So-net無料ブログ作成

ドン・キホーテ社長の経歴や武勇伝はあるのか? [偉人]

社長達の苦労話しから這い上がる、成り上がる話しはとても面白い!
例えばすしざんまいの木村清社長
*すしざんまいの木村社長の特殊能力が凄い!!

社長になってからの武勇伝も面白い↓
*海賊を撲滅させた木村社長も凄い



そしてCoCo壱の宗次社長
*CoCo壱社長の宗次さんの雑草魂は本当に雑草を食べて飢えをしのいでいたから!?



そして日本トップのユニクロ柳井正。
*ユニクロの柳井正はブッ飛んだ話しや武勇伝はあまりない。幼少期も至って普通。しかし人と違う事をやりたがる奴だった


こうなってくるともっと色んな社長の秘話がしりたい。

今回はドン・キホーテ

創業者は安田隆夫さん。

2015年2月5日に開催された経営方針説明会の席上、突然口にしたのが「引退する」だった。
 
そして2015年6月末には大原孝治社長(53)にCEO職を譲り、グループ会社すべての取締役を退く。

安田氏は「かねて満65歳までの引退を決めていた。当初計画から1年遅れにはなるが、気力、体力ともに十分なうちに引退することが、ドンキの長期繁栄につながる絶対条件だ」と語った。

安田氏は海外事業に専念しているという。


安田氏もまた一筋縄で行かない人生をおくっている。無頼な生活だ。

慶応義塾大学を卒業した安田氏は29歳でドンキの前身となる「泥棒市場」を開業。処分品やバッタ品を現金で安く仕入れて売ることで商売を覚えた。

東京都府中市にドンキ第1号店を開業した1989年以降、2014年6月期まで25年連続で増収増益を達成。今期も記録更新はほぼ確実だ。今や売上高は6000億円を超えている。

ルイ・ヴィトンからトイレットペーパーまで、ドンキは4万~5万アイテムを扱う。それらを売りさばくビジネスモデルで安田氏が考え出したのが、「圧縮陳列」「深夜営業」「手書きPOP」だ。標準化した店でモノを整然と並べる大手チェーンストアと異なる手法を徹底。所狭しと品を積み上げる圧縮陳列は一見非効率だが、迷路やジャングルのような導線とともに、買い物客の楽しさが増し、客の滞留時間を長くするという画期的な戦略でドン・キホーテを不動の店舗とした。
綺麗で見やすい商品陳列だったこれまでの大手デパートやスーパーの真逆の戦略だった。



安田隆夫は
2015年6月末で会長兼CEOを退任。今後は代表権のない創業会長兼最高顧問に就任。






安田氏の中学生の時のエピソードとしては、母親が呆気にとられた発言がある。何の本の影響なのかわからないが、
「俺は波瀾万丈の生き方をしたい」

 工業高校の電気科の教師である父親はその話を聞き、こう呟いたそうだ。

「俺は石橋を叩いても考え込むタイプなのに、あいつ(安田隆夫)は崩れかけた石橋でも渡ってしまう」

 安田は、地方では満たされない思いを上京して実現しようとした。

慶應大学法学部に入学するも、シティボーイの多い環境になじめずすぐにドロップアウトした
大学をサボって雀荘に通い、また、ボクサーに憧れてジムに入門。

子供の頃に事故で左目の視力を失ったことが災いして、ボクサーは断念した。
中堅の不動産会社に入るもすぐに倒産。港湾労働や新聞の拡張団で日銭を稼ぎながら、無頼の生活を送った。

「20代の頃にバカな人生を送ったせいで、人間の本質的な部分をいやおうなしに学ばせてもらいました」

 たどり着いたのが、処分品やサンプル品などを安価で販売するバッタ屋という仕事だった。1978年、29歳で西荻窪に「泥棒市場」を開店する。ドンキの原型はすべてここにあった。

創業者の苦労話しはやはり面白い。

しかし2代目となるとどうなのか?
現ドン・キホーテ社長は大原 孝治(オオハラコウジ)


1963年8月生まれなので2017年1月現在は53歳。

1993年
㈱ドン・キホーテ(現ドンキホーテホールディングス)入社。第1号店府中店の売場担当者を経て、木更津店、幕張店、市原店の立ち上げの店長を務める。

1995年
取締役第二営業本部長就任

2005年
関連会社の㈱リアリット代表取締役社長就任

2009年
関連会社の日本商業施設㈱代表取締役社長就任
㈱ドン・キホーテ取締役兼CIO就任

2012年7月
㈱ドン・キホーテシェアードサービス代表取締役社長 就任(現任)

2013年4月
㈱ドン・キホーテ取締役副社長兼COO就任

2013年11月
㈱ドンキホーテホールディングス代表取締役副社長兼COO就任

2013年12月
㈱ドン・キホーテ代表取締役社長就任(現任)

2014年7月
㈱ドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼COO就任
日本商業施設株式会社代表取締役会長就任(現任)
株式会社リアリット代表取締役会長就任

2017年現在
㈱ドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼CEO就任(現任)

