So-net無料ブログ作成

鳥貴族社長大倉忠司の苦労話しやエピソード、学歴とは?息子は関ジャニ∞の大倉 [社長 企業]

大倉忠司(読み方はただし※ちゅうじ ではない)とは鳥貴族の社長である。

そして関ジャニ∞の大倉忠義の父親でもあるのだ。

今や居酒屋代表ともいえる「鳥貴族」ここまで繁盛させるには相当の苦労話しやエピソードがあったはずだ。
また学歴とは?

そんな鳥貴族を作り上げた社長大倉忠司とはどんな人物なのだろうか?


大倉忠司さんは鳥貴族の社長で創業者。
1960年2/4生まれの57歳

エリートなのかと思ったが大学には行ってないようだ。
学歴は高卒、専門学校卒となる。
高校卒業後に辻調理師専門学校を卒業してリーガロイヤルホテルへ就職したようだ。

頭もよく機転も利くので高学歴かと思いきやそうでもかった、、、

そして関ジャニ∞大倉忠義の父でもある。鳥貴族社長大倉忠司は1985年に鳥貴族を起業。



鳥貴族を作った当初は実家を担保に入れ借金をしてのスタートだったそうだ。


つまり「鳥貴族をつくった男」の知られざる悪戦苦闘があったに違いない。


不振の居酒屋業界において異例の成長を続けているのが鳥貴族である。



 鳥貴族創業者の大倉忠司は、1960年に中小企業の街、大阪府東大阪市で生まれた。

生家はブリキ玩具の「型」を製造する町工場だった。両親と2歳上の兄の4人家族で、機械の音や油のにおいに囲まれて育った。



高校を卒業後は、調理師専門学校で1年間学んだ。1979年に一流ホテルのイタリアンレストランに入社した。
リーガロイヤルホテルだ。



 大倉忠司が焼き「全品280円均一 鳥貴族」を開発した直接のきっかけは、リーガロイヤルホテルのイタリアンレストランでウエーターを務めていた頃に、よく通った「全品230円均一」の炉端焼き屋に影響された為だ。


そもそも飲食業に興味を持ったのは、大倉忠司が高校2年生のときの、ビアガーデンでのアルバイトがきっかけだという。
まじめな仕事ぶりが認められ、焼き鳥とおでんの部門を任されたのが飲食業の面白さに目覚めたきっかけという。

 大倉はホテルのレストラン勤めを3年間で辞めた後、1982年ごろから3年近く焼き鳥屋で修業した。

そして若冠25歳のときに第1号店を開業する
 1985年、大倉忠司は25歳のとき、150円、250円、350円の3本立て均一料金の焼き鳥専門店「鳥貴族 俊徳道店」(約9坪、27席)を個人創業した。社長への第一歩を踏み出した。

総投資額1200万円。自分の貯金200万円と、父親が家を担保に借金して1000万円を用意してくれたのが元手だ。

何と実家を担保に借金をしたというのだから、、かなりの覚悟だ。








しかし立地は近鉄大阪線の乗降客数の非常に少ない、俊徳道駅前商店街だった。
「鳥貴族 俊徳道店」は大家が、「誰が何をやってもはやらない」というほどの悪条件な店舗立地だった。
家賃が月4万3000円と安いのが取り柄だったが、よほどインパクトのあるメニュー提案をしなくては、集客は難しかった。

開店当初や初期段階では閑古鳥が鳴く日々が続いたという。まさに開店当初の苦労話しがあった。まさに「飛ぶ鳥を落とす勢い」であり、実際に鶏で天下を取った、鳥貴族社長大倉忠司さんも最初は苦労したのだ。


大倉忠司さんはインパクトのある
飲料・料理メニューを開発した。
最初は全品250円均一にしようとしたが、ビールの原価率が200円程度もして250円均一では赤字になると判断し、350円均一メニューを加えた。



