So-net無料ブログ作成

清水富美加はどんな性格?姓名判断で占ったらそこそこ良い運勢! [芸能人]

出家・引退、カナブン飯田祐との不倫。

今まさに旬の清水富美加とはどんな性格でどんな運勢なのか?  
今後芸能界復帰はあるのか?

姓名判断をしてみた。




★天格(祖運)は15画で『大吉』
『人徳 出世 順調』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。


★人格(主運)は16画で『大吉』
『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人
多くを受容し、そこから多くを生み出す力のある人。能力を発揮して成功できます。
面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるでしょう。運勢も安定していきます。

※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。

★地格(初運)は26画で『凶』
『波瀾万丈 衝突 不安定』
平和なときに生きにくい人
子供時代、病気やトラブルに見舞われがちです。家庭環境も複雑かもしれません。
体力がある分無理をしがちです。回りを見下したり、衝突を起こしがちな点には注意が必要です。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


★外格(助運)は25画で『吉』
『個性 才能 強運』
勝負運の強いエゴイスト
人脈と勝負強さでチャンスを手にします。物腰はやわらかく、芯は強くいることが大切です。
高い能力を持っていますが、頑固なところがあり、それが摩擦を生む原因になることもあります。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。


★総格(総運)は41画で『吉』
『温和 安定 実り』
温厚な人柄が成功を呼ぶ
30代以降に脚光を浴び、成功していくでしょう。晩年も豊で安定しています。
賢明で判断力にもすぐれています。また、人望もあるので、人の協力を得ることが出来ます。

※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。


★三才配置は『土⇒土⇒土』で『吉』
石橋をたたいて渡るタイプ。
慎重に、着実に行動します。性格も正直で温和なため、人からの信用も厚いでしょう。しかし、慎重すぎてチャンスは逃しやすいかも。

※天格が「土」の人は、「ビジネスで成功しやすい人」です。
人格が「土」の人は、「誠実で人から信頼される人」です。
地格が「土」の人は、「真面目かロマンチスト」です。




以上のような結果だ



何とそこまで悪くないのだ、もしかしたら今一時だけ騒がれているだけで今後は幸福に過ごすのかもしれない。何せ科学しているから







清水富美加のウィキペデイア↓(引用ウィキペデイアより)

清水 富美加(しみず ふみか、1994年12月2日 - )は、日本の女優、元女性ファッションモデル、グラビアアイドルである。愛称はふみカス。東京都出身



略歴

1994年、三姉妹の末っ子として東京都で生まれる。

2008年、「レプロガールズオーディション2008」グッドキャラクター賞を受賞し、デビュー。

2009年3月から2012年3月の休刊まで、女子小中学生向けファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルを務めた。

2010年5月、アメーバブログでブログ『めげず、だいず、しみず!』を開設するも、9月13日に閉鎖し、ヤプログ『清水のみなぎるblog』へ移行。同年7月25日、ミスマガジン2010で、ミス週刊少年マガジン賞・JOYSOUND賞・高校ラグビー賞を受賞。また、9月に雑誌『B.L.T.』企画の「B.L.TRAVELファンイベントバスツアー」がきっかけで結成された事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーとなる

2011年4月30日、映画『アバター』に山根孝美役として出演。同年9月4日 - 翌年8月26日までの連続テレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』および12月10日公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』に、城島ユウキ役として出演。

2012年、4月21日公開の映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』・8月4日公開の映画『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』・12月8日公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』に、それぞれ城島ユウキ役として出演。

2013年1月12日、日本オタク大賞2012にて審査員個人賞を受賞[6]。同年4月5日、オフィシャルファンクラブ「幸せ祭りメンバー」を開設。同年8月21日 - 28日、初舞台『心霊探偵八雲 いつわりの樹』に小沢晴香役として出演。

2015年3月30日 - 9月26日、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの同級生・蔵本一子を演じ、一躍知名度を上げた。

