So-net無料ブログ作成
検索選択

バナナゼロミュージックは貴重な話しがきける番組!横山建もゲリラ発売の理由を語った [テレビ]

ハイスタ横山、告知なし16年半ぶりシングル発売の理由をバナナゼロミュージックで明かした。



Hi-STANDARDの横山健はクレイジーケンバンドの横山剣とは違う。


 クレイジーケンバンドの横山剣ではなくHi-STANDARDの横山健が16年ぶりにゲリラ発売した理由を語った。
変わらぬ攻める姿勢には感動すら覚える。

ken yokoyamaは「バナナゼロミュージック」(NHK総合)に出演し、昨年10月に16年半ぶりのシングル「ANOTHER STARTING LINE」を事前告知なしで発売したことを語った。


ハイスタ横山が出演した回は各年代の青春ソングがテーマの回、90年代の伝説のバンドとしてHi-STANDARDが紹介された。

スペシャルゲストとして番組に招かれた横山は告知なしでシングル発売に踏み切った理由を、「お楽しみがほしかったんですね。出す方としても、ちょっとした遊び心というか」と明かした。

 共演したファンキー加藤は知人のCDショップ店員から聞いた話として、「超大物のCDが運ばれるからスペースだけつくっておけ」と現場の店員も詳細を聞かされていなかったという業界事情を披露。「いざ段ボール開けたらハイスタだ」という状況で、現場も驚いていたという様子を振り返った。

 デビュー当時に音楽に込めた思いについても語った。横山は「自分たちでまったく新しいものをつくろうと考えたんですよね。いわゆるパンクロックっていうサウンドの中に、ちょっとメタルの部分を持ち込んだり、ドラムの恒(恒岡)はいろんなものを聞いているので、ごった煮にして、しかもそれを英語で歌う」とパンクロックというジャンルの中にも、自分たちの個性を詰め込んだと明かした。こうしたアイデア全体について、「受けるわけないじゃないかということをやってみようと。それが1番の主張だったかもしれないですね」と語った。

ハイスタ登場以降英語詞のパンクバンドは急増し空前絶後のパンクブームとなった。
ハイスタに似たバンドは数多くあるが似て異なる。オリジナルに勝るものはない。
そしてハイスタが活動休止してからもパンクバンドは進化を続けた。16年ぶりに発表した曲は懐古主義の古い曲なのでは?と心配する声もあがったが、そんな心配はいらなかった。 

ハイスタのやっている事は変わらないし凄まじい技術でもない。しかし他のバンドが決して真似できる事のない唯一無二な曲なのだ。メンバー全員が活動休止期間中も音楽に関わり続けていた事を考えると演奏技術はもちろん向上している。
しかしそれ以上に理屈ではない「何か」がハイスタにはある。

ハイスタからインディーズブームが始まり、今や主流とも言えるインディーズレーベルからのリリース。

そのカリスマバンドの一人が音楽バラエティーに出演するのは嬉しい。
ハイスタが流行った頃は「バナナゼロミュージック」のバナナマンも無名で駆け出し芸人。

それが共演するというのも感慨深いものだ。このバナナゼロミュージックという番組は他の音楽番組とは事なる点がある。バナナゼロミュージックの魅力やバナナゼロミュージックの面白さとは何なのか?








それはバナナマンの存在が大きい。音楽知識ゼロのバナナマンが番組を通じて音楽に興味を持っていく姿はまるで中学生の頃に戻ったような感覚なのだ。

思えば音楽に詳しい人は溢れているわけではない。知識ゼロの人が多い。
もちろん音楽好きな人はHi-standard は有名であり知っているが、知識ゼロの人は知らない。

曲だけ聴けば英語詞だし外人かな?と思うような曲調だからだ。

そんなバンドもわかりやすく解説する番組がバナナゼロミュージックなのだ。バナナゼロミュージックの過去の出演者を見ても中々の曲者というか個性的なミュージシャン・アーティストが多い。

