So-net無料ブログ作成

戦慄の怖さ!ライト・オフ8月日本公開!!みどころとは?評価とは? [映画]

今夏最恐ホラー『ライト/オフ』に全米震撼!予想超えるオープニング興収を記録
           
暑い夏にぴったりの映画が公開される!
その映画は『ライト/オフ』
今年の夏の注目のホラー映画だ!
まずは
出演者を紹介しよう。

テリーサ・パーマーはオーストラリアの女優でホラー映画に頻繁に出演している、リアクション芸の演技が良いのかもしれない。 


ガブリエル・ベイトマンも子役ながらホラー映画出演歴がある、おそらくリアクション芸の演技が良いのだろう。


そして
ビリー・バーク(Billy Burke, 1966年11月25日 生まれ )は、アメリカ合衆国で活動する俳優。

『トワイライト』シリーズのチャーリー・スワン役で知られる。また、テレビシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』シーズン2のゲイリー・マシスン役として出演した他、2012年放送開始のテレビシリーズ『レボリューション』では主役の1人、マイルズ・マシスンを演じている。



更に
マリア・ベロ(Maria Bello,1967年4月18日 )は、アメリカ合衆国の女優。2005年公開の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』でニューヨーク映画批評家協会賞助演女優賞を受賞、ゴールデングローブ賞 助演女優賞にノミネートされた。











なかなか良い俳優達が揃っているので演技の白々しさはないだろう



 8月27日(土)日本公開の映画『ライト/オフ』が全米で7月22日に公開され、オープニング興行収入2100万ドル突破、ランキングでは初登場3位を記録する好スタートを切った。



 本作は、2013年にまだ無名だったデヴィット・F・サンドバーグ監督が動画サイトに公開し、1億5000万回再生された映像を、『ソウ』『死霊館』を手掛け、大ヒットを記録した『ワイルド・スピードSKY MISSON』を監督したジェイムズ・ワンがプロデュースしたホラー映画。81分間、ノンストップの“究極の恐怖体験”が観る者に襲いかかる。

 「電気を消したら、“それ”は来る。」暗闇に現れる不気味な“何か”におびえる弟を守るため、久しぶりに実家に戻ったレベッカ。たくさんのライトを準備して、そこで一晩を過ごす決心をした彼女だったが、1つ、また1つと電気が消えていくその家で、“それ”は暗闇からレベッカたちを狙っていた…。

 小規模公開ながら予想を上回るオープニング興収をあげた本作。好調な滑り出しに、サンドバーグ監督は自身のTwitterで「いいスタートを切ることができた」と喜びのコメント。米各メディアからも「素晴らしく怖い!」「暗い劇場で見るにはパーフェクトなホラー映画!」など絶賛の声が寄せられ、この熱“恐”そのままに8月27日(土)に日本上陸を果たす。

 映画『ライト/オフ』は8月27日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。

<ストーリー>
電気を消したら“それ”は来る
レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。「電気を消すと、何かが来る。」
“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、史上最恐の一夜が幕を開ける――。

『ライト/オフ』
8月27日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ジェイムズ・ワン
脚本:エリック・ハイセラー
出演:テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン、ビリー・バーク、アレクサンダー・ディペルシア、マリア・ベロ

配給:ワーナー・ブラザース映画


期待したい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

戦慄の怖さ!ライト・オフ8月日本公開!!みどころとは?評価とは?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

戦慄の怖さ!ライト・オフ8月日本公開!!みどころとは?評価とは? [映画]

今夏最恐ホラー『ライト/オフ』に全米震撼!予想超えるオープニング興収を記録
           
暑い夏にぴったりの映画が公開される!
その映画は『ライト/オフ』
今年の夏の注目のホラー映画だ!
まずは
出演者を紹介しよう。

テリーサ・パーマーはオーストラリアの女優でホラー映画に頻繁に出演している、リアクション芸の演技が良いのかもしれない。 


ガブリエル・ベイトマンも子役ながらホラー映画出演歴がある、おそらくリアクション芸の演技が良いのだろう。


そして
ビリー・バーク(Billy Burke, 1966年11月25日 生まれ )は、アメリカ合衆国で活動する俳優。

『トワイライト』シリーズのチャーリー・スワン役で知られる。また、テレビシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』シーズン2のゲイリー・マシスン役として出演した他、2012年放送開始のテレビシリーズ『レボリューション』では主役の1人、マイルズ・マシスンを演じている。



更に
マリア・ベロ(Maria Bello,1967年4月18日 )は、アメリカ合衆国の女優。2005年公開の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』でニューヨーク映画批評家協会賞助演女優賞を受賞、ゴールデングローブ賞 助演女優賞にノミネートされた。











なかなか良い俳優達が揃っているので演技の白々しさはないだろう



 8月27日(土)日本公開の映画『ライト/オフ』が全米で7月22日に公開され、オープニング興行収入2100万ドル突破、ランキングでは初登場3位を記録する好スタートを切った。



 本作は、2013年にまだ無名だったデヴィット・F・サンドバーグ監督が動画サイトに公開し、1億5000万回再生された映像を、『ソウ』『死霊館』を手掛け、大ヒットを記録した『ワイルド・スピードSKY MISSON』を監督したジェイムズ・ワンがプロデュースしたホラー映画。81分間、ノンストップの“究極の恐怖体験”が観る者に襲いかかる。

 「電気を消したら、“それ”は来る。」暗闇に現れる不気味な“何か”におびえる弟を守るため、久しぶりに実家に戻ったレベッカ。たくさんのライトを準備して、そこで一晩を過ごす決心をした彼女だったが、1つ、また1つと電気が消えていくその家で、“それ”は暗闇からレベッカたちを狙っていた…。

 小規模公開ながら予想を上回るオープニング興収をあげた本作。好調な滑り出しに、サンドバーグ監督は自身のTwitterで「いいスタートを切ることができた」と喜びのコメント。米各メディアからも「素晴らしく怖い!」「暗い劇場で見るにはパーフェクトなホラー映画!」など絶賛の声が寄せられ、この熱“恐”そのままに8月27日(土)に日本上陸を果たす。

 映画『ライト/オフ』は8月27日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。

<ストーリー>
電気を消したら“それ”は来る
レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。「電気を消すと、何かが来る。」
“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、史上最恐の一夜が幕を開ける――。

『ライト/オフ』
8月27日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ジェイムズ・ワン
脚本:エリック・ハイセラー
出演:テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン、ビリー・バーク、アレクサンダー・ディペルシア、マリア・ベロ

配給:ワーナー・ブラザース映画


期待したい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0