So-net無料ブログ作成

JASRAC=カスラック!と批判殺到!!映画館を潰す気か? [映画]

日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、映画音楽の上映使用料を大幅に引き上げる方針を明らかにした。

もう、この時点で批判殺到!!
詳細やJASRACの言い分など聞くまでもなく批判殺到!


最近のJASRACの横暴さは常軌を逸している。。


映画人も激怒するだろう。。

現在1本あたり18万円の定額制としている外国映画について、興行収入の1~2%を映画館から徴収する形に改め、将来的には邦画も同様の契約に変更することを目指す。

1%から2%と言っても、、JASRACが何かしてるわけでもなく。映画人が苦労して作り出した作品の一部を頂戴しようとする魂胆なのか?


名画座などでのリバイバル上映からも新たに徴収する意向で、劇場側は「つぶれる映画館が出かねない。死活問題だ」と反発している。


小さい劇場でしか見れない映画もある。
人情で小さい劇場を経営、運営している劇場からしてみればまさに死活問題だろう。



JASRACが映画音楽の徴収強化へ 福井健策弁護士の見解は

著作権法は上映権について「著作者は、その著作物を公に上映する権利を専有する」(22条の2)と定めており、「上映」には「映画の著作物において固定されている音を再生することを含む」(2条17項)。

JASRACはこうした条文を根拠に映画音楽の使用料について規定を定めており、映画館の全国組織である「全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)」との間で契約を結んでいる。

一律18万円から興行収入の1~2%へ

現在の契約では、外国映画 は映画1作品あたり18万円の定額制。1964年に規定を制定した当初は4~5万円ほどだったが、1985年までに18万円に引き上げられた。

JASRACは、映画がヒットしても一定額しか徴収できない現在の仕組みを問題視。興行収入の1~2%を徴収する仕組みに改めようと、全興連との間で協議を進めている。



それなら定額を引き上げたり、劇場の規模に応じて変化させれば良いではないのか?



小さな音楽教室やカラオケスナックからも著作権と称して金をまきあげるJASRAC。カスなJASRACつまりカスラックと言われてもいたしかたない。


ネットからは
「カスラック!」
「ヤクザ団体腹が立つ!」
「横暴にも程がある!」
「速く潰れろ!」
「天下りのカス会社」
などと批判が殺到!!

こんな世間の声も無視して使用料を引き上げるようなら、本当にカスラックだ。


映画館を潰す事になったら、人情で経営していた小さな劇場の支配人は首を吊る可能性だってある。

JASRACはどう責任をとるというのだろう。
スポンサードリンク
映画人も激怒するに違いない。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
JASRAC=カスラック!と批判殺到!!映画館を潰す気か?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

JASRAC=カスラック!と批判殺到!!映画館を潰す気か? [映画]

日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、映画音楽の上映使用料を大幅に引き上げる方針を明らかにした。

もう、この時点で批判殺到!!
詳細やJASRACの言い分など聞くまでもなく批判殺到!


最近のJASRACの横暴さは常軌を逸している。。


映画人も激怒するだろう。。

現在1本あたり18万円の定額制としている外国映画について、興行収入の1~2%を映画館から徴収する形に改め、将来的には邦画も同様の契約に変更することを目指す。

1%から2%と言っても、、JASRACが何かしてるわけでもなく。映画人が苦労して作り出した作品の一部を頂戴しようとする魂胆なのか?


名画座などでのリバイバル上映からも新たに徴収する意向で、劇場側は「つぶれる映画館が出かねない。死活問題だ」と反発している。


小さい劇場でしか見れない映画もある。
人情で小さい劇場を経営、運営している劇場からしてみればまさに死活問題だろう。



JASRACが映画音楽の徴収強化へ 福井健策弁護士の見解は

著作権法は上映権について「著作者は、その著作物を公に上映する権利を専有する」(22条の2)と定めており、「上映」には「映画の著作物において固定されている音を再生することを含む」(2条17項)。

JASRACはこうした条文を根拠に映画音楽の使用料について規定を定めており、映画館の全国組織である「全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)」との間で契約を結んでいる。

一律18万円から興行収入の1~2%へ

現在の契約では、外国映画 は映画1作品あたり18万円の定額制。1964年に規定を制定した当初は4~5万円ほどだったが、1985年までに18万円に引き上げられた。

JASRACは、映画がヒットしても一定額しか徴収できない現在の仕組みを問題視。興行収入の1~2%を徴収する仕組みに改めようと、全興連との間で協議を進めている。



それなら定額を引き上げたり、劇場の規模に応じて変化させれば良いではないのか?



小さな音楽教室やカラオケスナックからも著作権と称して金をまきあげるJASRAC。カスなJASRACつまりカスラックと言われてもいたしかたない。


ネットからは
「カスラック!」
「ヤクザ団体腹が立つ!」
「横暴にも程がある!」
「速く潰れろ!」
「天下りのカス会社」
などと批判が殺到!!

こんな世間の声も無視して使用料を引き上げるようなら、本当にカスラックだ。


映画館を潰す事になったら、人情で経営していた小さな劇場の支配人は首を吊る可能性だってある。

JASRACはどう責任をとるというのだろう。
スポンサードリンク
映画人も激怒するに違いない。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。