So-net無料ブログ作成
検索選択

日下武史さんの死因の誤嚥(ごえん)性肺炎とは?劇団四季結成悲話とは?日下武史さんは持病があったのか?  [芸能人]

劇団四季の創設メンバーの一人で中心的存在として活躍した俳優の日下武史(くさか・たけし、本名・孟=たけし)さんが15日に静養先のスペインで誤嚥(ごえん)性肺炎のため亡くなった。86歳だった。

死因は誤嚥(ごえん)性肺炎。


症状に気付きにくいのが誤嚥性肺炎。


肺炎は日本人の死亡原因の3位で、そのうち94%以上が75歳以上の高齢者。
日下武史さんは86歳と高齢だったので抵抗力が落ちていたのではないか?

誤嚥がその原因となる肺炎は、70歳以上では70%にもなるという。

日下武史さんは持病はあったのか?

スペインで亡くなってしまい故郷日本で最期を過ごせなかったのは悔いが残るのかもしれない。。

スペインで亡くなってしまった場合手続きはどうなのか?


日下武史さんは

 慶応高校在学中より演劇活動を始め、慶応大仏文科在学中の1953年、浅利慶太さんら10人で劇団四季を結成。


翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」(ジャン・アヌイ作)の伯爵ガストン役で初舞台を踏んだ。「ヴェニスの商人」「エクウス」「この生命誰のもの」「ハムレット」「鹿鳴館」など代表作は多く、的確な役作り、知的な演技で四季の看板俳優として数多くの舞台で存在感を放った。

またNHK大河ドラマ「新・平家物語」など、テレビドラマや映画、外国映画の吹き替えでも活躍した。







劇団四季は

700名以上の俳優・スタッフにより東京・名古屋・大阪・札幌・福岡(2017年より復活)に、設置した専用劇場を中心に年間3,000ステージ超を上演(興行)する。年間観客動員数はリピーターを含めて300万人。1970年代以降、海外ミュージカル作品のロングラン上演を通じて日本にミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たした。

海外ミュージカルの輸入によらない、浅利慶太がプロデュースを手がけて制作する「劇団四季のオリジナルミュージカル」や「劇団四季のファミリーミュージカル」も人気がある。また、 JR東日本アートセンター自由劇場開業後は従前のストレートプレイの上演も増加している。

953年(昭和28年)7月14日に劇団七曜会から分裂する形で設立。当初は、東京大学文学部仏文科の学生(米村晰ら)と慶應義塾大学文学部仏文科の学生(浅利慶太・日下武史ら)を中心として10人で結成した学生演劇集団であった。最初からミュージカル劇団を志向していたわけではなく、設立からかなり長い期間がストレートプレイ専門の劇団だった。これは、当時新劇界を席巻していたイデオロギー優先で演劇的な面白さを欠いた潮流に懸念を抱いた創立者たちが、演劇そのものの面白さを追求する劇団として創設したこととも関連している。主にジャン・ジロドゥやジャン・アヌイらフランス文学作家の書いた戯曲を演じていた。劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫であるが、加藤は劇団四季の成立直前に自死してしまう。

ーー壮絶な劇団四季結成の秘話があった。

日下武史さんが持病を持っていたかはわからないが、高齢だったので抵抗力は弱くなっていたのかもしれない。

スペインで、亡くなってしまい故郷日本で最期を迎えられなかったのはどう感じていたのだろうか?

日下武史さんの死因は
誤嚥(ごえん)性肺炎という。



症状に気付きにくい誤嚥性肺炎


肺炎は日本人の死亡原因の3位で、そのうち94%以上が75歳以上の高齢者となっています。また、誤嚥がその原因となる肺炎は、70歳以上では70%にもなります(厚生労働省・呼吸器学会より)。
誤嚥性肺炎は、かかっていても気付かずに発見が遅れることがあるので注意が必要です。ここでは、誤嚥性肺炎の症状や治療法などを解説します。
誤嚥性肺炎とはどんな病気?原因は?
誤嚥性肺炎とは、細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまうことで起こる病気です。
誤嚥とは、何かを食べたり飲んだりした時にそれが食道に入らず、気道に入ってしまうことをいいます。元気な人でも、何かの拍子に食べ物や飲み物が気管に入ってしまい、むせてしまうことがありますよね。健康な状態であれば、「ケホケホ」と咳き込むことで気管に入った物を出せます。しかし吐き出す力が弱くなっている場合、気管に入ったものを出すことができません。そのため、細菌が肺に入って繁殖してしまうのです。
食べ物や飲み物による誤嚥のほか、夜寝ている時に口の中で繁殖した細菌を誤嚥してしまったり、吐瀉物をうまく吐き出せずに気管に吸い込んでしまったりした時に起こることもあります。

元気な人でも、夜に自分の唾液などを誤嚥している時があります。しかしその時に誤嚥するのはわずかな量であり、朝になってから痰として吐き出すことができるため、肺炎にはなりません。高齢者や抵抗力が落ちた人では、寝ている時に誤嚥することが多く、抵抗力が低いために誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。









nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
日下武史さんの死因の誤嚥(ごえん)性肺炎とは?劇団四季結成悲話とは?日下武史さんは持病があったのか? :B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

