So-net無料ブログ作成

TOKIOの城島茂と山口達也の強運の秘密とは?古代ザメラブカを捕獲成功!貴重すぎるしラブカが奇妙過ぎる!! [芸能人]

TOKIOの城島茂と山口達也の強運は専門家も脱帽!

何と生態が殆どわかっていない生きた化石とも呼ばれる古代ザメを捕獲したという!!
山口達也と城島茂の強運の秘密はあるのだろうか?


生きた化石を芸能人が収録中に捕獲する!という奇跡!
どれほど凄いのか?

またTOKIO山口達也と城島茂の強運の秘密を姓名判断で紐解いていくとしよう。



まずラブカとは、どんなサメなのか?

カグラザメ目ラブカ科に属するサメ。




えらのまわりにフリルが付いているように見えることが特徴的なところから、
英名ではfrilled Shark(フリルド・シャーク)とも呼ばれている。

★深海性のサメで個体数も非常に少ないために、
いまだにその生態がはっきりと解明されていないラブカ。★

、、そう 生態数が少く捕獲の事例も稀なのだ。
専門家でさえ生きたラブカを見る事は少ないという。。




<ラブカの身体的特徴>
まるでウミヘビのような細長い体は、全長1.2~2.0m程度。
長く伸びた1基の尾びれと背びれをもつ。

えらについても他のサメとは大きく違った特徴がある。
ほとんどの種のサメのえらは5本、ラブカの場合はえらは6本。
そのうち1本はアゴの近くまで及んでいる。


またフリルのような薄い膜がくっついているため、えらがピンク色に見える。



ラブカは歯も非常に独特。
まるで三又矛のような3本の突起が出た歯が、きれいな配列で並んでいる。








この歯の形状は、イカなどの柔らかい生き物を捕らえる際に逆立った細かいトゲの羅列が相手の体に食い込んで簡単には外れなくなるため。

■もう エイリアン的でしかな!
■見た目はキモい、、■



以上のような特徴が、3万5千年前に生きていたクラドセラケという古代ザメに似ているため、
ラブカは姿をほとんど変えずに生き残ってきた「生きた化石」だと言われてる。


クラドセラケのフィギア↓




TOKIO山口達也と城島茂
の凄いところ!



<ラブカの生態はほとんど解明されていない!!


そんな古代ザメを捕獲してしまうのだから凄い!!



まず生息域だが発見例が少ないが、世界中のいろんな場所で発見されている。

普段は深度120~1000m程度の深い海に住んでいて、
摂餌の際に表層近くの浅い海まで上がってくると考えられている。



主な主食はイカなどの頭足類。
ほかに硬骨魚や軟骨魚も食べることはわかっている。

ラブカの顎はヘビのように大きく開くため、多少大きな獲物でも噛みちぎらずに飲み込んで食べてしまう。
体内から姿かたちがそのまま残った小型のサメが見つかった例もあるという。

ラブカはゆっくりと緩慢に泳ぐ姿しか観察されていないらしく、イカやサメのような高速で泳げる獲物をどうやって捕獲しているのかは謎だという。



鉄腕ダッシュでTOKIOが
今回捕獲したラブカをどうするか?は放送をみないとわからないが、研究に使用するのだろうか?

もしTOKIOが捕獲した、古代ザメを研究に利用するのだとしたら

わかっていない生態がわかるかもしれない。


補食の瞬間の謎などが解明されるかもしれない。
瞬間的な遊泳速度が速いのか、もしくはラブカ独自の狩りの方法があるのか?


逆に天敵となるのは大型のサメのようで、水揚げされるラブカの体やひれには、サメと思われる襲撃跡が残っていることが多くあるという。



まさに未知との遭遇!