過去のバナナゼロミュージックの出演者は以下の通り

2015年3スペシャル
クリス・ハート、西内まりや、谷中敦・加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)、乃木坂46、森山直太朗、ホラン千秋
森山直太朗、山崎まさよし、西内まりや、TAKUYA、橋本良亮・塚田僚一(A.B.C-Z)、ヒャダイン、生駒里奈・白石麻衣・松村沙友理(乃木坂46)、大石始、梶谷正治、RAZO、成田童夢、浜野謙太


12016年4月 桜ソング&新感覚!音楽クイズ クリス・ハート、河合郁人・塚田僚一(A.B.C-Z)、生田絵梨花・生駒里奈・高山一実(乃木坂46)、DJ KOO(TRF)、ROLLY、巻上公一

4月30日 バースデーソング特集 岡井千聖(℃-ute)、つるの剛士、西内まりや、PUFFY、LiLiCo

5月7日 新感覚!音楽クイズSP 武田真治、つるの剛士、西内まりや、秋元真夏・白石麻衣・松村沙友理(乃木坂46)、こまつ、サイプレス上野、THE冠、Daichi、EGO-WRAPPIN'

5月14日 世界のオモシロ楽器大集合! つるの剛士、栗原類、清水富美加、DISH//、マーティ・フリードマン、高木里代子

5月21日 カラオケを盛り上げよう! 西川貴教、山本彩・白間美瑠・太田夢莉(NMB48)、佐野ひなこ、chay、成田童夢、ゴンゾー、マーティ・フリードマン

5月28日 新感覚!音楽クイズSP 小沢一敬(スピードワゴン)、神山智洋・桐山照史(ジャニーズWEST)、西内まりや、ROLLY、DJ KOO、はいだしょうこ、齊藤ジョニー、中田芳子

6月4日 ラップSP
SKY-HI、桐谷健太、Kダブシャイン、桜井玲香・生田絵梨花(乃木坂46)、サイプレス上野、マチーデフ

6月11日 新感覚!音楽クイズSP 森山直太朗、生田絵梨花・橋本奈々未・松村沙友理(乃木坂46)、桐谷健太、KenKen、はいだしょうこ、サイプレス上野、Kaya

6月18日 アカペラSP 村上てつや、安岡優、小沢一敬(スピードワゴン)、Little Glee Monster

6月25日 アニソンSP 内田彩、加藤諒、塚田僚一(A.B.C-Z)三戸なつめ、向清太朗(天津)

7月2日 新感覚!音楽クイズSP ウエンツ瑛士、矢島舞美・岡井千聖(℃-ute)三戸なつめ、野村義男、チャラン・ポ・ランタン、杵屋裕光一座、Kaya

7月16日 沖縄スペシャル 前編 サイトウ "JxJx" ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、BEGIN、Kiroro
7月23日 沖縄スペシャル 後編 サイトウ "JxJx" ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、BEGIN、Kiroro、秋元真夏・松村沙友理(乃木坂46)

8月27日 新感覚!音楽クイズSP DJ KOO、西内まりや、田中卓志(アンガールズ)、飯田里穂、はいだしょうこ、生田絵梨花(乃木坂46)、マーティ・フリードマン、ROLLY、Kaya、THE冠、土井善晴、Little Glee Monster、Young Hastle

9月3日 バナナ♪ゼロミュージックフェス! 西内まりや、りゅうちぇる、飯田里穂、Kダブシャイン、サイプレス上野、奇妙礼太郎


SP 10月8日(23:25〜24:00) 学校音楽SP あばれる君、生田絵梨花(乃木坂46)、石井竜也、桐山照史・重岡大毅(ジャニーズWEST)嗣永桃子(カントリー・ガールズ)、トクマルシューゴ

SP 11月20日(23:00〜23:45) 秋の音楽クイズSP スキマスイッチ、小沢一敬(スピードワゴン)、渡辺麻友、秋川雅史、佐藤優樹、飯窪春菜、工藤遥、DJ KOO、ヴェルサイユ、Li-sa-X

