So-net無料ブログ作成
検索選択

甲本ヒロトの生き様がかっこいい。クロマニヨンズの新作の感想や評価とは? [音楽業界]

甲本ヒロト、ロックは「飽きない、飽きたらやめる」シンプルな生き様がまたまた注目されている。
なぜなら11月2日にアルバム『BIMBOROLL』を発売したザ・クロマニヨンズ。もちろん最高のアルバムな事はいうまでもない。

今の音楽業界は「良い曲がない、良い曲は売れない」などとぼやかれるが、そんな事はない。
クロマニヨンズの新作「BIMBOROLL」の感想は間違いなく最高の良作だ。

良い曲が売れないのは良い曲を知ろうとしないリスナーが減っただけで、日々アーティストは良い作品を作り続けている。
そして良作音楽を推し出さないメディアが音楽をダメにしている。
 

 ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズ、そしてザ・クロマニヨンズとして、かれこれ30年以上も共に音楽を奏でてきた甲本ヒロトと真島昌利。今も昔も「ロックンロールは全然飽きない」という彼らには、「飽きたら、やめます」と言い切るシンプルさもある。レジェンドな2人、その生き様とは?


今回の『BIMBOROLL』も“アルバム作るぜ!”的な気負いとかは、まったくなかったといいシンプルに、それぞれ「こんな曲ができたよ!」って持ち寄った曲を集めてできたアルバム。
つまりクロマニヨンズの新作BIMBOROLLの評価も感想も最高であり、いつだって最高傑作だ。



甲本ヒロトも真島昌利もライブではあまり客席を見ないという。見ると緊張しちゃうから(笑)と。


甲本ヒロトは「でも、逆にお客さんは、誰にも見られてないんだから、弾けてほしい。ちっとも恥ずかしいことない。生まれてから一番カッコ悪い形でいいんだ。みっともなくていいんだ。とにかく楽しんでほしいんです。自分がどう見えるかなんて、気にしないで。」


まるでブルーハーツの名曲ダンスナンバーの歌詞のようなセリフ。。さらっと言えてしまうのがロックであり暖かさだ。


毎年、ツアーだけで60本から70本はライブをやるのがすっかり恒例
甲本ヒロトも真島昌利もオジサンだが凄く体力かあるように感じるが、そこまで気を使ってないという。



バンドを始めるとき、「女の子にモテたい」みたいな下心はなかったか?の問いには

【甲本ヒロト】モテたいですよ。下心はめちゃめちゃあるし、エロいです(笑)。でも、そのためにバンドをやろうとは思わない。(真島に)バンドをやってもモテないだろうと思ってなかった?
【真島昌利】うん。

しかし現実にはモテなかったという。


たしかに、モテたいためのバンドってのもあるかもしれないけど、そっちにはいかなかった。

ロックンロールをモテるための手段と考えるか、ロックンロールそのものが目的なのかの違いかな。

「ロックやって金持ちになりてぇ!」とかいう人がいるけど、その人の目的はカネですよね。「じゃあ、お前カネが欲しいんだな、ロックじゃなくていいんだな。宝くじ当たったらもうやんないんだな。めちゃめちゃモテて、カネがざっくざっくあったら、ロックやんないんだな」ってなる。そういうことじゃないですよね。


 甲本ヒロトはロックを「飽きるまでやるだけです。ロックンロールは全然飽きないんですよ。飽きたら、やめます。特に使命感もないので。たぶん、たぶんね。」と語る

真島昌利は続けて「何だって物事は、飽きたらやめるんじゃない? 普通。」と。

語る


甲本ヒロト 53歳
真島昌利 54歳
二人ともオジサンだがいくつになってもかっこよい。


記憶に新しく感動した甲本ヒロトの感動シーンはフジテレビがかつて放送していたテレビ番組「ヨルタモリ」でフラメンコギタリストの沖仁とブルーハーツの名曲リンダリンダを甲本ヒロトがブルースハープでセッションしたシーンはファンの間では多いに話題になった。








