So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテローザ創業者大神輝博さんの武勇伝やエピソードは?ヤクザとの関係や自身がヤクザなのでは?との噂は? [社長 企業]

 「魚民」「笑笑」「白木屋」などを展開する居酒屋最大手モンテローザが大量閉店に踏み切っていた

それはシレっと閉店していた。かつて隆盛を極めたモンテローザ、街を歩けばモンテローザに当たると言っても過言ではなかった。
その為に身近な何店舗かが閉店していてもあまり気にならなかったが、それが全国規模だと大量閉店となっていた。

モンテローザがウエブサイトで公表している総店舗数を集計したところ、2016年12月末には2119店だったものが2017年1月末に2044店、同2月末で2017店と約100店ほど減少していた。

 会社側は「閉店した店舗数や業態の詳細は公表していない」という。


閉店の理由はなんなのか?それは深刻な人手不足からと思われる。

しかしモンテローザは人手不足からの閉店は次の社員を優遇するためのプラス材料としているかもしれない。

なぜなら大量閉店に踏み切った理由を会社側は「人手不足のため、労働環境を改善させる必要があった」と説明。外食業界は拘束時間が長く、給与も低く、労働環境が悪いというイメージが定着している。

 このため、「1つのビルに3~4店出店していたものを1店に集約するなど、1店舗当たりの従業員を増やし、負担を軽減させるのが狙い」(会社側)。労働環境を改善することで、少しでも人材を確保しやすくすることが目的のようだ。


居酒屋イコールブラック企業と思われているのは事実。だからモンテローザもブラック企業であるとおもって就職しない人は多いはずだ。

それを変革するには大量閉店も仕方ない。代表取締役で創業者の大神輝博は度胸が違うと素人目でみてもわかる。








モンテローザ創業者大神輝博さんはあまりメディア露出などしないので大神輝博さんの武勇伝もエピソードも苦労話しもあまり知られていない。もちろん大神輝博さんの性格もわからない。なので今回の大量閉店にどう対応するか?が注目を集めている。



1998年以降は居酒屋業界の首位に君臨したモンテローザは1975年創業


2013年5月に居酒屋業界初となる2000店舗を達成した。

外食業界で2000店を超える規模を誇るのは日本マクドナルドホールディングスやゼンショーホールディングス、すかいらーく、コロワイド、吉野家ホールディングスなど10社にも満たない。


大神輝博社長の凄さは徹底的な研究だ。

モンテローザは流行っている業態を徹底的に研究し、それを参考に出店するという手法をとってきた。

しかし15年間ほど売り上げは横ばいだったらしい。

ワタミやコロワイド、大庄といった大手が次々と店舗網を縮小していたので大量閉店は時代の流れでもある。

むしろモンテローザだけが最近まで店数を増やして、いわば業界の流れに逆行していた。


モンテローザが大量閉店したのと同じくらいにショックなのが
陸上部を廃止した事だ。

モンテローザ創業者で代表取締役の大神輝博さんは
毎朝ランニングするほどの陸上が好きなのだ。

社員の多くにランニングを進めているという。
モンテローザ社長大神輝博さんがランニングを勧める理由は3つあるという。

★諦めない心がつくこと。
★負けず嫌いになること。
★そしてマイペースが分かることだという。


モンテローザ創業者の大神輝博さんは言う
 諦めない心。「自分で走っていても分かるが、特にマラソンでは何とかゴールするという心が強くなる。30kmを過ぎると本当に苦しくてつらいが、ゴールを諦めない心を頼りに走り抜く。これは仕事においても役立つ」とマラソンを通して経営を学んでいるように思える。

強面のモンテローザ社長大神輝博さんだがとても従業員に感謝をしているという。

1部の噂では強面の為ヤクザと繋がりがあるのでは?と言われたりするし強面すぎるのでモンテローザ社長大神輝博さんがヤクザなのではないか?とも囁かれているが根も葉もない噂である。







