So-net無料ブログ作成

今話題のでんでんはお笑いスター誕生でどんなネタをやっていたのか? [芸能人]

芸名「でんでん」という俳優が今!話題だ。若手ではない65歳!


 ひょうひょうとした雰囲気の俳優でんでん(65)。

人の良さそうな風貌で、身近にいそうなおじさんから笑顔まで不気味に見える連続殺人鬼までピッタリはまり、作品を見るたびに正体が分からなくなる。

その経歴はお笑いからスタートし、30歳でテレビに初めて出演した。
お笑いスター誕生では、分かりやすくいうと杉ちゃんのようなネタだったらしい。

なんとお笑いスター誕生で8週連続勝ち抜いた経歴を持つ!


60歳を過ぎてから映画賞を初めて受賞した遅咲きの“怪優”が存在感を増している。



 自身の顔で気に入っているところを尋ねると「この老け顔ですね」とニヤリ。
「昔、漫談をやっていた時に僕のネタであったの。“女にもてる方法。この老け顔だ”っていうんですよ」。今ではドラマや映画で重宝されるバイプレーヤー(良い人も悪い人も演じる)だが、テレビ初出演は日本テレビ「お笑いスター誕生!!」での一人芸。

でんでんはお笑いスター誕生でどんなネタをやっていたのか?

スタンダップ・コメディ調の芸風で知られている、
「ようみんなぁー、ハッピーかい?」「どうだい? 美しいだろぉー?」「今日はみんなにオイラのすばらしい歌を聞かせてやるぜ。」などの決め台詞でピン芸人として活動し、春風亭小朝と共演した「グリーン仁丹」のCMでも人気を博した。

スタンダップコメディーとは西洋漫談である。一人でステージに立ち、観客に向けてまくし立てるのが基本的なスタイル。分かりやすく今いる芸人で言うならば杉ちゃんなどの芸風だ。


でんでんは人を笑わせることが好きで、インタビュー中にも巧みに登場人物を演じ分けながら昔話を披露する。

 渥美清さんに憧れ、19歳の時、弟子入りを志願し福岡県から上京。自宅を訪れたが、不在で会えず断念。「マルイ」に就職したが役者の夢を諦めきれず4年で退社した。ガードマンとして働きながら、30歳だった80年に「お笑いスター誕生!!」に応募した。

 「予選で審査員の一人だけが○を付けてくれた。それが今でもお付き合いしてる(演出家、劇作家の)水谷龍二さん。いつも誰かに助けてもらって生き永らえてるの」






 「みんな!ハッピーかい?」などのネタがウケ、8週連続で勝ち抜き。これが俳優の道に入るきっかけになった。森田芳光監督(11年死去、享年61)のデビュー作「の・ようなもの」(81年)のプロデューサーがテレビを見ていて「志ん水はこいつだ」と指さしたという。主人公の兄弟子で二ツ目落語家の出船亭志ん水役。「映画って簡単に出られるんだなと思った。それきり出られなくて、そんな甘いもんじゃないと分かりましたけどね」

 35年後を描く「の・ようなもの の ようなもの」(来年1月16日公開)に伊藤克信(57)、尾藤イサオ(72)らと前作と同じ役で登場。「“久しぶり”“変わったなあ”って同窓会みたいでした。まだこの業界にいるなんて当時は思いもしなかった。僕もだいぶサビみたいなのがくっついて、あの時の初々しさがなくなってる。純な気持ちでやろうと思いました」と初心に帰った。前作の自分を見て「髪の毛はかろうじてあった。これを境にだんだん抜けてったんだよ。あーあ」とひょうきんに笑った。

 ≪主演松ケンに思いを重ねる≫「の・ようなもの の ようなもの」は森田監督へのオマージュ的作品で、スタッフも再結集。森田組で長年助監督や監督補を務めた杉山泰一氏が監督デビューし、松山ケンイチ(30)が新米落語家役で主演する。でんでんは「何十年後に集まって、またこういう映画を作れると思わなかった。考えてみたら松山くんくらいの時に僕らがやってるんだもんね」と感慨深げに話した。


