So-net無料ブログ作成
検索選択

高橋歩の凄さとは?波乱万丈!破天荒な社長の典型! [社長 企業]

波瀾万丈で破天荒な社長の代表的な人間の一人が、
高橋 歩である。

自由人を自称する彼は多くの名言がある
「夢は逃げない逃げるのはいつも自分だ。」

大学生の時に映画「カクテル」に感銘を受け退学し多額の借金をしBarを開業。その後の二転三転の活動は興味深い。

しかし高橋歩は宗教じみている、、や高橋歩は悪評がある。。など噂やネット書き込みはあるが、それは有名税でもあるようだ。
 
確実に言えるのは自分で何も成し得ないでネット書き込みで他人を攻撃しかしない人間やただ何も考えずに自分を磨こうともせずに会社や社会にぶら下がっている人間より、凄いと思う。



高橋歩を知っている者の話しによると「いいカッコしいのヤンキー思考」だという。
そして策略家、自由人とは肩書きであり、プレッシャーや自分の言葉に縛られがちなてらいはあったようだ。。


彼もまた、知的不良な大人男性だろう。
高橋歩の悪評はあるが、決して悪い人間ではない。と高橋を知る者はいう。









高橋歩経歴↓


高橋歩
(たかはし あゆむ、1972年8月26日)は、「自由人」を自称する日本の実業家、随筆家。

東京都港区生まれ。

A-Works、play earth、アイランドプロジェクト代表取締役。



20歳の時に映画『カクテル』に憧れて神田外語大学を中退し、多額の借金をして、1994年に仲間とアメリカンバー「RockWell'S」を千葉市中央区に開店(通称:千葉ロック)。


ノーマン・ロックウェルの絵を店内にいくつも飾った



見たことのある画風、これがノーマンロックウェルの作品



インディアンライスが名物だったこのお店はその後、上大岡(通称:ハマロック)、吉祥寺、父島と、2年間で4店舗に広げられた。



1995年8月の23歳の時、自伝を出す為に仲間と「サンクチュアリ出版」(現:サンクチュアリ・パブリッシング)を設立し、1997年10月に自伝『毎日が冒険』を出版した。その後、326の著作なども出版する。



26歳で結婚。結婚式の3日後、全ての肩書きをリセットし、妻との新婚旅行として、二人で1年8ヶ月間にわたる世界一周旅行を敢行。南極から北極まで、世界数十ヶ国を旅した。 帰国後、2000年12月に沖縄県に移住し、出版社のA-Works、飲食業のPLAY EARTH、アイランドプロジェクトの代表取締役代表として活動する傍ら、講演や執筆活動を行っている。


沖縄への移住後に読谷村で経営していたビーチロックハウスは、住民との間で騒音やゴミ問題などのトラブルを起こし、2005年9月に契約期限切れで閉店。また、2001年1月に開始した無人島でのパラダイス建設を目指す「島プロジェクト」は、一時、宮古島市池間島での不登校や引きこもりの青少年のためのフリースクール建設計画として具体化したが、地元住民からの反対運動を受け2003年9月に撤退を余儀なくされた。現在は再び無人島でのパラダイス建設を掲げつつ、2006年春から今帰仁村においてビーチロックビレッジを開いている。
神田外語大学時代の同級生に、ミュージシャンの細美武士がいる


ーーーーーーーーーーーー
以上高橋歩の経歴↑ 



破天荒で自由人な生き様はメディアにも取り上げられ、より多くの人から注目された。

バラエティ番組 編集
ソロモン流 (2008年4月20日、テレビ東京)
R30 (2008年8月1日、TBS) ゲスト出演

高橋歩の主な著書 は自己啓発的な本や旅の本、沖縄に移住してからは住民とのトラブルも多く高橋歩の悪評もあるが、悪気はないのたろう。

高橋歩の苦労話やエピソードなどは自伝をみればたくさん知る事ができるだろう。

開業間もない頃はお金のない会社だから手作業が多かったという。社員に給料を渡す為に高橋歩の給料
は五万円だったという話しや寝ている所を見たことがない、、などの高橋歩武勇伝は数多い。



良くも悪くも行動力こそが結果を生む

何かをして失敗する恐怖などは微塵もないのだろう。
むしろ何もしない事こそが高橋歩にとっては恐怖なのかもしれない。








*凄い社長達の武勇伝!苦労話し!サクセスストーリー!