 当時の焼き鳥屋といえば昭和の雰囲気丸だしの赤提灯煙りもくもくの中年男だらけの呑み屋が主流だったが、大倉さんは若者にきてもらえるような店作りを当時から心がけた。


大倉忠司さんが経営の参考にしたのは本だった。

ダイエー創業者の中内功の「力=突き抜けない」の流通革命に魅かれ、中内功の著作をすべて読んだというエピソードがある。

中内の著作を通し価格破壊、創造的破壊、そして標準化、単純化、専門化して直営・FC方式で店舗を増やしていくというチェーンストア理論を学んだという。

 中でも大倉の人生を左右するのが、『わが安売り哲学』(1969年刊)という。

ダイエー創業者中内功は、「メーカーから価格決定権を奪い返す」と宣言した。
大倉は中内の流通革命論に身震いするほど感銘を受けた。そして大倉は中内の流通革命論を焼き鳥屋で実践しようと考えた。それが価格破壊の低価格均一業態であったのだ。


大倉は鳥貴族の第1号店を出したときから1000店舗レベルのチェーン店を創ろうと思っていたという高い志しがあった。

大倉忠司を知る人間は彼の事をこのように語る
「成功しか見ていない」
「マイナスイメージを考えていない」と
成功の為なら八方手を尽くしたのだろう。

普通のメンタルならば、落ち込んで消極的になったり諦めたりするものだ。

大倉忠司の幼少時代のエピソードなどはわからないが、おそらく若き頃から上昇思考があったのだろう。

大倉忠司さんは読書家というので本から得た知識と精神がメンタルを強くしたのかもしれない。


一号店の鳥貴族は一年数ヵ月は倒産と隣り合わせの閑古鳥が鳴く日が続いたが、大倉は思いきった経営に切り替えた。
「150円、250円、350円の3本立て均一価格」には損をしたくないという思いがにじみ出ているのでは?と考えたのだ。


そこで思いきった大倉は250円均一価格に切り替えた!

そして焼き鳥の量も増量したのだ!

それにはマージンミックスの考え方を導入した事が大きい。

こちらの考えも著書によるものだった。

『居酒屋ビッグ・ビジネスへの戦略発想 外食産業のニューリーダーが初めて明かす』(1985年4月刊)清宮勝一書

清宮勝一は居酒屋「村さ来」の創業者で日本料飲コンサルタンツ社長であった。


アイデアが豊富だった村さ来清宮勝一はレモン、グレープフルーツ、オレンジなどシロップで味付けした酎ハイ(焼酎ハイボールの略)を多数開発。
そして原価率の高いビールを原価で売って損を出しても、原価率の安い酎ハイを売って儲けるやり方を編み出したのだ。

「それで利益が出なくなったらビールは値上げせずにお通しで100円取る」というのが清宮の考え方だった。



大倉はこの書の考え方かれヒントとを得てマージンミックスの経営を取り入れた、この時から儲けようという考えより先に「お客様が喜ぶメニューづくり」に全力を傾けた。


従来の焼き鳥店が1本25グラム程度、原価率は28%前後で提供していたが鳥貴族大倉はそれまで30グラム程で販売していた。

大倉はマージンミックスの思考を導入してからは何と焼き鳥一本60グラムで提供することに決めた。

従来の焼き鳥店の倍以上のボリュームだ!

原価率は35%から48%にハネ上がり利益率は大幅に下がったが、家賃が安いのが救いだった。

また、儲けが減る分は自分の給料を減らせばよいと考えた。


 こうして大倉は「鳥貴族 俊徳道店」倒産寸前の鳥貴族を危機から救ったのである。
 激安で高品質ならば顧客満足度はリピーターは増える、口コミ等で鳥貴族は繁盛した。



 こうして大倉はライバル店や同業他社をいっさい意識せずに「お客様歓喜だけを追求」し、鳥貴族のビジネスモデルを創ってきた。

参考にするのはコンビニエンスストア(CVS)とか、低価格イタリアンレストランのサイゼリヤなどである。

 ただし、原価率が非常に高く薄利多売のビジネスモデルであったので、店舗数が100店舗を超すまでは規模の経済が働かず、悪戦苦闘したという。挫折してもおかしくはなかったという。