モンテローザのトレードマークともいえるモンテローザのキャラクターは社長をモデルにしているため、パンチパーマの口髭の怖い顔の社長というイメージがついてしまったから、モンテローザ社長大神輝さん=ヤクザと噂されているのかもしれない。




見た目で判断されるのは納得いかないはずだ。



モンテローザ社長大神輝博さんとても信念が強い人だとおもう。

・とにかく食の安全性に気をつかっている人であり普段はボランティアに力を注いでいる

そしてとにかく自分のレベルをあげるには「忍耐」「我慢」であるという。

そんなモンテローザ社長が力を入れていたのが陸上部だった。

 2016年8月には、十種競技で日本選手権を5連覇したこともある陸上部を2017年3月に廃止すると公表。

これは業績不振の影響か?と思われたが、会社側は「業績不振ではなく、あくまで店舗を集約することで従業員の負担を減らし、労働環境を改善することが目的」と説明する。

陸上部廃部も業績を向上させるためのやむを得ない決断だろう。

業績不振ではないとモンテローザは主張するが実際は厳しいのだろう。
しかし、これで人材育成ができて一店一店の質レベルが向上すれば必ずやモンテローザ隆盛の時代はくるはずだ。

荒くれた武勇伝を持っていそうなモンテローザ社長大神輝博さんだが、これからモンテローザの快進撃という武勇伝を見せてくれるかもしれない。

大神輝博さんが大事にしている我慢、忍耐力が今会社全体で試される時なのかもしれない。

大量閉店に踏み切ったモンテローザはこのペースでいけばグループ総店舗数が2000店を割るのは時間の問題だ。市場縮小と人手不足という逆風にどう答えを出すのか。出店に頼った成長戦略を続けてきた同社は転換点を迎えている。


モンテローザ創業者大神輝博さんはあまりメディア露出などしないので大神輝博さんの武勇伝もエピソードも苦労話しもあまり知られていない。もちろん大神輝博さんの性格もわからないので姓名判断をしてみた。





●総合的な運勢
若いうちは逆境に立たされることもありますが、ギブアップしない精神力と忍耐力、そして運の強さで乗り越えていきます。その苦労が人間を大きくして、やがて力を発揮し、人生の後半は必ず繁栄します。

●家系的な運勢
子供、兄弟は離れ離れになりやすく、生まれ故郷に留まることは少ないでしょう。芸術や特殊な仕事で世に認められる家系です。人間関係に問題があるので、それを克服すれば世に認められて繁栄するでしょう。

●仕事の運勢
負けん気と強い意志力をもっています。強情な面が災いして、人とぶつかることがあるので、人と和することを肝に銘じておくことが大切です。

●愛情面の運勢
短気な面と情にもろい面が同居しているため、感情に走って冷静な判断がしにくくなりやすいでしょう。とかく家の中には、波風が立ちやすい傾向にあります。

●社交運
包容力があって聡明で、しかも深い心の世界をもっています。また、人望があつく、幅広い人脈ができあがり、多方面で活躍することができる強い運勢をもっています。

●性格
おとなしくて素直で、全体の和を大切にする人です。コツコツと努力して、一歩一歩前進していくタイプなので、家庭は平安で、社会では信用にあつく安泰です。

●人間関係
人当たりがソフトで、多くの仲間に恵まれます。何もないところから成功していく運の強さをもっています。健康にも恵まれているので、安定した道を歩むでしょう。

ーーーーーーーーーー
以上のような結果となった。

負けん気のつよさと忍耐強い性格で必ず成功する!と出ている。


これは当たっているかもしれない。。

大神さんの信念が会社全体に伝われば
モンテローザは「ヤクザと繋がりがある」「モンテローザ社長はヤクザっぽい」などのマイナスイメージもこれからは払拭していけるかもしれない。