大原孝治は地方の出身だそうだ。
大原孝治ドン・キホーテ社長のプロフィール経歴や武勇伝などは調べても不明。大原孝治さんの通っていた大学がどこなのかもわからない。しかし有名な大学で進学校らしいので高学歴という事はたしかだ。

そして大原孝治は
子供の頃から優れていたとか、飛び抜けて目立つ存在であったということはなく、平凡な子供で勤勉だったという。

勤勉な子供だったのは単純に、田舎で娯楽もなかったので勉強しかすることがなかったということもあるようだ。

進学校へと進学し大学は有名な私立大学。
全国でも名の知れた大学なので高学歴という事になる。

つまりドン・キホーテの現社長大原孝治さんはすしざんまいの木村清社長のように目立ちたがりで特殊能力を持っているわけでもなく、CoCo壱の宗次社長のように雑草を食べて飢えを凌ぐ程の苦労人でもなく、ユニクロの柳井社長のように山川とあだ名が付くような変わり者でもないようだ。

先代の安田隆夫氏の理念を忠実に受け継いでいる理想的2代目社長といえるのかもしれない。

しかし大原孝治社長もドン・キホーテに革新を起こし続けている優秀な社長でもある。

各店舗の個性にあわせた個店主義に方針を変えたり、SNSの使用やマジカの導入などだ。
「雇用」についてのこだわりも持っているようだ。

多くの場合「レジスタッフ募集」と職種で募集していたが、そうなると応募者は限られてくる。

それならば「フリーター募集。あなたがフリーターをやっている理由をお聞かせください。それに合った雇用スタイルを提案します」という募集広告をしたほうが人は集まるという考え方。


たとえばフリーターでも、年に1回1ヵ月間ハワイで過ごすことを目標にしているフリーターだっている。
何かの勉強や練習を昼間か夜にやるためにフリーターをしている人もいるからだ。

つまり大原孝治社長はちょっとした心遣いができているという事なのかもしれない。

すしざんまいの木村社長やユニクロの柳井社長のように変わり者でもなければCoCo壱の宗次社長のようにクソマジメでもない大原孝治社長は先代安田隆夫社長の意思を忠実に受け継ぎ細かい気配りをする社長なのだ。

もしもドン・キホーテが今後長続きする企業ならばそれは2代目大原孝治社長の手腕なのかもしれない。

しかし大原孝治社長には女性問題など1部で報道されている。
AKBグループとの確執もあったようだが問題を乗り越えてこそ本物だ。

今後に注目したい社長の一人である。









nice!(6) 

nice! 6

ドン・キホーテ社長の経歴や武勇伝はあるのか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ドン・キホーテ社長の経歴や武勇伝はあるのか? [偉人]

社長達の苦労話しから這い上がる、成り上がる話しはとても面白い!
例えばすしざんまいの木村清社長
*すしざんまいの木村社長の特殊能力が凄い!!

社長になってからの武勇伝も面白い↓
*海賊を撲滅させた木村社長も凄い



そしてCoCo壱の宗次社長
*CoCo壱社長の宗次さんの雑草魂は本当に雑草を食べて飢えをしのいでいたから!?



そして日本トップのユニクロ柳井正。
*ユニクロの柳井正はブッ飛んだ話しや武勇伝はあまりない。幼少期も至って普通。しかし人と違う事をやりたがる奴だった


こうなってくるともっと色んな社長の秘話がしりたい。

今回はドン・キホーテ

創業者は安田隆夫さん。

2015年2月5日に開催された経営方針説明会の席上、突然口にしたのが「引退する」だった。
 
そして2015年6月末には大原孝治社長(53)にCEO職を譲り、グループ会社すべての取締役を退く。

安田氏は「かねて満65歳までの引退を決めていた。当初計画から1年遅れにはなるが、気力、体力ともに十分なうちに引退することが、ドンキの長期繁栄につながる絶対条件だ」と語った。

安田氏は海外事業に専念しているという。


安田氏もまた一筋縄で行かない人生をおくっている。無頼な生活だ。

慶応義塾大学を卒業した安田氏は29歳でドンキの前身となる「泥棒市場」を開業。処分品やバッタ品を現金で安く仕入れて売ることで商売を覚えた。

東京都府中市にドンキ第1号店を開業した1989年以降、2014年6月期まで25年連続で増収増益を達成。今期も記録更新はほぼ確実だ。今や売上高は6000億円を超えている。

ルイ・ヴィトンからトイレットペーパーまで、ドンキは4万~5万アイテムを扱う。それらを売りさばくビジネスモデルで安田氏が考え出したのが、「圧縮陳列」「深夜営業」「手書きPOP」だ。標準化した店でモノを整然と並べる大手チェーンストアと異なる手法を徹底。所狭しと品を積み上げる圧縮陳列は一見非効率だが、迷路やジャングルのような導線とともに、買い物客の楽しさが増し、客の滞留時間を長くするという画期的な戦略でドン・キホーテを不動の店舗とした。
綺麗で見やすい商品陳列だったこれまでの大手デパートやスーパーの真逆の戦略だった。