そして30年間「280円均一料金」を守り、今や居酒屋代表「鳥貴族」となった。

一時期「280円均一」が流行ったが、廃れた店は多い。


鳥貴族の「280円均一」メニューは、もはや競合他社にはまねできないレベルにまで昇華してきている。


 大倉は低価格イタリアンレストランのサイゼリヤ、および日本マクドナルドをベンチマークしている。

店舗運営では「QSC」(Q=クオリティ:品質、S=サービス:接客、C=クレンリネス:清潔・清掃)に加え「T」(T=タイム:提供時間のスピード化)を重視している。


 日常づかいできる店づくりが目標だ。最近ではロードサイド型の「鳥貴族&ファミレス」業態に挑戦。2016年11月の500店達成に続き、出店ペースを加速。2021年には1000店舗体制の構築を視野に入れる。


そして非効率でも串打ちはやめないという。
「非効率でコストアップでも続けないと鳥貴族らしさが失われる。焼き鳥は串打ちという最後のひと手間を加えることで本当においしくなる」と絶対に妥協しない。大倉は「串打ちはチェーン店の脱チェーン店理論です」と苦笑する。


チェーン店かつ美味しくするために妥協は許さない。そして新システムの導入を積極的に行い、接客や品質にこだわる。


つまり大倉忠司の経営理念やヒントは本、著書から得ていることが多い。改めて本、著書の重要さを認識させられる。

大倉忠司の凄さは人選と人材教育にも出ている。幹部の多くはアルバイト出身だったり、人のよい所だけを見極めて伸ばす教育をしているという。

これも著書などをヒントにした人材教育や思考なのだろうか?

今後も注目である。







息子↓


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

鳥貴族社長大倉忠司の苦労話しやエピソード、学歴とは?息子は関ジャニ∞の大倉:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

鳥貴族社長大倉忠司の苦労話しやエピソード、学歴とは?息子は関ジャニ∞の大倉 [社長 企業]

大倉忠司(読み方はただし※ちゅうじ ではない)とは鳥貴族の社長である。

そして関ジャニ∞の大倉忠義の父親でもあるのだ。

今や居酒屋代表ともいえる「鳥貴族」ここまで繁盛させるには相当の苦労話しやエピソードがあったはずだ。
また学歴とは?

そんな鳥貴族を作り上げた社長大倉忠司とはどんな人物なのだろうか?


大倉忠司さんは鳥貴族の社長で創業者。
1960年2/4生まれの57歳

エリートなのかと思ったが大学には行ってないようだ。
学歴は高卒、専門学校卒となる。
高校卒業後に辻調理師専門学校を卒業してリーガロイヤルホテルへ就職したようだ。

頭もよく機転も利くので高学歴かと思いきやそうでもかった、、、

そして関ジャニ∞大倉忠義の父でもある。鳥貴族社長大倉忠司は1985年に鳥貴族を起業。



鳥貴族を作った当初は実家を担保に入れ借金をしてのスタートだったそうだ。


つまり「鳥貴族をつくった男」の知られざる悪戦苦闘があったに違いない。


不振の居酒屋業界において異例の成長を続けているのが鳥貴族である。



 鳥貴族創業者の大倉忠司は、1960年に中小企業の街、大阪府東大阪市で生まれた。

生家はブリキ玩具の「型」を製造する町工場だった。両親と2歳上の兄の4人家族で、機械の音や油のにおいに囲まれて育った。



高校を卒業後は、調理師専門学校で1年間学んだ。1979年に一流ホテルのイタリアンレストランに入社した。
リーガロイヤルホテルだ。



 大倉忠司が焼き「全品280円均一 鳥貴族」を開発した直接のきっかけは、リーガロイヤルホテルのイタリアンレストランでウエーターを務めていた頃に、よく通った「全品230円均一」の炉端焼き屋に影響された為だ。


