So-net無料ブログ作成

ドラムンベースのマーカス・インタレックスが死亡していた。死因は何?なぜ死んだ? [音楽業界]

ドラムン・ベースのプロデューサーとして知られるマーカス・インタレックスが亡くなった。



マーカスインタレックスの死因は不明だが、予定はバンバンと入っていた、、
という事はマーカスインタレックスが病気などにかかっていなかったと推測はできる。

もし持病などがあり病院に入院などしていたら、イベント出演の予定は入れないだろう。 

そう、かんがえるとマーカスインタレックスは急死なのかもしれない。原因はわからないが心不全か?

心不全の原因はわかっていないので元気な人が突然なくなる場合だってある。不運としかいいようがない。


もしくは交通事故か?
まだわからないが本当に残念だ。









本名をマーカス・ケイというマーカス・インタレックスはインタレックスのバーンリーの出身で、2000年に同じくプロデューサーのSTファイルズと共にレーベル「Soul:R」を設立し、カリバーと共にミスティカル名義でもコラボレーションを行っていた。

マーカスインタレックスの年齢はあまり公にはしていないようだ。

もちろん隠しているわけではないのだろうが、マーカスインタレックスの年齢については情報がない。





マーカス・インタレックスはその後マンチェスターを拠点とし、2011年には自身の「Soul:R」よりソロ・デビュー・アルバム『21』をリリースしており、トレヴィーノ名義でもハウスやテクノの作品のリリースを行っていた。

現時点でマーカス・インタレックスの死因については明らかになっておらず、5月28日にはロンドンのピックル・ファクトリーで「Soul:tion」のパーティーに出演する予定だったという。会場のフェイスブック・ページによれば、イベントはキャンセルとなったことが発表されている。

また6月10日にもイベント出演が組まれているがマーカスインタレックス抜きで行うのかもしれない。




エレクトロニック・ミュージック・コミュニティのアーティストからはその人生とキャリアに対する追悼の声が寄せられており、チェイス&ステイタスは「安らかに、マーカス・インタレックス。また、マンチェスターのレジェンドの一人があまりにも早く召されるという、すごく打ちひしがれるニュースだよ」とツイートしており、フリクションは「安らかに、マーカス・インタレックス。最も偉大な人物の一人だった」とツイートしている。


マーカスインタレックスはドラムン・ベースの新しい未来を拓くプロデューサーとして注目されていた。

マーカス・インタレックスはイギリスのマンチェスター出身のドラムン・ベースのプロデューサー/トラックメイカー。


彼の創り出すサウンドは、High ContrastやNU:TONEなどに代表されるHospital Recordsのアーティストらが得意とするソウルやジャズのエッセンスを取り入れたドラムン・ベース。

いわゆる「リキッド・ファンク」と言われているが、マーカス・インタレックスのサウンドはそれらのサウンドよりももっとディープでスピリチュアルでソウルフルなドラムン・ベース。

コマーシャルになり過ぎたドラムン・ベースと違って、即効性よりも持続性(音楽として長く聴き続けられる事)の重きを置いたディープなソウル・ミュージックの未来型のようなサウンド。

ドラムンベースはメジャーな音楽ではないが、多くのファンがいるのは事実で健全でマニマックではない最先端の音楽として常に注目されている。

ヒップホップやヘビメタ、テクノを毛嫌いする人は多いが(その反面好きな人も多いが、、)

ドラムンベースはあまり嫌われていない音楽であり、開発の余地のある音楽だ。

そのパイオニア、マーカスインタレックスが死んだ事は大きな衝撃だ。


マーカスインタレックスの年齢はわからないが見た目は若い、寿命で死んだとは考えられない。

やはりマーカスインタレックスの死因は心不全か交通事故か?






