So-net無料ブログ作成

アメブロ社長の藤田晋の武勇伝や経歴、藤田晋の性格や藤田晋の名言とは? [社長 企業]

社長の武勇伝や苦労話し紹介シリーズ
今回はサイバーエージェントのふじた すすむ 藤田 晋だ。

パソコンでブログを見たことがある人なら皆知っているアメーバブログの社長と言えばわかりやすい。

奥菜恵と結婚していた事もある。
まだ若い新進気鋭の社長である。

数多くの名言も発していて、多くの企業家にRESPECTされている。

アメブロ社長の名言やアメブロ社長の性格などを紹介しよう。

豪快な社長ならではの武勇伝や"すしざんまい"の社長のような特殊能力はあるのか?

藤田晋
生誕 1973年5月16日(43歳)
日本の旗 日本・福井県鯖江市
出身校 青山学院大学
職業 実業家
団体 サイバーエージェント
代表取締役社長
配偶者 奥菜恵(2004年1月 - 2005年7月)
元秘書の女性(2009年 - )
藤田 晋(ふじた すすむ、1973年5月16日 - )は、日本の実業家。東証1部上場株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。2000年代、ほぼ同時期の起業で成功を収めたライブドアの堀江貴文や楽天の三木谷浩史と並ぶいわゆる“ヒルズ族”の筆頭格として語られる。


福井県鯖江市に生まれ、高校卒業までを鯖江で過ごす。福井県立武生高等学校を卒業した後、上京、青山学院大学経営学部へ進学する。大学在学中には大学付近のベンチャー広告代理店で営業のアルバイトを2年半ほど経験。「アルバイトの合間に授業に出る」ような大学生活であったという。その広告代理店は元リクルート社員らが中心になって立ち上げたベンチャー企業で、アルバイトでバーに勤務していた時期、そのバーの先輩から「お前の夢は何だ。起業したいなら、それに向かって行動しろ。じゃなければ、このバーに就職するんだ」と言われ、そのバーへの就職を避けたいという一心が入社のきっかけであったという。

大学卒業後、人材派遣会社インテリジェンスでの勤務を経て、1998年に起業。株式会社サイバーエージェントを設立し、同社の代表取締役に就任。2000年、26歳当時、同社の東証マザーズ上場を当時史上最年少で果たした。







2006年には東京ヴェルディ1969を運営する日本テレビフットボールクラブの副社長に就任。

2007年、世界経済フォーラム主催のヤング・グローバル・リーダーに選出される。同団体には、楽天の三木谷浩史、Google共同創立者の セルゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ、オンライン百科事典「Wikipedia」の創始者であるジミー・ウェールズ、テスラモーターズCEOのイーロン・マスクなどが選出されている。

2010年、The Japan Timesが発表する「次世代を担う100人のCEO アジア2010」に選出される。

2014年、日経ビジネス「社長が選ぶベスト社長」に選出される。

2015年、アメリカ・フォーブス誌発表の「Japan's 50 Richest People」において、43位にランクインする。

2016年4月、カイシャの評判 「経営手腕が優れている社長」ランキング(IT・WEB業界編)で第2位にランクインする。第1位はソフトバンクグループの孫正義であった。

私生活

いわく、もともと金銭への執着はあまり無いほうで、自社株公開後にそれなりの個人資産を得てからますます金銭欲が薄れたという[。初めてテレビの独占取材を受けた際には「べつにクルーザーが欲しいわけでもない、あと貯金とか嫌いですしね」と自らの物欲の無さを語り、「大学にいたとき、会社入ったときですね、思ったのは。カッコよく生きたい、と。」と人生観を語っている。

かっこいい 定義は人それぞれなので藤田晋が思うかっこいい生き方を言ったのだろう、、
もはやその思い込みが藤田晋の武勇伝だ。



父親は大手企業(カネボウ)勤務のサラリーマンであった。その父のようになるのが嫌であったのだという。若年の頃にはミュージシャンを真剣に目指した時期もあったものの、高校3年頃、自身の音楽的才能に疑問を抱くに至り断念。実業の道を志し始めたのもちょうど同時期のことであったという。当時、口から出任せで「将来レコード会社を作ってみんなをデビューさせてやる」と仲間に対して吹聴していた。それが起業を意識したきっかけであったのかもしれない、と語っている。

ミュージシャンを目指すも断念、他のミュージシャンに光を当てる仕事をしているのでそれも有言実行武勇伝かもしれない。

2000年代に「ヒルズ族」として語られていたものの、実際には、2009年の再婚後に入居するまで六本木ヒルズとはまったく無関係であった。

交友関係は広く、ライブドア元代表取締役社長CEOの堀江貴文を始め、株式会社麻生の代表取締役社長である麻生巌、幻冬舎代表取締役社長の見城徹、Gackt、市川海老蔵など、各界に渡る。