 でんでんという風変わりな芸名は麻雀仲間が付けた愛称。麻雀中、殻にこもり、動きが遅い様子をでんでん虫に例えられ「お笑いスター誕生!!」出演の際に「でんでん」になった。「勝ち抜けると思わないし、どうせすぐなくなる名前だと思った。ピン芸で、カタツムリのように一国一城のあるじだからいいかなと思ったんです」

 その名を映画界にとどろかせたのは、11年の「冷たい熱帯魚」。一見にこやかな熱帯魚店経営者だが、金を搾取し平気で殺人を繰り返す豹変(ひょうへん)ぶりは観客の肝を凍らせ、映画賞を総なめ。「あれだけ出番があると面白いですよ。スポットライトを浴びないところに立ってることが多いから、ライトを当ててくれてカメラの焦点も合って、こんないい気持ちない。いろんなモデルを引っ張ってきて役を作るのも面白かったです」と自他共に納得の栄冠となった。

 同作の園子温監督(54)について「熱量が凄くて、彗星(すいせい)が飛んだ後に炎が尾を引くような感じ」と解説。他にも三池崇史監督(55)ら日本映画界をけん引する監督との仕事が続き「みんな弾丸小僧という印象。森田監督もそういうところがあったなあ」と懐かしんだ。

 私生活はあまり公になっていないが、「結婚してます」と明かし「ガードマンをやっていた時に現場監督とインベーダーゲームをしに行った喫茶店で彼女がバイトしていて知り合ったんです」と夫人とのなれ初めを披露。一人娘もいる家庭人だが「あんまり家族のにおいがしないっていうのがいいよね」と多くを明かさず、ミステリアスな俳優像を貫いている。

 年明けにはNHKドラマ「逃げる女」の放送が始まり、複数の出演映画の公開も控える売れっ子。「もっと忙しくなりたい。自分が想像しないような仕事が来て、それがうまくできて、ちょっと注目を浴びれたらいいなと思っています」。人懐こい笑顔を見せながら、燃える野心をのぞかせた。

 ◆でんでん 本名緒方義博(おがた・よしひろ)。1950年(昭25)1月23日、福岡県出身の65歳。「冷たい熱帯魚」で毎日映画コンクール男優助演賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など受賞。最近の主な出演作は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、テレ朝「緊急取調室」、日テレ「ど根性ガエル」、映画は「母べえ」「ヒミズ」「極道大戦争」など。来年公開が控える出演映画は「信長協奏曲」「下衆の愛」。

素人から徐々に徐々にスターダムにのしあがったでんでん。
スター誕生ではスタンダップコメディーで8週勝ち抜いたのだから実力はあったのだろう。

それにしてもスター誕生とはアメリカンドリームのような番組だったのだろうとつくづくおもう。今はお笑い事務所に入り段階を経ないとスターにはなりにくい。

素人から一気にスターになれるような、一攫千金な番組がまたあれば面白いだろう。

第2第3のでんでんが表れるかもしれない。








■■■最新記事■■■
*大竹まことを激怒させた芸能人たち


*澤穂希引退!理由とは?妊娠か?と思われたが違った



http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-16-2
↑小日向文世さんが途中下車ぶらり旅の3代目ナレーターに大抜擢!


http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-16-1
↑問題児・窪塚洋介が再婚宣言!過去の悪評を振り払い幸せになれ!!

http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-16
↑酒場放浪記の吉田類がドラマ初挑戦!何と!大人気の下町ロケット!下町酒場で仲間を増やせるか?

http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-15-2
松来未祐さんの死因、病名が公表。難病だった、、ご両親の立派な判断。

http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-14
↑倒れかたが凄いイヤミ課長、木下ほうかは俳優なのに目立ちたくない、、?

史上最大!史上最強のゴジラあらわる!シン・ゴジラのみどころ!詳細!


野坂昭如さん死去!大島渚さんをぶん殴った人、ホタルの墓の作家。何と裏話が実話


。日本の珍漫画!珍遊記遂に実写化映画! なぜか主演は松山ケンイチ!ある意味カルチャーショックだ!


