So-net無料ブログ作成
検索選択

はまぐりがキモい、恐怖のはまぐり。寄生獣を彷彿! [おもしろ画像]

ユーチューバーもびっくりの再生回数の動画がある
それが

https://www.youtube.com/watch?v=irF5sBTVniI&sns=em 
↑ハマグリがキモい

https://youtu.be/9EEQ4KCXviY

これも↑


はまぐりの周りに塩を撒く、そしてはまぐりを撮影すると 

驚くほどの具!!

恐怖のはまぐりだ。

はまぐりは食中毒の視点では恐怖のはまぐりとされる事はあったが、見た目も恐怖だったとは!

こんなシンプルな動画だが再生回数はとても多い。

自然には勝てないってことだろうか?

冷静に見ればそこまで驚くほどの具の長さではないが、ゆっくりとあれが出てきたら不気味である。

手の平に乗せて塩をまき 
はまぐりを手の平に乗せても同じようにニュルりとでてくるのか?

果たしてどんな感触なのか?


この映像を見てネットの反応は
「寄生獣を思い出した!」という人もいれば、「エイリアンだ!」
「面白い」
「美味しそう」
「はまぐりキモい」
「恐怖のはまぐり」など様々な反応が寄せられた。


シンプルな自然の動画や生物の生態は根強い人気がある。
ユーチューバーは参考にすべきだ。

ハマグリ(蛤、文蛤、蚌、浜栗、Meretrix lusoria)は、マルスダレガイ上科(英語版)マルスダレガイ科に分類される二枚貝の1種である。食用として重要な貝類の一つである。
春の季語としても使われる。









浜の栗、あるいは浜の礫から。「ハマグリ」という呼称は、生物学的には唯一の種 Meretrix lusoria を指す標準和名であるが、他にもいろいろな使われ方があるため、生物学や水産学関連の文書以外での「ハマグリ・はまぐり・蛤」などが何を指すのかが不明な場合も多く、注意が必要である。

古くは『常陸国風土記』に鹿島のハマグリの碁石が名産として記述されているが、これは外洋産のチョウセンハマグリのことである。

古くは一般的な二枚貝類の総称として「ハマグリ」が使われた。これは他の言語で二枚貝一般を指す単語、例えば英語の clam などに通じる用法で、英和辞典に clam の訳語として出ている「ハマグリ・蛤」もこれに相当する。したがって翻訳文の中で「ハマグリ」と訳されている貝は、実際には真のハマグリとは属はもとより科さえ異なる二枚貝であることも多い

和名構成の基幹ともなり、ベニハマグリ(バカガイ科)、ノミハマグリ(マルスダレガイ科[4]ノミハマグリ属)など、分類学的には縁のない別属や別科の二枚貝にも「○○ハマグリ」という標準和名のついた種も少なくない


ハマグリ属(Meretrix)の種はどれも外見が似ているため、水産市場や日常生活ではチョウセンハマグリやシナハマグリを含め、ハマグリと総称・混称される。

なお、国内で流通するハマグリと呼ばれる貝で流通がもっとも多いのはチョウセンハマグリ(汀線蛤)である。


特徴としては

長さ8cm、幅3.5cm、高さ6.5cmほどの丸みを帯びた三角形の貝殻を持つが、よく成長したものでは殻長が10cm以上になる場合もある。
具は寄生獣にも見える


そして貝は毒化しやすいので食中毒にくれぐれも気を付けて!
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
はまぐりがキモい、恐怖のはまぐり。寄生獣を彷彿!:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

はまぐりがキモい、恐怖のはまぐり。寄生獣を彷彿! [おもしろ画像]

ユーチューバーもびっくりの再生回数の動画がある
それが

https://www.youtube.com/watch?v=irF5sBTVniI&sns=em 
↑ハマグリがキモい

https://youtu.be/9EEQ4KCXviY

これも↑


はまぐりの周りに塩を撒く、そしてはまぐりを撮影すると 

驚くほどの具!!

恐怖のはまぐりだ。

はまぐりは食中毒の視点では恐怖のはまぐりとされる事はあったが、見た目も恐怖だったとは!

こんなシンプルな動画だが再生回数はとても多い。

自然には勝てないってことだろうか?

冷静に見ればそこまで驚くほどの具の長さではないが、ゆっくりとあれが出てきたら不気味である。

手の平に乗せて塩をまき 
はまぐりを手の平に乗せても同じようにニュルりとでてくるのか?

果たしてどんな感触なのか?


この映像を見てネットの反応は
「寄生獣を思い出した!」という人もいれば、「エイリアンだ!」
「面白い」
「美味しそう」
「はまぐりキモい」
「恐怖のはまぐり」など様々な反応が寄せられた。


シンプルな自然の動画や生物の生態は根強い人気がある。
ユーチューバーは参考にすべきだ。

ハマグリ(蛤、文蛤、蚌、浜栗、Meretrix lusoria)は、マルスダレガイ上科(英語版)マルスダレガイ科に分類される二枚貝の1種である。食用として重要な貝類の一つである。
春の季語としても使われる。









浜の栗、あるいは浜の礫から。「ハマグリ」という呼称は、生物学的には唯一の種 Meretrix lusoria を指す標準和名であるが、他にもいろいろな使われ方があるため、生物学や水産学関連の文書以外での「ハマグリ・はまぐり・蛤」などが何を指すのかが不明な場合も多く、注意が必要である。

古くは『常陸国風土記』に鹿島のハマグリの碁石が名産として記述されているが、これは外洋産のチョウセンハマグリのことである。

古くは一般的な二枚貝類の総称として「ハマグリ」が使われた。これは他の言語で二枚貝一般を指す単語、例えば英語の clam などに通じる用法で、英和辞典に clam の訳語として出ている「ハマグリ・蛤」もこれに相当する。したがって翻訳文の中で「ハマグリ」と訳されている貝は、実際には真のハマグリとは属はもとより科さえ異なる二枚貝であることも多い

和名構成の基幹ともなり、ベニハマグリ(バカガイ科)、ノミハマグリ(マルスダレガイ科[4]ノミハマグリ属)など、分類学的には縁のない別属や別科の二枚貝にも「○○ハマグリ」という標準和名のついた種も少なくない


ハマグリ属(Meretrix)の種はどれも外見が似ているため、水産市場や日常生活ではチョウセンハマグリやシナハマグリを含め、ハマグリと総称・混称される。

なお、国内で流通するハマグリと呼ばれる貝で流通がもっとも多いのはチョウセンハマグリ(汀線蛤)である。


特徴としては

長さ8cm、幅3.5cm、高さ6.5cmほどの丸みを帯びた三角形の貝殻を持つが、よく成長したものでは殻長が10cm以上になる場合もある。
具は寄生獣にも見える


そして貝は毒化しやすいので食中毒にくれぐれも気を付けて!
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。