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
高橋歩の凄さとは?波乱万丈!破天荒な社長の典型!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

高橋歩の凄さとは?波乱万丈!破天荒な社長の典型! [社長 企業]

波瀾万丈で破天荒な社長の代表的な人間の一人が、
高橋 歩である。

自由人を自称する彼は多くの名言がある
「夢は逃げない逃げるのはいつも自分だ。」

大学生の時に映画「カクテル」に感銘を受け退学し多額の借金をしBarを開業。その後の二転三転の活動は興味深い。

しかし高橋歩は宗教じみている、、や高橋歩は悪評がある。。など噂やネット書き込みはあるが、それは有名税でもあるようだ。
 
確実に言えるのは自分で何も成し得ないでネット書き込みで他人を攻撃しかしない人間やただ何も考えずに自分を磨こうともせずに会社や社会にぶら下がっている人間より、凄いと思う。



高橋歩を知っている者の話しによると「いいカッコしいのヤンキー思考」だという。
そして策略家、自由人とは肩書きであり、プレッシャーや自分の言葉に縛られがちなてらいはあったようだ。。


彼もまた、知的不良な大人男性だろう。
高橋歩の悪評はあるが、決して悪い人間ではない。と高橋を知る者はいう。









高橋歩経歴↓


高橋歩
(たかはし あゆむ、1972年8月26日)は、「自由人」を自称する日本の実業家、随筆家。

東京都港区生まれ。

A-Works、play earth、アイランドプロジェクト代表取締役。



20歳の時に映画『カクテル』に憧れて神田外語大学を中退し、多額の借金をして、1994年に仲間とアメリカンバー「RockWell'S」を千葉市中央区に開店(通称:千葉ロック)。


ノーマン・ロックウェルの絵を店内にいくつも飾った



見たことのある画風、これがノーマンロックウェルの作品



インディアンライスが名物だったこのお店はその後、上大岡(通称:ハマロック)、吉祥寺、父島と、2年間で4店舗に広げられた。



1995年8月の23歳の時、自伝を出す為に仲間と「サンクチュアリ出版」(現:サンクチュアリ・パブリッシング)を設立し、1997年10月に自伝『毎日が冒険』を出版した。その後、326の著作なども出版する。



26歳で結婚。結婚式の3日後、全ての肩書きをリセットし、妻との新婚旅行として、二人で1年8ヶ月間にわたる世界一周旅行を敢行。南極から北極まで、世界数十ヶ国を旅した。 帰国後、2000年12月に沖縄県に移住し、出版社のA-Works、飲食業のPLAY EARTH、アイランドプロジェクトの代表取締役代表として活動する傍ら、講演や執筆活動を行っている。


沖縄への移住後に読谷村で経営していたビーチロックハウスは、住民との間で騒音やゴミ問題などのトラブルを起こし、2005年9月に契約期限切れで閉店。また、2001年1月に開始した無人島でのパラダイス建設を目指す「島プロジェクト」は、一時、宮古島市池間島での不登校や引きこもりの青少年のためのフリースクール建設計画として具体化したが、地元住民からの反対運動を受け2003年9月に撤退を余儀なくされた。現在は再び無人島でのパラダイス建設を掲げつつ、2006年春から今帰仁村においてビーチロックビレッジを開いている。
神田外語大学時代の同級生に、ミュージシャンの細美武士がいる


ーーーーーーーーーーーー
以上高橋歩の経歴↑ 



破天荒で自由人な生き様はメディアにも取り上げられ、より多くの人から注目された。

バラエティ番組 編集
ソロモン流 (2008年4月20日、テレビ東京)
R30 (2008年8月1日、TBS) ゲスト出演

高橋歩の主な著書 は自己啓発的な本や旅の本、沖縄に移住してからは住民とのトラブルも多く高橋歩の悪評もあるが、悪気はないのたろう。

高橋歩の苦労話やエピソードなどは自伝をみればたくさん知る事ができるだろう。

開業間もない頃はお金のない会社だから手作業が多かったという。社員に給料を渡す為に高橋歩の給料
は五万円だったという話しや寝ている所を見たことがない、、などの高橋歩武勇伝は数多い。



良くも悪くも行動力こそが結果を生む

何かをして失敗する恐怖などは微塵もないのだろう。
むしろ何もしない事こそが高橋歩にとっては恐怖なのかもしれない。








*凄い社長達の武勇伝!苦労話し!サクセスストーリー!


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。