So-net無料ブログ作成

新庄剛志の今!そして性格とは?かなりひどい言葉を元妻に発していた [芸能人]

テレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
3時間スペシャルに野球選手のかっこman

新庄剛志が登場し話題になっている。



元プロ野球選手でメジャーリーグでも活躍した新庄剛志は何をしくじったのだろう。。

実は新庄剛志は

「お金に無頓着すぎた」という。


メジャーから帰国後、日本ハムに入団する時「チームを日本一にする」と当時優勝なんて考えられないほど万年下位グループの日本ハムを、公約通りチームが日本一にして引退。



そのほかにも新庄剛志は、規格外の言動で常に注目を集めるスター選手だった。しかし、プライベートではお金に無頓着で、その結果、プロ野球を引退した時には通帳に残っていた金額は僅かだったと告白。


いったい、 新庄剛志になにがあったのか?





まずは

新庄剛志とはどんな人物なのか?


新庄剛志(しんじょうつよし)たけしではない。
生年月日1972年1月28日
出身地 長崎県
身長181cm
体重76㎏


数々のエピソードがあり、明るくて破天荒お調子者というのが新庄剛志の性格のイメージであり、実際そうなのだろう。


新庄剛志の性格や今後を占うためらいにも姓名判断をしてみた。




★天格(祖運)は19画で『凶』
『苦労 挫折 障害』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

★人格(主運)は16画で『大吉』
『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人 多くを受容し、そこから多くを生み出す力のある人。能力を発揮して成功できます。 面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるでしょう。運勢も安定していきます。
※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。


★地格(初運)は17画で『吉』
『積極性 地位 財産』
人気運が人生を後押しする 強烈な個性で人気者に。才能は磨くほど光るので、努力を怠らないことです。 行動力があり、体も丈夫ですが、自分の思い通りにしないと気が済まないところもあります。
※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


★外格(助運)は20画で『凶』
『社交下手 薄幸 別離』
度重なる不運で厭世的(えんせいてき) 詐欺や事故などの不幸に遭いやすいタイプの人です。危険は自ら避けましょう。 協調性に欠けるため、対人関係で孤立するかも。簡単に人を信じて損をすることも。
※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。


★総格(総運)は36画で『凶』
『苦労 波乱 面倒見がいい』 他人の犠牲になりやすい人 社会的な成功を手に入れますが、家庭的には恵まれません。孤独な晩年でしょう。 才能で人柄も誠実なため、周囲から慕われるように。努力を重ね目標を達成します。
※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。

★三才配置は『水⇒土⇒金』で『吉凶混合』
苦労を通して成功できる。
たくましく世の中を渡っていくでしょう。適職はクリエーターや芸能界での仕事。華やかな異性と縁が有り、楽しい恋愛が出来るでしょう。

※人格が「土」の人は、「誠実で人から信頼される人」です。
地格が「金」の人は、「見栄っ張りだけど人気者」です。
天格が「水」の人は、「行動的なタイプの人」です。


以上のような結果であり、あたっている感はある。

離婚もしてしまい詐欺にあいやすい。まさに当たっている気がする、、









日本で活躍した後にメジャーリーグに移籍。
日本人初のワールドシリーズ出場や4番スタメンなど、強いインパクトを残し、メジャー1年目は捕殺や勝利打点で、十分な貢献をした。結局、怪我でメジャー在籍3年間は控え選手として終わっているが、他のメジャーからのオファーを断り、日本ハムに移籍し、日本ハムを日本一に導いていく。