12月24日(22:20〜22:50) 紅白スペシャル PUFFY、乃木坂46、AAA、山内恵介、DJ KOO


2017年1月7日 2017年流行するかもしれない音楽SP 高橋一生、小沢一敬(スピードワゴン)、矢倉楓子・山本彩・須藤凛々花(NMB48)、THE冠、Ken Yokoyama、レディビアード、高木里代子

1月14日
青春ソング特集 小峠英二(バイきんぐ)、小沢一敬(スピードワゴン)、矢倉楓子・山本彩・須藤凛々花(NMB48)、Ken Yokoyama、DJ KOO、ファンキー加藤


1月21日
音楽クイズSP 伊藤一朗(Every Little Thing)、DAIGO、マーティ・フリードマン、小野リサ、Little Gree Monster、Daichi、井戸田潤(スピードワゴン)、秋元真夏・堀未央奈(乃木坂46)


1月28日予定 最新アニソントレンド2017 向清太朗(天津)、angela、日岡なつみ、生駒里奈・松村沙友理(乃木坂46)、岩井勇気(ハライチ)、串田アキラ(キン肉マンや富士サファリパークの歌でお馴染み)


サイプレス上野がシレッと数回出演しているのが面白い。

タモリ倶楽部的なコーナーもあると面白いだろう。高木理代子やEGO-WRAPPIN'といったJazz artistも出演しているのでかなり多岐にわたる音楽を紹介しているのがわかる。

フラメンコギタリストの沖仁やブルースマンの木村充揮やJazz manの菊地成孔など深いアーティストかつベテランの出演も期待しよう。

バナナゼロミュージックの魅力は音楽にハマるきっかけと知識が増えていく事。バナナゼロミュージックの面白さはそこだと考える。

次回1/28の放送はキン肉マンや富士サファリパークの歌で有名な串田アキラさんがメディアに出演するの見所だ。












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

バナナゼロミュージックは貴重な話しがきける番組!横山建もゲリラ発売の理由を語った:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

バナナゼロミュージックは貴重な話しがきける番組!横山建もゲリラ発売の理由を語った [テレビ]

ハイスタ横山、告知なし16年半ぶりシングル発売の理由をバナナゼロミュージックで明かした。



Hi-STANDARDの横山健はクレイジーケンバンドの横山剣とは違う。


 クレイジーケンバンドの横山剣ではなくHi-STANDARDの横山健が16年ぶりにゲリラ発売した理由を語った。
変わらぬ攻める姿勢には感動すら覚える。

ken yokoyamaは「バナナゼロミュージック」(NHK総合)に出演し、昨年10月に16年半ぶりのシングル「ANOTHER STARTING LINE」を事前告知なしで発売したことを語った。


ハイスタ横山が出演した回は各年代の青春ソングがテーマの回、90年代の伝説のバンドとしてHi-STANDARDが紹介された。

スペシャルゲストとして番組に招かれた横山は告知なしでシングル発売に踏み切った理由を、「お楽しみがほしかったんですね。出す方としても、ちょっとした遊び心というか」と明かした。

 共演したファンキー加藤は知人のCDショップ店員から聞いた話として、「超大物のCDが運ばれるからスペースだけつくっておけ」と現場の店員も詳細を聞かされていなかったという業界事情を披露。「いざ段ボール開けたらハイスタだ」という状況で、現場も驚いていたという様子を振り返った。

 デビュー当時に音楽に込めた思いについても語った。横山は「自分たちでまったく新しいものをつくろうと考えたんですよね。いわゆるパンクロックっていうサウンドの中に、ちょっとメタルの部分を持ち込んだり、ドラムの恒(恒岡)はいろんなものを聞いているので、ごった煮にして、しかもそれを英語で歌う」とパンクロックというジャンルの中にも、自分たちの個性を詰め込んだと明かした。こうしたアイデア全体について、「受けるわけないじゃないかということをやってみようと。それが1番の主張だったかもしれないですね」と語った。