藤田晋はヒップホップを好み、「Rhymester」のファンである。RHYMESTERのEGOTOPIAをたまたま入手し、聞いたことがきっかけでヒップホップの愛好家になった。当時のインディーズレーベルを買い漁ったり服装も「B-BOY」風のファッションにするなどとても凝っていた。Rhymesterの宇多丸が出演している第三会議室にゲストで登場。「SUPER BUTTER DOG」の竹内朋康は中学生時代の親友でMummy-Dと竹内がマボロシを結成した際に「Rhymester」のラジオにてゲストとして呼ばれ、10年振りに再会した。ヒップホッププロデューサー兼ファッションデザイナーのNIGOとプライベートで仲がよく、しばしば2人で釣りに行くなどしているという。

ニゴと釣りに行ける、というのも武勇伝だ。、

競馬
かねてより競馬に入れ込んでおり、2008年には有馬記念で294.9倍の大穴馬券を的中させたことが話題となっている。関係馬はダイワスカーレットとアドマイヤモナークで、獲得額は1474万5千円であった。


これは藤田晋最大の武勇伝だ藤田晋の特殊能力は強運にあるかもしれない。


麻雀
小学生時代に友達の親から麻雀を教わって以降、大学時代に至るまで麻雀に親しんでいた。大学入学後すぐに桜井章一率いる雀鬼会に通い、厚木のフリー雀荘で働くまで1年半にわたって通い続けていた。月に2~300半荘打ちこみ、一時はプロを目指したほどの腕前で、「ビジネスで大事なことの非常に多くのことを麻雀を通じて学んだ」とも話している[17]。2014年12月には麻雀最強戦に優勝し、最強位となった。

2016年「RTD inc.」のプロデュースのもと、AbemaTVにおいて「藤田晋invitational RTDリーグ」を開催。主催者として、予選BLACK DIVISION・WHITE DIVISION両リーグに唯一出場。麻雀プロ団体の垣根を越えて招集した14名のトッププロとの年間138試合という長期リーグにおいて、第一回の準優勝を飾った。優勝した多井隆晴は「藤田さんは、局面を俯瞰で捉えることができる数少ないプレイヤー。自分の視点、相手の視点、客観的な視点という麻雀で大事な視点を3つ全て持ってる」と話している。

麻雀最強戦での優勝を機に麻雀の勉強をし直し、2016年は趣味の釣りとゴルフを一切やらなくなり、自身の別荘ではプロ雀士とともに合宿を行うなど、その実力は「あの頃(最強戦)に比べたら圧倒的に強い。地力がついた」と述懐している。




釣りが趣味で、小型船舶操縦士免許を所有




『神の雫』を読んだことがきっかけで、ワインにハマっている



婚姻歴
2004年1月に女優の奥菜恵と結婚するが、翌2005年の7月に離婚。2009年に自身の元秘書の女性と再婚している。


アメブロ社長の藤田晋の経歴や武勇伝は以上の通りだ。



ではアメブロ社長の藤田晋の性格や今後はどうなのか?
姓名判断した









●総合的な運勢
才能があり、負けず嫌いで、強い信念と決断力をもって前進する人なので、指導者の立場に立ちやすいでしょう。しかし、権力志向の面があるために、敵もつくりやすいでしょう。謙虚さを忘れないようにすれば、地位、名誉、財産ともに栄えていくことでしょう。

●家系的な運勢
名門の家系です。プライドが高いです。男性に優れた人物が出ますが、血縁関係で問題を起こしやすい家系です。

●仕事の運勢
スケールの大きいことや使命感に燃えてできる仕事が最良です。一旦運をつかむと、一気に上昇気運に乗るでしょう。

●愛情面の運勢
責任感が強く、親戚からたよりにされます。少々差別意識が強い面があります。女性の場合は、後家、再婚の可能性が強くなります。

●社交運
神経が細かく、さまざまなタイプの人と協調していくだけの人格的な幅がせまいところがあるために、人間


●総格(総運)は33画

『特殊格』
『開運 勇気 成功』
男の子向きの大出世数
老いてもなお精力的に活躍する晩年です。企業のトップとして成功する人もいます。
全力で仕事に取り組むため、地位、財産を手に。その分、家庭生活がおろそかになりがちです。