2015年M-1 徹底解説!!!永久保存版!歴代1の面白さだった



http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-11
↑ノッポさんを知る世代に向けた!深い熱いメッセージ!


バルトとバンナ対戦決定!!バンナはある意味リベンジか!?更に曙とボブサップがまた戦う


Japanese HIPHOP のパイオニアMUROの本がかっこよすぎる!HIP HOP や音楽好きなら迷わずチェック!






☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
■おめでたい記事!■吉澤ひとみやロバート山本。福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど男子体操金メダルも!


■訃報記事■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~12月初旬)


■インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!


■超注目!ブレイク必至!■
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■やっちまった有名人(高部あい、レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。鶴久誠二。浜田ばみゅばみゅ。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。などなど)。■
*やっちまった記事!!
*ヨルタモリやタモリ倶楽部。タモリと鶴瓶。
*高部あいクラックベイビー!
*山本喧一頭突き!!などなど記事多数!! 



■音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ■
*音楽好きならチェックするべし2015年音楽業界動向!!期待の新人情報や数々の謎も、、片目ラッパーfetty wap事故!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?



■スポーツ関連記事!感動のいい話しもある!!■
スポーツ記事一覧!どんな相手でも共通の話題としてスポーツ話題は便利


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

今話題のでんでんはお笑いスター誕生でどんなネタをやっていたのか?:B-BOYが発信する生活ニュース:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

今話題のでんでんはお笑いスター誕生でどんなネタをやっていたのか? [芸能人]

芸名「でんでん」という俳優が今!話題だ。若手ではない65歳!


 ひょうひょうとした雰囲気の俳優でんでん(65)。

人の良さそうな風貌で、身近にいそうなおじさんから笑顔まで不気味に見える連続殺人鬼までピッタリはまり、作品を見るたびに正体が分からなくなる。

その経歴はお笑いからスタートし、30歳でテレビに初めて出演した。
お笑いスター誕生では、分かりやすくいうと杉ちゃんのようなネタだったらしい。

なんとお笑いスター誕生で8週連続勝ち抜いた経歴を持つ!


60歳を過ぎてから映画賞を初めて受賞した遅咲きの“怪優”が存在感を増している。



 自身の顔で気に入っているところを尋ねると「この老け顔ですね」とニヤリ。
「昔、漫談をやっていた時に僕のネタであったの。“女にもてる方法。この老け顔だ”っていうんですよ」。今ではドラマや映画で重宝されるバイプレーヤー(良い人も悪い人も演じる)だが、テレビ初出演は日本テレビ「お笑いスター誕生!!」での一人芸。

でんでんはお笑いスター誕生でどんなネタをやっていたのか?

スタンダップ・コメディ調の芸風で知られている、
「ようみんなぁー、ハッピーかい?」「どうだい? 美しいだろぉー?」「今日はみんなにオイラのすばらしい歌を聞かせてやるぜ。」などの決め台詞でピン芸人として活動し、春風亭小朝と共演した「グリーン仁丹」のCMでも人気を博した。

スタンダップコメディーとは西洋漫談である。一人でステージに立ち、観客に向けてまくし立てるのが基本的なスタイル。分かりやすく今いる芸人で言うならば杉ちゃんなどの芸風だ。


でんでんは人を笑わせることが好きで、インタビュー中にも巧みに登場人物を演じ分けながら昔話を披露する。

 渥美清さんに憧れ、19歳の時、弟子入りを志願し福岡県から上京。自宅を訪れたが、不在で会えず断念。「マルイ」に就職したが役者の夢を諦めきれず4年で退社した。ガードマンとして働きながら、30歳だった80年に「お笑いスター誕生!!」に応募した。

