So-net無料ブログ作成

家門鈴乃の性格、運勢とは?家門鈴乃は本名か?関西では人気なのか?知ったその日に引退、、 [芸能人]

吉本新喜劇に美人芸人がいた!!

しかし新喜劇の美人女優は退団&結婚ときたもんだ!

知ったその日に、さようなら!
そんな気分だ、、、




 小籔や間寛平、池野メダカや山田花子。惜しまれながら亡くなった島木譲二さんなど多数の実力派芸人が所属している(所属していた)吉本新喜劇。







その吉本新喜劇に出演していた、劇団の座員・家門鈴乃(かもん・すずの、28)が23日、自身のブログで新喜劇を退団することを発表した、それと同時に結婚することも併せて報告した。そして引退も発表した。


話題になったのが遅かったか!?
こんな美人で面白い女優芸人がいるならもっと早く知りたかった!という人が多いはずだ。。

 

 家門は「ご報告」のタイトルで「突然のご報告で申し訳ありません。この度、よしもと新喜劇を退団させて頂く事になりました」と記し、「去年の11月頃から、体調を崩しはじめて移動のバスに乗る事も、舞台に立つ事も辛く苦しくなってきました。このままじゃ周りの方にご迷惑をおかけしてしまう。と12月頃に、舞台に立つのは難しいです。とお休みを頂きました」と経過を伝えた。

 「ゆっくりしっかり将来の事を考えた結果、自分の中で復帰は難しいと思いました。そして、体調が悪い間ずっと支えて下さった方とこの度結婚をさせて頂く事になりました」と突然の結婚も同時に発表した。

 「私自身、悔いはなく、限界まで頑張ったので、今ではゆっくりしよう。と穏やかな気持ちです」と心境を語り、「楽しくて幸せで、辛い事もあったけどそれを乗り越える精神を鍛えられた9年間でした!!本当に新喜劇の座員になれてよかった!(中略)幸せでした!本当にみなさんがいい人で。私はみなさんが大好きで素敵な職場でした」と感謝。今後については「これからは、一般の女性としてまた違う道を幸せに歩んで行こうと思います」と、引退すること明かした。

 家門は、「昔はヤンチャしていました」という“ヤンキー風”の美人キャラで新喜劇などに出演していた


今日知って今日別れる!そんな、損な気分。
もしかしたら関西ではとても人気なのか?

つまり
あまり家門鈴乃を知らないので姓名判断で占った

家門鈴乃の性格などはどうなのか?関西では人気かもしれない
家門鈴乃 
88年6/7生まれ 大阪出身



■天格(祖運)は18画で『吉』
『信頼正 忍耐 成功』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

■人格(主運)は21画で『吉』
『独立 統率力 名誉』
わが道を貫く指導者タイプ
打たれ強く、目的を必ず達成できる人です。ビジネスでも成功しそうです。
頭脳明晰で、困難を切り開く強い精神力を持ち、目標に向かって着実に努力を重ねます。

※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。



■地格(初運)は15画で『大吉』
『人徳 出世 順調』
安らぎを人に与える人生
優しくてしっかりもの。健康も問題ないので、親からすると育てやすい子供です。
場を盛り上げるのがうまく、人気者的存在。友達が多く、目上の人にもかわいがられるはずです。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


■外格(助運)は12画で『凶』
『意志薄弱 失敗 病弱』
中途挫折運がつきまとう人
人間関係が不安定です。周囲に親切にしても、裏切られてしまうかもしれません。
誘惑に弱く、異性関係では要注意。安請け合いしやすく、トラブルを招くこともありそう。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

■総格(総運)は33画で『特殊格』
『開運 勇気 成功』
男の子向きの大出世数
老いてもなお精力的に活躍する晩年です。企業のトップとして成功する人もいます。
全力で仕事に取り組むため、地位、財産を手に。その分、家庭生活がおろそかになりがちです。

※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。
※「特殊格」は、成功までに波乱が多いなど、どちらかと言えば男性向けの画数となります。

/三才配置は『金⇒木⇒土』で『吉』
三枚目を演じて人気が出る。
抑圧された環境で育ったせいか、人の気持ちに敏感で寂しがり屋。人に愛されたいために、ついつい笑いをとる行動に出て、人気者に。

人格が「木」の人は、「一本気で正直な人」です。
地格が「土」の人は、「真面目かロマンチスト」です。
天格が「金」の人は、「スポーツマンタイプ」です。


以上のような芸能人らしい最高の結果となった。

家門鈴乃の性格は強い意思で努力家、周りにやすらぎを与える人気者。異性間トラブルはあるかもしれないが成功出世する、、、

という事か。




関西では人気だったのかはわからないがきっかけ次第で全国の人気者になれたかもしれない。

家門鈴乃は本名なのか?芸名なのかもわからないが、幸せになってほしい。


体調が早く良くなって新婚生活をエンジョイする事がファンへの恩返しかもしれない。








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

家門鈴乃の性格、運勢とは?家門鈴乃は本名か?関西では人気なのか?知ったその日に引退、、:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

家門鈴乃の性格、運勢とは?家門鈴乃は本名か?関西では人気なのか?知ったその日に引退、、 [芸能人]

吉本新喜劇に美人芸人がいた!!