今回の古代ザメだけではなく過去には
東京都で絶滅危惧種の最高ランクに位置づけられる「スナヤツメ」を発見!
スナヤツメは、ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の淡水魚で、流れの緩やかな清流でしか生きられない。一生のうち、ほとんどは目が開かない状態で過ごし、成魚になった産卵前のわずかな期間のみ、目が開くと言われている。今回、山口さんが見つけたスナヤツメは目が開いた状態で、専門家でも見たことがないほど希少なものだという。

 山口さんがスナヤツメを発見するのは2015年に続き2度目。撮影に同行したNPO海辺つくり研究会の木村尚・理事は「図鑑でしか見たことがなかった幻のスナヤツメを、番組のロケで2度もお目にかかれるとは……本当に驚きです。恐らく今回の発見は、全国の川で活動する研究者にとって垂涎(すいぜん)の的になると思います」とコメントを寄せている。

やはり山口達也何か持っている!!未知との遭遇は今回だけではない。
スナヤツメの例もあるし、今後も歴史的発見があるかもしれない。

城島茂と山口達也の強運の秘密はあるのか?


収録中に貴重な生物を発見する事がしばしばある、まさにタレントであり「不思議の力を持っている」芸能人である。
まずは

城島茂





●総合的な運勢
プライドが高く、地位や名誉、権力を重んじるところがあります。強情で本人の意見を曲げないところがあるので、人とぶつかりやすくなります。人の気持ちや考え方を理解しようと努力していけば、優れた頭脳や直感力を生かすことができるようになるでしょう。

●家系的な運勢
勇敢な人が多く、度胸があります。武士など戦時下で活躍した家系です。平和な時代には教育者や指導者として活躍するでしょう。

●仕事の運勢
負けん気と強い意志力をもっています。強情な面が災いして、人とぶつかることがあるので、人と和することを肝に銘じておくことが大切です。

●愛情面の運勢
気が短く、少しのことで腹を立てるところがあり、家族ははれものにさわる思いをするようです。また、家族や夫婦の縁がうすいという暗示があり、住居の移転も多くなりそうです。

●社交運
イメージ的に存在感がうすく、対人関係がスムーズにいきにくいようです。また、信じていた人が離れていったりして、孤独感を味わうこともあるでしょう。

●性格
温かい心の持ち主で、人徳を備えています。たいへんりちぎな性格で、人の恩を忘れません。一方で、スジが通っていて、曲がったことやいい加減な態度を嫌います。白か黒かをはっきりさせたいタイプです。

●人間関係
優柔不断であることを良しとしないために、若いうちから将来のことを考えて努力します。充分に優しさをもっていますが、刹那的な生き方や考え方の人を受け入れがたいところがあります。


[モータースポーツ]何と城島茂はあまり良い運勢ではない!しかし当たっている面もあるので、強運は城島茂の日頃の努力と謙虚な仕事に対する姿勢が呼び込んでいるのかもしれない。











次に
山口達也





●総合的な運勢
頭が良く、独立心が旺盛です。意志も強いので、たくましく目的や願望を達成します。年を重ねるにしたがって、運気が上昇していきます。女性の場合は、男性との縁がうすくなるようです。

●家系的な運勢
代々、頭が良い家系です。名誉職の人が多く、有名人の親戚もいるでしょう。ピンチでも強く、男性を中心に繁栄します。

●仕事の運勢
幅広い人脈と粘り強く目標に立ち向かって行く精神力をもっているので、年功序列、実力主義、どちらの企業体でも能力を発揮し、仕事は順調です。

●愛情面の運勢
金銭関係をつくるのが上手で、ユニークな財源や金脈をつくります。良い子供に恵まれ、一字名以外の人は夫婦円満で順調です。ただし、異性との交際においてルーズな場合もあるので、自重しましょう。

●社交運
誠実で情が深く、親切な人柄が内側からにじみ出ているので、見るからに印象の良い人です。そのため、人が集まってきて、良い人脈ができるので、運勢をさらに強いものにするでしょう。

●性格
温厚で素直な、温かい性質の持ち主です。人から抜きに出ることを望まないので、目立つことはありませんが、ひとつひとつていねいに進めていくために、着実に成功の基礎を築いていきます。

●人間関係
円満な家庭に育ち、争いごとを好まず、平和主義です。人を思いやる心も深く、信頼関係のある友人が集まります。目標達成への意志もしっかりしているので、人の上に立つ素質を充分もっています。



山口達也は生まれもっての強運の持ち主のようだ!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

TOKIOの城島茂と山口達也の強運の秘密とは?古代ザメラブカを捕獲成功!貴重すぎるしラブカが奇妙過ぎる!!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

TOKIOの城島茂と山口達也の強運の秘密とは?古代ザメラブカを捕獲成功!貴重すぎるしラブカが奇妙過ぎる!! [芸能人]

TOKIOの城島茂と山口達也の強運は専門家も脱帽!

