So-net無料ブログ作成

イオン創業者の岡田卓也氏と現社長の岡田元也のエピソードや経歴、苦労話とは? [偉人]

イオンの創業者は三重県で250年続く老舗呉服屋の岡田屋7代目として生まれた岡田卓也。創業者岡田卓也氏のエピソードや現氏社長の岡田元也氏のエピソードや経歴とは?武勇伝はあるのか?波瀾万丈型かボンボン型か?


イオン創業者岡田卓也氏は大学在学中に軍隊入隊を余儀なくされ、20歳で終戦を迎え郷里の三重県の四日市へ帰ってきたが、岡田屋の建物は全焼していた。

イオン創業者岡田卓也氏はわずか20歳で現代ではまず考えられないほどの逆境に立っていた。

先代が営々と築いてきたものの全てが焼けてなくなってしまったのだが、一つだけ焼残っているものがあった。それは岡田屋の「土蔵」である。土蔵の中には、父親の日記が残されていた。父親は卓也が2歳の時に亡くなっているので会話を交わすことはなかった。しかしこの日記から父親から教えを受けることになる。

日記には「すべての事業は、まず志を立てることが肝要だ」ということが雄弁に語られていた。



さらに父親が16、17歳の頃にあげた目標が記されていた。「行商をしながら、東海道をさかのぼり、東京に向かう。そして、当時の日本の産業の大立者、渋沢栄一※に会いに行く」というものであった。

そして、父親は本当に、四日市や桑名等の地元で産物を背負い、行商を重ねながら旅費を稼ぎ、東海道をさかのぼる。ついに東京にたどり着き、実際に渋沢栄一との面会を実現させたのである。その時の父親の感激が日記にありありとつづられていたという。

※渋沢栄一とは江戸時代末期から大正初期にかけての日本の武士、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれる。理化学研究所の創設者でもある。



この父親の日記を焼残った土蔵の中で読んだ卓也は強い衝撃を受ける。「とにかく志を立てることが、事業を推進する最大の原動力だ」と奮い立ち、この父親の教えを商売の指針とし、裸一貫から家業の復興に取り組んだという。そして今日のイオンの土台を築きあげた。

岡田卓也イオンの創業者であり戦時生まれ、もうこの経験によりボンボンではない。家柄は良かったが戦争でほとんどが焼けてなくなったという。

土蔵から原点を見いだし「志し」一本でイオンを創業した。

才能やDNAによる商売気質があったのもあり、逆境にも打ち勝つメンタルもあったのかもしれない。商売はうまくいった。

岡田卓也(おかだ・たくや)略歴
1925年~(大正14年~)ジャスコ(現・イオン)創業者。三重県四日市市生まれ。昭和21年、㈱岡田屋呉服店代表取締役。昭和23年、早稲田大学商学部卒。昭和44年、ジャスコを創業。2001年、イオンに社名変更。


それでは息子で長男の現社長、岡田元也はどうだったか?

岡田 元也(おかだ もとや、1951年(昭和26年)6月17日 - )は、イオン取締役兼代表執行役社長、グループCEOである。





三重県四日市市出身。呉服店の岡田屋を創業した四日市岡田家の8代目当主で、同社創業者であり名誉会長の岡田卓也の長男である。

民進党衆議院議員で外務大臣を務めた岡田克也、東京新聞政治部部長を務めた高田昌也は実弟である。

岡田元也氏は
1975年(昭和50年)3月 早稲田大学商学部卒業(学位:商学士)。

1978年(昭和53年)12月 米国バブソン大学大学院MBA課程修了(学位:経営学修士)。

かなりの高学歴でようやく
1979年(昭和54年)3月 ジャスコ株式会社(現:イオン)入社。

1986年(昭和61年)7月 ジャスコ新茨木店 初代店長。
などを経て1989年(平成元年)タルボットジャパン株式会社代表取締役社長。わずか10年で社長になった。

目立ったエピソードもネットには載っていない。苦労した話しや貧乏な時代はないようだ。
つまりボンボン型と思われても致し方ない。しかし2代目社長とはいえ今のイオンがあるのは現社長のおかげだ、猛烈な勉強や努力があるのは間違いない。
ただのボンボンは会社を潰すだけだからだ。
岡田元也がただのボンボンではないのは現在のイオンの強さを見れば一目瞭然である。