2016年4月13日 - 6月15日、日本テレビで水曜10時から放送されている『世界一難しい恋』で柴山美咲の同期・堀まひろ役として出演。

2017年2月11日、日刊スポーツが芸能界の引退を宣言し、幸福の科学での活動に専念することを報道した[7]。法名(宗教名)は「千眼美子(せんげん よしこ)」。

この報道と前後して、清水は体調不良のため、2月11日の『にじいろジーン』(関西テレビ=カンテレ)を欠席、さらにこの翌日の2月12日にNHK総合テレビジョンで生放送された『シブヤノオト』も欠席し、渡辺直美が代演した。『シブヤノオト』は不定期特番扱いであり、この日が2016年度内最後の放送でもあった

2月16日に、ニッポン放送は自らがディスクジョッキーを務めていた『清水富美加 みなぎるPM』の2月11日放送分での打ち切りを正式に発表。

本来2月18日に放送される予定だったものは、2月6日に収録が行われ、出家発表前の公での最後の仕事となったが、お蔵入りとなり、放送されず、終了のお知らせも清水本人ではなく代替番組を担当したアナウンサーによって行われての最終回となった。


また2月17日にはカンテレも事務所からの意向によりという理由で、『にじいろジーン』の司会降板を正式に発表した。


しかし、同じく司会を務めていた『オトナノベル』(NHK教育テレビジョン=Eテレ)と、声優で主演した『龍の歯医者』(NHK BSプレミアム)については、出家発表前にすでに収録しており、差し替えをせずそのまま放送されることが発表された(ただし、出家発覚直後の2月16日の『オトナノベル』については、当初予定の内容を変更して、2016年11月10日に生放送された内容をアンコール放送した)。なお『オトナノベル』については2016年度を最後に終了することが発表されたが、清水の出家問題とは直接的には関連がないとしている


また、 告白本「全部言っちゃうね」を出版

(wikipediaから引用終わり↑ )

字画で判断するとエゴイストな部分もあるが温厚とある。実は芸能人に向いてないのかもしれない。
このまま清水富美加は注目される事なくなんなく引退するのか?そしてそのまま陽の目を見ることなく暮らすのか。
つまり芸能界復帰はないのか?
それはそれで彼女にとっては幸福なのかもしれない。






関連記事↓
*カナブン飯田祐馬の姓名判断が爆笑レベルに良くない!




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

清水富美加はどんな性格?姓名判断で占ったらそこそこ良い運勢!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

清水富美加はどんな性格?姓名判断で占ったらそこそこ良い運勢! [芸能人]

出家・引退、カナブン飯田祐との不倫。

今まさに旬の清水富美加とはどんな性格でどんな運勢なのか?  
今後芸能界復帰はあるのか?

姓名判断をしてみた。




★天格(祖運)は15画で『大吉』
『人徳 出世 順調』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。


★人格(主運)は16画で『大吉』
『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人
多くを受容し、そこから多くを生み出す力のある人。能力を発揮して成功できます。
面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるでしょう。運勢も安定していきます。

※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。

★地格(初運)は26画で『凶』
『波瀾万丈 衝突 不安定』
平和なときに生きにくい人
子供時代、病気やトラブルに見舞われがちです。家庭環境も複雑かもしれません。
体力がある分無理をしがちです。回りを見下したり、衝突を起こしがちな点には注意が必要です。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


★外格(助運)は25画で『吉』
『個性 才能 強運』
勝負運の強いエゴイスト
人脈と勝負強さでチャンスを手にします。物腰はやわらかく、芯は強くいることが大切です。
高い能力を持っていますが、頑固なところがあり、それが摩擦を生む原因になることもあります。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。


★総格(総運)は41画で『吉』
『温和 安定 実り』
温厚な人柄が成功を呼ぶ
30代以降に脚光を浴び、成功していくでしょう。晩年も豊で安定しています。
賢明で判断力にもすぐれています。また、人望もあるので、人の協力を得ることが出来ます。

※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。


★三才配置は『土⇒土⇒土』で『吉』
石橋をたたいて渡るタイプ。
慎重に、着実に行動します。性格も正直で温和なため、人からの信用も厚いでしょう。しかし、慎重すぎてチャンスは逃しやすいかも。

※天格が「土」の人は、「ビジネスで成功しやすい人」です。
人格が「土」の人は、「誠実で人から信頼される人」です。
地格が「土」の人は、「真面目かロマンチスト」です。