…………………………………………
以上のような結果となった

特に企業のトップとして成功する人もいる。
家庭生活がおろそかになりがち、、

の結果はズバリ的中なのでは?
だから奥菜恵と別れたのかもしれない。。



そんな藤田晋もトップ経営者だけに名言も多い。
以下は藤田晋の名言だ、

ヤル気が出てくるので意識の高い人ならば見ると良い。
藤田晋は破天荒な武勇伝もなければ、極貧の苦労時代もないようで順風満帆だったのだろう。。
 
もちろん失敗は多いし努力家の結果、極貧を味わってないだけかもしれない。極貧を味わないと金銭欲がないなど言わない。



以下はアメブロ社長藤田晋の名言だ。


勝負の場では過信や油断は禁物。それらが生む、ほんの少しの気の緩みが命取りになる。

たとえ弱くても、弱いなりに勝つ方法を必死に考えれば、勝機は必ず生まれる。

必死に考えれば、勝機は必ず生まれる
本気で考え抜いた先にこそ、素晴らしい案が出る。



どんな苦境も「復活の目」は必ずある

現場にどれだけ問題意識があっても、リーダーが正しい道を見せて、仕切っていかなければ前には進めない。


世界が毎日前進し、変化を続けている以上、自分だけが安定を求めても、それは実質後退。


ビジネスでは、人と違うものを内側から生み出さないと競争力にはならない。



仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる。



圧倒的な努力をすれば、評価されようがされまいが、自分自身、納得できるようになる。そうした圧倒的な努力が、後から評価につながってくる。  


相手の立場になって考えて判断・行動するために必要な「想像力」。それが仕事の大きな武器になる。



ビジネスの場合、「終わった」と思ったところからが本当の勝負。そこで満足しているようでは、「その他大勢の人」と変わりがない。



「そこそこ上にいる」という居心地の良さは、成長意欲を妨げる。
藤田晋の名言|「そこそこ上にいる」という居心地の良さは、成長意欲を妨げる

自分の「やる気」や「やりたいこと」は、自分が積極的に伝えていかないと、チャンスはつかみ取れない。受け身の姿勢ではダメ。


迷っている時点で自然ではないので、そういう時は決断しない方がいい。



ビジネスの世界では、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるかどうかが大切です。ですから、「好かれる人」は、やはり有利。
  

何かに着手したり、生み出したりするには、楽観的に考えて前に進むことが重要。


勝負の世界では、危機感を持っているかどうかが勝敗を分ける。
藤田晋の名言|勝負の世界では、危機感を持っているかどうかが勝敗を分ける
「批評される側の人間が、批評するのは恥ずべきこと」。そのぐらいの考えを持っていた方が、いい仕事ができる。





「自分のやり方」にこだわることは足かせになる
答えが存在しないビジネスの世界では、ひとつずつコツコツ試していく方がむしろ効果的。


答えが存在しないビジネスの世界では、ひとつずつコツコツ試していく方がむしろ効果的
優れた上司は、異動直後は「現場を知る」ことから始めます。未経験な仕事は自分でも試す。


優れた上司は、「現場を知る」ことから始める
素晴らしいアイデアやシステムを思いつけば新しいものが生み出せるわけではありません。実際に形にするには、地味な努力の積み重ねが必須です。


実際に形にするには、地味な努力の積み重ねが必須
どれだけ辛い状況に陥っても、地べたに這いつくばってでも成果を出さなければいけない。


「昔」ではなく、「今」をどれだけ直視できるか。ビジネスパーソンは、現実を直視したうえで、環境に応じて自分を変えていく必要がある。


「昔」ではなく、「今」をどれだけ直視できるか
新規事業は、「とりあえずやってみよう」の精神で何よりもスピードを優先し、少ない予算と人でチームを組み、小規模でスタートした方が良い。


ネガティブな気持ちは伝染する。「やる気のなさ」が感じられる発言は、一緒に働く人たちの士気を下げる。


ネガティブな気持ちは伝染する
リスクを取りにいかない自分に自ら毒されてしまうと、リスクを取って勝負する場面で動けなくなる。


リスクを取りにいかない自分に自ら毒されてしまうと、リスクを取って勝負する場面で動けなくなる
耐える力は教えられて覚えるものではありません。仕事の中で幾度となくピンチを乗り越えて身につけていくもの。


耐える力を身につけるには
希望的観測で中途半端な企画を通すと、提案者だけでなく、プロジェクトに関わったすべての人が悲惨な運命を辿ることになる。


素晴らしい企画は、その人の経験から生み出されるもの。つまり、提案者自らが経験し、感じたものから生まれた企画こそ、検討の価値がある。

提案者自らが経験し、感じたものから生まれた企画こそ、検討の価値がある
組織は「意思統一」が何より重要です。逆に言うと、意思統一ができなければ、単なる烏合の衆でしかない。