岡田元也の凄さの一つが信念である、2012年頃ビールメーカーから値上げを要請されたが「消費者の納得が得られない」とし一蹴。さらには異例の新聞広告まで打ちイオンの信念を示した。



岡田元也氏の姓名判断をしてみた。




天格(祖運)は13画で『大吉』
『円満 名声 人気』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。
人格(主運)は9画で『凶』
『薄幸 消極的 孤立』
人生に悲観的な芸術家
知性や感性に優れいますが、この能力にかかわらず、運をつかむのは困難です。
頭が良く才能もあるのですが、消極的で気分屋なために、世の中に認められにくい傾向が。

※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。


地格(初運)は7画で『吉』
『強い意志 独立心』
人生負け知らずの強い人
勝ち気な性格なのに、なぜだか人に好かれる人です。幼少期の怪我に注意が必要。
興味を持つと熱心に取り組みます。独立心旺盛なので親が手を出さず、1人でやらせましょう。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


外格(助運)は11画で『吉』
『幸運 富 地位』
もの静かに成長していく人
積極的な働きかけによって、人脈が広まり、それだけチャンスも多く訪れます。
人間関係を大事にするので、多くの友人知人に恵まれます。援助も期待出来ます。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。


総格(総運)は20画で『凶』
『社交下手 薄幸 別離』
度重なる不運で厭世的(えんせいてき)
幸せを得がたいために世捨て人のように生きる人も。精神世界に没頭するでしょう。
働き者ですが、空回りが多く、実を結びません。人生を楽しむ心の余裕を持ちましょう。



※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします


ーーーーーーー
つまり派手さはないので評価されにくい。静かに成功するタイプという事か、、なるほど少し当たっている気がする。

 








ちなみに政治家で次男の岡田克也は幼小の頃はタクシーの運転手になりたかったというが政治家へなった。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

イオン創業者の岡田卓也氏と現社長の岡田元也のエピソードや経歴、苦労話とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

イオン創業者の岡田卓也氏と現社長の岡田元也のエピソードや経歴、苦労話とは? [偉人]

イオンの創業者は三重県で250年続く老舗呉服屋の岡田屋7代目として生まれた岡田卓也。創業者岡田卓也氏のエピソードや現氏社長の岡田元也氏のエピソードや経歴とは?武勇伝はあるのか?波瀾万丈型かボンボン型か?


イオン創業者岡田卓也氏は大学在学中に軍隊入隊を余儀なくされ、20歳で終戦を迎え郷里の三重県の四日市へ帰ってきたが、岡田屋の建物は全焼していた。

イオン創業者岡田卓也氏はわずか20歳で現代ではまず考えられないほどの逆境に立っていた。

先代が営々と築いてきたものの全てが焼けてなくなってしまったのだが、一つだけ焼残っているものがあった。それは岡田屋の「土蔵」である。土蔵の中には、父親の日記が残されていた。父親は卓也が2歳の時に亡くなっているので会話を交わすことはなかった。しかしこの日記から父親から教えを受けることになる。

日記には「すべての事業は、まず志を立てることが肝要だ」ということが雄弁に語られていた。



さらに父親が16、17歳の頃にあげた目標が記されていた。「行商をしながら、東海道をさかのぼり、東京に向かう。そして、当時の日本の産業の大立者、渋沢栄一※に会いに行く」というものであった。

そして、父親は本当に、四日市や桑名等の地元で産物を背負い、行商を重ねながら旅費を稼ぎ、東海道をさかのぼる。ついに東京にたどり着き、実際に渋沢栄一との面会を実現させたのである。その時の父親の感激が日記にありありとつづられていたという。

※渋沢栄一とは江戸時代末期から大正初期にかけての日本の武士、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれる。理化学研究所の創設者でもある。



この父親の日記を焼残った土蔵の中で読んだ卓也は強い衝撃を受ける。「とにかく志を立てることが、事業を推進する最大の原動力だ」と奮い立ち、この父親の教えを商売の指針とし、裸一貫から家業の復興に取り組んだという。そして今日のイオンの土台を築きあげた。