日下武史さんの死因の誤嚥(ごえん)性肺炎とは?劇団四季結成悲話とは?日下武史さんは持病があったのか?  [芸能人]

劇団四季の創設メンバーの一人で中心的存在として活躍した俳優の日下武史(くさか・たけし、本名・孟=たけし)さんが15日に静養先のスペインで誤嚥(ごえん)性肺炎のため亡くなった。86歳だった。

死因は誤嚥(ごえん)性肺炎。


症状に気付きにくいのが誤嚥性肺炎。


肺炎は日本人の死亡原因の3位で、そのうち94%以上が75歳以上の高齢者。
日下武史さんは86歳と高齢だったので抵抗力が落ちていたのではないか?

誤嚥がその原因となる肺炎は、70歳以上では70%にもなるという。

日下武史さんは持病はあったのか?

スペインで亡くなってしまい故郷日本で最期を過ごせなかったのは悔いが残るのかもしれない。。

スペインで亡くなってしまった場合手続きはどうなのか?


日下武史さんは

 慶応高校在学中より演劇活動を始め、慶応大仏文科在学中の1953年、浅利慶太さんら10人で劇団四季を結成。


翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」(ジャン・アヌイ作)の伯爵ガストン役で初舞台を踏んだ。「ヴェニスの商人」「エクウス」「この生命誰のもの」「ハムレット」「鹿鳴館」など代表作は多く、的確な役作り、知的な演技で四季の看板俳優として数多くの舞台で存在感を放った。

またNHK大河ドラマ「新・平家物語」など、テレビドラマや映画、外国映画の吹き替えでも活躍した。







劇団四季は

700名以上の俳優・スタッフにより東京・名古屋・大阪・札幌・福岡(2017年より復活)に、設置した専用劇場を中心に年間3,000ステージ超を上演(興行)する。年間観客動員数はリピーターを含めて300万人。1970年代以降、海外ミュージカル作品のロングラン上演を通じて日本にミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たした。

海外ミュージカルの輸入によらない、浅利慶太がプロデュースを手がけて制作する「劇団四季のオリジナルミュージカル」や「劇団四季のファミリーミュージカル」も人気がある。また、 JR東日本アートセンター自由劇場開業後は従前のストレートプレイの上演も増加している。

953年(昭和28年)7月14日に劇団七曜会から分裂する形で設立。当初は、東京大学文学部仏文科の学生(米村晰ら)と慶應義塾大学文学部仏文科の学生(浅利慶太・日下武史ら)を中心として10人で結成した学生演劇集団であった。最初からミュージカル劇団を志向していたわけではなく、設立からかなり長い期間がストレートプレイ専門の劇団だった。これは、当時新劇界を席巻していたイデオロギー優先で演劇的な面白さを欠いた潮流に懸念を抱いた創立者たちが、演劇そのものの面白さを追求する劇団として創設したこととも関連している。主にジャン・ジロドゥやジャン・アヌイらフランス文学作家の書いた戯曲を演じていた。劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫であるが、加藤は劇団四季の成立直前に自死してしまう。

ーー壮絶な劇団四季結成の秘話があった。

日下武史さんが持病を持っていたかはわからないが、高齢だったので抵抗力は弱くなっていたのかもしれない。

スペインで、亡くなってしまい故郷日本で最期を迎えられなかったのはどう感じていたのだろうか?

日下武史さんの死因は
誤嚥(ごえん)性肺炎という。



症状に気付きにくい誤嚥性肺炎


肺炎は日本人の死亡原因の3位で、そのうち94%以上が75歳以上の高齢者となっています。また、誤嚥がその原因となる肺炎は、70歳以上では70%にもなります(厚生労働省・呼吸器学会より)。
誤嚥性肺炎は、かかっていても気付かずに発見が遅れることがあるので注意が必要です。ここでは、誤嚥性肺炎の症状や治療法などを解説します。
誤嚥性肺炎とはどんな病気?原因は?
誤嚥性肺炎とは、細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまうことで起こる病気です。
誤嚥とは、何かを食べたり飲んだりした時にそれが食道に入らず、気道に入ってしまうことをいいます。元気な人でも、何かの拍子に食べ物や飲み物が気管に入ってしまい、むせてしまうことがありますよね。健康な状態であれば、「ケホケホ」と咳き込むことで気管に入った物を出せます。しかし吐き出す力が弱くなっている場合、気管に入ったものを出すことができません。そのため、細菌が肺に入って繁殖してしまうのです。
食べ物や飲み物による誤嚥のほか、夜寝ている時に口の中で繁殖した細菌を誤嚥してしまったり、吐瀉物をうまく吐き出せずに気管に吸い込んでしまったりした時に起こることもあります。

元気な人でも、夜に自分の唾液などを誤嚥している時があります。しかしその時に誤嚥するのはわずかな量であり、朝になってから痰として吐き出すことができるため、肺炎にはなりません。高齢者や抵抗力が落ちた人では、寝ている時に誤嚥することが多く、抵抗力が低いために誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。









nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。