 「予選で審査員の一人だけが○を付けてくれた。それが今でもお付き合いしてる(演出家、劇作家の)水谷龍二さん。いつも誰かに助けてもらって生き永らえてるの」






 「みんな!ハッピーかい?」などのネタがウケ、8週連続で勝ち抜き。これが俳優の道に入るきっかけになった。森田芳光監督(11年死去、享年61)のデビュー作「の・ようなもの」(81年)のプロデューサーがテレビを見ていて「志ん水はこいつだ」と指さしたという。主人公の兄弟子で二ツ目落語家の出船亭志ん水役。「映画って簡単に出られるんだなと思った。それきり出られなくて、そんな甘いもんじゃないと分かりましたけどね」

 35年後を描く「の・ようなもの の ようなもの」(来年1月16日公開)に伊藤克信(57)、尾藤イサオ(72)らと前作と同じ役で登場。「“久しぶり”“変わったなあ”って同窓会みたいでした。まだこの業界にいるなんて当時は思いもしなかった。僕もだいぶサビみたいなのがくっついて、あの時の初々しさがなくなってる。純な気持ちでやろうと思いました」と初心に帰った。前作の自分を見て「髪の毛はかろうじてあった。これを境にだんだん抜けてったんだよ。あーあ」とひょうきんに笑った。

 ≪主演松ケンに思いを重ねる≫「の・ようなもの の ようなもの」は森田監督へのオマージュ的作品で、スタッフも再結集。森田組で長年助監督や監督補を務めた杉山泰一氏が監督デビューし、松山ケンイチ(30)が新米落語家役で主演する。でんでんは「何十年後に集まって、またこういう映画を作れると思わなかった。考えてみたら松山くんくらいの時に僕らがやってるんだもんね」と感慨深げに話した。


 でんでんという風変わりな芸名は麻雀仲間が付けた愛称。麻雀中、殻にこもり、動きが遅い様子をでんでん虫に例えられ「お笑いスター誕生!!」出演の際に「でんでん」になった。「勝ち抜けると思わないし、どうせすぐなくなる名前だと思った。ピン芸で、カタツムリのように一国一城のあるじだからいいかなと思ったんです」

 その名を映画界にとどろかせたのは、11年の「冷たい熱帯魚」。一見にこやかな熱帯魚店経営者だが、金を搾取し平気で殺人を繰り返す豹変(ひょうへん)ぶりは観客の肝を凍らせ、映画賞を総なめ。「あれだけ出番があると面白いですよ。スポットライトを浴びないところに立ってることが多いから、ライトを当ててくれてカメラの焦点も合って、こんないい気持ちない。いろんなモデルを引っ張ってきて役を作るのも面白かったです」と自他共に納得の栄冠となった。

 同作の園子温監督(54)について「熱量が凄くて、彗星(すいせい)が飛んだ後に炎が尾を引くような感じ」と解説。他にも三池崇史監督(55)ら日本映画界をけん引する監督との仕事が続き「みんな弾丸小僧という印象。森田監督もそういうところがあったなあ」と懐かしんだ。

 私生活はあまり公になっていないが、「結婚してます」と明かし「ガードマンをやっていた時に現場監督とインベーダーゲームをしに行った喫茶店で彼女がバイトしていて知り合ったんです」と夫人とのなれ初めを披露。一人娘もいる家庭人だが「あんまり家族のにおいがしないっていうのがいいよね」と多くを明かさず、ミステリアスな俳優像を貫いている。

 年明けにはNHKドラマ「逃げる女」の放送が始まり、複数の出演映画の公開も控える売れっ子。「もっと忙しくなりたい。自分が想像しないような仕事が来て、それがうまくできて、ちょっと注目を浴びれたらいいなと思っています」。人懐こい笑顔を見せながら、燃える野心をのぞかせた。

 ◆でんでん 本名緒方義博(おがた・よしひろ)。1950年(昭25)1月23日、福岡県出身の65歳。「冷たい熱帯魚」で毎日映画コンクール男優助演賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など受賞。最近の主な出演作は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、テレ朝「緊急取調室」、日テレ「ど根性ガエル」、映画は「母べえ」「ヒミズ」「極道大戦争」など。来年公開が控える出演映画は「信長協奏曲」「下衆の愛」。