★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
モンテローザ創業者大神輝博さんの武勇伝やエピソードは?ヤクザとの関係や自身がヤクザなのでは?との噂は?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテローザ創業者大神輝博さんの武勇伝やエピソードは?ヤクザとの関係や自身がヤクザなのでは?との噂は? [社長 企業]

 「魚民」「笑笑」「白木屋」などを展開する居酒屋最大手モンテローザが大量閉店に踏み切っていた

それはシレっと閉店していた。かつて隆盛を極めたモンテローザ、街を歩けばモンテローザに当たると言っても過言ではなかった。
その為に身近な何店舗かが閉店していてもあまり気にならなかったが、それが全国規模だと大量閉店となっていた。

モンテローザがウエブサイトで公表している総店舗数を集計したところ、2016年12月末には2119店だったものが2017年1月末に2044店、同2月末で2017店と約100店ほど減少していた。

 会社側は「閉店した店舗数や業態の詳細は公表していない」という。


閉店の理由はなんなのか?それは深刻な人手不足からと思われる。

しかしモンテローザは人手不足からの閉店は次の社員を優遇するためのプラス材料としているかもしれない。

なぜなら大量閉店に踏み切った理由を会社側は「人手不足のため、労働環境を改善させる必要があった」と説明。外食業界は拘束時間が長く、給与も低く、労働環境が悪いというイメージが定着している。

 このため、「1つのビルに3~4店出店していたものを1店に集約するなど、1店舗当たりの従業員を増やし、負担を軽減させるのが狙い」(会社側)。労働環境を改善することで、少しでも人材を確保しやすくすることが目的のようだ。


居酒屋イコールブラック企業と思われているのは事実。だからモンテローザもブラック企業であるとおもって就職しない人は多いはずだ。

それを変革するには大量閉店も仕方ない。代表取締役で創業者の大神輝博は度胸が違うと素人目でみてもわかる。








モンテローザ創業者大神輝博さんはあまりメディア露出などしないので大神輝博さんの武勇伝もエピソードも苦労話しもあまり知られていない。もちろん大神輝博さんの性格もわからない。なので今回の大量閉店にどう対応するか?が注目を集めている。



1998年以降は居酒屋業界の首位に君臨したモンテローザは1975年創業


2013年5月に居酒屋業界初となる2000店舗を達成した。

外食業界で2000店を超える規模を誇るのは日本マクドナルドホールディングスやゼンショーホールディングス、すかいらーく、コロワイド、吉野家ホールディングスなど10社にも満たない。


大神輝博社長の凄さは徹底的な研究だ。

モンテローザは流行っている業態を徹底的に研究し、それを参考に出店するという手法をとってきた。

しかし15年間ほど売り上げは横ばいだったらしい。

ワタミやコロワイド、大庄といった大手が次々と店舗網を縮小していたので大量閉店は時代の流れでもある。

むしろモンテローザだけが最近まで店数を増やして、いわば業界の流れに逆行していた。


モンテローザが大量閉店したのと同じくらいにショックなのが
陸上部を廃止した事だ。

モンテローザ創業者で代表取締役の大神輝博さんは
毎朝ランニングするほどの陸上が好きなのだ。

社員の多くにランニングを進めているという。
モンテローザ社長大神輝博さんがランニングを勧める理由は3つあるという。

★諦めない心がつくこと。
★負けず嫌いになること。
★そしてマイペースが分かることだという。


モンテローザ創業者の大神輝博さんは言う
 諦めない心。「自分で走っていても分かるが、特にマラソンでは何とかゴールするという心が強くなる。30kmを過ぎると本当に苦しくてつらいが、ゴールを諦めない心を頼りに走り抜く。これは仕事においても役立つ」とマラソンを通して経営を学んでいるように思える。

強面のモンテローザ社長大神輝博さんだがとても従業員に感謝をしているという。

1部の噂では強面の為ヤクザと繋がりがあるのでは?と言われたりするし強面すぎるのでモンテローザ社長大神輝博さんがヤクザなのではないか?とも囁かれているが根も葉もない噂である。