言葉を「拾う」ためにも読書は必要ですが、「使いこなす」ためにも読書は必要ですね。言葉を使いこなせない人は、読書量が足りない。


あらゆる仕事には、最後は退路を断ち切って向き合わなければならない局面がある。


反骨心はとても大事。ビジネスではそれが強い競争力になる。真面目で優秀な人でも、強い反骨心を持った人に負けてしまうことが多々ある。


組織の中では、納得できない謎の評価で出世する人もいるかもしれませんが、誰もが認める「評価されている人」は皆、圧倒的な努力をしている。


一時期、あるメディアに代理店の契約を切られたことが、影響力のあるメディアをつくらなくてばと思うきっかけになりました。


アイデアの段階で中途半端に終わらせず、実現に向けて徹底的に詰めることができるかどうか。これができている会社や職場は強い。


整理のコツは、どこまで潔く捨てられるかにかかっている。


物や情報を残せば残すほど、増やせば増やすほど、大事なことを見落とすリスクが高まる。








本にビジネスの答えが載っていることはありません。本とは、適度な距離を取りながらつき合うことが大切。



優れた本は仕事の武器になり得ますが、頼るものではない。本に書いてある通りに行動して上手くいくほどビジネスは甘くない。



小さな事業ならともかく、会社を大きく変えたければ、経営者は決して人任せにしてはダメです。


日本で勝てないような会社が海外で勝てるわけがない。


人任せにしていては会社の文化は到底変えられない。経営者自身がフルコミットして、社員に示さなければ会社そのものが変わらない。



プロダクトの改善を重ねるのは当然ですが、どうしても途中で伸び悩む時期が出てくる。そういう時には根本的に仕組みを見直す打開策が必要です。


伸び悩む時期は根本的に仕組みの見直しを
環境変化に取り残された企業はほとんどが消滅しています。やはりどれだけ組織の規模が大きくても、環境が変わったと感じたら真っ先に動かなければならない。僕たちにはこの10年を振り返って、環境変化に対する耐性が身についていると思います。




事業構造を変えるために人員配置の比率を変える
「誰かのためにやっている」という意識ではなく、好きでやっていることなら、他人に理解されなくても気にならないはず
特に勝負を決める大事な局面では、「周りに何を言われようとも構わない。後から正しい選択だったと言わせてみせる!」ぐらいの気概が必要。

気概が必要
ビジネスは中長期も含めて考えるもの。短期的に考えた時は合理的な判断でも、中長期で考えるとものすごく不合理なことも、よくあるのです。


ビジネスは中長期も含めて考えるもの
信用は一朝一夕で得られるものではありません。「小さな約束を守る」「相手を信じる」といった積み重ねで、少しずつ得ていきましょう。


信用は一朝一夕で得られない
「経験を生かそう」とすればするほど、失敗する確率が高まる。ビジネスはそう簡単に過去の経験が生きるほど甘くはない。



「自分を必要以上に賢く見せようとしない」ことも大切。理屈で説明できないビジネスはたくさんある。無理に理論武装をする必要はない。


無理に理論武装をする必要はない
事がうまく進まなくても、一発逆転狙いの奇策は打たない方がいい。奇策にすがる気持ちは分かりますが、一か八かの博打はたいてい失敗する。


他人のアドバイスを柔軟に盛り込んで企画を改善していける人でないと難しい
ピンチの時の対処の仕方で、その人の真の実力が分かるもの。評価する側は、そこをしっかり見ています。


ピンチの時の対処の仕方で、その人の真の実力が分かるもの
優れた想像力には、幅広い知見や経験、物事を多角的に捉える洞察力や思考力が必要となる。


優れた想像力には、幅広い知見や経験、物事を多角的に捉える洞察力や思考力が必要
「利用者の立場で考える」ということは、自分の考えや気持ちを除いて、とことん相手の立場で考えること。


自分の考えや気持ちを除いて、とことん相手の立場で考える
「小さな変化」を意図的に繰り返すことで、大きな変化に対する抵抗感は次第に減っていく。


大きな変化に対する抵抗感をなくすには
変化が求められている時に、しっかり対応できる「変化に強い人」になるには、小さいなことでも構わないので、日頃から変化を楽しむ生活をするといい。



自分のことばかり考えている人は、どれだけ努力しても、小さくまとまるか行き詰まる
ユーザーにとっては、開発の苦労話などはどうでもよく、純粋に使って「便利か」「楽しいか」「使いやすいか」などが大事。



★★関連記事★★
波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。

* 凄腕社長の武勇伝やエピソード、波瀾万丈の苦労とは

ゲームをエンターテインメントに昇華させた男

* モンテローザ社長の武勇伝とは?性格とは?

↑モンテローザ創業者大神輝博さんの信念が凄い。思いやりのある忍耐強い人だった!!あの噂は間違いか?



* 鳥貴族社長の苦労とは?息子とは?創業当初は閑古鳥だった!!!

↑鳥貴族社長大倉忠司の苦労話し、エピソード。


* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

↑ドン・キホーテ社長の苦労話し、エピソードとは

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

↑すしざんまいの社長が凄まじい!!


* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから


↑本当の雑草魂!草食系だが超仕事の鬼


* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

↑異端児すぎてあだ名が山川!これは当時の友達がよく寒くないな!!




* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

↑もはや政界のイメージが強い。


* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!

↑ピザーラ社長のバイタリティが、凄い!!



* ナムコ創業者の中村雅哉さん死去 激動の昭和を生きた

ゲームをエンターテインメントに昇華させた男

* 孫正義の経歴が凄すぎて常人離れ!!こりゃ真似できん!

孫正義の真似はできないが、孫正義の経歴をみると、できる事をもっと本気でやろうと思える!!



皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

アメブロ社長の藤田晋の武勇伝や経歴、藤田晋の性格や藤田晋の名言とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

アメブロ社長の藤田晋の武勇伝や経歴、藤田晋の性格や藤田晋の名言とは? [社長 企業]

社長の武勇伝や苦労話し紹介シリーズ
今回はサイバーエージェントのふじた すすむ 藤田 晋だ。

パソコンでブログを見たことがある人なら皆知っているアメーバブログの社長と言えばわかりやすい。

奥菜恵と結婚していた事もある。
まだ若い新進気鋭の社長である。

数多くの名言も発していて、多くの企業家にRESPECTされている。

アメブロ社長の名言やアメブロ社長の性格などを紹介しよう。

豪快な社長ならではの武勇伝や"すしざんまい"の社長のような特殊能力はあるのか?

藤田晋
生誕 1973年5月16日(43歳)
日本の旗 日本・福井県鯖江市
出身校 青山学院大学
職業 実業家
団体 サイバーエージェント
代表取締役社長
配偶者 奥菜恵(2004年1月 - 2005年7月)
元秘書の女性(2009年 - )
藤田 晋(ふじた すすむ、1973年5月16日 - )は、日本の実業家。東証1部上場株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。2000年代、ほぼ同時期の起業で成功を収めたライブドアの堀江貴文や楽天の三木谷浩史と並ぶいわゆる“ヒルズ族”の筆頭格として語られる。


福井県鯖江市に生まれ、高校卒業までを鯖江で過ごす。福井県立武生高等学校を卒業した後、上京、青山学院大学経営学部へ進学する。大学在学中には大学付近のベンチャー広告代理店で営業のアルバイトを2年半ほど経験。「アルバイトの合間に授業に出る」ような大学生活であったという。その広告代理店は元リクルート社員らが中心になって立ち上げたベンチャー企業で、アルバイトでバーに勤務していた時期、そのバーの先輩から「お前の夢は何だ。起業したいなら、それに向かって行動しろ。じゃなければ、このバーに就職するんだ」と言われ、そのバーへの就職を避けたいという一心が入社のきっかけであったという。

大学卒業後、人材派遣会社インテリジェンスでの勤務を経て、1998年に起業。株式会社サイバーエージェントを設立し、同社の代表取締役に就任。2000年、26歳当時、同社の東証マザーズ上場を当時史上最年少で果たした。







2006年には東京ヴェルディ1969を運営する日本テレビフットボールクラブの副社長に就任。

2007年、世界経済フォーラム主催のヤング・グローバル・リーダーに選出される。同団体には、楽天の三木谷浩史、Google共同創立者の セルゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ、オンライン百科事典「Wikipedia」の創始者であるジミー・ウェールズ、テスラモーターズCEOのイーロン・マスクなどが選出されている。

2010年、The Japan Timesが発表する「次世代を担う100人のCEO アジア2010」に選出される。

2014年、日経ビジネス「社長が選ぶベスト社長」に選出される。

2015年、アメリカ・フォーブス誌発表の「Japan's 50 Richest People」において、43位にランクインする。

2016年4月、カイシャの評判 「経営手腕が優れている社長」ランキング(IT・WEB業界編)で第2位にランクインする。第1位はソフトバンクグループの孫正義であった。

私生活

いわく、もともと金銭への執着はあまり無いほうで、自社株公開後にそれなりの個人資産を得てからますます金銭欲が薄れたという[。初めてテレビの独占取材を受けた際には「べつにクルーザーが欲しいわけでもない、あと貯金とか嫌いですしね」と自らの物欲の無さを語り、「大学にいたとき、会社入ったときですね、思ったのは。カッコよく生きたい、と。」と人生観を語っている。

かっこいい 定義は人それぞれなので藤田晋が思うかっこいい生き方を言ったのだろう、、
もはやその思い込みが藤田晋の武勇伝だ。



父親は大手企業(カネボウ)勤務のサラリーマンであった。その父のようになるのが嫌であったのだという。若年の頃にはミュージシャンを真剣に目指した時期もあったものの、高校3年頃、自身の音楽的才能に疑問を抱くに至り断念。実業の道を志し始めたのもちょうど同時期のことであったという。当時、口から出任せで「将来レコード会社を作ってみんなをデビューさせてやる」と仲間に対して吹聴していた。それが起業を意識したきっかけであったのかもしれない、と語っている。

ミュージシャンを目指すも断念、他のミュージシャンに光を当てる仕事をしているのでそれも有言実行武勇伝かもしれない。

2000年代に「ヒルズ族」として語られていたものの、実際には、2009年の再婚後に入居するまで六本木ヒルズとはまったく無関係であった。

交友関係は広く、ライブドア元代表取締役社長CEOの堀江貴文を始め、株式会社麻生の代表取締役社長である麻生巌、幻冬舎代表取締役社長の見城徹、Gackt、市川海老蔵など、各界に渡る。


藤田晋はヒップホップを好み、「Rhymester」のファンである。RHYMESTERのEGOTOPIAをたまたま入手し、聞いたことがきっかけでヒップホップの愛好家になった。当時のインディーズレーベルを買い漁ったり服装も「B-BOY」風のファッションにするなどとても凝っていた。Rhymesterの宇多丸が出演している第三会議室にゲストで登場。「SUPER BUTTER DOG」の竹内朋康は中学生時代の親友でMummy-Dと竹内がマボロシを結成した際に「Rhymester」のラジオにてゲストとして呼ばれ、10年振りに再会した。ヒップホッププロデューサー兼ファッションデザイナーのNIGOとプライベートで仲がよく、しばしば2人で釣りに行くなどしているという。