何と生態が殆どわかっていない生きた化石とも呼ばれる古代ザメを捕獲したという!!
山口達也と城島茂の強運の秘密はあるのだろうか?


生きた化石を芸能人が収録中に捕獲する!という奇跡!
どれほど凄いのか?

またTOKIO山口達也と城島茂の強運の秘密を姓名判断で紐解いていくとしよう。



まずラブカとは、どんなサメなのか?

カグラザメ目ラブカ科に属するサメ。




えらのまわりにフリルが付いているように見えることが特徴的なところから、
英名ではfrilled Shark(フリルド・シャーク)とも呼ばれている。

★深海性のサメで個体数も非常に少ないために、
いまだにその生態がはっきりと解明されていないラブカ。★

、、そう 生態数が少く捕獲の事例も稀なのだ。
専門家でさえ生きたラブカを見る事は少ないという。。




<ラブカの身体的特徴>
まるでウミヘビのような細長い体は、全長1.2~2.0m程度。
長く伸びた1基の尾びれと背びれをもつ。

えらについても他のサメとは大きく違った特徴がある。
ほとんどの種のサメのえらは5本、ラブカの場合はえらは6本。
そのうち1本はアゴの近くまで及んでいる。


またフリルのような薄い膜がくっついているため、えらがピンク色に見える。



ラブカは歯も非常に独特。
まるで三又矛のような3本の突起が出た歯が、きれいな配列で並んでいる。








この歯の形状は、イカなどの柔らかい生き物を捕らえる際に逆立った細かいトゲの羅列が相手の体に食い込んで簡単には外れなくなるため。

■もう エイリアン的でしかな!
■見た目はキモい、、■



以上のような特徴が、3万5千年前に生きていたクラドセラケという古代ザメに似ているため、
ラブカは姿をほとんど変えずに生き残ってきた「生きた化石」だと言われてる。


クラドセラケのフィギア↓




TOKIO山口達也と城島茂
の凄いところ!



<ラブカの生態はほとんど解明されていない!!


そんな古代ザメを捕獲してしまうのだから凄い!!



まず生息域だが発見例が少ないが、世界中のいろんな場所で発見されている。

普段は深度120~1000m程度の深い海に住んでいて、
摂餌の際に表層近くの浅い海まで上がってくると考えられている。



主な主食はイカなどの頭足類。
ほかに硬骨魚や軟骨魚も食べることはわかっている。

ラブカの顎はヘビのように大きく開くため、多少大きな獲物でも噛みちぎらずに飲み込んで食べてしまう。
体内から姿かたちがそのまま残った小型のサメが見つかった例もあるという。

ラブカはゆっくりと緩慢に泳ぐ姿しか観察されていないらしく、イカやサメのような高速で泳げる獲物をどうやって捕獲しているのかは謎だという。



鉄腕ダッシュでTOKIOが
今回捕獲したラブカをどうするか?は放送をみないとわからないが、研究に使用するのだろうか?

もしTOKIOが捕獲した、古代ザメを研究に利用するのだとしたら

わかっていない生態がわかるかもしれない。


補食の瞬間の謎などが解明されるかもしれない。
瞬間的な遊泳速度が速いのか、もしくはラブカ独自の狩りの方法があるのか?


逆に天敵となるのは大型のサメのようで、水揚げされるラブカの体やひれには、サメと思われる襲撃跡が残っていることが多くあるという。



まさに未知との遭遇!