モンテローザのトレードマークともいえるモンテローザのキャラクターは社長をモデルにしているため、パンチパーマの口髭の怖い顔の社長というイメージがついてしまったから、モンテローザ社長大神輝さん=ヤクザと噂されているのかもしれない。




見た目で判断されるのは納得いかないはずだ。



モンテローザ社長大神輝博さんとても信念が強い人だとおもう。

・とにかく食の安全性に気をつかっている人であり普段はボランティアに力を注いでいる

そしてとにかく自分のレベルをあげるには「忍耐」「我慢」であるという。

そんなモンテローザ社長が力を入れていたのが陸上部だった。

 2016年8月には、十種競技で日本選手権を5連覇したこともある陸上部を2017年3月に廃止すると公表。

これは業績不振の影響か?と思われたが、会社側は「業績不振ではなく、あくまで店舗を集約することで従業員の負担を減らし、労働環境を改善することが目的」と説明する。

陸上部廃部も業績を向上させるためのやむを得ない決断だろう。

業績不振ではないとモンテローザは主張するが実際は厳しいのだろう。
しかし、これで人材育成ができて一店一店の質レベルが向上すれば必ずやモンテローザ隆盛の時代はくるはずだ。

荒くれた武勇伝を持っていそうなモンテローザ社長大神輝博さんだが、これからモンテローザの快進撃という武勇伝を見せてくれるかもしれない。

大神輝博さんが大事にしている我慢、忍耐力が今会社全体で試される時なのかもしれない。

大量閉店に踏み切ったモンテローザはこのペースでいけばグループ総店舗数が2000店を割るのは時間の問題だ。市場縮小と人手不足という逆風にどう答えを出すのか。出店に頼った成長戦略を続けてきた同社は転換点を迎えている。


モンテローザ創業者大神輝博さんはあまりメディア露出などしないので大神輝博さんの武勇伝もエピソードも苦労話しもあまり知られていない。もちろん大神輝博さんの性格もわからないので姓名判断をしてみた。





●総合的な運勢
若いうちは逆境に立たされることもありますが、ギブアップしない精神力と忍耐力、そして運の強さで乗り越えていきます。その苦労が人間を大きくして、やがて力を発揮し、人生の後半は必ず繁栄します。

●家系的な運勢
子供、兄弟は離れ離れになりやすく、生まれ故郷に留まることは少ないでしょう。芸術や特殊な仕事で世に認められる家系です。人間関係に問題があるので、それを克服すれば世に認められて繁栄するでしょう。

●仕事の運勢
負けん気と強い意志力をもっています。強情な面が災いして、人とぶつかることがあるので、人と和することを肝に銘じておくことが大切です。

●愛情面の運勢
短気な面と情にもろい面が同居しているため、感情に走って冷静な判断がしにくくなりやすいでしょう。とかく家の中には、波風が立ちやすい傾向にあります。

●社交運
包容力があって聡明で、しかも深い心の世界をもっています。また、人望があつく、幅広い人脈ができあがり、多方面で活躍することができる強い運勢をもっています。

●性格
おとなしくて素直で、全体の和を大切にする人です。コツコツと努力して、一歩一歩前進していくタイプなので、家庭は平安で、社会では信用にあつく安泰です。

●人間関係
人当たりがソフトで、多くの仲間に恵まれます。何もないところから成功していく運の強さをもっています。健康にも恵まれているので、安定した道を歩むでしょう。

ーーーーーーーーーー
以上のような結果となった。

負けん気のつよさと忍耐強い性格で必ず成功する!と出ている。


これは当たっているかもしれない。。

大神さんの信念が会社全体に伝われば
モンテローザは「ヤクザと繋がりがある」「モンテローザ社長はヤクザっぽい」などのマイナスイメージもこれからは払拭していけるかもしれない。

★★関連記事★★
*社長達の武勇伝エピソードが面白い!開業のコツとなる!バイタリティの強い人の苦労話しは力になる

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。