ニゴと釣りに行ける、というのも武勇伝だ。、

競馬
かねてより競馬に入れ込んでおり、2008年には有馬記念で294.9倍の大穴馬券を的中させたことが話題となっている。関係馬はダイワスカーレットとアドマイヤモナークで、獲得額は1474万5千円であった。


これは藤田晋最大の武勇伝だ藤田晋の特殊能力は強運にあるかもしれない。


麻雀
小学生時代に友達の親から麻雀を教わって以降、大学時代に至るまで麻雀に親しんでいた。大学入学後すぐに桜井章一率いる雀鬼会に通い、厚木のフリー雀荘で働くまで1年半にわたって通い続けていた。月に2~300半荘打ちこみ、一時はプロを目指したほどの腕前で、「ビジネスで大事なことの非常に多くのことを麻雀を通じて学んだ」とも話している[17]。2014年12月には麻雀最強戦に優勝し、最強位となった。

2016年「RTD inc.」のプロデュースのもと、AbemaTVにおいて「藤田晋invitational RTDリーグ」を開催。主催者として、予選BLACK DIVISION・WHITE DIVISION両リーグに唯一出場。麻雀プロ団体の垣根を越えて招集した14名のトッププロとの年間138試合という長期リーグにおいて、第一回の準優勝を飾った。優勝した多井隆晴は「藤田さんは、局面を俯瞰で捉えることができる数少ないプレイヤー。自分の視点、相手の視点、客観的な視点という麻雀で大事な視点を3つ全て持ってる」と話している。

麻雀最強戦での優勝を機に麻雀の勉強をし直し、2016年は趣味の釣りとゴルフを一切やらなくなり、自身の別荘ではプロ雀士とともに合宿を行うなど、その実力は「あの頃(最強戦)に比べたら圧倒的に強い。地力がついた」と述懐している。




釣りが趣味で、小型船舶操縦士免許を所有




『神の雫』を読んだことがきっかけで、ワインにハマっている



婚姻歴
2004年1月に女優の奥菜恵と結婚するが、翌2005年の7月に離婚。2009年に自身の元秘書の女性と再婚している。


アメブロ社長の藤田晋の経歴や武勇伝は以上の通りだ。



ではアメブロ社長の藤田晋の性格や今後はどうなのか?
姓名判断した









●総合的な運勢
才能があり、負けず嫌いで、強い信念と決断力をもって前進する人なので、指導者の立場に立ちやすいでしょう。しかし、権力志向の面があるために、敵もつくりやすいでしょう。謙虚さを忘れないようにすれば、地位、名誉、財産ともに栄えていくことでしょう。

●家系的な運勢
名門の家系です。プライドが高いです。男性に優れた人物が出ますが、血縁関係で問題を起こしやすい家系です。

●仕事の運勢
スケールの大きいことや使命感に燃えてできる仕事が最良です。一旦運をつかむと、一気に上昇気運に乗るでしょう。

●愛情面の運勢
責任感が強く、親戚からたよりにされます。少々差別意識が強い面があります。女性の場合は、後家、再婚の可能性が強くなります。

●社交運
神経が細かく、さまざまなタイプの人と協調していくだけの人格的な幅がせまいところがあるために、人間


●総格(総運)は33画

『特殊格』
『開運 勇気 成功』
男の子向きの大出世数
老いてもなお精力的に活躍する晩年です。企業のトップとして成功する人もいます。
全力で仕事に取り組むため、地位、財産を手に。その分、家庭生活がおろそかになりがちです。