昔からブルーハーツが大ファンだった宮沢りえは感動のあまり涙がとまらなかった。


クロマニヨンズの甲本ヒロトがブルーハーツのリンダリンダと関わる意味はとても大きい。
そんな意味もあり、クロマニヨンズの新作はどこか1つ吹っ切れた感もあるだろう。


クロマニヨンズの新作の感動は感想や評価では表現できない。
理屈ではないのだ。


甲本ヒロトの数々の名言を見れば常に「楽しみ進化している」事がわかるはずだ。


それでは甲本ヒロトの名言を少し紹介しよう。


時代は良くも悪くもなってない。いつだって今が最高。


大リーグで活躍したいと思うことは夢じゃないんだよ。野球をやりたいというのが夢だ。


どうにもならないことなんて、どうにでもなっていいこと。


お先真っ暗はすげー前向きな言葉。

※真っ暗だから、その先に何があるかわからないから、誰も知らないような素晴らしいものに出会える可能性があるという捉え方だ。

ボクはロックンロールを知ってからずっと幸せです。

言いたいことは言う。 その時は心を込めて言う。


生活と人生は違う。質素な生活、豊かな人生。

※お金に頼った豪勢な暮らしをしたからって、豊かな人生が送れるわけではない。

ただ大人たちにほめられるようなバカにはなりたくない。


みんなで盛り上がることをするな。お前が一番盛り上がれ!



やっぱ『死に方』より『生き方』だよな。

※未来でも過去でもなく、今を見つめて生きる甲本ヒロトならではの言葉だ。




楽しいと楽は対極だよ。楽しいことがしたいなら,楽はしちゃダメだと思うよ。

※つまり本気で人生を楽しんで生きていけ、、そういう事だ。



売れているものが良いものなら、 世界一のラーメンはカップラーメンだよ。



ーーーーーーーーーーーー
まだクロマニヨンズの新作BIMBOROLLをチェックしていない音楽好きな人は早くチェックすへきてある。







■■最新記事■■

*香取慎吾衝撃の引退!!何をやるのか?芸術家か?裏方か?


*2017年の不機嫌な果実で栗山千明の濃厚ラブシーンはあるか?稲垣吾郎はSMAP解散で今後を左右する演技ができるか?


*逃げ恥の人気の秘密とは?新垣結衣可愛いさか?実生活へ応用すべき事とは?


*クロマニヨンズの新作の感想、評価とは?甲本ヒロトの生き様とは?



*くら寿司牛丼が旨すぎると話題に、、ならなかったwwww酷評連発!!


*あの高畑裕太を上回る強姦魔が芸能人でいた!!何と8人も襲っていた!




*高樹沙耶逮捕大麻を吸引していたか?  



*平尾誠二死去、、スクールウォーズのモデル



*和田アキ子が難病だった、、アッコにおまかせで何を語るのか?


*悪い噂もある山下智久と国民的人気女優の石原さとみが厳戒体制で交際か?


*ジャネット・ジャクソン妊娠!50歳で!?驚愕

*ボブ・ディランのノーベル賞は納得か否か?


*Hi-STANDARDのゲリラ発売CDの感想!レビュー



☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
■おめでたい記事!■吉澤ひとみやロバート山本。福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど男子体操金メダルも!


■訃報記事■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、プリンス、大橋巨泉、前田健、貴ノ浪、デブラージ、ハヤブサ、紅ほたる。。などなど(2015.1月~2016/09)


■インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■インパクトありすぎ画像付き記事!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!


■超注目!ブレイク必至!■
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■やっちまった有名人(高部あい、レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。鶴久誠二。浜田ばみゅばみゅ。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。などなど)。■
*やっちまった記事!!
*ヨルタモリやタモリ倶楽部。タモリと鶴瓶。
*高部あいクラックベイビー!
*山本喧一頭突き!!などなど記事多数!! 



■音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ■
*音楽好きならチェックするべし2015年音楽業界動向!!期待の新人情報や数々の謎も、、片目ラッパーfetty wap事故!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?