ハイスタ登場以降英語詞のパンクバンドは急増し空前絶後のパンクブームとなった。
ハイスタに似たバンドは数多くあるが似て異なる。オリジナルに勝るものはない。
そしてハイスタが活動休止してからもパンクバンドは進化を続けた。16年ぶりに発表した曲は懐古主義の古い曲なのでは?と心配する声もあがったが、そんな心配はいらなかった。 

ハイスタのやっている事は変わらないし凄まじい技術でもない。しかし他のバンドが決して真似できる事のない唯一無二な曲なのだ。メンバー全員が活動休止期間中も音楽に関わり続けていた事を考えると演奏技術はもちろん向上している。
しかしそれ以上に理屈ではない「何か」がハイスタにはある。

ハイスタからインディーズブームが始まり、今や主流とも言えるインディーズレーベルからのリリース。

そのカリスマバンドの一人が音楽バラエティーに出演するのは嬉しい。
ハイスタが流行った頃は「バナナゼロミュージック」のバナナマンも無名で駆け出し芸人。

それが共演するというのも感慨深いものだ。このバナナゼロミュージックという番組は他の音楽番組とは事なる点がある。バナナゼロミュージックの魅力やバナナゼロミュージックの面白さとは何なのか?








それはバナナマンの存在が大きい。音楽知識ゼロのバナナマンが番組を通じて音楽に興味を持っていく姿はまるで中学生の頃に戻ったような感覚なのだ。

思えば音楽に詳しい人は溢れているわけではない。知識ゼロの人が多い。
もちろん音楽好きな人はHi-standard は有名であり知っているが、知識ゼロの人は知らない。

曲だけ聴けば英語詞だし外人かな?と思うような曲調だからだ。

そんなバンドもわかりやすく解説する番組がバナナゼロミュージックなのだ。バナナゼロミュージックの過去の出演者を見ても中々の曲者というか個性的なミュージシャン・アーティストが多い。

過去のバナナゼロミュージックの出演者は以下の通り

2015年3スペシャル
クリス・ハート、西内まりや、谷中敦・加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)、乃木坂46、森山直太朗、ホラン千秋
森山直太朗、山崎まさよし、西内まりや、TAKUYA、橋本良亮・塚田僚一(A.B.C-Z)、ヒャダイン、生駒里奈・白石麻衣・松村沙友理(乃木坂46)、大石始、梶谷正治、RAZO、成田童夢、浜野謙太


12016年4月 桜ソング&新感覚!音楽クイズ クリス・ハート、河合郁人・塚田僚一(A.B.C-Z)、生田絵梨花・生駒里奈・高山一実(乃木坂46)、DJ KOO(TRF)、ROLLY、巻上公一

4月30日 バースデーソング特集 岡井千聖(℃-ute)、つるの剛士、西内まりや、PUFFY、LiLiCo

5月7日 新感覚!音楽クイズSP 武田真治、つるの剛士、西内まりや、秋元真夏・白石麻衣・松村沙友理(乃木坂46)、こまつ、サイプレス上野、THE冠、Daichi、EGO-WRAPPIN'

5月14日 世界のオモシロ楽器大集合! つるの剛士、栗原類、清水富美加、DISH//、マーティ・フリードマン、高木里代子

5月21日 カラオケを盛り上げよう! 西川貴教、山本彩・白間美瑠・太田夢莉(NMB48)、佐野ひなこ、chay、成田童夢、ゴンゾー、マーティ・フリードマン

5月28日 新感覚!音楽クイズSP 小沢一敬(スピードワゴン)、神山智洋・桐山照史(ジャニーズWEST)、西内まりや、ROLLY、DJ KOO、はいだしょうこ、齊藤ジョニー、中田芳子