…………………………………………
以上のような結果となった

特に企業のトップとして成功する人もいる。
家庭生活がおろそかになりがち、、

の結果はズバリ的中なのでは?
だから奥菜恵と別れたのかもしれない。。



そんな藤田晋もトップ経営者だけに名言も多い。
以下は藤田晋の名言だ、

ヤル気が出てくるので意識の高い人ならば見ると良い。
藤田晋は破天荒な武勇伝もなければ、極貧の苦労時代もないようで順風満帆だったのだろう。。
 
もちろん失敗は多いし努力家の結果、極貧を味わってないだけかもしれない。極貧を味わないと金銭欲がないなど言わない。



以下はアメブロ社長藤田晋の名言だ。


勝負の場では過信や油断は禁物。それらが生む、ほんの少しの気の緩みが命取りになる。

たとえ弱くても、弱いなりに勝つ方法を必死に考えれば、勝機は必ず生まれる。

必死に考えれば、勝機は必ず生まれる
本気で考え抜いた先にこそ、素晴らしい案が出る。



どんな苦境も「復活の目」は必ずある

現場にどれだけ問題意識があっても、リーダーが正しい道を見せて、仕切っていかなければ前には進めない。


世界が毎日前進し、変化を続けている以上、自分だけが安定を求めても、それは実質後退。


ビジネスでは、人と違うものを内側から生み出さないと競争力にはならない。



仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる。



圧倒的な努力をすれば、評価されようがされまいが、自分自身、納得できるようになる。そうした圧倒的な努力が、後から評価につながってくる。  


相手の立場になって考えて判断・行動するために必要な「想像力」。それが仕事の大きな武器になる。



ビジネスの場合、「終わった」と思ったところからが本当の勝負。そこで満足しているようでは、「その他大勢の人」と変わりがない。



「そこそこ上にいる」という居心地の良さは、成長意欲を妨げる。
藤田晋の名言|「そこそこ上にいる」という居心地の良さは、成長意欲を妨げる

自分の「やる気」や「やりたいこと」は、自分が積極的に伝えていかないと、チャンスはつかみ取れない。受け身の姿勢ではダメ。


迷っている時点で自然ではないので、そういう時は決断しない方がいい。



ビジネスの世界では、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるかどうかが大切です。ですから、「好かれる人」は、やはり有利。
  

何かに着手したり、生み出したりするには、楽観的に考えて前に進むことが重要。


勝負の世界では、危機感を持っているかどうかが勝敗を分ける。
藤田晋の名言|勝負の世界では、危機感を持っているかどうかが勝敗を分ける
「批評される側の人間が、批評するのは恥ずべきこと」。そのぐらいの考えを持っていた方が、いい仕事ができる。





「自分のやり方」にこだわることは足かせになる
答えが存在しないビジネスの世界では、ひとつずつコツコツ試していく方がむしろ効果的。


答えが存在しないビジネスの世界では、ひとつずつコツコツ試していく方がむしろ効果的
優れた上司は、異動直後は「現場を知る」ことから始めます。未経験な仕事は自分でも試す。


優れた上司は、「現場を知る」ことから始める
素晴らしいアイデアやシステムを思いつけば新しいものが生み出せるわけではありません。実際に形にするには、地味な努力の積み重ねが必須です。


実際に形にするには、地味な努力の積み重ねが必須
どれだけ辛い状況に陥っても、地べたに這いつくばってでも成果を出さなければいけない。


「昔」ではなく、「今」をどれだけ直視できるか。ビジネスパーソンは、現実を直視したうえで、環境に応じて自分を変えていく必要がある。


「昔」ではなく、「今」をどれだけ直視できるか
新規事業は、「とりあえずやってみよう」の精神で何よりもスピードを優先し、少ない予算と人でチームを組み、小規模でスタートした方が良い。


ネガティブな気持ちは伝染する。「やる気のなさ」が感じられる発言は、一緒に働く人たちの士気を下げる。


ネガティブな気持ちは伝染する
リスクを取りにいかない自分に自ら毒されてしまうと、リスクを取って勝負する場面で動けなくなる。


リスクを取りにいかない自分に自ら毒されてしまうと、リスクを取って勝負する場面で動けなくなる
耐える力は教えられて覚えるものではありません。仕事の中で幾度となくピンチを乗り越えて身につけていくもの。


耐える力を身につけるには
希望的観測で中途半端な企画を通すと、提案者だけでなく、プロジェクトに関わったすべての人が悲惨な運命を辿ることになる。


素晴らしい企画は、その人の経験から生み出されるもの。つまり、提案者自らが経験し、感じたものから生まれた企画こそ、検討の価値がある。

提案者自らが経験し、感じたものから生まれた企画こそ、検討の価値がある
組織は「意思統一」が何より重要です。逆に言うと、意思統一ができなければ、単なる烏合の衆でしかない。


言葉を「拾う」ためにも読書は必要ですが、「使いこなす」ためにも読書は必要ですね。言葉を使いこなせない人は、読書量が足りない。


あらゆる仕事には、最後は退路を断ち切って向き合わなければならない局面がある。


反骨心はとても大事。ビジネスではそれが強い競争力になる。真面目で優秀な人でも、強い反骨心を持った人に負けてしまうことが多々ある。


組織の中では、納得できない謎の評価で出世する人もいるかもしれませんが、誰もが認める「評価されている人」は皆、圧倒的な努力をしている。


一時期、あるメディアに代理店の契約を切られたことが、影響力のあるメディアをつくらなくてばと思うきっかけになりました。


アイデアの段階で中途半端に終わらせず、実現に向けて徹底的に詰めることができるかどうか。これができている会社や職場は強い。


整理のコツは、どこまで潔く捨てられるかにかかっている。


物や情報を残せば残すほど、増やせば増やすほど、大事なことを見落とすリスクが高まる。








本にビジネスの答えが載っていることはありません。本とは、適度な距離を取りながらつき合うことが大切。



優れた本は仕事の武器になり得ますが、頼るものではない。本に書いてある通りに行動して上手くいくほどビジネスは甘くない。



小さな事業ならともかく、会社を大きく変えたければ、経営者は決して人任せにしてはダメです。


日本で勝てないような会社が海外で勝てるわけがない。


人任せにしていては会社の文化は到底変えられない。経営者自身がフルコミットして、社員に示さなければ会社そのものが変わらない。



プロダクトの改善を重ねるのは当然ですが、どうしても途中で伸び悩む時期が出てくる。そういう時には根本的に仕組みを見直す打開策が必要です。


伸び悩む時期は根本的に仕組みの見直しを
環境変化に取り残された企業はほとんどが消滅しています。やはりどれだけ組織の規模が大きくても、環境が変わったと感じたら真っ先に動かなければならない。僕たちにはこの10年を振り返って、環境変化に対する耐性が身についていると思います。