素人から徐々に徐々にスターダムにのしあがったでんでん。
スター誕生ではスタンダップコメディーで8週勝ち抜いたのだから実力はあったのだろう。

それにしてもスター誕生とはアメリカンドリームのような番組だったのだろうとつくづくおもう。今はお笑い事務所に入り段階を経ないとスターにはなりにくい。

素人から一気にスターになれるような、一攫千金な番組がまたあれば面白いだろう。

第2第3のでんでんが表れるかもしれない。








■■■最新記事■■■
*大竹まことを激怒させた芸能人たち


*澤穂希引退!理由とは?妊娠か?と思われたが違った



http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-16-2
↑小日向文世さんが途中下車ぶらり旅の3代目ナレーターに大抜擢!


http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-16-1
↑問題児・窪塚洋介が再婚宣言!過去の悪評を振り払い幸せになれ!!

http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-16
↑酒場放浪記の吉田類がドラマ初挑戦!何と!大人気の下町ロケット!下町酒場で仲間を増やせるか?

http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-15-2
松来未祐さんの死因、病名が公表。難病だった、、ご両親の立派な判断。

http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-14
↑倒れかたが凄いイヤミ課長、木下ほうかは俳優なのに目立ちたくない、、?

史上最大!史上最強のゴジラあらわる!シン・ゴジラのみどころ!詳細!


野坂昭如さん死去!大島渚さんをぶん殴った人、ホタルの墓の作家。何と裏話が実話


。日本の珍漫画!珍遊記遂に実写化映画! なぜか主演は松山ケンイチ!ある意味カルチャーショックだ!


2015年M-1 徹底解説!!!永久保存版!歴代1の面白さだった



http://b-boynositennews.blog.so-net.ne.jp/2015-12-11
↑ノッポさんを知る世代に向けた!深い熱いメッセージ!


バルトとバンナ対戦決定!!バンナはある意味リベンジか!?更に曙とボブサップがまた戦う


Japanese HIPHOP のパイオニアMUROの本がかっこよすぎる!HIP HOP や音楽好きなら迷わずチェック!






☆☆☆お勧め記事一覧☆☆☆
■おめでたい記事!■吉澤ひとみやロバート山本。福山と吹石。国分太一。市川由衣と戸次重幸。眞鍋とイエモン吉井和哉。爆笑田中と山口もえ。などなど男子体操金メダルも!


■訃報記事■謎ある死や衝撃的な訃報も、、川島なお美、DJ deckstream 、片平巧、諏訪美緒、ぽわぽわP椎名もた、貴ノ浪、デブラージ、C-C-B 渡辺、石田長生、などなど(2015.1月~12月初旬)


■インパクトありすぎ!画像で笑え、度肝抜く!■インパクトありすぎ!野性爆弾川島と上沼恵美子の似てる画像!ドデカこうもり!若林と柴犬!サモハンキンポーとTKO木下!赤ちゃんおむすび!


■超注目!ブレイク必至!■
*話題急上昇!これからブレイク必至!!話題急上昇artistやタレント!!柴田淳。桐島のどか。山口采希。安藤真野、中村大地。藤田菜々子。伊藤愛真。高木理代子など 


■やっちまった有名人(高部あい、レニークラビッツのポロリ。元木大介事業大失敗。鶴久誠二。浜田ばみゅばみゅ。品川ヒロシ坊主。田代まさしまたもや?。C-C-B田口シャブ。50cent。などなど)。■
*やっちまった記事!!
*ヨルタモリやタモリ倶楽部。タモリと鶴瓶。
*高部あいクラックベイビー!
*山本喧一頭突き!!などなど記事多数!! 



■音楽好きな人は必ずチェック!トレンドを逃すな!Big artistの笑える話しもあるよ■
*音楽好きならチェックするべし2015年音楽業界動向!!期待の新人情報や数々の謎も、、片目ラッパーfetty wap事故!大村憲治と同様にギターで追悼、、石田長生。今後の音楽業界はどうなる?



■スポーツ関連記事!感動のいい話しもある!!■
スポーツ記事一覧!どんな相手でも共通の話題としてスポーツ話題は便利


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0