そもそも飲食業に興味を持ったのは、大倉忠司が高校2年生のときの、ビアガーデンでのアルバイトがきっかけだという。
まじめな仕事ぶりが認められ、焼き鳥とおでんの部門を任されたのが飲食業の面白さに目覚めたきっかけという。

 大倉はホテルのレストラン勤めを3年間で辞めた後、1982年ごろから3年近く焼き鳥屋で修業した。

そして若冠25歳のときに第1号店を開業する
 1985年、大倉忠司は25歳のとき、150円、250円、350円の3本立て均一料金の焼き鳥専門店「鳥貴族 俊徳道店」(約9坪、27席)を個人創業した。社長への第一歩を踏み出した。

総投資額1200万円。自分の貯金200万円と、父親が家を担保に借金して1000万円を用意してくれたのが元手だ。

何と実家を担保に借金をしたというのだから、、かなりの覚悟だ。








しかし立地は近鉄大阪線の乗降客数の非常に少ない、俊徳道駅前商店街だった。
「鳥貴族 俊徳道店」は大家が、「誰が何をやってもはやらない」というほどの悪条件な店舗立地だった。
家賃が月4万3000円と安いのが取り柄だったが、よほどインパクトのあるメニュー提案をしなくては、集客は難しかった。

開店当初や初期段階では閑古鳥が鳴く日々が続いたという。まさに開店当初の苦労話しがあった。まさに「飛ぶ鳥を落とす勢い」であり、実際に鶏で天下を取った、鳥貴族社長大倉忠司さんも最初は苦労したのだ。


大倉忠司さんはインパクトのある
飲料・料理メニューを開発した。
最初は全品250円均一にしようとしたが、ビールの原価率が200円程度もして250円均一では赤字になると判断し、350円均一メニューを加えた。



 当時の焼き鳥屋といえば昭和の雰囲気丸だしの赤提灯煙りもくもくの中年男だらけの呑み屋が主流だったが、大倉さんは若者にきてもらえるような店作りを当時から心がけた。


大倉忠司さんが経営の参考にしたのは本だった。

ダイエー創業者の中内功の「力=突き抜けない」の流通革命に魅かれ、中内功の著作をすべて読んだというエピソードがある。

中内の著作を通し価格破壊、創造的破壊、そして標準化、単純化、専門化して直営・FC方式で店舗を増やしていくというチェーンストア理論を学んだという。

 中でも大倉の人生を左右するのが、『わが安売り哲学』(1969年刊)という。

ダイエー創業者中内功は、「メーカーから価格決定権を奪い返す」と宣言した。
大倉は中内の流通革命論に身震いするほど感銘を受けた。そして大倉は中内の流通革命論を焼き鳥屋で実践しようと考えた。それが価格破壊の低価格均一業態であったのだ。


大倉は鳥貴族の第1号店を出したときから1000店舗レベルのチェーン店を創ろうと思っていたという高い志しがあった。

大倉忠司を知る人間は彼の事をこのように語る
「成功しか見ていない」
「マイナスイメージを考えていない」と
成功の為なら八方手を尽くしたのだろう。

普通のメンタルならば、落ち込んで消極的になったり諦めたりするものだ。

大倉忠司の幼少時代のエピソードなどはわからないが、おそらく若き頃から上昇思考があったのだろう。

大倉忠司さんは読書家というので本から得た知識と精神がメンタルを強くしたのかもしれない。


一号店の鳥貴族は一年数ヵ月は倒産と隣り合わせの閑古鳥が鳴く日が続いたが、大倉は思いきった経営に切り替えた。
「150円、250円、350円の3本立て均一価格」には損をしたくないという思いがにじみ出ているのでは?と考えたのだ。


そこで思いきった大倉は250円均一価格に切り替えた!

