首都高速道路に停車した車内で発見され、搬送された病院で死亡が確認された、と報じていた。

 鶴さんの訃報を受け、声優仲間やファンらが追悼のコメントを寄せている。

なお通夜や告別式は親族のみで行われるという


 鶴さんの死去を受け、17日の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役の中尾隆聖さんや、バタコさん役の佐久間レイさんら声優仲間の追悼コメントをボードで紹介し、アナウンサーが読み上げた。

 中尾さんは「あまりにも急なことで、とてもショックを受けております。30年間も一緒にやらせていただいたドキンちゃん。こんなことになるなんて、言葉が見つかりません」とコメント。

「医師の話では、この世で一番の激痛だといいます」

 佐久間さんは「さりげなく、温かく、どこまでもまっすぐな人。それが私の中の鶴ひろみさんです。ハザードをつけていたと伺った時、鶴さんらしいなと思いました。どんな状況でも最後までキッチリと、周りの迷惑を最小限に...。そんな想いがあったのではないでしょうか。(略)バタコはいつまでも、そんなドキンちゃんが大好きです。これからもみんなずっと一緒だよ」と故人を偲んだ。


 過去の交通事故の中には、運転中に運転手が大動脈解離を起こし、意識を失ったり突然死したりして、車が暴走した例もある。2016年2月には大阪・阪急梅田駅前で車が暴走して11人が死傷(2人が死亡)、のちに運転手の死因が大動脈解離を起こしたためと判明した。当時、各メディアが伝えた。16年2月29日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、この梅田の事故を伝える際、大動脈解離について、山中章子アナが「医師の話では、この世で一番の激痛だといいます」と紹介していた。

 こうした背景もあってか、17日のツイートの中には、鶴さんの死去の状況について、

  「多くの症例で激痛を覚える病気。ハザードをそれでも点灯して、減速停車していた、という状況に本当に涙が出ます」

といった反応も出ていた。「ご冥福を」「安らかにお眠りください」との追悼コメントも多く寄せられている。
 






ドラゴンボールの始まりはブルマ。多くの子供達に希望を与えたドラゴンボール、当時本気でカメハメ波が出せると思い修行した子供達は多かったはずだ。

そして少しセクシーなブルマを楽しみにしていた子供達もいたはずだ。
ドラゴン戦士達のピンチを何度も救ったり、宇宙船を作ったりと大活躍したブルマ。

修行して強くなった男の子もいるかもしれない、多くの男達に影響を与えたブルマの存在はでかい。

心よりご冥福をお祈りします。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。