しかし新喜劇の美人女優は退団&結婚ときたもんだ!

知ったその日に、さようなら!
そんな気分だ、、、




 小籔や間寛平、池野メダカや山田花子。惜しまれながら亡くなった島木譲二さんなど多数の実力派芸人が所属している(所属していた)吉本新喜劇。







その吉本新喜劇に出演していた、劇団の座員・家門鈴乃(かもん・すずの、28)が23日、自身のブログで新喜劇を退団することを発表した、それと同時に結婚することも併せて報告した。そして引退も発表した。


話題になったのが遅かったか!?
こんな美人で面白い女優芸人がいるならもっと早く知りたかった!という人が多いはずだ。。

 

 家門は「ご報告」のタイトルで「突然のご報告で申し訳ありません。この度、よしもと新喜劇を退団させて頂く事になりました」と記し、「去年の11月頃から、体調を崩しはじめて移動のバスに乗る事も、舞台に立つ事も辛く苦しくなってきました。このままじゃ周りの方にご迷惑をおかけしてしまう。と12月頃に、舞台に立つのは難しいです。とお休みを頂きました」と経過を伝えた。

 「ゆっくりしっかり将来の事を考えた結果、自分の中で復帰は難しいと思いました。そして、体調が悪い間ずっと支えて下さった方とこの度結婚をさせて頂く事になりました」と突然の結婚も同時に発表した。

 「私自身、悔いはなく、限界まで頑張ったので、今ではゆっくりしよう。と穏やかな気持ちです」と心境を語り、「楽しくて幸せで、辛い事もあったけどそれを乗り越える精神を鍛えられた9年間でした!!本当に新喜劇の座員になれてよかった!(中略)幸せでした!本当にみなさんがいい人で。私はみなさんが大好きで素敵な職場でした」と感謝。今後については「これからは、一般の女性としてまた違う道を幸せに歩んで行こうと思います」と、引退すること明かした。

 家門は、「昔はヤンチャしていました」という“ヤンキー風”の美人キャラで新喜劇などに出演していた


今日知って今日別れる!そんな、損な気分。
もしかしたら関西ではとても人気なのか?

つまり
あまり家門鈴乃を知らないので姓名判断で占った

家門鈴乃の性格などはどうなのか?関西では人気かもしれない
家門鈴乃 
88年6/7生まれ 大阪出身



■天格(祖運)は18画で『吉』
『信頼正 忍耐 成功』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

■人格(主運)は21画で『吉』
『独立 統率力 名誉』
わが道を貫く指導者タイプ
打たれ強く、目的を必ず達成できる人です。ビジネスでも成功しそうです。
頭脳明晰で、困難を切り開く強い精神力を持ち、目標に向かって着実に努力を重ねます。

※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。



■地格(初運)は15画で『大吉』
『人徳 出世 順調』
安らぎを人に与える人生
優しくてしっかりもの。健康も問題ないので、親からすると育てやすい子供です。
場を盛り上げるのがうまく、人気者的存在。友達が多く、目上の人にもかわいがられるはずです。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


■外格(助運)は12画で『凶』
『意志薄弱 失敗 病弱』
中途挫折運がつきまとう人
人間関係が不安定です。周囲に親切にしても、裏切られてしまうかもしれません。
誘惑に弱く、異性関係では要注意。安請け合いしやすく、トラブルを招くこともありそう。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

■総格(総運)は33画で『特殊格』
『開運 勇気 成功』
男の子向きの大出世数
老いてもなお精力的に活躍する晩年です。企業のトップとして成功する人もいます。
全力で仕事に取り組むため、地位、財産を手に。その分、家庭生活がおろそかになりがちです。

※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。
※「特殊格」は、成功までに波乱が多いなど、どちらかと言えば男性向けの画数となります。

/三才配置は『金⇒木⇒土』で『吉』
三枚目を演じて人気が出る。
抑圧された環境で育ったせいか、人の気持ちに敏感で寂しがり屋。人に愛されたいために、ついつい笑いをとる行動に出て、人気者に。

人格が「木」の人は、「一本気で正直な人」です。
地格が「土」の人は、「真面目かロマンチスト」です。
天格が「金」の人は、「スポーツマンタイプ」です。


以上のような芸能人らしい最高の結果となった。

家門鈴乃の性格は強い意思で努力家、周りにやすらぎを与える人気者。異性間トラブルはあるかもしれないが成功出世する、、、

という事か。




関西では人気だったのかはわからないがきっかけ次第で全国の人気者になれたかもしれない。

家門鈴乃は本名なのか?芸名なのかもわからないが、幸せになってほしい。


体調が早く良くなって新婚生活をエンジョイする事がファンへの恩返しかもしれない。








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0