■スポーツ関連記事!感動のいい話しもある!!■
スポーツ記事一覧!どんな相手でも共通の話題としてスポーツ話題は便利


★★有名人を姓名判断で性格を占った結果が面白い★★
*有名人の姓名判断をやってみた!!結果wwwww





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
甲本ヒロトの生き様がかっこいい。クロマニヨンズの新作の感想や評価とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

甲本ヒロトの生き様がかっこいい。クロマニヨンズの新作の感想や評価とは? [音楽業界]

甲本ヒロト、ロックは「飽きない、飽きたらやめる」シンプルな生き様がまたまた注目されている。
なぜなら11月2日にアルバム『BIMBOROLL』を発売したザ・クロマニヨンズ。もちろん最高のアルバムな事はいうまでもない。

今の音楽業界は「良い曲がない、良い曲は売れない」などとぼやかれるが、そんな事はない。
クロマニヨンズの新作「BIMBOROLL」の感想は間違いなく最高の良作だ。

良い曲が売れないのは良い曲を知ろうとしないリスナーが減っただけで、日々アーティストは良い作品を作り続けている。
そして良作音楽を推し出さないメディアが音楽をダメにしている。
 

 ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズ、そしてザ・クロマニヨンズとして、かれこれ30年以上も共に音楽を奏でてきた甲本ヒロトと真島昌利。今も昔も「ロックンロールは全然飽きない」という彼らには、「飽きたら、やめます」と言い切るシンプルさもある。レジェンドな2人、その生き様とは?


今回の『BIMBOROLL』も“アルバム作るぜ!”的な気負いとかは、まったくなかったといいシンプルに、それぞれ「こんな曲ができたよ!」って持ち寄った曲を集めてできたアルバム。
つまりクロマニヨンズの新作BIMBOROLLの評価も感想も最高であり、いつだって最高傑作だ。



甲本ヒロトも真島昌利もライブではあまり客席を見ないという。見ると緊張しちゃうから(笑)と。


甲本ヒロトは「でも、逆にお客さんは、誰にも見られてないんだから、弾けてほしい。ちっとも恥ずかしいことない。生まれてから一番カッコ悪い形でいいんだ。みっともなくていいんだ。とにかく楽しんでほしいんです。自分がどう見えるかなんて、気にしないで。」


まるでブルーハーツの名曲ダンスナンバーの歌詞のようなセリフ。。さらっと言えてしまうのがロックであり暖かさだ。


毎年、ツアーだけで60本から70本はライブをやるのがすっかり恒例
甲本ヒロトも真島昌利もオジサンだが凄く体力かあるように感じるが、そこまで気を使ってないという。



バンドを始めるとき、「女の子にモテたい」みたいな下心はなかったか?の問いには

【甲本ヒロト】モテたいですよ。下心はめちゃめちゃあるし、エロいです(笑)。でも、そのためにバンドをやろうとは思わない。(真島に)バンドをやってもモテないだろうと思ってなかった?
【真島昌利】うん。

しかし現実にはモテなかったという。


たしかに、モテたいためのバンドってのもあるかもしれないけど、そっちにはいかなかった。

ロックンロールをモテるための手段と考えるか、ロックンロールそのものが目的なのかの違いかな。

「ロックやって金持ちになりてぇ!」とかいう人がいるけど、その人の目的はカネですよね。「じゃあ、お前カネが欲しいんだな、ロックじゃなくていいんだな。宝くじ当たったらもうやんないんだな。めちゃめちゃモテて、カネがざっくざっくあったら、ロックやんないんだな」ってなる。そういうことじゃないですよね。


 甲本ヒロトはロックを「飽きるまでやるだけです。ロックンロールは全然飽きないんですよ。飽きたら、やめます。特に使命感もないので。たぶん、たぶんね。」と語る

真島昌利は続けて「何だって物事は、飽きたらやめるんじゃない? 普通。」と。

語る


甲本ヒロト 53歳
真島昌利 54歳
二人ともオジサンだがいくつになってもかっこよい。


記憶に新しく感動した甲本ヒロトの感動シーンはフジテレビがかつて放送していたテレビ番組「ヨルタモリ」でフラメンコギタリストの沖仁とブルーハーツの名曲リンダリンダを甲本ヒロトがブルースハープでセッションしたシーンはファンの間では多いに話題になった。