事業構造を変えるために人員配置の比率を変える
「誰かのためにやっている」という意識ではなく、好きでやっていることなら、他人に理解されなくても気にならないはず
特に勝負を決める大事な局面では、「周りに何を言われようとも構わない。後から正しい選択だったと言わせてみせる!」ぐらいの気概が必要。

気概が必要
ビジネスは中長期も含めて考えるもの。短期的に考えた時は合理的な判断でも、中長期で考えるとものすごく不合理なことも、よくあるのです。


ビジネスは中長期も含めて考えるもの
信用は一朝一夕で得られるものではありません。「小さな約束を守る」「相手を信じる」といった積み重ねで、少しずつ得ていきましょう。


信用は一朝一夕で得られない
「経験を生かそう」とすればするほど、失敗する確率が高まる。ビジネスはそう簡単に過去の経験が生きるほど甘くはない。



「自分を必要以上に賢く見せようとしない」ことも大切。理屈で説明できないビジネスはたくさんある。無理に理論武装をする必要はない。


無理に理論武装をする必要はない
事がうまく進まなくても、一発逆転狙いの奇策は打たない方がいい。奇策にすがる気持ちは分かりますが、一か八かの博打はたいてい失敗する。


他人のアドバイスを柔軟に盛り込んで企画を改善していける人でないと難しい
ピンチの時の対処の仕方で、その人の真の実力が分かるもの。評価する側は、そこをしっかり見ています。


ピンチの時の対処の仕方で、その人の真の実力が分かるもの
優れた想像力には、幅広い知見や経験、物事を多角的に捉える洞察力や思考力が必要となる。


優れた想像力には、幅広い知見や経験、物事を多角的に捉える洞察力や思考力が必要
「利用者の立場で考える」ということは、自分の考えや気持ちを除いて、とことん相手の立場で考えること。


自分の考えや気持ちを除いて、とことん相手の立場で考える
「小さな変化」を意図的に繰り返すことで、大きな変化に対する抵抗感は次第に減っていく。


大きな変化に対する抵抗感をなくすには
変化が求められている時に、しっかり対応できる「変化に強い人」になるには、小さいなことでも構わないので、日頃から変化を楽しむ生活をするといい。



自分のことばかり考えている人は、どれだけ努力しても、小さくまとまるか行き詰まる
ユーザーにとっては、開発の苦労話などはどうでもよく、純粋に使って「便利か」「楽しいか」「使いやすいか」などが大事。



★★関連記事★★
波乱万丈の社長や創業者をこれからも追いかけたい。

* 凄腕社長の武勇伝やエピソード、波瀾万丈の苦労とは

ゲームをエンターテインメントに昇華させた男

* モンテローザ社長の武勇伝とは?性格とは?

↑モンテローザ創業者大神輝博さんの信念が凄い。思いやりのある忍耐強い人だった!!あの噂は間違いか?



* 鳥貴族社長の苦労とは?息子とは?創業当初は閑古鳥だった!!!

↑鳥貴族社長大倉忠司の苦労話し、エピソード。


* ドン・キホーテ社長の経歴とは?武勇伝はあるのか?

↑ドン・キホーテ社長の苦労話し、エピソードとは

*すしざんまいの木村社長の経歴、特殊能力が凄い

↑すしざんまいの社長が凄まじい!!


* ココイチ創業者宗次徳二の人生が凄まじい!雑草魂は雑草を食べていたから


↑本当の雑草魂!草食系だが超仕事の鬼


* ユニクロ社長の柳井正の経歴が凄い無個性かつ異端児!

↑異端児すぎてあだ名が山川!これは当時の友達がよく寒くないな!!




* イオン創業者の岡田卓也の苦労話と岡田元也二代目の苦悩とは?

↑もはや政界のイメージが強い。


* ピザーラの創業者浅野秀則の半生が凄まじい!!

↑ピザーラ社長のバイタリティが、凄い!!



* ナムコ創業者の中村雅哉さん死去 激動の昭和を生きた

ゲームをエンターテインメントに昇華させた男

* 孫正義の経歴が凄すぎて常人離れ!!こりゃ真似できん!

孫正義の真似はできないが、孫正義の経歴をみると、できる事をもっと本気でやろうと思える!!



皆凄いエピソードや経歴の持ち主だ、波乱万丈だ。
各社長は皆良い名言を持っている。企業する人はやはり鋭い。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0