6月4日 ラップSP
SKY-HI、桐谷健太、Kダブシャイン、桜井玲香・生田絵梨花(乃木坂46)、サイプレス上野、マチーデフ

6月11日 新感覚!音楽クイズSP 森山直太朗、生田絵梨花・橋本奈々未・松村沙友理(乃木坂46)、桐谷健太、KenKen、はいだしょうこ、サイプレス上野、Kaya

6月18日 アカペラSP 村上てつや、安岡優、小沢一敬(スピードワゴン)、Little Glee Monster

6月25日 アニソンSP 内田彩、加藤諒、塚田僚一(A.B.C-Z)三戸なつめ、向清太朗(天津)

7月2日 新感覚!音楽クイズSP ウエンツ瑛士、矢島舞美・岡井千聖(℃-ute)三戸なつめ、野村義男、チャラン・ポ・ランタン、杵屋裕光一座、Kaya

7月16日 沖縄スペシャル 前編 サイトウ "JxJx" ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、BEGIN、Kiroro
7月23日 沖縄スペシャル 後編 サイトウ "JxJx" ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、BEGIN、Kiroro、秋元真夏・松村沙友理(乃木坂46)

8月27日 新感覚!音楽クイズSP DJ KOO、西内まりや、田中卓志(アンガールズ)、飯田里穂、はいだしょうこ、生田絵梨花(乃木坂46)、マーティ・フリードマン、ROLLY、Kaya、THE冠、土井善晴、Little Glee Monster、Young Hastle

9月3日 バナナ♪ゼロミュージックフェス! 西内まりや、りゅうちぇる、飯田里穂、Kダブシャイン、サイプレス上野、奇妙礼太郎


SP 10月8日(23:25〜24:00) 学校音楽SP あばれる君、生田絵梨花(乃木坂46)、石井竜也、桐山照史・重岡大毅(ジャニーズWEST)嗣永桃子(カントリー・ガールズ)、トクマルシューゴ

SP 11月20日(23:00〜23:45) 秋の音楽クイズSP スキマスイッチ、小沢一敬(スピードワゴン)、渡辺麻友、秋川雅史、佐藤優樹、飯窪春菜、工藤遥、DJ KOO、ヴェルサイユ、Li-sa-X

12月24日(22:20〜22:50) 紅白スペシャル PUFFY、乃木坂46、AAA、山内恵介、DJ KOO


2017年1月7日 2017年流行するかもしれない音楽SP 高橋一生、小沢一敬(スピードワゴン)、矢倉楓子・山本彩・須藤凛々花(NMB48)、THE冠、Ken Yokoyama、レディビアード、高木里代子

1月14日
青春ソング特集 小峠英二(バイきんぐ)、小沢一敬(スピードワゴン)、矢倉楓子・山本彩・須藤凛々花(NMB48)、Ken Yokoyama、DJ KOO、ファンキー加藤


1月21日
音楽クイズSP 伊藤一朗(Every Little Thing)、DAIGO、マーティ・フリードマン、小野リサ、Little Gree Monster、Daichi、井戸田潤(スピードワゴン)、秋元真夏・堀未央奈(乃木坂46)


1月28日予定 最新アニソントレンド2017 向清太朗(天津)、angela、日岡なつみ、生駒里奈・松村沙友理(乃木坂46)、岩井勇気(ハライチ)、串田アキラ(キン肉マンや富士サファリパークの歌でお馴染み)


サイプレス上野がシレッと数回出演しているのが面白い。

タモリ倶楽部的なコーナーもあると面白いだろう。高木理代子やEGO-WRAPPIN'といったJazz artistも出演しているのでかなり多岐にわたる音楽を紹介しているのがわかる。

フラメンコギタリストの沖仁やブルースマンの木村充揮やJazz manの菊地成孔など深いアーティストかつベテランの出演も期待しよう。

バナナゼロミュージックの魅力は音楽にハマるきっかけと知識が増えていく事。バナナゼロミュージックの面白さはそこだと考える。

次回1/28の放送はキン肉マンや富士サファリパークの歌で有名な串田アキラさんがメディアに出演するの見所だ。












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0