So-net無料ブログ作成
検索選択

このハゲー!!ハゲ5人乱闘の画像はインパクト大!!世界レベル! [芸能人]



頭の丸い男、、つまりハゲ5人乱闘画像があまりにもインパクトが強くて話題だ。

ハゲ5人乱闘の画像、、

乱闘はしていないようだが、何やら真剣な表情で揉めている。
これは、、ウケ狙いではないのか?


今話題の豊田議員が見ていたら確実に「このハゲー!!」と叫ぶだろう。


ハゲ5人乱闘画像の真相にせまる。


ハゲ乱闘の場所は東京ドームだった。

◆サントリー ドリームマッチ2017 ザ・プレミアム・モルツ球団―ドリーム・ヒーローズ(7日・東京ドーム)この試合でハゲ乱闘騒動は起こった!



6回無死、佐野(右)の投球が明らかなボールに球審がストライクの判定に代打・和田(中)が怒り、小田(左から2人目)や塁審らが止めに入る

実はこれお約束芸だったようだ、、

なるほど、、あの真剣な表情はアマチュアではできない!

やりなれた芸ならば納得だ。。



 ドリームマッチ中盤のお約束芸が6回に繰り広げられた。ドリーム・ヒーローズは6番手の佐野慈紀(49)が登板。振りかぶる際に帽子が脱げてハゲ頭が見える“ピッカリ投法”を披露した。捕手・小田幸平(40)もマスクを脱いでハゲ頭を披露した所で、モルツ球団は代打・和田一浩(45)を投入。和田もヘルメットを脱いで頭皮をみせた。

。ワンバウンドの投球をストライクと判定され、和田はヘルメットをたたき付けて球審に抗議。すると鈴木球審もマスクを脱いで頭を披露。さらに一塁の大和塁審も帽子を脱いで、ホーム周辺で5人のハゲが小競り合い。今年は審判を巻き込んだ“佐野劇場”となった。和田は空振り三振に倒れた。



お約束の火付け役はもちろん佐野さんだが、今回は鈴木球審と大和塁審に功労賞を贈りたい!!

もちろん打ち合わせがあったはずだが、人を笑わすのはことのほか難しいのだ。周りが爆笑している状況で真剣な表情で演技するのは強い心臓がある証拠!


数々の大舞台で鍛えたハートは本物だった。。








更に笑いを増幅させたのが実況の徳光和夫アナ(76)だ。

何と「まさか豊田議員は見てないでしょうね」と「ハゲ暴言」で話題になった豊田真由子議員(42)を引き合いに出すブラックジョークをかました。

更に

徳光和夫さんは「乱闘になってもけがなくてよかったですね」と言って締めていた。

怪我なくて良かった、と、毛がなくて良かった。

これを引っ掛けてしめたのだ。これは徳光和夫さんなりのブック(台本)があったのだと思うが見事だ。



このハゲ5人乱闘画像だけでも相当な反響がある。

ネットでの反応もかなり多かった
※面白すぎる!
※これは来年見たい!って思える
※ゴールデンのバライティ番組より面白い!
※審判達も粋だな!
※ダチョウ倶楽部に匹敵する(笑)
※徳さん見事!

など
反響は大きい!



OB達の熟練の技も見物だし心温まる、同じくらいの中年なら「俺もまだまだ頑張ろう」と活力にもなる。

更にお笑い要素が入れば人気はますます高くなる。


今夏のハゲ5人乱闘の火付け役佐野選手などは現役時代はそこまで目立った選手ではなかった。
しかし、人柄の良さや真剣で真面目な姿勢が今の立ち位置を確立したのではないか。

野球も人生も上手い下手ではないのだ。

理屈じゃない。そんな事を教えてくれているような深い場面でもあった。

来年も楽しみである。









nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
このハゲー!!ハゲ5人乱闘の画像はインパクト大!!世界レベル!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

このハゲー!!ハゲ5人乱闘の画像はインパクト大!!世界レベル! [芸能人]



頭の丸い男、、つまりハゲ5人乱闘画像があまりにもインパクトが強くて話題だ。

ハゲ5人乱闘の画像、、

乱闘はしていないようだが、何やら真剣な表情で揉めている。
これは、、ウケ狙いではないのか?


今話題の豊田議員が見ていたら確実に「このハゲー!!」と叫ぶだろう。


ハゲ5人乱闘画像の真相にせまる。


ハゲ乱闘の場所は東京ドームだった。

◆サントリー ドリームマッチ2017 ザ・プレミアム・モルツ球団―ドリーム・ヒーローズ(7日・東京ドーム)この試合でハゲ乱闘騒動は起こった!



6回無死、佐野(右)の投球が明らかなボールに球審がストライクの判定に代打・和田(中)が怒り、小田(左から2人目)や塁審らが止めに入る

実はこれお約束芸だったようだ、、

なるほど、、あの真剣な表情はアマチュアではできない!

やりなれた芸ならば納得だ。。



 ドリームマッチ中盤のお約束芸が6回に繰り広げられた。ドリーム・ヒーローズは6番手の佐野慈紀(49)が登板。振りかぶる際に帽子が脱げてハゲ頭が見える“ピッカリ投法”を披露した。捕手・小田幸平(40)もマスクを脱いでハゲ頭を披露した所で、モルツ球団は代打・和田一浩(45)を投入。和田もヘルメットを脱いで頭皮をみせた。

。ワンバウンドの投球をストライクと判定され、和田はヘルメットをたたき付けて球審に抗議。すると鈴木球審もマスクを脱いで頭を披露。さらに一塁の大和塁審も帽子を脱いで、ホーム周辺で5人のハゲが小競り合い。今年は審判を巻き込んだ“佐野劇場”となった。和田は空振り三振に倒れた。



お約束の火付け役はもちろん佐野さんだが、今回は鈴木球審と大和塁審に功労賞を贈りたい!!

もちろん打ち合わせがあったはずだが、人を笑わすのはことのほか難しいのだ。周りが爆笑している状況で真剣な表情で演技するのは強い心臓がある証拠!


数々の大舞台で鍛えたハートは本物だった。。








更に笑いを増幅させたのが実況の徳光和夫アナ(76)だ。

何と「まさか豊田議員は見てないでしょうね」と「ハゲ暴言」で話題になった豊田真由子議員(42)を引き合いに出すブラックジョークをかました。

更に

徳光和夫さんは「乱闘になってもけがなくてよかったですね」と言って締めていた。

怪我なくて良かった、と、毛がなくて良かった。

これを引っ掛けてしめたのだ。これは徳光和夫さんなりのブック(台本)があったのだと思うが見事だ。



このハゲ5人乱闘画像だけでも相当な反響がある。

ネットでの反応もかなり多かった
※面白すぎる!
※これは来年見たい!って思える
※ゴールデンのバライティ番組より面白い!
※審判達も粋だな!
※ダチョウ倶楽部に匹敵する(笑)
※徳さん見事!

など
反響は大きい!



OB達の熟練の技も見物だし心温まる、同じくらいの中年なら「俺もまだまだ頑張ろう」と活力にもなる。

更にお笑い要素が入れば人気はますます高くなる。


今夏のハゲ5人乱闘の火付け役佐野選手などは現役時代はそこまで目立った選手ではなかった。
しかし、人柄の良さや真剣で真面目な姿勢が今の立ち位置を確立したのではないか。

野球も人生も上手い下手ではないのだ。

理屈じゃない。そんな事を教えてくれているような深い場面でもあった。

来年も楽しみである。









nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。