新庄剛志のエピソードは数多い



・子供の頃、野球のポジションを聞かれて「センターフォワード」

・母校の西日本短期大学附属高等学校に野球部用のバスを寄贈→その年、甲子園で初戦敗退。

・サインを求められ。新幹線に乗り遅れる

・メジャー初出場は代走。センターフライでタッチアップで2塁へ進塁。

・フリー打撃でホームラン、少年の股間直撃、「ごめんな」と目くばせでサインを送る。

・髪を染めて「外人になりたい」発言の時の髪の毛の色は「緑色」

・常にオーラを出す練習をしている、ある日のオーラは162%らしい

・バッティングの極意は「白い球を、強く打つ」

・インタビューの途中に、握手を忘れていた選手の所へ行って握手をする

・メッツ時代の10本のホームランのうち、9本は他人のバットで打った

・キムタクが抱かれたい男No.1に選ばれた時、キムタクに「今度、俺も抱いて」とメール

・優勝パレードのとき、百万円相当のアクセサリーを10個くらいファンに向かって投げてた

・始球式の球を 打ち返す、女子小学生の球も遠慮無くセンター前へ

・オールスターに代走出場。何もしてないのに大声援、何もしてないのにガッツポーズ

・ゴールデングローブ賞の副賞のグローブを観客席に投げ込む


などだ。







新庄剛志の元嫁



2000年12月27日、阪神でスター選手として活躍していた当時、日本航空やクラリオンのキャンペーンガールをしていた大河内志保と結婚。


当時の新庄剛志の年収は、野球選手として約3億。ほかにもCMとかテレビで推定6億とか7億を超え、選手としてピーク時に結婚している。



しかし、現役を引退した翌年の2007年12月28日に離婚。


新庄剛志は離婚理由として、日本テレビ「しゃべくり007」に出演した際、離婚について語っている。その時、新庄剛志はプライベートではお金に無頓着で、その結果、プロ野球を引退した時には「通帳に残っていた金額は僅か」だったと告白。年収で10億円近く稼いでいたのに、全く貯金がなかったという。



それ以外にも、新庄剛志は「亭主関白」だったようで、一緒に出かける際は、貴重品以外は嫁の大河内志保に運ばせ、自分は家庭を考えず、後輩と毎晩遅くまで飲み歩き。自室のトレーニングルームに大河内志保が勝手にドアを開けると、「なんでトレーニング中に入ってくるの?」と本気で怒っていたという。



大河内志保側は、雑誌の取材で離婚理由を聞かれた時、現役引退した新庄剛志に「(お前のことは)もういらない」というの言葉を言われて、「人生の第二ステージまで付き合ってくれなくていいよ」。という言葉を投げ替えられたことが決定的になり、他にも金銭トラブルや小さな出来事の積み重なりが、離婚するきっけけになってしまった。
新庄剛志は元妻の大河内志保に
ひどい言葉を投げ、自分勝手だったようだ。








スター選手はどうしてもお金の使い方が派手なイメージがあるが、新庄剛志はまさにその典型。



現役時代には、スパイクに180万円のダイヤが埋め込んであり、二つで一千万円の特注を作成し、それをギネス申請して話題になった。キャンプへは5000万円のルイヴィトンのバッグを持って参加したり、フジテレビクイズ番組「ミリオネア」で賞金1000万獲得した時、札幌ドームに自分の影絵みたいなボードをミリオネアの賞金全額使用し作成したりと、金銭感覚が常人とは変わっていた。



2006年に現役引退後はタレントへ転身してからもそれは変わらず



2008年1月28日、株式会社レハサフを設立して取締役に就任。
業務内容はアスリート・アーティスト等のマネジメントや、コスメティック・アパレルグッズの企画・販売などを行い、絵画制作モデルとして購入する馬が地方競馬の競走馬となる予定であることから、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主資格を取得している。


バリの新庄剛志の自宅も凄いだろう。


バリ島中心部から車で30分ほど離れた、牛や鶏が放し飼いされているのどかな村の場所に白亜の豪邸が新庄剛志の自宅になる。元々は趣味でやっていたモトクロスは、約1000万円を投じてコースを作成。



最初はバリの高級ホテルを転々としていたようだが、バリ島に移り住んだ理由は、「エアブラシアートの師匠がバリにいたから」という単純な理由。この豪邸を建てたのは、この場所を一目見た時に気に入り「いくらでもいいから」と購入、まさしく新庄剛志らしい行動で移住している。







新庄剛志の金銭トラブル




新庄剛志は現在、優雅な第二の人生を歩んでいるが、その周囲の人間に大きな金銭トラブルに巻き込まれていた。新庄剛志には、大阪で建設会社を経営する伯父がいるのだが、この伯父に新庄剛志は個人事務所「新庄ゴーエンタープライズ」のマネジメントや資産管理を任せていた。




その叔父が、新庄剛志の稼いだお金を私的に使い込み横領が発覚。総額にして3億9千万円も使い込まれてしまったという。この横領事件で新庄剛志は当然返還を求めたが、叔父が返金に応じないことで、叔父が経営する会社を訴訟。 裁判にまで発展する金銭トラブルとなってしまった。


結局、民事裁判なので、新庄剛志にも任せっきりにしていた落ち度があったこともあり、横領されたほとんどが返金されていない。当時、離婚で慰謝料に3億円を支払うことになっていたこともあり、すべての貯金を使い果たすことになる。



新庄剛志はこの金銭トラブルで第2の人生をゼロからスタートすることになってしまうが、持ち前の天性のスター性をもって、現在では事業も成功を収めている。

今夜のしくじり先生では、新庄剛志という「スーパースター」の生き方を解説するとともに、お金で後悔しないための金銭トラブルに巻き込まれない授業を行ったというが、果たしてそれが正解かどうかはわからない。。








*有名人の姓名判断がジワジワとくる!!当たってる感強し!福士誠治、比嘉愛未、高畑裕太、岡田の娘など、、、占い結果がズバリ!!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

新庄剛志の今!そして性格とは?かなりひどい言葉を元妻に発していた:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