心よりご冥福を祈る

マーカスインタレックス本人はTwitterはやっていなかったのかもしれない、、最後に何と呟いていたのか気になる人は多いはずだが、マーカスインタレックス名義ではやっていなかったのかもしれない。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ドラムンベースのマーカス・インタレックスが死亡していた。死因は何?なぜ死んだ?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ドラムンベースのマーカス・インタレックスが死亡していた。死因は何?なぜ死んだ? [音楽業界]

ドラムン・ベースのプロデューサーとして知られるマーカス・インタレックスが亡くなった。



マーカスインタレックスの死因は不明だが、予定はバンバンと入っていた、、
という事はマーカスインタレックスが病気などにかかっていなかったと推測はできる。

もし持病などがあり病院に入院などしていたら、イベント出演の予定は入れないだろう。 

そう、かんがえるとマーカスインタレックスは急死なのかもしれない。原因はわからないが心不全か?

心不全の原因はわかっていないので元気な人が突然なくなる場合だってある。不運としかいいようがない。


もしくは交通事故か?
まだわからないが本当に残念だ。









本名をマーカス・ケイというマーカス・インタレックスはインタレックスのバーンリーの出身で、2000年に同じくプロデューサーのSTファイルズと共にレーベル「Soul:R」を設立し、カリバーと共にミスティカル名義でもコラボレーションを行っていた。

マーカスインタレックスの年齢はあまり公にはしていないようだ。

もちろん隠しているわけではないのだろうが、マーカスインタレックスの年齢については情報がない。





マーカス・インタレックスはその後マンチェスターを拠点とし、2011年には自身の「Soul:R」よりソロ・デビュー・アルバム『21』をリリースしており、トレヴィーノ名義でもハウスやテクノの作品のリリースを行っていた。

現時点でマーカス・インタレックスの死因については明らかになっておらず、5月28日にはロンドンのピックル・ファクトリーで「Soul:tion」のパーティーに出演する予定だったという。会場のフェイスブック・ページによれば、イベントはキャンセルとなったことが発表されている。

また6月10日にもイベント出演が組まれているがマーカスインタレックス抜きで行うのかもしれない。




エレクトロニック・ミュージック・コミュニティのアーティストからはその人生とキャリアに対する追悼の声が寄せられており、チェイス&ステイタスは「安らかに、マーカス・インタレックス。また、マンチェスターのレジェンドの一人があまりにも早く召されるという、すごく打ちひしがれるニュースだよ」とツイートしており、フリクションは「安らかに、マーカス・インタレックス。最も偉大な人物の一人だった」とツイートしている。


マーカスインタレックスはドラムン・ベースの新しい未来を拓くプロデューサーとして注目されていた。

マーカス・インタレックスはイギリスのマンチェスター出身のドラムン・ベースのプロデューサー/トラックメイカー。


彼の創り出すサウンドは、High ContrastやNU:TONEなどに代表されるHospital Recordsのアーティストらが得意とするソウルやジャズのエッセンスを取り入れたドラムン・ベース。

いわゆる「リキッド・ファンク」と言われているが、マーカス・インタレックスのサウンドはそれらのサウンドよりももっとディープでスピリチュアルでソウルフルなドラムン・ベース。

コマーシャルになり過ぎたドラムン・ベースと違って、即効性よりも持続性(音楽として長く聴き続けられる事)の重きを置いたディープなソウル・ミュージックの未来型のようなサウンド。

ドラムンベースはメジャーな音楽ではないが、多くのファンがいるのは事実で健全でマニマックではない最先端の音楽として常に注目されている。

ヒップホップやヘビメタ、テクノを毛嫌いする人は多いが(その反面好きな人も多いが、、)

ドラムンベースはあまり嫌われていない音楽であり、開発の余地のある音楽だ。

そのパイオニア、マーカスインタレックスが死んだ事は大きな衝撃だ。


マーカスインタレックスの年齢はわからないが見た目は若い、寿命で死んだとは考えられない。

やはりマーカスインタレックスの死因は心不全か交通事故か?






心よりご冥福を祈る

マーカスインタレックス本人はTwitterはやっていなかったのかもしれない、、最後に何と呟いていたのか気になる人は多いはずだが、マーカスインタレックス名義ではやっていなかったのかもしれない。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0