安田隆夫は
2015年6月末で会長兼CEOを退任。今後は代表権のない創業会長兼最高顧問に就任。






安田氏の中学生の時のエピソードとしては、母親が呆気にとられた発言がある。何の本の影響なのかわからないが、
「俺は波瀾万丈の生き方をしたい」

 工業高校の電気科の教師である父親はその話を聞き、こう呟いたそうだ。

「俺は石橋を叩いても考え込むタイプなのに、あいつ(安田隆夫)は崩れかけた石橋でも渡ってしまう」

 安田は、地方では満たされない思いを上京して実現しようとした。

慶應大学法学部に入学するも、シティボーイの多い環境になじめずすぐにドロップアウトした
大学をサボって雀荘に通い、また、ボクサーに憧れてジムに入門。

子供の頃に事故で左目の視力を失ったことが災いして、ボクサーは断念した。
中堅の不動産会社に入るもすぐに倒産。港湾労働や新聞の拡張団で日銭を稼ぎながら、無頼の生活を送った。

「20代の頃にバカな人生を送ったせいで、人間の本質的な部分をいやおうなしに学ばせてもらいました」

 たどり着いたのが、処分品やサンプル品などを安価で販売するバッタ屋という仕事だった。1978年、29歳で西荻窪に「泥棒市場」を開店する。ドンキの原型はすべてここにあった。

創業者の苦労話しはやはり面白い。

しかし2代目となるとどうなのか?
現ドン・キホーテ社長は大原 孝治(オオハラコウジ)


1963年8月生まれなので2017年1月現在は53歳。

1993年
㈱ドン・キホーテ(現ドンキホーテホールディングス)入社。第1号店府中店の売場担当者を経て、木更津店、幕張店、市原店の立ち上げの店長を務める。

1995年
取締役第二営業本部長就任

2005年
関連会社の㈱リアリット代表取締役社長就任

2009年
関連会社の日本商業施設㈱代表取締役社長就任
㈱ドン・キホーテ取締役兼CIO就任

2012年7月
㈱ドン・キホーテシェアードサービス代表取締役社長 就任(現任)

2013年4月
㈱ドン・キホーテ取締役副社長兼COO就任

2013年11月
㈱ドンキホーテホールディングス代表取締役副社長兼COO就任

2013年12月
㈱ドン・キホーテ代表取締役社長就任(現任)

2014年7月
㈱ドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼COO就任
日本商業施設株式会社代表取締役会長就任(現任)
株式会社リアリット代表取締役会長就任

2017年現在
㈱ドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼CEO就任(現任)

大原孝治は地方の出身だそうだ。
大原孝治ドン・キホーテ社長のプロフィール経歴や武勇伝などは調べても不明。大原孝治さんの通っていた大学がどこなのかもわからない。しかし有名な大学で進学校らしいので高学歴という事はたしかだ。

そして大原孝治は
子供の頃から優れていたとか、飛び抜けて目立つ存在であったということはなく、平凡な子供で勤勉だったという。

勤勉な子供だったのは単純に、田舎で娯楽もなかったので勉強しかすることがなかったということもあるようだ。

進学校へと進学し大学は有名な私立大学。
全国でも名の知れた大学なので高学歴という事になる。

つまりドン・キホーテの現社長大原孝治さんはすしざんまいの木村清社長のように目立ちたがりで特殊能力を持っているわけでもなく、CoCo壱の宗次社長のように雑草を食べて飢えを凌ぐ程の苦労人でもなく、ユニクロの柳井社長のように山川とあだ名が付くような変わり者でもないようだ。

先代の安田隆夫氏の理念を忠実に受け継いでいる理想的2代目社長といえるのかもしれない。

しかし大原孝治社長もドン・キホーテに革新を起こし続けている優秀な社長でもある。

各店舗の個性にあわせた個店主義に方針を変えたり、SNSの使用やマジカの導入などだ。
「雇用」についてのこだわりも持っているようだ。

多くの場合「レジスタッフ募集」と職種で募集していたが、そうなると応募者は限られてくる。

それならば「フリーター募集。あなたがフリーターをやっている理由をお聞かせください。それに合った雇用スタイルを提案します」という募集広告をしたほうが人は集まるという考え方。


たとえばフリーターでも、年に1回1ヵ月間ハワイで過ごすことを目標にしているフリーターだっている。
何かの勉強や練習を昼間か夜にやるためにフリーターをしている人もいるからだ。

つまり大原孝治社長はちょっとした心遣いができているという事なのかもしれない。

すしざんまいの木村社長やユニクロの柳井社長のように変わり者でもなければCoCo壱の宗次社長のようにクソマジメでもない大原孝治社長は先代安田隆夫社長の意思を忠実に受け継ぎ細かい気配りをする社長なのだ。

もしもドン・キホーテが今後長続きする企業ならばそれは2代目大原孝治社長の手腕なのかもしれない。

しかし大原孝治社長には女性問題など1部で報道されている。
AKBグループとの確執もあったようだが問題を乗り越えてこそ本物だ。

今後に注目したい社長の一人である。









nice!(6) 

nice! 6