So-net無料ブログ作成

タイ国王死去でタイ人の反応が悲しみの深さをしる。 [偉人]

プミポン国王死去、88歳=タイ

タイ王室によると、プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が13日、死去した。

 88歳だった。70年間もの長期にわたった在位中、国民の厚い信頼と絶大な人気を誇った国王の死去で、タイ社会は重大な転機を迎える。 

タイ人なら本当に悲しいだろう、、
もし日本で同じような事があれば日本全国民が喪に服すはずだ。


 88歳だった。
王室事務局が発表した。
死因は明らかにされていないが、感染症などで治療を受けていた。
70年もの長期にわたった在位中、国民の厚い信頼と絶大な人気を誇った国王の死去で、タイ社会は重大な転機を迎える。

 今後、憲法と王室典範に基づき、新国王の即位に向けた手続きが進められる。
長男ワチラロンコン皇太子(64)が即位する見通し。

 プミポン国王は1946年、兄のラマ8世の急死を受けて18歳の若さで即位。
70年間に及んだ在位は世界の現役君主の中で最も長く、18世紀に始まった現チャクリ王朝の歴代国王の中でも最長だった。

 国王はここ数年、健康状態が悪化し、入退院を繰り返していた。
2015年5月末以降はバンコクの病院に入院。
公の場に姿を見せる機会は、ほとんどなくなっていた。


ラーマ9世(1927年12月5日 – 2016年10月13日)は、チャクリー王朝第9代のタイ国王(在位:1946年6月9日 – 2016年10月13日)。

通称はプーミポンアドゥンラヤデート(「大地の力・並ぶ事なき権威」の意)。
英語や日本語では一般に長母音を無視し、プミポン国王とも通称されるが、本来はタイ語においては(称号なども含めて)後ろのアドゥンラヤデートと不可分一体であり、プーミポンだけで呼ばれることはほとんどない。


以下はタイ国王死去への海外の反応、タイ人の反応だ。



必死に戦ってきた国王に愛と尊敬を





俺はタイに住んでてタイ国王を愛してる
ご冥福をお祈り申し上げます





私はタイ人で本当に良かった
RIP


:
タイ国外にいるタイ人へ
あなた達はとてもびっくりしてしまうかもしれないけど、国王がさっき亡くなったよ





今タイでは悲しんでる人がものすごくいるよ…











全然受け入れることができない
彼は本当に素晴らしい人物だった
そして本当に大好きな国王だった




:
彼はタイ人にとってはまさに伝説的な人だったんだろう
本当に気の毒だ





もう歳だったし、体調も優れてなかったみたいだからね
彼がいなくなって悲しむ人がゴマンといるだろう
そして俺も本当に悲しい
RIP





私は中国人だけど、タイ国王は好きだったなぁ
タイ人の友達から国王の話を聞いてたから




タイに今いる人、国外にいる人、全員が涙してるよ
本当に最高の父だった





タイ人じゃなくてもこれは悲しいことだ
つらいかもしれないけど、俺らは前進しなければいけない





我が国は決して世界的に優れてないかもしれないけど、我が国王は世界最高だった


以上のコメントだけでもタイ国王の偉大さがわかる。
国王の為なら命も惜しまないタイ国民はいたはずだ。

心よりご冥福を御祈りします。


■■最新記事■■

*卓球世界一の美少女平野美宇の今後を見る



*Hi-STANDARDのゲリラ発売CDの感想!レビュー



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

タイ国王死去でタイ人の反応が悲しみの深さをしる。:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

タイ国王死去でタイ人の反応が悲しみの深さをしる。 [偉人]

プミポン国王死去、88歳=タイ

タイ王室によると、プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が13日、死去した。

 88歳だった。70年間もの長期にわたった在位中、国民の厚い信頼と絶大な人気を誇った国王の死去で、タイ社会は重大な転機を迎える。 

タイ人なら本当に悲しいだろう、、
もし日本で同じような事があれば日本全国民が喪に服すはずだ。


 88歳だった。
王室事務局が発表した。
死因は明らかにされていないが、感染症などで治療を受けていた。
70年もの長期にわたった在位中、国民の厚い信頼と絶大な人気を誇った国王の死去で、タイ社会は重大な転機を迎える。

 今後、憲法と王室典範に基づき、新国王の即位に向けた手続きが進められる。
長男ワチラロンコン皇太子(64)が即位する見通し。

 プミポン国王は1946年、兄のラマ8世の急死を受けて18歳の若さで即位。
70年間に及んだ在位は世界の現役君主の中で最も長く、18世紀に始まった現チャクリ王朝の歴代国王の中でも最長だった。

 国王はここ数年、健康状態が悪化し、入退院を繰り返していた。
2015年5月末以降はバンコクの病院に入院。
公の場に姿を見せる機会は、ほとんどなくなっていた。


ラーマ9世(1927年12月5日 – 2016年10月13日)は、チャクリー王朝第9代のタイ国王(在位:1946年6月9日 – 2016年10月13日)。

通称はプーミポンアドゥンラヤデート(「大地の力・並ぶ事なき権威」の意)。
英語や日本語では一般に長母音を無視し、プミポン国王とも通称されるが、本来はタイ語においては(称号なども含めて)後ろのアドゥンラヤデートと不可分一体であり、プーミポンだけで呼ばれることはほとんどない。


以下はタイ国王死去への海外の反応、タイ人の反応だ。



必死に戦ってきた国王に愛と尊敬を





俺はタイに住んでてタイ国王を愛してる
ご冥福をお祈り申し上げます





私はタイ人で本当に良かった
RIP


:
タイ国外にいるタイ人へ
あなた達はとてもびっくりしてしまうかもしれないけど、国王がさっき亡くなったよ





今タイでは悲しんでる人がものすごくいるよ…











全然受け入れることができない
彼は本当に素晴らしい人物だった
そして本当に大好きな国王だった




:
彼はタイ人にとってはまさに伝説的な人だったんだろう
本当に気の毒だ





もう歳だったし、体調も優れてなかったみたいだからね
彼がいなくなって悲しむ人がゴマンといるだろう
そして俺も本当に悲しい
RIP





私は中国人だけど、タイ国王は好きだったなぁ
タイ人の友達から国王の話を聞いてたから




タイに今いる人、国外にいる人、全員が涙してるよ
本当に最高の父だった





タイ人じゃなくてもこれは悲しいことだ
つらいかもしれないけど、俺らは前進しなければいけない





我が国は決して世界的に優れてないかもしれないけど、我が国王は世界最高だった


以上のコメントだけでもタイ国王の偉大さがわかる。
国王の為なら命も惜しまないタイ国民はいたはずだ。

心よりご冥福を御祈りします。


■■最新記事■■

*卓球世界一の美少女平野美宇の今後を見る



*Hi-STANDARDのゲリラ発売CDの感想!レビュー



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0