新庄剛志の今!そして性格とは?かなりひどい言葉を元妻に発していた [芸能人]

テレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
3時間スペシャルに野球選手のかっこman

新庄剛志が登場し話題になっている。



元プロ野球選手でメジャーリーグでも活躍した新庄剛志は何をしくじったのだろう。。

実は新庄剛志は

「お金に無頓着すぎた」という。


メジャーから帰国後、日本ハムに入団する時「チームを日本一にする」と当時優勝なんて考えられないほど万年下位グループの日本ハムを、公約通りチームが日本一にして引退。



そのほかにも新庄剛志は、規格外の言動で常に注目を集めるスター選手だった。しかし、プライベートではお金に無頓着で、その結果、プロ野球を引退した時には通帳に残っていた金額は僅かだったと告白。


いったい、 新庄剛志になにがあったのか?





まずは

新庄剛志とはどんな人物なのか?


新庄剛志(しんじょうつよし)たけしではない。
生年月日1972年1月28日
出身地 長崎県
身長181cm
体重76㎏


数々のエピソードがあり、明るくて破天荒お調子者というのが新庄剛志の性格のイメージであり、実際そうなのだろう。


新庄剛志の性格や今後を占うためらいにも姓名判断をしてみた。




★天格(祖運)は19画で『凶』
『苦労 挫折 障害』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

★人格(主運)は16画で『大吉』
『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人 多くを受容し、そこから多くを生み出す力のある人。能力を発揮して成功できます。 面倒見が良く、実力もあるため、リーダーに推し上げられるでしょう。運勢も安定していきます。
※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。


★地格(初運)は17画で『吉』
『積極性 地位 財産』
人気運が人生を後押しする 強烈な個性で人気者に。才能は磨くほど光るので、努力を怠らないことです。 行動力があり、体も丈夫ですが、自分の思い通りにしないと気が済まないところもあります。
※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


★外格(助運)は20画で『凶』
『社交下手 薄幸 別離』
度重なる不運で厭世的(えんせいてき) 詐欺や事故などの不幸に遭いやすいタイプの人です。危険は自ら避けましょう。 協調性に欠けるため、対人関係で孤立するかも。簡単に人を信じて損をすることも。
※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。


★総格(総運)は36画で『凶』
『苦労 波乱 面倒見がいい』 他人の犠牲になりやすい人 社会的な成功を手に入れますが、家庭的には恵まれません。孤独な晩年でしょう。 才能で人柄も誠実なため、周囲から慕われるように。努力を重ね目標を達成します。
※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。

★三才配置は『水⇒土⇒金』で『吉凶混合』
苦労を通して成功できる。
たくましく世の中を渡っていくでしょう。適職はクリエーターや芸能界での仕事。華やかな異性と縁が有り、楽しい恋愛が出来るでしょう。

※人格が「土」の人は、「誠実で人から信頼される人」です。
地格が「金」の人は、「見栄っ張りだけど人気者」です。
天格が「水」の人は、「行動的なタイプの人」です。


以上のような結果であり、あたっている感はある。

離婚もしてしまい詐欺にあいやすい。まさに当たっている気がする、、









日本で活躍した後にメジャーリーグに移籍。
日本人初のワールドシリーズ出場や4番スタメンなど、強いインパクトを残し、メジャー1年目は捕殺や勝利打点で、十分な貢献をした。結局、怪我でメジャー在籍3年間は控え選手として終わっているが、他のメジャーからのオファーを断り、日本ハムに移籍し、日本ハムを日本一に導いていく。