以上のような結果だ



何とそこまで悪くないのだ、もしかしたら今一時だけ騒がれているだけで今後は幸福に過ごすのかもしれない。何せ科学しているから







清水富美加のウィキペデイア↓(引用ウィキペデイアより)

清水 富美加(しみず ふみか、1994年12月2日 - )は、日本の女優、元女性ファッションモデル、グラビアアイドルである。愛称はふみカス。東京都出身



略歴

1994年、三姉妹の末っ子として東京都で生まれる。

2008年、「レプロガールズオーディション2008」グッドキャラクター賞を受賞し、デビュー。

2009年3月から2012年3月の休刊まで、女子小中学生向けファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルを務めた。

2010年5月、アメーバブログでブログ『めげず、だいず、しみず!』を開設するも、9月13日に閉鎖し、ヤプログ『清水のみなぎるblog』へ移行。同年7月25日、ミスマガジン2010で、ミス週刊少年マガジン賞・JOYSOUND賞・高校ラグビー賞を受賞。また、9月に雑誌『B.L.T.』企画の「B.L.TRAVELファンイベントバスツアー」がきっかけで結成された事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーとなる

2011年4月30日、映画『アバター』に山根孝美役として出演。同年9月4日 - 翌年8月26日までの連続テレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』および12月10日公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』に、城島ユウキ役として出演。

2012年、4月21日公開の映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』・8月4日公開の映画『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』・12月8日公開の映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』に、それぞれ城島ユウキ役として出演。

2013年1月12日、日本オタク大賞2012にて審査員個人賞を受賞[6]。同年4月5日、オフィシャルファンクラブ「幸せ祭りメンバー」を開設。同年8月21日 - 28日、初舞台『心霊探偵八雲 いつわりの樹』に小沢晴香役として出演。

2015年3月30日 - 9月26日、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの同級生・蔵本一子を演じ、一躍知名度を上げた。

2016年4月13日 - 6月15日、日本テレビで水曜10時から放送されている『世界一難しい恋』で柴山美咲の同期・堀まひろ役として出演。

2017年2月11日、日刊スポーツが芸能界の引退を宣言し、幸福の科学での活動に専念することを報道した[7]。法名(宗教名)は「千眼美子(せんげん よしこ)」。

この報道と前後して、清水は体調不良のため、2月11日の『にじいろジーン』(関西テレビ=カンテレ)を欠席、さらにこの翌日の2月12日にNHK総合テレビジョンで生放送された『シブヤノオト』も欠席し、渡辺直美が代演した。『シブヤノオト』は不定期特番扱いであり、この日が2016年度内最後の放送でもあった

2月16日に、ニッポン放送は自らがディスクジョッキーを務めていた『清水富美加 みなぎるPM』の2月11日放送分での打ち切りを正式に発表。

本来2月18日に放送される予定だったものは、2月6日に収録が行われ、出家発表前の公での最後の仕事となったが、お蔵入りとなり、放送されず、終了のお知らせも清水本人ではなく代替番組を担当したアナウンサーによって行われての最終回となった。


また2月17日にはカンテレも事務所からの意向によりという理由で、『にじいろジーン』の司会降板を正式に発表した。


しかし、同じく司会を務めていた『オトナノベル』(NHK教育テレビジョン=Eテレ)と、声優で主演した『龍の歯医者』(NHK BSプレミアム)については、出家発表前にすでに収録しており、差し替えをせずそのまま放送されることが発表された(ただし、出家発覚直後の2月16日の『オトナノベル』については、当初予定の内容を変更して、2016年11月10日に生放送された内容をアンコール放送した)。なお『オトナノベル』については2016年度を最後に終了することが発表されたが、清水の出家問題とは直接的には関連がないとしている


また、 告白本「全部言っちゃうね」を出版

(wikipediaから引用終わり↑ )

字画で判断するとエゴイストな部分もあるが温厚とある。実は芸能人に向いてないのかもしれない。
このまま清水富美加は注目される事なくなんなく引退するのか?そしてそのまま陽の目を見ることなく暮らすのか。
つまり芸能界復帰はないのか?
それはそれで彼女にとっては幸福なのかもしれない。






関連記事↓
*カナブン飯田祐馬の姓名判断が爆笑レベルに良くない!




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0