岡田卓也イオンの創業者であり戦時生まれ、もうこの経験によりボンボンではない。家柄は良かったが戦争でほとんどが焼けてなくなったという。

土蔵から原点を見いだし「志し」一本でイオンを創業した。

才能やDNAによる商売気質があったのもあり、逆境にも打ち勝つメンタルもあったのかもしれない。商売はうまくいった。

岡田卓也(おかだ・たくや)略歴
1925年~(大正14年~)ジャスコ(現・イオン)創業者。三重県四日市市生まれ。昭和21年、㈱岡田屋呉服店代表取締役。昭和23年、早稲田大学商学部卒。昭和44年、ジャスコを創業。2001年、イオンに社名変更。


それでは息子で長男の現社長、岡田元也はどうだったか?

岡田 元也(おかだ もとや、1951年(昭和26年)6月17日 - )は、イオン取締役兼代表執行役社長、グループCEOである。





三重県四日市市出身。呉服店の岡田屋を創業した四日市岡田家の8代目当主で、同社創業者であり名誉会長の岡田卓也の長男である。

民進党衆議院議員で外務大臣を務めた岡田克也、東京新聞政治部部長を務めた高田昌也は実弟である。

岡田元也氏は
1975年(昭和50年)3月 早稲田大学商学部卒業(学位:商学士)。

1978年(昭和53年)12月 米国バブソン大学大学院MBA課程修了(学位:経営学修士)。

かなりの高学歴でようやく
1979年(昭和54年)3月 ジャスコ株式会社(現:イオン)入社。

1986年(昭和61年)7月 ジャスコ新茨木店 初代店長。
などを経て1989年(平成元年)タルボットジャパン株式会社代表取締役社長。わずか10年で社長になった。

目立ったエピソードもネットには載っていない。苦労した話しや貧乏な時代はないようだ。
つまりボンボン型と思われても致し方ない。しかし2代目社長とはいえ今のイオンがあるのは現社長のおかげだ、猛烈な勉強や努力があるのは間違いない。
ただのボンボンは会社を潰すだけだからだ。
岡田元也がただのボンボンではないのは現在のイオンの強さを見れば一目瞭然である。

岡田元也の凄さの一つが信念である、2012年頃ビールメーカーから値上げを要請されたが「消費者の納得が得られない」とし一蹴。さらには異例の新聞広告まで打ちイオンの信念を示した。



岡田元也氏の姓名判断をしてみた。




天格(祖運)は13画で『大吉』
『円満 名声 人気』

※天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。
人格(主運)は9画で『凶』
『薄幸 消極的 孤立』
人生に悲観的な芸術家
知性や感性に優れいますが、この能力にかかわらず、運をつかむのは困難です。
頭が良く才能もあるのですが、消極的で気分屋なために、世の中に認められにくい傾向が。

※人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。


地格(初運)は7画で『吉』
『強い意志 独立心』
人生負け知らずの強い人
勝ち気な性格なのに、なぜだか人に好かれる人です。幼少期の怪我に注意が必要。
興味を持つと熱心に取り組みます。独立心旺盛なので親が手を出さず、1人でやらせましょう。

※地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。


外格(助運)は11画で『吉』
『幸運 富 地位』
もの静かに成長していく人
積極的な働きかけによって、人脈が広まり、それだけチャンスも多く訪れます。
人間関係を大事にするので、多くの友人知人に恵まれます。援助も期待出来ます。

※外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。


総格(総運)は20画で『凶』
『社交下手 薄幸 別離』
度重なる不運で厭世的(えんせいてき)
幸せを得がたいために世捨て人のように生きる人も。精神世界に没頭するでしょう。
働き者ですが、空回りが多く、実を結びません。人生を楽しむ心の余裕を持ちましょう。



※総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします


ーーーーーーー
つまり派手さはないので評価されにくい。静かに成功するタイプという事か、、なるほど少し当たっている気がする。

 








ちなみに政治家で次男の岡田克也は幼小の頃はタクシーの運転手になりたかったというが政治家へなった。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0