昔からブルーハーツが大ファンだった宮沢りえは感動のあまり涙がとまらなかった。


クロマニヨンズの甲本ヒロトがブルーハーツのリンダリンダと関わる意味はとても大きい。
そんな意味もあり、クロマニヨンズの新作はどこか1つ吹っ切れた感もあるだろう。


クロマニヨンズの新作の感動は感想や評価では表現できない。
理屈ではないのだ。


甲本ヒロトの数々の名言を見れば常に「楽しみ進化している」事がわかるはずだ。


それでは甲本ヒロトの名言を少し紹介しよう。


時代は良くも悪くもなってない。いつだって今が最高。


大リーグで活躍したいと思うことは夢じゃないんだよ。野球をやりたいというのが夢だ。


どうにもならないことなんて、どうにでもなっていいこと。


お先真っ暗はすげー前向きな言葉。

※真っ暗だから、その先に何があるかわからないから、誰も知らないような素晴らしいものに出会える可能性があるという捉え方だ。

ボクはロックンロールを知ってからずっと幸せです。

言いたいことは言う。 その時は心を込めて言う。


生活と人生は違う。質素な生活、豊かな人生。

※お金に頼った豪勢な暮らしをしたからって、豊かな人生が送れるわけではない。

ただ大人たちにほめられるようなバカにはなりたくない。


みんなで盛り上がることをするな。お前が一番盛り上がれ!



やっぱ『死に方』より『生き方』だよな。

※未来でも過去でもなく、今を見つめて生きる甲本ヒロトならではの言葉だ。




楽しいと楽は対極だよ。楽しいことがしたいなら,楽はしちゃダメだと思うよ。

※つまり本気で人生を楽しんで生きていけ、、そういう事だ。



売れているものが良いものなら、 世界一のラーメンはカップラーメンだよ。



ーーーーーーーーーーーー
まだクロマニヨンズの新作BIMBOROLLをチェックしていない音楽好きな人は早くチェックすへきてある。







■■最新記事■■

*香取慎吾衝撃の引退!!何をやるのか?芸術家か?裏方か?


*2017年の不機嫌な果実で栗山千明の濃厚ラブシーンはあるか?稲垣吾郎はSMAP解散で今後を左右する演技ができるか?


*逃げ恥の人気の秘密とは?新垣結衣可愛いさか?実生活へ応用すべき事とは?


*クロマニヨンズの新作の感想、評価とは?甲本ヒロトの生き様とは?



*くら寿司牛丼が旨すぎると話題に、、ならなかったwwww酷評連発!!


*あの高畑裕太を上回る強姦魔が芸能人でいた!!何と8人も襲っていた!




*高樹沙耶逮捕大麻を吸引していたか?  



*平尾誠二死去、、スクールウォーズのモデル



*和田アキ子が難病だった、、アッコにおまかせで何を語るのか?


*悪い噂もある山下智久と国民的人気女優の石原さとみが厳戒体制で交際か?


*ジャネット・ジャクソン妊娠!50歳で!?驚愕

*ボブ・ディランのノーベル賞は納得か否か?


*Hi-STANDARDのゲリラ発売CDの感想!レビュー



☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
■おめでたい記事!■吉澤ひとみやロバート山本。福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど男子体操金メダルも!


■訃報記事■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、プリンス、大橋巨泉、前田健、貴ノ浪、デブラージ、ハヤブサ、紅ほたる。。などなど(2015.1月~2016/09)


■インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■インパクトありすぎ画像付き記事!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!


■超注目!ブレイク必至!■
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■やっちまった有名人(高部あい、レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。鶴久誠二。浜田ばみゅばみゅ。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。などなど)。■
*やっちまった記事!!
*ヨルタモリやタモリ倶楽部。タモリと鶴瓶。
*高部あいクラックベイビー!
*山本喧一頭突き!!などなど記事多数!! 



■音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ■
*音楽好きならチェックするべし2015年音楽業界動向!!期待の新人情報や数々の謎も、、片目ラッパーfetty wap事故!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?


■スポーツ関連記事!感動のいい話しもある!!■
スポーツ記事一覧!どんな相手でも共通の話題としてスポーツ話題は便利


★★有名人を姓名判断で性格を占った結果が面白い★★
*有名人の姓名判断をやってみた!!結果wwwww





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。