今回の古代ザメだけではなく過去には
東京都で絶滅危惧種の最高ランクに位置づけられる「スナヤツメ」を発見!
スナヤツメは、ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の淡水魚で、流れの緩やかな清流でしか生きられない。一生のうち、ほとんどは目が開かない状態で過ごし、成魚になった産卵前のわずかな期間のみ、目が開くと言われている。今回、山口さんが見つけたスナヤツメは目が開いた状態で、専門家でも見たことがないほど希少なものだという。

 山口さんがスナヤツメを発見するのは2015年に続き2度目。撮影に同行したNPO海辺つくり研究会の木村尚・理事は「図鑑でしか見たことがなかった幻のスナヤツメを、番組のロケで2度もお目にかかれるとは……本当に驚きです。恐らく今回の発見は、全国の川で活動する研究者にとって垂涎(すいぜん)の的になると思います」とコメントを寄せている。

やはり山口達也何か持っている!!未知との遭遇は今回だけではない。
スナヤツメの例もあるし、今後も歴史的発見があるかもしれない。

城島茂と山口達也の強運の秘密はあるのか?


収録中に貴重な生物を発見する事がしばしばある、まさにタレントであり「不思議の力を持っている」芸能人である。
まずは

城島茂





●総合的な運勢
プライドが高く、地位や名誉、権力を重んじるところがあります。強情で本人の意見を曲げないところがあるので、人とぶつかりやすくなります。人の気持ちや考え方を理解しようと努力していけば、優れた頭脳や直感力を生かすことができるようになるでしょう。

●家系的な運勢
勇敢な人が多く、度胸があります。武士など戦時下で活躍した家系です。平和な時代には教育者や指導者として活躍するでしょう。

●仕事の運勢
負けん気と強い意志力をもっています。強情な面が災いして、人とぶつかることがあるので、人と和することを肝に銘じておくことが大切です。

●愛情面の運勢
気が短く、少しのことで腹を立てるところがあり、家族ははれものにさわる思いをするようです。また、家族や夫婦の縁がうすいという暗示があり、住居の移転も多くなりそうです。

●社交運
イメージ的に存在感がうすく、対人関係がスムーズにいきにくいようです。また、信じていた人が離れていったりして、孤独感を味わうこともあるでしょう。

●性格
温かい心の持ち主で、人徳を備えています。たいへんりちぎな性格で、人の恩を忘れません。一方で、スジが通っていて、曲がったことやいい加減な態度を嫌います。白か黒かをはっきりさせたいタイプです。

●人間関係
優柔不断であることを良しとしないために、若いうちから将来のことを考えて努力します。充分に優しさをもっていますが、刹那的な生き方や考え方の人を受け入れがたいところがあります。


[モータースポーツ]何と城島茂はあまり良い運勢ではない!しかし当たっている面もあるので、強運は城島茂の日頃の努力と謙虚な仕事に対する姿勢が呼び込んでいるのかもしれない。











次に
山口達也





●総合的な運勢
頭が良く、独立心が旺盛です。意志も強いので、たくましく目的や願望を達成します。年を重ねるにしたがって、運気が上昇していきます。女性の場合は、男性との縁がうすくなるようです。

●家系的な運勢
代々、頭が良い家系です。名誉職の人が多く、有名人の親戚もいるでしょう。ピンチでも強く、男性を中心に繁栄します。

●仕事の運勢
幅広い人脈と粘り強く目標に立ち向かって行く精神力をもっているので、年功序列、実力主義、どちらの企業体でも能力を発揮し、仕事は順調です。

●愛情面の運勢
金銭関係をつくるのが上手で、ユニークな財源や金脈をつくります。良い子供に恵まれ、一字名以外の人は夫婦円満で順調です。ただし、異性との交際においてルーズな場合もあるので、自重しましょう。

●社交運
誠実で情が深く、親切な人柄が内側からにじみ出ているので、見るからに印象の良い人です。そのため、人が集まってきて、良い人脈ができるので、運勢をさらに強いものにするでしょう。

●性格
温厚で素直な、温かい性質の持ち主です。人から抜きに出ることを望まないので、目立つことはありませんが、ひとつひとつていねいに進めていくために、着実に成功の基礎を築いていきます。

●人間関係
円満な家庭に育ち、争いごとを好まず、平和主義です。人を思いやる心も深く、信頼関係のある友人が集まります。目標達成への意志もしっかりしているので、人の上に立つ素質を充分もっています。



山口達也は生まれもっての強運の持ち主のようだ!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0