新庄剛志のエピソードは数多い



・子供の頃、野球のポジションを聞かれて「センターフォワード」

・母校の西日本短期大学附属高等学校に野球部用のバスを寄贈→その年、甲子園で初戦敗退。

・サインを求められ。新幹線に乗り遅れる

・メジャー初出場は代走。センターフライでタッチアップで2塁へ進塁。

・フリー打撃でホームラン、少年の股間直撃、「ごめんな」と目くばせでサインを送る。

・髪を染めて「外人になりたい」発言の時の髪の毛の色は「緑色」

・常にオーラを出す練習をしている、ある日のオーラは162%らしい

・バッティングの極意は「白い球を、強く打つ」

・インタビューの途中に、握手を忘れていた選手の所へ行って握手をする

・メッツ時代の10本のホームランのうち、9本は他人のバットで打った

・キムタクが抱かれたい男No.1に選ばれた時、キムタクに「今度、俺も抱いて」とメール

・優勝パレードのとき、百万円相当のアクセサリーを10個くらいファンに向かって投げてた

・始球式の球を 打ち返す、女子小学生の球も遠慮無くセンター前へ

・オールスターに代走出場。何もしてないのに大声援、何もしてないのにガッツポーズ

・ゴールデングローブ賞の副賞のグローブを観客席に投げ込む


などだ。







新庄剛志の元嫁



2000年12月27日、阪神でスター選手として活躍していた当時、日本航空やクラリオンのキャンペーンガールをしていた大河内志保と結婚。


当時の新庄剛志の年収は、野球選手として約3億。ほかにもCMとかテレビで推定6億とか7億を超え、選手としてピーク時に結婚している。



しかし、現役を引退した翌年の2007年12月28日に離婚。


新庄剛志は離婚理由として、日本テレビ「しゃべくり007」に出演した際、離婚について語っている。その時、新庄剛志はプライベートではお金に無頓着で、その結果、プロ野球を引退した時には「通帳に残っていた金額は僅か」だったと告白。年収で10億円近く稼いでいたのに、全く貯金がなかったという。



それ以外にも、新庄剛志は「亭主関白」だったようで、一緒に出かける際は、貴重品以外は嫁の大河内志保に運ばせ、自分は家庭を考えず、後輩と毎晩遅くまで飲み歩き。自室のトレーニングルームに大河内志保が勝手にドアを開けると、「なんでトレーニング中に入ってくるの?」と本気で怒っていたという。



大河内志保側は、雑誌の取材で離婚理由を聞かれた時、現役引退した新庄剛志に「(お前のことは)もういらない」というの言葉を言われて、「人生の第二ステージまで付き合ってくれなくていいよ」。という言葉を投げ替えられたことが決定的になり、他にも金銭トラブルや小さな出来事の積み重なりが、離婚するきっけけになってしまった。
新庄剛志は元妻の大河内志保に
ひどい言葉を投げ、自分勝手だったようだ。








スター選手はどうしてもお金の使い方が派手なイメージがあるが、新庄剛志はまさにその典型。



現役時代には、スパイクに180万円のダイヤが埋め込んであり、二つで一千万円の特注を作成し、それをギネス申請して話題になった。キャンプへは5000万円のルイヴィトンのバッグを持って参加したり、フジテレビクイズ番組「ミリオネア」で賞金1000万獲得した時、札幌ドームに自分の影絵みたいなボードをミリオネアの賞金全額使用し作成したりと、金銭感覚が常人とは変わっていた。



2006年に現役引退後はタレントへ転身してからもそれは変わらず



2008年1月28日、株式会社レハサフを設立して取締役に就任。
業務内容はアスリート・アーティスト等のマネジメントや、コスメティック・アパレルグッズの企画・販売などを行い、絵画制作モデルとして購入する馬が地方競馬の競走馬となる予定であることから、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主資格を取得している。


バリの新庄剛志の自宅も凄いだろう。


バリ島中心部から車で30分ほど離れた、牛や鶏が放し飼いされているのどかな村の場所に白亜の豪邸が新庄剛志の自宅になる。元々は趣味でやっていたモトクロスは、約1000万円を投じてコースを作成。



最初はバリの高級ホテルを転々としていたようだが、バリ島に移り住んだ理由は、「エアブラシアートの師匠がバリにいたから」という単純な理由。この豪邸を建てたのは、この場所を一目見た時に気に入り「いくらでもいいから」と購入、まさしく新庄剛志らしい行動で移住している。







新庄剛志の金銭トラブル




新庄剛志は現在、優雅な第二の人生を歩んでいるが、その周囲の人間に大きな金銭トラブルに巻き込まれていた。新庄剛志には、大阪で建設会社を経営する伯父がいるのだが、この伯父に新庄剛志は個人事務所「新庄ゴーエンタープライズ」のマネジメントや資産管理を任せていた。




その叔父が、新庄剛志の稼いだお金を私的に使い込み横領が発覚。総額にして3億9千万円も使い込まれてしまったという。この横領事件で新庄剛志は当然返還を求めたが、叔父が返金に応じないことで、叔父が経営する会社を訴訟。 裁判にまで発展する金銭トラブルとなってしまった。


結局、民事裁判なので、新庄剛志にも任せっきりにしていた落ち度があったこともあり、横領されたほとんどが返金されていない。当時、離婚で慰謝料に3億円を支払うことになっていたこともあり、すべての貯金を使い果たすことになる。



新庄剛志はこの金銭トラブルで第2の人生をゼロからスタートすることになってしまうが、持ち前の天性のスター性をもって、現在では事業も成功を収めている。

今夜のしくじり先生では、新庄剛志という「スーパースター」の生き方を解説するとともに、お金で後悔しないための金銭トラブルに巻き込まれない授業を行ったというが、果たしてそれが正解かどうかはわからない。。








*有名人の姓名判断がジワジワとくる!!当たってる感強し!福士誠治、比嘉愛未、高畑裕太、岡田の娘など、、、占い結果がズバリ!!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0