そして焼き鳥の量も増量したのだ!

それにはマージンミックスの考え方を導入した事が大きい。

こちらの考えも著書によるものだった。

『居酒屋ビッグ・ビジネスへの戦略発想 外食産業のニューリーダーが初めて明かす』(1985年4月刊)清宮勝一書

清宮勝一は居酒屋「村さ来」の創業者で日本料飲コンサルタンツ社長であった。


アイデアが豊富だった村さ来清宮勝一はレモン、グレープフルーツ、オレンジなどシロップで味付けした酎ハイ(焼酎ハイボールの略)を多数開発。
そして原価率の高いビールを原価で売って損を出しても、原価率の安い酎ハイを売って儲けるやり方を編み出したのだ。

「それで利益が出なくなったらビールは値上げせずにお通しで100円取る」というのが清宮の考え方だった。



大倉はこの書の考え方かれヒントとを得てマージンミックスの経営を取り入れた、この時から儲けようという考えより先に「お客様が喜ぶメニューづくり」に全力を傾けた。


従来の焼き鳥店が1本25グラム程度、原価率は28%前後で提供していたが鳥貴族大倉はそれまで30グラム程で販売していた。

大倉はマージンミックスの思考を導入してからは何と焼き鳥一本60グラムで提供することに決めた。

従来の焼き鳥店の倍以上のボリュームだ!

原価率は35%から48%にハネ上がり利益率は大幅に下がったが、家賃が安いのが救いだった。

また、儲けが減る分は自分の給料を減らせばよいと考えた。


 こうして大倉は「鳥貴族 俊徳道店」倒産寸前の鳥貴族を危機から救ったのである。
 激安で高品質ならば顧客満足度はリピーターは増える、口コミ等で鳥貴族は繁盛した。



 こうして大倉はライバル店や同業他社をいっさい意識せずに「お客様歓喜だけを追求」し、鳥貴族のビジネスモデルを創ってきた。

参考にするのはコンビニエンスストア(CVS)とか、低価格イタリアンレストランのサイゼリヤなどである。

 ただし、原価率が非常に高く薄利多売のビジネスモデルであったので、店舗数が100店舗を超すまでは規模の経済が働かず、悪戦苦闘したという。挫折してもおかしくはなかったという。

そして30年間「280円均一料金」を守り、今や居酒屋代表「鳥貴族」となった。

一時期「280円均一」が流行ったが、廃れた店は多い。


鳥貴族の「280円均一」メニューは、もはや競合他社にはまねできないレベルにまで昇華してきている。


 大倉は低価格イタリアンレストランのサイゼリヤ、および日本マクドナルドをベンチマークしている。

店舗運営では「QSC」(Q=クオリティ:品質、S=サービス:接客、C=クレンリネス:清潔・清掃)に加え「T」(T=タイム:提供時間のスピード化)を重視している。


 日常づかいできる店づくりが目標だ。最近ではロードサイド型の「鳥貴族&ファミレス」業態に挑戦。2016年11月の500店達成に続き、出店ペースを加速。2021年には1000店舗体制の構築を視野に入れる。


そして非効率でも串打ちはやめないという。
「非効率でコストアップでも続けないと鳥貴族らしさが失われる。焼き鳥は串打ちという最後のひと手間を加えることで本当においしくなる」と絶対に妥協しない。大倉は「串打ちはチェーン店の脱チェーン店理論です」と苦笑する。


チェーン店かつ美味しくするために妥協は許さない。そして新システムの導入を積極的に行い、接客や品質にこだわる。


つまり大倉忠司の経営理念やヒントは本、著書から得ていることが多い。改めて本、著書の重要さを認識させられる。

大倉忠司の凄さは人選と人材教育にも出ている。幹部の多くはアルバイト出身だったり、人のよい所だけを見極めて伸ばす教育をしているという。

これも著書などをヒントにした人材教育や思考なのだろうか?

今後も注目である。







息子↓


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0